カテゴリ: ジギング・キャスティング

平成最後の夏も終わりました。朝晩は秋めいた涼しい風を感じる今日この頃です。


季節の移ろいと共に、ダイソージグが既に品薄になりつつあります。皆さん早めに秋の準備しているのでしょうか?それともスーパーライトジギングの流行りで需要があるのか?定かではありませんが今年も品薄必須の様です。お探しの方は早めにGOです。


ダイソージグも釣具メーカーさんのジグも基本的に、ジグのヘッドにアシストフックを装着するのが一般的なスタイル。


最近では真鯛ジギングでヘッド1本or2本、リアに1本の計2~3本のアシストフックを装着するただ巻きスタイルのアシストフックのセット方法が主流になりつつあります。ダイソージグの場合も例外ではなくリアのトレブルフック(3本バリ)を外して使うことになり。別途アシストフックを用意する必要があります。


一概にアシストフックと言っても、フック~ソリッドリング~スプリットリング~結んでいる糸の素材~と多様な素材やサイズでの部品の組み合わせパターンが存在します。


組み合わせの違いで微妙にですが、ジグのスイミングやシャクった時の動きに差が出て来ます。


気になる方はスローピッチジャークのパイオニアである佐藤統洋氏のDVDに色々と解説があります。


拘ればとことんネタがある世界ではありますが、一般レベルでのアシストフック作りでそこまでのクオリティを求めていたら1本も作れないかもw


ジグが20gより軽いマイクロサイズになるほどパーツの影響を受けますが、60g以上あるジグになってきますと、狙っているお魚もドンドン大きくなってきますので、ジグの動き<強度優先が正直なところになってきます。


根掛かり前提で攻めるジグの釣りで市販のアシストフック買っていたらキリがない。ボンビーにはツライ出費です。


んで、せかせかと自作アシストフック作ってたら、シーハンター締め込み時にフルパワーの状態で見事にスカして手にブッ刺さり


ネットで紹介されている、刺さっている針を指で押してカエシを交す方法をやりましたが、フックの角度が急すぎてビクとも動かないwwwオワタ


針先を貫通させるにも針先が血管を押しているwwww更にオワタ


んで、諦めて平成最後のお盆最終日は病院に搬送されるハメになりましたwwww
IMG_20180815_125802_104


ズッキーーーーンとくる注射針が痛い局部麻酔5~6発撃ち込まれてからのメスでジョリジョリと針先付近を切られて。。。。。


ペンチでゴリゴリと針を捻られてwwww麻酔されても感覚が伝わってくるwwww泣


がまかつのフックが硬すぎて、ペンチのニッパー部分が欠けましたよと言われたwって人の手に刺さってるフックにそんな力をかけるなー(>_<)でございますwww


釣り歴30年近くありますが、初めて針刺さりで病院にお世話になりました。


先生、スタッフさんの励ましのもと無事に処置が完了しました。思い出すだけで手が震えるwwww
DSC_2073


その夜は飲み会があったのですが、箸が握れず左手で食事しました。次の日は痛み我慢してちゃんと仕事しましたw


やっと本題に突入w


もうこんなイタイ思いはしたくないと、しばらくはアシストフックの自作はお休みしてどうやったら安全にアシストフックが自作出来るかお仕事は上の空で考えてました。


万力でフック挟むとフックが錆びるし曲がるし、バイスを使うと岩崎船長からご教授して頂いたチネリング出来ないしで、良さそうな設備が巧く使えない感じ。


色々考えて改善策も見つかってハンズマンで部品調達。


ステンのロングアイ「型番LE-3」画像左をチョイスしてみた。
IMG_20180831_223822_164



省スペースでガッチリ固定出来そうなパーツを集めてみた。


画像左のヒートン型はスーパーライトジギング用のアシストフック作成に使います。


右側の4つ穴とリングキャッチは、ガチのジギング用アシストフック作成用に用意しました。許容30kg耐えるらしいが強度不足の可能性大。


固定する場所は釣り具いじり作業台の脚!!!!
DSC_2215


木にドリルで穴開けてねじ込みます。
DSC_2217


ねじ込んだLE-3のネジにジギング用のデッカイスプリットリングはめて、フックの交換が楽に出来るように締め込みに強い♯2のカルティバ・クロススナップを付けてみた。
IMG_20180831_220732_974


それにNTスイベルの♯5とシーハンター15号を装着。私的にSLJのアシストフックでおススメのベストセッティング
DSC_0001_BURST20180831213045610



試しにきつく縛り込んでみた。
IMG_20180831_220732_978


これなら自分に刺さる可能性はかなり低い。ピンも30㎜近く深く刺しているので頑丈!


で、数本に1本は結束部分やペンチで挟んだ部分からシーハンター15号80lbが飛ぶw 引っ張り強度・約450g×80lb=36kg 
DSC_2224

DSC_2230



36kgかかっていないにしても、相当な力をかけれている感じ。結びコブが濃い赤に変色しているので締め込みは十分。スーパーライトジギング用のアシスト作りには十分以上の結果です。


問題はガチのジギング用ですが、50kg耐久くらいないと固定している金属パーツが壊れそう。と言うことでガチの方はまだまだ試行錯誤が必要のようです。


耐久性あがるとパーツの径が太くなってスプリットリングやらが通らなくなってしまうんだな。ワイヤーとか使わないとイケないのかな。


と言うことでこの企画しばらく試行錯誤で続きます。たぶん需要ないなw
IMG_20180831_223822_167

お正月休みも終わって仕事始めの方も多いかと思われます。後半の3連休は天気が崩れそうで内職日和になりそうな九州地方です。


このお正月連休で自作アシストフックの貯め置きがだいぶん増えました。その分釣りに行けてませんw


2~3年前まではアシストフックの「紐の部分」は色々な素材や商品がありましたが、今では大きなシェアをとっているよつあみ シーハンター が主力となりつつあります。
1515170360790



シーハンターは扱いやすいし、張りがあって腰があるし、強いし、安いしで言う事なしです。


ショアジギングが流行るつい最近まで、PEラインみたいに腰がなくて扱い辛くて非常に高価な商品なんて普通に売ってましたw初心者さんもアシストの紐の部分で迷う暇すらないんじゃないかな?って程に良い時代になりました。


そんな大人気のシーハンターなのですが、強さの裏には難点が。。。強い=切るのが困難なのであります。


私は最近流行りの普通のハサミよりスパスパ切れると好評のハサミ、釣り用のプライヤ付属のカッターの部分で無理矢理切っておりました。


が!なかなか切れなくていつも大苦戦。シーハンター切断がアシストフック作成で時間がかかる箇所になっておりました。


カッターも迂闊に使うと怪我しちゃうのでどうしようかと悩んでいた矢先に、幸漁丸船長の講習会でたまたま話題が出てきてズバリ回答。ナイスタイミング!


船長曰く
ホームセンターに売ってある3000円する高いニッパを使ってください。いつまでも切れますから。安いのはダメですよ。


ニッパに3000円は高けーって顔をみんなしたのが今でも忘れられないw


カットするシーハンターは全て20号を使用しております。


めっちゃ切れるハサミでの切断面
1515173163616

上の切断面が綺麗なのが高級ニッパ、下の方はめっちゃ切れるハサミ、でもボサボサに。。。


続いて、釣具屋さんで売ってあるスプリットリングプライヤのカッター部分でカット
1515173372275

上は高級ニッパ、下はスプリットリングプライヤ。やはりボサボサになる。


めっちゃ切れるハサミでも1本切るのに苦戦するのを、高級ニッパでシーハンター2本同時に切ってみた
1515173682516

プツっと2本でも一瞬で切断。。。。なんだこの快感はwww
1515173856735

切断面が完璧
1515173882866


切断面がボサボサしていると、フックに結ぶときに輪っかに通しにくく非常に結び難い!


最近はシーハンターに捻りを入れてアシストを作るのが最先端技術です。これ以上の詳細は秘密ご容赦(謝)


すると、アシストフックのポイントが復元の力により、ジグの外側に常にポジションを取ろうと自分から向きを整えてくれます。するとフッキング率も格段に向上するのが狙いの船長考案のアシストフック理論はスゴイの一言です。


船長考案のアシストフックを作る為には、張り・腰があるシーハンターでないと再現出来ません。


ので、奮発して高級ニッパを入手した次第です。


3000円だと普通の形の人力のニッパですが、あと1000円程度プラスしたら、倍の力で楽々と切断が出来るニッパーに昇格出来ます。Amazonだとホームセンターより1000円は安い(泣)

トップ(TOP) 倍力ニッパ BNI-180

新品価格
¥3,081から
(2018/1/6 03:03時点)




切れ味が長く継続するみたいですので1本あれば一生モノです。


切るのが楽しくて内職がはかどります。










おはようございます。遂に寝る暇もなくなってブラック企業に摂取され続けているちゃぶけんです。電通越たかもw


寝不足と疲労困憊でブログにキレが出ない(いつも?)なので今日は軽く書こうと思います。


世の中なんでも気付いたらアップデートの繰り返しで日進月歩して行きます。


日夜寝る暇もなく働いている私のライフスタイルは全くもっての時代遅れな訳でして、働き方改革とは程遠く時代の流れに乗っていない典型でございます。


今の現状に満足するか、アップデートして行くかは人それぞれなのですが、いい方向に乗って行きたいですね。


世の中がアップデートするなら、もちろん釣りの世界もアップデートして行きます。


私が気合を込めて自作した巨大なムロ針のアシストフック。
1505135561803


ヒラマサの口をより貫通できるように、PEラインでハーフヒッチを繰り返して編み込むことによりシーハンターの部分に張りを持たせて貫通力をダイレクトに増強するアシストフックなのですが、これが既に時代遅れの代物に。


PEラインのハーフヒッチで固めるだけでモノ凄く時間が掛かるのが難点でした。


先日、ジギング界のレジェンド【幸漁丸・岩崎船長】の講習会に参加させていただきました。最新のアシストフック作成は、驚くほど早く作成出来て性能美になっておりました。


詳しくは書けないんですが今後のアシストフックのスタンダード間違いなしでした。


スイベルに通す段階から、ちと特殊な結び方を施すことにより歯が鋭い魚が片方のシーハンターを噛み切っても、もう片方のシーハンターが食い止まってくれるという結び方。


で、またまた特集製法でシーハンターを編み込む事によってPEラインのハーフヒッチと同じ効果を発揮してフックが一定方向に常にポジションをとるようになります。


ヒラマサのジギングと言わず、アジなどのスーパーライトジギングにも応用出来そうなアシストのシステムでした。


かの有名なPRノットを考案されたのも岩崎船長だそうです。


凄過ぎて岩崎船長の頭の中はどーなってるの!?って本気で感じましたw


船長の詳しい解説が入ったアシストフックを作る手元のみの動画を撮って来ました。擦り切れるほどみて習得するまでお勉強です。ほかに本物のPRノットの組み方、バナナリグの作り方などジギングマン必見の手元動画を3~4本w


岩崎船長をリスペクトして動画を公開することは出来ないのですが、本物のリグり方を習得されたい方は実際に【幸漁丸】に乗船されることを超絶おススメいたします。バナナリグは複雑過ぎて理解不能なので直々に教えて貰わないとイケないレベルです。


昨日の常識は今日の非常識って身に染みた次第でございます。と言うことで、今回のブログは軽めで終わりにします。

 ドカットでお馴染みのRING STAR(リングスター)さん。自動車のバンパー素材で作られたボックスなので耐衝撃性能が半端ない。特にオフショアのジギングは重量級のジグを大量に持ち込むので普通のタックルボックスでは直ぐに割れてしまっていたので困っていた。


 ブリスの岩佐さんと同船させて頂いた時に教えて頂いたのが、ドカットやバケットマウスの他に、ジグを小分けのボックスで収納されていて、船の立て直し時に即交換しやすいように小分けしてらっしゃいました。

ブリス岩佐さんから学んだ大切なこと


 約一年間釣具屋さんで小分けのジグケースを色々と物色していましたが、理想に近いものがなかなか見当たりませんでした。超有名処のメーカーさんのもサイズが微妙に大きかったりでアウト



 理想はこんなボックス

① ドカット兼バケットマウスに『すぽっと』入り300gまでのロングジグが数本収納出来ること。
② ボックスを簡単に丸洗い出来ること
③ 1kg~2kg程度のジグの重みでボックスが破損しないこと。
④ ファスナーが潮噛みしないこと
⑤ 蝶番やロックが錆びない事


 物理的になかなか厳しい要求を出しているので、有名釣具メーカーさんのアイテムでも該当する商品が見つからず1年の歳月がかかりました。


 しか~し、そんな苦悩も愛犬ワンコのおやつを買いにホームセンターに出向いて遂に衝撃の出会いを果たしました。まさかホームセンターで解消するとは思ってもみませんでしたです。はい。

 
私の悩みのタネを解消してくれたのが『リングスターさんのスーパーボックス』です。もともとは工具箱です。
1486863235756


純国産一貫製法の自動車バンパー素材ボディで出来ております。磯場で投げても壊れないと思われます(笑)
強度良し!
1486863700949


構造が単純なので丸洗い楽勝!
1486863851708
1486863871643


バケットマウスに超絶マッチ!あと20mm程度横幅があったら完璧でした!リングスターさん是非創ってください!と探していたら400㎜×225㎜×203㎜サイズを発見。後半に紹介あげてみました。
1486863608031



 ファスナーは付いていないので潮噛みの心配がないのですが、唯一の弱点は蝶番とロックの鉄心の錆だけは心配です。鉄心にモリブンやグリス、はたまたネバーウェットでコーティングすれば幾分の気休めになるのかとおもいます。

ネバーウェットのエントリー

 肝心の収納具合は下部の広いスペースにジグパケ入り8本(ジグ単体なら無茶苦茶入ります)と250mm前後のダイビングペンシル2本が楽々収納。300mmでも楽勝です。
1486865509615


ボックスのスペックは横幅385mm✖縦幅202mm✖高さ140mmとなっております。


 上蓋には300g・350㎜のアスナロジグがギリギリ収納可能です。アイがはみ出しておりますがロックも出来て大丈夫でした。4~5本の主戦力ジグを上蓋で回すのなら十分すぎる感じです。私はキラーⅣとアスナロとアイルフラッシュの3本がメインなのでスペースが空く感じになります。

 
 がまかつのアラ針で作ったアシストフック・40番も余裕の収納。小分けの仕切り板がありますので、使いながら自分色のレイアウトを探して行く予定です。
1486865258650


 軽くご紹介させていただきましたリングスターさんのスーパーボックス、かなり使えそうな予感がします。今年は春マサ行けるか微妙ですが早く使いたい!

リングスター(RING STAR) スーパーボックス ブルー SR-385

新品価格
¥1,069から
(2017/2/12 11:20時点)



やや大き目の400サイズもありました。400㎜×225㎜×203㎜。こっちがいいかも♪バケットマウスなら420㎜程度まで収納出来るのですっぽりサイズです。

リングスター(RING STAR) スーパーボックス ブルー SR-400

新品価格
¥1,525から
(2017/2/12 11:22時点)


楽天はこちら

>リングスター:スーパーボックス:SR-400

価格:1,820円
(2017/2/12 11:26時点)
感想(1件)

台風の合間のナイスタイミングでキャスティング&ジギングに行って来ました。まるきんさん主催のツアーで素人の私でも安心して初トライのカツオ&キハダマグロのキャスティングゲームが楽しめましたよ!


今回お世話になりました遊漁船は長崎・女神大橋を渡って直ぐの港の『STATUS』さんにお世話になりました。新艇ピカピカで超カッコいい船でした。船長さんかなりの男前(笑)


ステータスさんのご予約・釣果情報はこちら


釣具を買うならまるきんさんで♪


朝一のアジ曽根には鰹漁船が一隻操業されていました。テレビ番組で観る鰹漁船の光景に感激!放水とイワシのばら撒き(チャミング)に周辺にいる鰹とマグロ類は鰹漁船に集結します。鰹漁船の周りではイワシの取り合いで鰹とキハダがボイルの嵐!
BlogPaint



ナブラのタイミングを見計らって船長が巧に誘導してくれます。が!この日は本カツオの調子がイマイチ冴えない模様。鰹漁船も悪戦苦闘で不調です。ベイトが小さいみたいでした。


そんなこんなで悪戦苦闘をしていると船長が巨大ナブラを発見か!?


急いでルアーをピックアップして猛ダッシュで船を走らせます。辿り着いた先でド迫力の光景が待っていました。平戸でのメーターシイラのブッコ抜き動画は撮り逃がしたからと思って今回はずっと動画を回してました(笑)すると。。。。。奇跡降臨!




メガボイルの正体は!?グーグル動画・40秒あたりから面白くなります。






※スマホで観ると画質が綺麗です。PCはボケて観えますのでご了承ください。






船長曰く数十匹の芭蕉カジキの群れだったそうです。至近距離でのメガバイトの水柱が半端ないっす!!!!


その後も鰹とキハダの鬼のようなナブラがあっちこっちで沸いておりました。


シマノ・オシアペンシル115SSからセカンドステージ・チアロにサイズダウンしても食わないっ(´Д`)


お昼頃にはジギングで希望を託します。


船首の先輩方にスマカツオ、サバ、ムロアジ、ヤガラがヒット!


私もアスナロ300のへなちょこジャークからの高速巻きでハガツオゲット。後方では3Kgネリゴがヒット!
1475847876806



沈めれば何かしらのお魚さんが反応します。


ジギングでも状況が変わらず悪戦苦闘、状況打破の一手が見つからない中でミカシー調査隊隊長が沈黙を破りました!流石っ!
1475849493929




デッケーっすね。沖縄に生息するハタらしいです。その名もスジハタ=アカジンミーバイ


その後ゼニスのスタッフさんにアラ(クエ)がヒットするも根に張り付かれてラインブレイク。惜しい。


何だか訳分からなくなりましたがモンスターハタ系ラッシュに突入w
https://photos.google.com/share/AF1QipPacg715fta9ED25WEjDGRUVw8CCVyKHQyYkr5dCE92CgOIqLfSLNrFiLGdvSRHpw/photo/AF1QipMyfi0wWFUGpO7sws8qzfUOE7t5lC_6PVY5O9Ju?key=SGp1emFQT2QxenFza29zVzFMUVhNNndKRFdMMER3


カツオ漁船の皆さんから『がんばれーッ』『ファイトーっ』、さいごは『ちょーだーい』『おめでとう』のエールが飛び交います(笑)和やかです(笑)



気が付けばカツオ釣りを忘れてハタ釣りツアーになっていたのは内緒です(笑)


カジキ・キハダがバンバン飛んでいた夢のような一日もあっという間に陽が暮れました。キャスティング初心者の私を暖かい目で見守って頂いたツアーの先輩方、タックルを貸して頂いたみかしー隊長、最高のロケーションを用意して頂いた船長に感謝の一日でした!


またいつか『STATUS』で大物を追っかけに来よう。
1475851935602



GyoNetBlog ランキングバナー



↑このページのトップヘ