カテゴリ: SLJ

扱い易いと太鼓判を押していた、16ストラディックC5000XGをショアジギとオフショアのSLJで2年間メインのスタメンで使い倒しておりましたが引退の時を迎えました。


上記の2記事は良く読んで頂いた人気記事で、今後出てくる新型機種のリールもより良い情報だ出せたらと思います。

16ストラディックC5000XGを2年間使い倒した感想と言うことで、この記事が本当の意味でのインプレ記事になると思いますが、第一印象とそんなに差はなかったように思います。

結論から言いますと「終始、優等生」の呼び名が似合う、今までなかった使い易さを実現したスピニングリールだった思います。

やや想定外だった部分も付け加えて16ストラディックC5000XGを書きなぶります。

ストラディックC5000XG 2年間手抜きメンテで凌いだけど、これと言った故障もなく非常に良い

遊漁船のような大きな船でも、1.5m以上の波高が出てくると移動中に波しぶきを被るのは普通の光景です。
DSCPDC_0003_BURST20191020084811116_COVER
玄海灘からくるうねりを伴う波のしぶきを被りながらの航行が常です

「波しぶき対策」でスプールのデザインカット穴はテープで塞いでいたのですが、リーリング時に僅かにノイズ音がしておりました。鉄壁の防水技術「コアプロテクト」でもやはり、完璧な防水ではないので気を遣ってあげたいところですね。

波しぶき対策が未対策たっだら本体内部(メインベアリングとメインギア)がゴリゴリして、早い段階、例えば1年おきでメーカーのオーバーホールメンテが必要だったかも知れません。
DSC_0511
手持ちスピニングリールは、スプールのデザインカット部分は全てテープで塞いでおります

XGの精密ギアで無事に2年間も耐えてくれたので個体差はあると思われますが「アタリ球」の個体だったと思われます。

ラインローラーのベアリングは、工業用のグリスでベアリングを包むようにグリスアップを施して保護していたこともあって、ゴロゴロならずに最後までスコブル快調でした。残業漬けの日々でメンテする暇もなく過ごしていたのでコレはおススメのズボラメンテです。

4000番ボディとしては、根掛かり回避・早巻きの能力は優秀

SLJやスピニングタイラバが流行りだして、C5000と言う絶妙な番手を投入したシマノさんですが、4000ボディの早巻き能力としては十分な使い心地です。

水深が40m以上になってくると流石に6000HGが欲しくなってきますが、あくまで「ライトなタックルで色々出来るマルチなリール」の立ち位置なので、ガチのタックルを入れる前段階の食わせの要素を欲しい時にピッタリのリールでした。

買った当初に感じていた、ジグが着底してからのラインスラッグ処理の速さや、根掛かり回避のための早巻きでの立ち上がりの速さは、ジギングリールと同等でライン巻き取り量(ハンドル1回転で105㎝)は、SLJの快適さに直結して、根掛かりが多い岩礁帯ではC5000XGじゃないとイケない場面は多々ありました。

C5000が活躍するのは根掛かりが頻発するボトムの釣りで、根魚や真鯛を狙う時にボトムを切ってから「ゆっくりめの巻き+シャクリ」で海底から離さないイメージでアクションを入れてから再びボトムへ落としてリフト&フォールの繰り返しで狙う時がC5000XGが本領発揮しました。

ハイギアでは潮が速いところだったら、ラインスラッグの処理が遅れて根掛かりが連発のところを、C5000XGならたまに根掛かるけど、得意のハイスピード巻き取りにより1日通してSLJを楽しんでもロストがなかった日も結構あります。

16ストラディックC5000XGは魚が掛るとシンドイ

ジグが着底するやいなや釣れていると言った天国モードのショアからのSLJに何回か遭遇したのですが、60㎝位のシーバスが立て続けに釣れると想像以上にファイトする時の巻きの負担が凄かった経験をしました。

16ストラディックC5000XGのハンドル長が55㎜
ストラディックSWC5000XGのハンドル長は60㎜

僅かながらの「5㎜」の差なのですが、魚とのファイトを連発する時はSWの60㎜ハンドルじゃないと、とてもじゃないが腕パンになって「巻けない」ことが判明しました。筋肉ある方が羨ましい。

これは16ストラディックでの弱点として感じた点です。

もうひとつの弱点、ドラグ

キジハタを釣っていて、シイラのメーターサイズが掛ってしまい、咄嗟ではありますがファイトしたのですが、ある程度ドラグを絞めたところでドラグが効くゾーンが限られており、メーターサイズのシイラに主導権を握られて魚の制御が不能になりました。

見た目はジギングリールっぽいですが、やはりライトで色々な釣りが出来る「汎用カテゴリー」のリールなので、青物には不向きな点が挙げられます。

先日の釣行では16ストラディックC5000XGでヒラゴ、ヤズ、サワラが入れ食いしたのですが、4kgまでの青物までなら十分に楽しめます。が、5kg越えると制御不能に陥ると思われます。ドラグも19ストラディックで進化に期待したい点になります。
DSCPDC_0000_BURST20191014100510344

DSC_2057


2年間使ってみたまとめ

使い易さ、お手頃な価格面、耐久性、トータルで★の評価をすると、★4.0です。

お手頃な機種ですので、巻き取り力の面やドラグの強さはほどほどなのですが、5kgを超える良型の青物が掛らなければ、2万円でこれだけのパフォーマンスが出来るリールってないのではないでしょうか。

鯛ジギとロックショアの根魚遊び用のサブタックルに良く使うのですが、最近は120㎜程度の小さめプラグで表層をチェックするときに活躍しております。

何かと潰しが利くので、釣りに行く時は常に持ち歩いている1台になっています。

2万円弱でジギングリールに並ぶハイスピード巻き取り、遊びの要素でガチじゃないコンパクトボディ。

もう少し防水性能やドラグ、ギアがガッチリした本気度が高いリールが欲しい時は最高峰の「ステラ」「ツインパワーXD」や、扱い易い「サステイン」「強度は謎が残るがとても軽いヴァンキッシュ」、お手頃なSWシリーズ「ストラディックSW」もありますので、同じC5000番の中でも釣り人側としては選択肢も広くなってきております。

そこに来ての、19ストラディックの刷新でメーカー在庫もまったく追い付かない程に売れまくっている19ストラディックのC5000XG。C5000だけは店頭に出たら瞬殺状態が続いております。

お盆に2ストエンジンのシャフトがボッキリ折れてからと言うもの、エンジンが完全に破損してからはオフショアに行けずにいましたが、遂に4ストのエンジンに入れ替えが完了した。

来年に予定していたエンジン入れ替えの予定を前倒しで計画を勧めたら、お財布がスッカラカンになってしまったが、どのみち換えるのなら早かれ遅かれと同じと言うことでサクっと手続き。

船外機入れ替えの詳細は後日別記しますので興味がある方は是非。

慣らし運転しながら玄海灘の入口へ

YAMAHAさんの取説には「新しい船外機は、摺動部品が均等に摩耗するように、10時間程度の「慣らし運転」を行う必要があります。」と記載されておりますので、船外機の慣らし運転はしっかりやっておきたいですね。

「長時間のアイドリングを避け、高い波や船舶が集中した水域を避けるようにしてください。」との記載もありました。

F115・FL115・F130Aの慣らし運転は
  1. 最初の1時間は最大で2000rpm/minが1時間程度
  2. ボートを滑走させるために必要な速度までエンジンの回転数を上げる。但し全開はNG。次に滑走状態を維持しながらスロットルを戻す
  3. 任意の速度で回転させて航行しますが、一度に5分以上スロットルを全開の状態で走らせる
メカニックさん曰く、ホンダさんのエンジンは慣らし運転が詳細に決められているそうですが、ヤマハさんのエンジンの慣らし運転は簡単なんだそうです。

慣らし運転ついでに玄海灘へ行ってみた

まずは進水式の日に2000回転の慣らし運転を行いましたが、私は用事があったので2000回転の慣らし運転には乗船できず。
DSC_1926

2度目の慣らし運転は4000回転前後でロングランドライブの慣らし運転をやって来ました。
DSCPDC_0003_BURST20191014073535814_COVER

2スト80馬力の時代は、とある島の横に来たら必ず20Lを給油しておりましたが、オイルゲージを確認するもガソリンが全然減っていなかったのでそのままスルー。

またしばらく走って島影に着くもガソリンが全然減っていない!素晴らしい!

四駆からプリウスに乗り換えた時の燃費の圧倒的違いで、頭がクラクラ来た時と同じ感動をもう一度味わっている感じです。

外海まで来たのでジグを落とすと・・・・
DSC_1968
DSCPDC_0000_BURST20191014100510344
DSC_1982

職人アジィーさんがイサキ!

兄貴がヒラゴをメガラッシュしてからのサワラ

私はペンペンとネリゴ

1万匹以上は居たペンペンを追っかけてヒラスのデカいのが水面をウロウロしていたのだが、ダイビングペンシル食ってくれなかった。

7時に出船して13時頃に1回目の給油

出港からずっとエンジンはかけっぱなしで、鳥山を追っかけたり瀬を移動したりしていましたが、6時間でやっと20Lを使い切りました。2ストの頃なら60L近くは既に焚いてなくなっていますw

80馬力→130馬力なので倍は燃費が掛りそうですが、逆に2倍以上も燃費が伸びています。

慣らし運転なので控えめではありますが、24ノットは速度が出ていたので十分ですね。

秋は船に乗る機会が増えるので、燃費が良い分でひと月の払い分は完全にペイ出来きそうです。

夕方に帰港して丸一日遊びましたが、おおよそ30L弱で楽しく過ごせました。

まとめ

慣らし運転中は面倒かもしれませんが、摺動部品の摩耗を均等にするためスピードは出せず我慢が必要です。

クルマもそうですが慣らし運転でエンジンから鉄粉の粕が出るので、オイルが馴染む20時間以上から50時間の間で一回エンジンオイル交換とエレメント交換が必要になってきます。

私は30~40時間くらいになったら早めに一回目のオイル交換をしようと思っております。

オイルが馴染む50時間くらいがイイってメカニックさんが仰ってましたが10時間そこそこの今にでもオイル交換をしたい気分です。

慣らし運転でのエンジンオイル交換が無事に終わると、100H毎のエンジンオイル交換のサイクルになります。


参考資料 ヤマハ取扱い説明書PDF https://www2.yamaha-motor.co.jp/Manual/Me/

おはようございます。

彼岸花も咲いてグッと秋らしい爽やかな朝を迎えることが出来ました。夜、扇風機をかけっぱなしで寝ていると風邪をひきそうになりました。

北部九州の8月は雨が多くて冷夏の夏でしたが、9月になって夏に逆戻りの真夏日が続きました。

海の中はって言いうと、その8月の日照不足の影響があったのかも知れません?

9月中旬にして早くも伊万里湾内でサゴシが釣れ始めました。しかも、朝・夕マヅメではなくてドピーカンの日中に連チャンしました。

ヤズから見えてくるもの、あれっ?シイラよりサゴシが早く来てもうたw

平戸界隈のショアからヤズが釣れ始めると、僅かに遅れてショアからシイラの走りが釣れ始めるのがここ10数年の間では恒例となっております。

シイラがお祭りになっているときにサゴシが釣れ出すのが恒例ですが、今年はシイラを先越してサゴシが一足先に突っ走ってきた感じ。
DSC_1376 (1)


ネリゴ(シオ)は例年通りで、夏が抜けきれない酸欠気味の海況の今のタイミングで釣れていますね。

今年もイイ!

去年あたりからヒラスがショア近海をゴリゴリ回遊していて北部九州のショアジギマンは理性が飛んで狂喜乱舞!

ショアライン沿いの水草も回復しきっていない磯焼け状態ですし水温も高い。大雨で各湾内に流れ込んで来ている堆積物も年々増えて湾内が浅くなっている傾向にある。海中環境の改善は見えていない中だったので偶然にイイ年だったのだろうという見方でしたが、どうやら今年もイケているみたですね。

佐賀~長崎の外海は広範囲のエリアで、それはもうハチャメチャ過ぎるくらいにお魚が釣れまくっているらしい。クソッwwwこんな時に船は完全沈黙してるし(泣)

バルスの呪文を唱えてもいいですか?

何が要因なのか未だ検討が付いていないのですが、何かがそうさせているのは確か。

しばらくはこの流れのトレンドが続きそうですので、秋はショアジギに参入してみるとスッゴイ大きな青物が釣れちゃったりするかもですよ。去年は青物系ヘタッピな私でもPE4号を瞬殺でぶち切っていくヒラスと出会えましたから。センスがいい人だったら1年でグッと成長出来ます。

さて、サゴシのことに戻ります。

9月から10月にサゴシをショアから釣ろうとすると、朝マヅメ・夕マヅメの時間帯が勝負の時間帯になります。

秋も深まり次第に日射しが弱まってくる10月も後半で11月に差し掛かる頃になりますと、マヅメに関係なく日中にバンバン釣れるようになります。

ですが、前回のネリゴとヤズの釣行時から、朝・夕マヅメのゴールデンタイムは無反応で、まだ9月でありながらも日中の日射しが強い時間帯に11月・12月のように釣果が集中しているのが今年のライトショアジギの傾向になっております。

季節も進んで11月~12月頃にはサゴシもベイトをたらふく食べて9月の頃よりサイズアップしております。走りの時期は40㎝くらいだったのが60㎝を超えるサゴシに成長しており、寒も入って脂が乗ってピンク色の身に変わり寒ブリと並ぶ高級魚と肩を並べるほど美味しいお魚です。

9月のまだまだ小さい(45㎝ほど)のサゴシのトロの部分だけ試しにお刺身にしてみました。もちろん、釣った瞬間に活き締めして、脱血、1分後には内臓も除去してほぼほぼ下処理完了状態で6面真空のクーラーでキンキンに冷却保管。氷水保管ではありませんがやれる分はやりました。神経抜きは道具を忘れててやってないのが悔やまれます。

一晩寝かしたらもっと美味しかったでと思われますが、即席の味見目的のお刺身でも青臭くなくてなかなかの美味!

サゴシくっせーって言っていた過去に反省です。下処理を施して45㎝くらいのサゴシでも結構な美味魚に変身してくれました。
DSC_1393


来週の3連休は釣りに最高の連休となりそう

魔の3連休2連発週間。お仕事に人も祝日休みの人もそれぞれですが、来週は台風一過でヤバヤバな感じが漂っております。

速報で火星人の立派な雄が上がっておりますwww

釣り場はどこも場所取り争奪戦になりそうです。

予定では職人さんとSLJでコアラとヒラス狙いに行ってきます。週末が楽しみです。

息抜きで半日釣行に行ってきました。

今回は40gのジグでショアからSLJです。釣れても釣れなくても海辺に立って海からの風を感じただけで今までと違うありがたさを感じて来ました。
DSC_1277


タックルは96Hと15ストラディックC5000XG

タックルはここ数年お気に入りで使っているライト用のショアジギタックルです。

今回もこれで楽しい釣りをしてきました。

フィールドはホームの伊万里湾。お盆のクルクルイワシ以来の釣りで海の状況が掴めておりませんが、良型のアジがめちゃくちゃ釣れているらしいとのことでSLJでアジ狙いです。

SLJでもジグは80g~100gまで持ち歩くのですが、今回は準備ミスで不覚にも40gのジグだけしか持って来ていませんでした。

ここ数か月はずっと勉強に専念していたこともあって、プッシュアッパーでの筋トレも休止していたのもあって完全に筋力はゼロに戻っておりました。←ここが今回のキモ。ひと月1回程度の釣行

久し振りの釣りで40gを半日フルキャストしてたらそこそこしんどかったw

情けないことに翌日は予定通り全身筋肉痛に見舞われております。

60g~80gをメインで投げたら腰にも負担があってもっとシンドイかったはず。

タックルは軽くないと疲れる!って常識のように言われるけど、筋力ゼロの私が感じたのは「リールがデカくないと巻く作業がネックとなりスッゲー疲れる」と筋力ゼロになってしまった私が身をもって体験して来ました。

 ・C5000XGなので巻きあげは速い。ハンドル1回転101㎝でジギングリール並み
 ・101㎝も巻きあげるのだが、基本4000番のボディなのでパワー不足
 ・リールが小さいと魚が掛ってからの巻き揚げで腕パン・乳酸溜まりまくり

リールが20000番になるとハガツオだったら完全無抵抗のウインチ状態に出来る

20000番は巻くのもジグをシャクるのも楽々。リール重量は約900gと重いのですが逆に楽です。(個人的な感想)

今回は小さいながらも色々釣れて楽しめました。ヤズ✖2、ネリゴ、オオモンハタ、キジハタ
DSC_1283
DSC_1257
DSC_1270
DSCPDC_0003_BURST20190911180036103_COVER

伊万里湾にしては上出来なお魚達でしたが、現物はお察しの通りスッゲー小さいですが上の写真のお魚でヒーヒー言わされました。

小さいサイズでもネリゴやキジハタみたいに良く引くお魚だとC5000XGでは巻くのが結構大変で疲れるサイズです。

ストラディックSWになると気持ちだけ巻くのが楽になります。気持ちだけなのでほぼほぼ誤差程度ですw

96Hのロッドに15ストラディックC5000XGのセッティングのところを、リールをツインパワーSWの6000HGか8000HGに換えたらどうなるべ?と最近考えるようになってきました。

SLJにツインパワーSWとなると、凄く贅沢なセッティングになるのですが長崎の海ではSLJでもツインパワーSWを入れて行かないとシンドイぞと感じます。

ダイワさんならキャタリナの下に、ライトジギングで使えそうなクラスのリールが数モデルありそうですが、シマノさんはそこの層が極端に薄い様な気がしますね。

6000HGから上の番手で定価5~6万円のミドルモデルの投入が欲しいところです。

ツインパワーSWとストラディックSWの中間となる、期待の新型を作るとなるとサステインSWしかない!(勝手な妄想です)

番手のラインナップは5000~8000HGまで、10000番からはツインパSWかステラSW買ってね、それで上モデルと下モデルのバランスは取れそうな気がしますが、全国的に売れている6000番と8000番の牙城を崩したくないシマノさんがいらっしゃいますので痒いところの改革が進まないのが現状です。日本の年金制度みたい。。。。

ツインパワーSWとなると、何台か買うとなると出費がイタイと感じる金額ですので

もし、ミドルモデルクラスで使い易い&ちょっと背伸びしたら購入し易い、店頭価格5万円くらいの6000~8000番のライトジギング&ちょっとだけ大き目のお魚を狙えるスーパーライトジギング対応の仮称・サステインSWみたいなリールをシマノさんから出して貰えると、感極まって発狂しながら買いに行く私がきっとおりますよw

6月くらいにミニボ専用ロッド作りますと言っていたロッドがようやく完成しました。

6.6ftの短いボートシーバス用が元になっています。バスのスピニングロッドより可愛いグリップエンドなので、なかなか使いどころが難しいロッドでしたね。

売るのもなんなので、グリップエンドを切ってグリップ延長してみることにしました。

DSC_0269

タイラバロッドに比べたらグリップ全体でも半分くらいです。

グリップエンド解体!

グリップ延長の改造は初めての私です。ですが、グリップ延長は超簡単らしいので、無計画にぶった切って行きます。

まずは、グリップエンドのEVAと言われるスポンジ生地のクッションをカッターで縦一直線に切り目を入れて、更に数回切り目を入れて剥きやすくします。
DSC_0272

EVA剥き用にプライヤーも用意しましたが、今回は綺麗に剥離してくれました。

出て来たブランクスの外径をノギスで測って延長用のEVAを注文

ロッドパーツ系は昔からお世話になっている「流星フィッシングワークス」さんにてお取り寄せ。

DSC_0877

内径8㎜・外径27㎜・全長400㎜

内径幅を調節すれば、外径27㎜程度、全長400㎜あれば、SLJ・ライトジギング・ジギングロッドに丁度いいサイズです。

ジギングロッドに使えてしまうサイズのEVAを、あんなに可愛いボートシーバスロッドに移植してしまいます。

まずは、EVAを剥いたグリップエンドのブランクスを途中からヤスリを使って切断
DSC_0925
内径6.5mm・外径8㎜

切ったブランクスにEVAを通してみてハマるか確認

ハマるのを確認したら、グリップエンドのブランクス延長用のカーボンパイプを用意

だが、アバウトな私は今回カーボンパイプは使わず、グリップエンドはホムセンに売ってあったステンレスのパイプでも普通にイケそうということで、外径6㎜×1000㎜のステンパイプで流用してみました。300円くらい

元のブランクスが内径6.5㎜なので、気持ち0.5㎜ほど嵩上げしないとスポスポなので、ステンパイプに瞬間たらして、編み物で使う糸か余ったPEライン0.8号くらいで感覚を開けて巻くと程よく隙間調整と糸が段差になってズレ防止にもなります。

昔のロッドはこの方法で隙間調整されていました。先人の知恵です。
DSC_0960

ロッド本体側にテストで刺し込んでみたら見事にピッタリ。コツは瞬間接着剤を付け過ぎないことです。僅かな差ですがロッドに刺し込み難くなります。

あまりにピッタリ過ぎて抜けなくなったので、まぁいいか!ということで、接着なしで目一杯刺し込んで本体側のセッティング完了!グリップエンドは引っ張ることもないので抜けることはないだろう。

1mもあるステンパイプなのでEVAの長さを合わせて380㎜くらいのところにマーカーをして、金切り鋸を借りて来て切断。ステンでもあっさり切れました。
DSC_0973

ここからが大事でEVAの接着をします。

シリコンでもいいのですが、もっと粘り気が強くて捻じれ剛性に強い「靴用の黒い接着剤」を使用します。
DSC_0977

このボンドは強い(笑)まじのおススメです。

PEラインの6号が余っていたので中間部分も簡単に嵩上げ。EVAの内径が8㎜なので7.5㎜くらいが狙い目でした。

くつピタだけでは量が足りなかったので、普通のシリコンも使って接着
DSC_0979

ハメ込んでいくだけであっという間に完成
DSC_0983

ジギングロッドと並べたら、こっちの方がグリップエンドが長くなってました。まるで別人です。

ステンパイプですが適度にしなってくれます。耐久力は追って調査します。

ブランクスは細くて粘り強く、グリップエンドはしっかりホールド出来るロッドになったので、SLJにピッタリのロッドに仕上がりました。

短いのでミニボ専用機です。

最後に言うのもなんですが、元ブランクスの外径が8㎜なので、延長パイプは内径8㎜の外径9~10、EVAの内径もそれに合わせたらもっと楽勝だったと完成してから気付きました。。。。

今回はEVAとステンパイプ合わせても1,500円程度でグリップ延長が完成!

グリップエンドが短くて気になる方は試してみてください。

↑このページのトップヘ