カテゴリ: ジギング・キャスティング

扱い易いと太鼓判を押していた、16ストラディックC5000XGをショアジギとオフショアのSLJで2年間メインのスタメンで使い倒しておりましたが引退の時を迎えました。


上記の2記事は良く読んで頂いた人気記事で、今後出てくる新型機種のリールもより良い情報だ出せたらと思います。

16ストラディックC5000XGを2年間使い倒した感想と言うことで、この記事が本当の意味でのインプレ記事になると思いますが、第一印象とそんなに差はなかったように思います。

結論から言いますと「終始、優等生」の呼び名が似合う、今までなかった使い易さを実現したスピニングリールだった思います。

やや想定外だった部分も付け加えて16ストラディックC5000XGを書きなぶります。

ストラディックC5000XG 2年間手抜きメンテで凌いだけど、これと言った故障もなく非常に良い

遊漁船のような大きな船でも、1.5m以上の波高が出てくると移動中に波しぶきを被るのは普通の光景です。
DSCPDC_0003_BURST20191020084811116_COVER
玄海灘からくるうねりを伴う波のしぶきを被りながらの航行が常です

「波しぶき対策」でスプールのデザインカット穴はテープで塞いでいたのですが、リーリング時に僅かにノイズ音がしておりました。鉄壁の防水技術「コアプロテクト」でもやはり、完璧な防水ではないので気を遣ってあげたいところですね。

波しぶき対策が未対策たっだら本体内部(メインベアリングとメインギア)がゴリゴリして、早い段階、例えば1年おきでメーカーのオーバーホールメンテが必要だったかも知れません。
DSC_0511
手持ちスピニングリールは、スプールのデザインカット部分は全てテープで塞いでおります

XGの精密ギアで無事に2年間も耐えてくれたので個体差はあると思われますが「アタリ球」の個体だったと思われます。

ラインローラーのベアリングは、工業用のグリスでベアリングを包むようにグリスアップを施して保護していたこともあって、ゴロゴロならずに最後までスコブル快調でした。残業漬けの日々でメンテする暇もなく過ごしていたのでコレはおススメのズボラメンテです。

4000番ボディとしては、根掛かり回避・早巻きの能力は優秀

SLJやスピニングタイラバが流行りだして、C5000と言う絶妙な番手を投入したシマノさんですが、4000ボディの早巻き能力としては十分な使い心地です。

水深が40m以上になってくると流石に6000HGが欲しくなってきますが、あくまで「ライトなタックルで色々出来るマルチなリール」の立ち位置なので、ガチのタックルを入れる前段階の食わせの要素を欲しい時にピッタリのリールでした。

買った当初に感じていた、ジグが着底してからのラインスラッグ処理の速さや、根掛かり回避のための早巻きでの立ち上がりの速さは、ジギングリールと同等でライン巻き取り量(ハンドル1回転で105㎝)は、SLJの快適さに直結して、根掛かりが多い岩礁帯ではC5000XGじゃないとイケない場面は多々ありました。

C5000が活躍するのは根掛かりが頻発するボトムの釣りで、根魚や真鯛を狙う時にボトムを切ってから「ゆっくりめの巻き+シャクリ」で海底から離さないイメージでアクションを入れてから再びボトムへ落としてリフト&フォールの繰り返しで狙う時がC5000XGが本領発揮しました。

ハイギアでは潮が速いところだったら、ラインスラッグの処理が遅れて根掛かりが連発のところを、C5000XGならたまに根掛かるけど、得意のハイスピード巻き取りにより1日通してSLJを楽しんでもロストがなかった日も結構あります。

16ストラディックC5000XGは魚が掛るとシンドイ

ジグが着底するやいなや釣れていると言った天国モードのショアからのSLJに何回か遭遇したのですが、60㎝位のシーバスが立て続けに釣れると想像以上にファイトする時の巻きの負担が凄かった経験をしました。

16ストラディックC5000XGのハンドル長が55㎜
ストラディックSWC5000XGのハンドル長は60㎜

僅かながらの「5㎜」の差なのですが、魚とのファイトを連発する時はSWの60㎜ハンドルじゃないと、とてもじゃないが腕パンになって「巻けない」ことが判明しました。筋肉ある方が羨ましい。

これは16ストラディックでの弱点として感じた点です。

もうひとつの弱点、ドラグ

キジハタを釣っていて、シイラのメーターサイズが掛ってしまい、咄嗟ではありますがファイトしたのですが、ある程度ドラグを絞めたところでドラグが効くゾーンが限られており、メーターサイズのシイラに主導権を握られて魚の制御が不能になりました。

見た目はジギングリールっぽいですが、やはりライトで色々な釣りが出来る「汎用カテゴリー」のリールなので、青物には不向きな点が挙げられます。

先日の釣行では16ストラディックC5000XGでヒラゴ、ヤズ、サワラが入れ食いしたのですが、4kgまでの青物までなら十分に楽しめます。が、5kg越えると制御不能に陥ると思われます。ドラグも19ストラディックで進化に期待したい点になります。
DSCPDC_0000_BURST20191014100510344

DSC_2057


2年間使ってみたまとめ

使い易さ、お手頃な価格面、耐久性、トータルで★の評価をすると、★4.0です。

お手頃な機種ですので、巻き取り力の面やドラグの強さはほどほどなのですが、5kgを超える良型の青物が掛らなければ、2万円でこれだけのパフォーマンスが出来るリールってないのではないでしょうか。

鯛ジギとロックショアの根魚遊び用のサブタックルに良く使うのですが、最近は120㎜程度の小さめプラグで表層をチェックするときに活躍しております。

何かと潰しが利くので、釣りに行く時は常に持ち歩いている1台になっています。

2万円弱でジギングリールに並ぶハイスピード巻き取り、遊びの要素でガチじゃないコンパクトボディ。

もう少し防水性能やドラグ、ギアがガッチリした本気度が高いリールが欲しい時は最高峰の「ステラ」「ツインパワーXD」や、扱い易い「サステイン」「強度は謎が残るがとても軽いヴァンキッシュ」、お手頃なSWシリーズ「ストラディックSW」もありますので、同じC5000番の中でも釣り人側としては選択肢も広くなってきております。

そこに来ての、19ストラディックの刷新でメーカー在庫もまったく追い付かない程に売れまくっている19ストラディックのC5000XG。C5000だけは店頭に出たら瞬殺状態が続いております。

皆さん、釣った魚の血抜きはどのタイミングで行っていますか?

遊漁船だったら解散直前まで活かしておいて、帰る直前に締めて氷水ザブーン。10~20分血抜きしてから解散の流れになります。

しかし、個人所有のボートだったりオカッパリだったりする場合は、生け簀の有無や移動先の場所に応じてクーラーボックスの有無まで違ってくるので、パターンはそれぞれなので締めるタイミングも色々だと思います。

場合によっては、締めたお魚を海に浸けているところが岩場の近くだと「虫」が付いてしまうので、磯際だとクーラーかドンゴロスじゃないと釣ったお魚が虫のオヤツになってしまう悲劇が起こってしまいますね。

先日釣った真鯛は血抜きしてもいつまでも血が出ていました。自船はスピードと燃費重視で生け簀をアンカー入れにして潰しているので、釣ったら直ぐに脳締め~フリフリして血抜き~神経抜いてクーラーにinしています。この時に限ってバケツを忘れていつまでもフリフリ血抜きをやる羽目に。ナブラが~(涙)(涙)(涙)

バケツにポイって出来てたらお魚を追加出来てたかも。帰って真鯛の血合いを調べたら血合いの溝が他の魚より倍以上深くて広かった。なのでずっと血が滲み出ていたんですね。
DSCPDC_0003_BURST20190414085517702_COVER


バケツもいいけど、船だとロープで吊るしておくのも凄い血抜き効果が高いのはコロダイを繋げて体験済み。
DSC_2722

ショアジギで使うために買ったミラクルにゴッツいストリンガーを流用して血抜きマシーンを作成

磯際でストリンガーをやると虫が付くとは知らず、ヒラスを吊るす気満々でアラや石鯛用のゴッツいストリンガーを買ってました。みんな虫が付くの知ってるのかな?高級なストリンガーが売れ残り特価で1000円以下だった。ヤっスー言うて飛びついた私はアレなのかと後の祭り。
DSC_2663

買ったけど虫が付くのが嫌でタッコーベリーさんに売る寸前だった。今回はこのストリンガーを活用します。

ショアジギの時に磯に打ち上げられたロープでまだ綺麗で使えそうなのは、海洋プラスチックごみ削減も兼ねて戴いて来ました。
DSC_2662


ステンのカラビナっぽいのを付けてあっという間に完成。
DSC_2664

コレを船のクリートやフックに引っ掛けて使います。

ストリンガーがデカすぎて魚が小さく見える(笑)これでもイサキは33㎝はありましたよ。
DSCPDC_0002_BURST20190421103625067_COVER

DSCPDC_0003_BURST20190421111149867_COVER

釣ったら、適度にフリフリしてストリンガーにかけてしばらく船の外で血抜き。

外海だとサメが来そうだが釣る時間は圧倒的に増えた。血抜きも出来て一石二鳥!

バケツで良くない?と言われそうだが、バケツが場所を取るのと血抜きも海水に飽和する量の限界があるだろうから定期的な水の汲み替えの必要がない大海原で血抜きするのが私的にはスマートかなと思いました。

まとめ

まだストリンガーに似合うお魚が釣れていないのですが、これはなかなか使えるアイテムでしたね。ステンレスの高級なストリンガーは買う人が居なくて叩き売り状態なので安く売っていたらラッキーですね。

今年のゴールデンウィークは10連休と長いので、興味がある方は簡単ですので是非自作してみてはいかがでしょうか。


平成最後の夏も終わりました。朝晩は秋めいた涼しい風を感じる今日この頃です。


季節の移ろいと共に、ダイソージグが既に品薄になりつつあります。皆さん早めに秋の準備しているのでしょうか?それともスーパーライトジギングの流行りで需要があるのか?定かではありませんが今年も品薄必須の様です。お探しの方は早めにGOです。


ダイソージグも釣具メーカーさんのジグも基本的に、ジグのヘッドにアシストフックを装着するのが一般的なスタイル。


最近では真鯛ジギングでヘッド1本or2本、リアに1本の計2~3本のアシストフックを装着するただ巻きスタイルのアシストフックのセット方法が主流になりつつあります。ダイソージグの場合も例外ではなくリアのトレブルフック(3本バリ)を外して使うことになり。別途アシストフックを用意する必要があります。


一概にアシストフックと言っても、フック~ソリッドリング~スプリットリング~結んでいる糸の素材~と多様な素材やサイズでの部品の組み合わせパターンが存在します。


組み合わせの違いで微妙にですが、ジグのスイミングやシャクった時の動きに差が出て来ます。


気になる方はスローピッチジャークのパイオニアである佐藤統洋氏のDVDに色々と解説があります。


拘ればとことんネタがある世界ではありますが、一般レベルでのアシストフック作りでそこまでのクオリティを求めていたら1本も作れないかもw


ジグが20gより軽いマイクロサイズになるほどパーツの影響を受けますが、60g以上あるジグになってきますと、狙っているお魚もドンドン大きくなってきますので、ジグの動き<強度優先が正直なところになってきます。


根掛かり前提で攻めるジグの釣りで市販のアシストフック買っていたらキリがない。ボンビーにはツライ出費です。


んで、せかせかと自作アシストフック作ってたら、シーハンター締め込み時にフルパワーの状態で見事にスカして手にブッ刺さり


ネットで紹介されている、刺さっている針を指で押してカエシを交す方法をやりましたが、フックの角度が急すぎてビクとも動かないwwwオワタ


針先を貫通させるにも針先が血管を押しているwwww更にオワタ


んで、諦めて平成最後のお盆最終日は病院に搬送されるハメになりましたwwww
IMG_20180815_125802_104


ズッキーーーーンとくる注射針が痛い局部麻酔5~6発撃ち込まれてからのメスでジョリジョリと針先付近を切られて。。。。。


ペンチでゴリゴリと針を捻られてwwww麻酔されても感覚が伝わってくるwwww泣


がまかつのフックが硬すぎて、ペンチのニッパー部分が欠けましたよと言われたwって人の手に刺さってるフックにそんな力をかけるなー(>_<)でございますwww


釣り歴30年近くありますが、初めて針刺さりで病院にお世話になりました。


先生、スタッフさんの励ましのもと無事に処置が完了しました。思い出すだけで手が震えるwwww
DSC_2073


その夜は飲み会があったのですが、箸が握れず左手で食事しました。次の日は痛み我慢してちゃんと仕事しましたw


やっと本題に突入w


もうこんなイタイ思いはしたくないと、しばらくはアシストフックの自作はお休みしてどうやったら安全にアシストフックが自作出来るかお仕事は上の空で考えてました。


万力でフック挟むとフックが錆びるし曲がるし、バイスを使うと岩崎船長からご教授して頂いたチネリング出来ないしで、良さそうな設備が巧く使えない感じ。


色々考えて改善策も見つかってハンズマンで部品調達。


ステンのロングアイ「型番LE-3」画像左をチョイスしてみた。
IMG_20180831_223822_164



省スペースでガッチリ固定出来そうなパーツを集めてみた。


画像左のヒートン型はスーパーライトジギング用のアシストフック作成に使います。


右側の4つ穴とリングキャッチは、ガチのジギング用アシストフック作成用に用意しました。許容30kg耐えるらしいが強度不足の可能性大。


固定する場所は釣り具いじり作業台の脚!!!!
DSC_2215


木にドリルで穴開けてねじ込みます。
DSC_2217


ねじ込んだLE-3のネジにジギング用のデッカイスプリットリングはめて、フックの交換が楽に出来るように締め込みに強い♯2のカルティバ・クロススナップを付けてみた。
IMG_20180831_220732_974


それにNTスイベルの♯5とシーハンター15号を装着。私的にSLJのアシストフックでおススメのベストセッティング
DSC_0001_BURST20180831213045610



試しにきつく縛り込んでみた。
IMG_20180831_220732_978


これなら自分に刺さる可能性はかなり低い。ピンも30㎜近く深く刺しているので頑丈!


で、数本に1本は結束部分やペンチで挟んだ部分からシーハンター15号80lbが飛ぶw 引っ張り強度・約450g×80lb=36kg 
DSC_2224

DSC_2230



36kgかかっていないにしても、相当な力をかけれている感じ。結びコブが濃い赤に変色しているので締め込みは十分。スーパーライトジギング用のアシスト作りには十分以上の結果です。


問題はガチのジギング用ですが、50kg耐久くらいないと固定している金属パーツが壊れそう。と言うことでガチの方はまだまだ試行錯誤が必要のようです。


耐久性あがるとパーツの径が太くなってスプリットリングやらが通らなくなってしまうんだな。ワイヤーとか使わないとイケないのかな。


と言うことでこの企画しばらく試行錯誤で続きます。たぶん需要ないなw
IMG_20180831_223822_167

お正月休みも終わって仕事始めの方も多いかと思われます。後半の3連休は天気が崩れそうで内職日和になりそうな九州地方です。


このお正月連休で自作アシストフックの貯め置きがだいぶん増えました。その分釣りに行けてませんw


2~3年前まではアシストフックの「紐の部分」は色々な素材や商品がありましたが、今では大きなシェアをとっているよつあみ シーハンター が主力となりつつあります。
1515170360790



シーハンターは扱いやすいし、張りがあって腰があるし、強いし、安いしで言う事なしです。


ショアジギングが流行るつい最近まで、PEラインみたいに腰がなくて扱い辛くて非常に高価な商品なんて普通に売ってましたw初心者さんもアシストの紐の部分で迷う暇すらないんじゃないかな?って程に良い時代になりました。


そんな大人気のシーハンターなのですが、強さの裏には難点が。。。強い=切るのが困難なのであります。


私は最近流行りの普通のハサミよりスパスパ切れると好評のハサミ、釣り用のプライヤ付属のカッターの部分で無理矢理切っておりました。


が!なかなか切れなくていつも大苦戦。シーハンター切断がアシストフック作成で時間がかかる箇所になっておりました。


カッターも迂闊に使うと怪我しちゃうのでどうしようかと悩んでいた矢先に、幸漁丸船長の講習会でたまたま話題が出てきてズバリ回答。ナイスタイミング!


船長曰く
ホームセンターに売ってある3000円する高いニッパを使ってください。いつまでも切れますから。安いのはダメですよ。


ニッパに3000円は高けーって顔をみんなしたのが今でも忘れられないw


カットするシーハンターは全て20号を使用しております。


めっちゃ切れるハサミでの切断面
1515173163616

上の切断面が綺麗なのが高級ニッパ、下の方はめっちゃ切れるハサミ、でもボサボサに。。。


続いて、釣具屋さんで売ってあるスプリットリングプライヤのカッター部分でカット
1515173372275

上は高級ニッパ、下はスプリットリングプライヤ。やはりボサボサになる。


めっちゃ切れるハサミでも1本切るのに苦戦するのを、高級ニッパでシーハンター2本同時に切ってみた
1515173682516

プツっと2本でも一瞬で切断。。。。なんだこの快感はwww
1515173856735

切断面が完璧
1515173882866


切断面がボサボサしていると、フックに結ぶときに輪っかに通しにくく非常に結び難い!


最近はシーハンターに捻りを入れてアシストを作るのが最先端技術です。これ以上の詳細は秘密ご容赦(謝)


すると、アシストフックのポイントが復元の力により、ジグの外側に常にポジションを取ろうと自分から向きを整えてくれます。するとフッキング率も格段に向上するのが狙いの船長考案のアシストフック理論はスゴイの一言です。


船長考案のアシストフックを作る為には、張り・腰があるシーハンターでないと再現出来ません。


ので、奮発して高級ニッパを入手した次第です。


3000円だと普通の形の人力のニッパですが、あと1000円程度プラスしたら、倍の力で楽々と切断が出来るニッパーに昇格出来ます。Amazonだとホームセンターより1000円は安い(泣)

トップ(TOP) 倍力ニッパ BNI-180

新品価格
¥3,081から
(2018/1/6 03:03時点)




切れ味が長く継続するみたいですので1本あれば一生モノです。


切るのが楽しくて内職がはかどります。










おはようございます。遂に寝る暇もなくなってブラック企業に摂取され続けているちゃぶけんです。電通越たかもw


寝不足と疲労困憊でブログにキレが出ない(いつも?)なので今日は軽く書こうと思います。


世の中なんでも気付いたらアップデートの繰り返しで日進月歩して行きます。


日夜寝る暇もなく働いている私のライフスタイルは全くもっての時代遅れな訳でして、働き方改革とは程遠く時代の流れに乗っていない典型でございます。


今の現状に満足するか、アップデートして行くかは人それぞれなのですが、いい方向に乗って行きたいですね。


世の中がアップデートするなら、もちろん釣りの世界もアップデートして行きます。


私が気合を込めて自作した巨大なムロ針のアシストフック。
1505135561803


ヒラマサの口をより貫通できるように、PEラインでハーフヒッチを繰り返して編み込むことによりシーハンターの部分に張りを持たせて貫通力をダイレクトに増強するアシストフックなのですが、これが既に時代遅れの代物に。


PEラインのハーフヒッチで固めるだけでモノ凄く時間が掛かるのが難点でした。


先日、ジギング界のレジェンド【幸漁丸・岩崎船長】の講習会に参加させていただきました。最新のアシストフック作成は、驚くほど早く作成出来て性能美になっておりました。


詳しくは書けないんですが今後のアシストフックのスタンダード間違いなしでした。


スイベルに通す段階から、ちと特殊な結び方を施すことにより歯が鋭い魚が片方のシーハンターを噛み切っても、もう片方のシーハンターが食い止まってくれるという結び方。


で、またまた特集製法でシーハンターを編み込む事によってPEラインのハーフヒッチと同じ効果を発揮してフックが一定方向に常にポジションをとるようになります。


ヒラマサのジギングと言わず、アジなどのスーパーライトジギングにも応用出来そうなアシストのシステムでした。


かの有名なPRノットを考案されたのも岩崎船長だそうです。


凄過ぎて岩崎船長の頭の中はどーなってるの!?って本気で感じましたw


船長の詳しい解説が入ったアシストフックを作る手元のみの動画を撮って来ました。擦り切れるほどみて習得するまでお勉強です。ほかに本物のPRノットの組み方、バナナリグの作り方などジギングマン必見の手元動画を3~4本w


岩崎船長をリスペクトして動画を公開することは出来ないのですが、本物のリグり方を習得されたい方は実際に【幸漁丸】に乗船されることを超絶おススメいたします。バナナリグは複雑過ぎて理解不能なので直々に教えて貰わないとイケないレベルです。


昨日の常識は今日の非常識って身に染みた次第でございます。と言うことで、今回のブログは軽めで終わりにします。

↑このページのトップヘ