渓流釣りを始めて5か月間ずっと悩んでいることがあります。

それはライントラブル

渓流釣りに使うタックルが繊細なこともあり「ラインが細いこと」と「ルアーが軽いこと」があり、それに付随してライントラブルが高確率で発生します。

  1. ラインが細くなると腰が弱く、ミノーをトゥイッチしたらフックとラインがエビる
  2. ルアーが小さくウエイトが軽いのでベイトタックルでの扱いが難しくバックラッシュ
  3. 渓流ルアーの純正フックをトレブルからシングルに交換

常にライントラブルの対策を施して来ましたが、バックラッシュだけはどうしても直りませんw

バックラッシュはベイトリールを投げる腕を上げるしかないですね。

1.ラインが細くなると腰が弱く、ミノーをトゥイッチしたらフックでエビる
ラインが細くないと釣れないと言ったバイアス(思い込み)は、どの釣りのジャンルでも存在します。

魚釣りですので、より釣れる方法の選択をしがちなのですが、時として罠だったりしますね。

ラインは魚と釣り人を繋ぐ生命線と良く言われますが、生命線が細いとどうなるか?は永遠のテーマ。

渓流釣りの場合は、特に太いラインを入れる必要性もなくラインが細くなりがちな傾向があります。

しかし、ラインを細くすることにより、例外なくラインの張り(腰)が弱くなります。

簡単に例えると、のびかけたラーメンの麺を想像してください。

のびたラーメンの麺を連続でトゥイッチしたら、ミノーにぐでんぐでんに絡んでしまいます。

逆に、パスタ麺のようにある程度の太さと腰があれば、麺が真っ直ぐに戻ろうと復元の力が働きミノーへの絡み付きが圧倒的に減ります。

※上流に投げて流れに乗せるアップストリームの釣りでは、ルアーが流れに乗って来ることを加味します。なので止水域より糸絡みが増えます。

単純に、ラインを太くすることによって腰を持たせるとライントラブルが減るんじゃないの?と対策した記事がこちら。

1. 渓流ってラインが細いイメージあって、ナイロンラインの3lbから始めてみた時のお話
渓流ヤマメのミノーイングにナイロンライン3lbでは細かったお話

2. ナイロンラインを3lbから4lbに替えてみたお話
ネイティブトラウトで使うナイロンラインは4lb以上を使う理由とは

記事に起こしてはいないのですが、私は今、スピニングタックルもベイトタックルもナイロンライン6lbを使っています。

6lbはトータルバランスが一番良く、リーダー要らずでラインの張りも強度もあるので超おススメです。

6lbを使うようになってからと言うもの、ライン絡みは圧倒的に減りました。

2. ベイトタックルでのバックラッシュについて
ベイトタックルでのバックラッシュに関しては、我が腕と勘違いするくらい使い込むのが簡単なのですがいつになるか分かりませんw

もしくは、ベイトリールに高級なセラミックベアリングに入れ替えてキレッキレのブチ廻りマシーンに仕上げて絶妙なブレーキ設定で抑え込む.....

スミスさんの最終兵器かつ爆釣ミノーである「Dコンパクト38㎜ 」は2.5gしかなくとても軽いのですが、唯一無二のミノーなので無理して投げるシチュエーションがしばしばあります。

酷いバックラッシュは起こさなくても、ゆるふわな超絶軽微なバックラッシュが常に発生するので気になります。

全国的には渓流で50㎜~60㎜のミノーを扱うのが一般的のようですが、長崎~佐賀~福岡の北部九州エリアで50㎜を超えるミノーを投げる渓流がなかなかない特色の釣り場ですので、4g~5gくらいの40㎜サイズのミノーがメインになります。

エリア的にバックラッシュとはしばらくお付き合いしなければなりません。

カーディフのベイトロッド「B48L」からトラウトワンの「B47L」にロッドを替えたら、短くて柔い分バックラッシュを少しだけ抑えられた成果もありましたので、バックラッシュが気になる方は柔くめで短いロッドを試してみるのもいいかもしれませんね。

カーディフからトラウトワンに持ち替えたインプレはこちら
トラウトワンNSのベイトモデル「B47L」を使ってみたインプレ

バックラッシュでもっと良い解決策が見つかりましたら記事にしますね。

3. 渓流ルアーの純正フックをトレブルからシングルに交換
シングルフックが渓流釣りでの王道とは知らず、純正で付いていたトレブルフックをそのまま使っていたことをカミングアウトします。

Twitterのフォロワーさんがシングルフックを自作されている投稿を拝見してシングルフックを使うんだと知りましたw
DSC_6398
ほとんどの渓流ルアーに標準でトレブルフックが付いています。

私みたいに渓流初心者だと何も知らずにトレブルフックを使ってしまいますね。

バーブレスにはしていたのですが、トレブルフックを使うメリットはただ1つだけでした。

ルアーのウエイトバランス調整に丁度良いです。

とはいえ、フックがいっぱい付いている3本フックだとライントラブルがとても増えるので、トータルで言いますとトレブルフックはとても扱い難いフックでした。

シングルフックはカルティバさんのシングルフックをテストで採用中です。
DSC_6344

来シーズンもオーナーさんのシングルフック を引き続き使ってみて答えを出します。

今のところの途中評価で言いますと、フックが軽いのでルアーバランスに影響が1件ありましたが、ライントラブルもフック絡みも圧倒的に減って私的に大満足です。

ただ、#8番のフックは40㎜~45㎜のミノーにはデカかったので、#10番を調達して来て全てのミノーに装着してみました。

フック同士の絡み合いと、ラインを拾ってしまうトラブルは物理的には減る予定ですが、フッキングは掛かり難くなりそうです。
まとめ
渓流釣りでライントラブルを抑制するコツ
  1. ラインはナイロンラインの6lbに交換
  2. ベイトリールは無理して取り入れる必要はない
  3. 渓流ルアーのフックはシングルフックに交換
Twitterのフォロワーさんから教えて頂きましたネタで、タイイングアイのスプリットリングを外すとライントラブルが減ると、ご教示頂きましたので早速リングを外してみました。
DSC_0006

渓流釣りは類を見ないほどライントラブルが多い釣りですので、釣り場でライントラブルをしている時間が多くなりがちです。

いかにライントラブルを抑えて釣りを楽しむ時間を作り出せるかが渓流釣りでは最大の焦点だと言えます。

来シーズンもライントラブルと格闘しながら渓流釣りを楽しんで行きますので、いいネタが出来ましたら記事にしていきますね。