カテゴリ: ヤフオク

前回はヤフオク初出品までの簡単な触りでした。

簡単な商品説明と無加工で素朴な画像で初めて出品したルアーの行方はいかに。

出品した商品は当時で確か4000円くらいで買ったクランクベイトでした。今思えばクランクにしてはバカ高いんですが当時は出し惜しみなしで買い漁っていました。バスバブル恐るべしの狂乱時代の資産です。

価値があるのかないのか時が経った今となってはクエスチョンマークですので、1スタにて様子見の皮切りスタートです。100円落札でもそれが世論と言う覚悟で4000円のクランクを損切り覚悟の1円からスタートします。

2時間でウォッチが2つ付いてビックリ値で落札!

流石に1円なので、ワンチャン安く買えるかもと開始早々2時間でウォッチを2つ頂きました。

2日目くらいには入札7件で2100円に自己紹介挨拶ジャブ入札でプチ急騰。中古ルアーで2000円ゾーンは普通に考えたら上出来ライン。まだ値段が上がる伸びしろがありそうで恐ろしいほど可能性を感じましたね。

それから最終日まで様子見停滞が続きまして、最終日にはウォッチが5~6入って混戦を極め、最終日には購入価格の4000円を大きく超えて5500円落札頂きました。送料と手数料10%を引いて5000円ちょいの手取りとなりました。

プラスチックのクランクベイト1つで5000円超えです。普通に考えてクレイジーな世界。高いと言われるキャスティング用のダイビングペンシルですら可愛く感じて来ます。

1スタして捨て身の出品で収支はプラス1000円。価値が分かっていて利益が出る4500~5000円の提示だと買い手が付かないこともあるので消費者心理の難しさを垣間見た取引となりました。

本当はこのクランクベイトは黄色いお店の委託販売かメルカリで2000円くらいで売ろうかと思っていたのですが、値段を固定しなくて良かった一例になりました。

月額無料で簡単に出品してチャチャッとお小遣い稼ぎ

今回の出品形態が有料会員であっても無料会員でも、落札相場価格で言いますとMAXかそれ以上の売値で取引が出来たと思われます。仮に有料オプションを使って利益を目減りしていたら逆に勿体なかった例でもありますね。


商品が変わっても売れる5大要素
  1. 商品に魅力(価値)がある
  2. スタートが低価格
  3. 商品が綺麗であること
  4. 最後のカギは高評価であること
  5. 約束は守る

落札者側としましては、お目当ての商品が欲しくてオークションをサーフィンされています。その商品がお目当ての探されている商品だったら「商品に魅力がある」という1つ目の条件ですね。

更に、そのお目当ての商品が低価格であれば2つ目の条件「スタートが低価格」が加わりウォッチや入札に繋がるアクションを起こすトリガーになりえます。

たまたま商品が同じならば、競合の出品者との差別化は「お手頃な値段」か、条件3の「商品が綺麗であること」で駆け引きされてしまいます。

4つ目の条件に、最後の最後で出品者の評価も比較されます。悪いの評価が少しでもあるとかなり警戒されてしまいます。ですが、過去の取引実績が2回しかなく、良いが2つだけの私のアカウントでも高値で売ることが出来たのは、ご落札者様の心暖かいご対応のお陰でした。

そんな暖かいユーザー様もいらっしゃいますので、慣れていない方は「初心者」と言うことを恥ずかしがらずに全開に押し出してみるのも結構イケてる戦術でもあります。慣れてらっしゃる中堅ユーザーさんより謙虚で真摯に対応出来るイメージを与えます。

5つ目は取引での約束事は必ず守ること。入金後1~2日で発送の項目を選んだら他の用事をキャンセルしてでも発送を徹底する。5つ目の条件「約束は守る」をかたくなに積み重ねていくと、条件4に繋がる高評価を頂けるので最高の勲章に育って行きます。SEOと一緒でRPG感覚で自分のアカウントの信頼を育てるのもオークションの楽しみの一つでもありますね。

利益優先ではなかなか育たない一面もSEOとよく似ています。

この5点を抑えておけば、無料会員でも有料会員と遜色なく競り合っていけると感じております。手数料が有料会員で約8%に対して無料会員10%の点がありますので、今後全体でどれくらい取引するかザクッとの総額で計算をだしてお得な方を選んで構わないと思います。

Yahoo!はペイペイとの絡みがありますので有料会員の方がとにかくお得感がありますね。

ちょっと脱線。100億円パワーのペイペイマネーが2019年6月3日以降流入するビッグウェーブ

ペイペイのプレスリリースによりますと、遂にYahoo!ショッピングとヤフオクでペイペイの利用が6月3日からスタートすると発表がありました。

先月のキャッシュバック分が戻ってきたのですが、ペイペイの「第2弾 100億円キャンペーン」が終了した今となっては20%から3%のキャッシュバックとなっており目減り感が半端ないですね。期待される「第3弾 100億円キャンペーン」開催まで皆さんペイペイを使うのは温存している期間となっているみたいです。

ここに来てヤフオクに使えるとなれば散財のターゲットになる余地がそこそこ期待が持てます。

仮に「第3弾 100億円キャンペーン」ペイペイ祭りが開催された際には、ヤフオクが本気のお祭りモードになることは想像に易しいですね。

中古品の個人売買が数年前に熾烈な価格競争の末に下火になって、奇跡的にも盛り返してきた今では非常にありがたいビッグウェーブです。

入金と発送

ひと昔と違っていて、取引は振込みは使わずかんたん決済が主流。特定の常連のユーザーさんは銀振も使われるとおもいますが、初めての取引相手同士ならかんたん決済がスマートで助かりますね。

あらよあらよと落札者さんと当方の手続きが済んで行きます。その数時間で発送待ちの状態まで進んで翌日には発送です。

落札者さんは匿名でのお取引をご希望されていて、匿名取引はこれまた初めて。初めての連発でかなり緊張しました。

ヤフオクの取引と言えば、超絶にめんどくさいと感じる量のコメントのやり取りのイメージがありましたが、匿名取引を発達もあって今では滅茶苦茶スマート!!!!感激!

そりゃ、あんだけ取引のコメントをやり取りしていたらみんな逃げだすよ。

簡単な挨拶とお礼を述べて、約束を守りさえすればスマートかつ簡単に取引がスイスイ進んで行きます。あっさりしすぎてそっけないほどです。

んでんで、発送は「ゆうパケット」、ヤマト運輸さんのより安かったので、ゆうパケット選びました。

レターパックライトやメール便、定形外って今は使わないんですね。発送も違ってて軽い混乱はありましたが、ダイソーでゆうパケット対応のプチプチ封筒を買ってきて、フックがクランクのボディと干渉しない様にさらに梱包。厚さ3㎝って意外と薄いのでルアーにはやや難あり。

梱包した封筒を郵便局に持ち込んで、備え付けのゆうプリタッチというバーコードリーダーで宛名をプリントします。
DSC_3733

プリントされた印字シールを持って局員さんに封筒と一緒に渡すと発送が完了します。

商品の発送通知は局員さんに渡したシールのバーコードをスキャンされたのと同時にヤフオク側に発送のデータが飛ぶみたいです。発送が完了したタイミングで発送完了の旨をコメントで連絡してもいいですね。

すると、翌日には落札者さんのお手元に無事にお届け完了してお互いの評価を行い今回のお取引はこれにて完了です。

初回で最高の取引が出来て大満足 まとめ

記念すべきヤフオクの出品第一弾は落札者さんにも恵まれて大成功でした。

ヤフオクのイメージとしましては、ひと昔の名残は一新されてとにかくスマートで簡単な取引になっております。

逆に匿名取引の方が面倒な自己紹介もなくて「匿名めちゃくちゃいいやんけ!」だったのはちょっとした衝撃を受けました。

まだまだ私が知らないパターンの取引が待ち受けていると思われますが、地道に攻略して行けたらと意欲が出て来ました(笑)頑張ってカメラ買うぞ!

不定期ですがヤフオク関連でまた記事にしていきたいと思います。今から始められる方は同期ですよん。

おはようございます。社会人基礎力が高めな知り合いは朝5時から起きてYouTubeや自分の商品造りに奮闘されている方が増え始めました。毎朝6時過ぎに起床していますが今日は負けじと無駄に5時30分に早起きしてみたちゃぶけんです。

先日の記事に「水に強いカメラが欲しい」と書いたのですが、一眼レフやウェアラブルカメラ、コンデジがあればコンテンツを作るのにめっちゃ便利で画質が良ければ最高。そんなこと言ってたら破産しまっせ。お兄さんになっちゃう金額。実のところ、今はスマホのカメラしか使っていないので画質に劣りを感じてやまないのです。

幸いにも資産価値があるルアーの手持ちが少々あるので、この資産をどうにか運用してカメラに換えて行こうと目論んでおります。

まずはコンデジ狙いで軽く売って行きます。
auction_happy


郵便局で感じたネット売買市場の活気

長い長い寝る暇もないブラック企業勤務時代を経て、久し振りにオークションを触れてみたと言うのが今回の企画となっております。実に4年振りなのであります。

4年の間にフリマアプリのメルカリや、換金型のキャッシュが出来たり、ヤフオクが一部無料で開放になったりしてあっと言う間にオークションを始めとする中古の個人売買市場を取り巻く環境が様変わりしたように私の目には映りました。

これは皆が知ることろですが働き方改革と副業解禁の波も手伝って、メルカリやヤフオクの個人で売買できるサイトがフィーバーしているとニュースでは良く流れている話題です。当時オークションでは必須と言われた「ゆうちょ銀行」からもすっかり足が遠のいていましたが久しぶりに郵便局へ行ってみると、そこには驚きの光景がありました。

幅広い年齢層の方がダンボールの小箱や封筒を大事そうに抱え、なにやらバーコードリーダーのような機械に並んでらっしゃいました。あとで分かったことだがヤフオクやメルカリで発送するための伝票を印字するシステムでした。今ではスマホを使って印字したシールを一枚張って発送完了する流れです。いや、マジでビビった

それより、その印字をするシステムを使っている人の多さが一番印象的でしたね。廃れたと思われた個人の中古品市場の沸騰振りに唖然とさせられた。その昔より圧倒的に熱心なプレイヤーが増えている感じがしました。


メルカリとヤフオクどちらにするか悩んだ結果

以前はヤフオク以外の手数料がめっちゃ安いオークションを使っていまして、そこのオークションで出品数・取引数が群を抜いて多かった大御所のお二方をどうにか発見して取引実績を拝見させて頂くと、なんと1か月に1取引あるかないか。月額利用料324円取られている筈なので一取引ではほぼ採算がとれていなんじゃないかと思われる。当時の活気はどこえやら。

昔使っていたオークションは完全にないなと即判断して、海外でも大人気のメルカリと、値上がりが期待できるヤフオクのどちらで行くか非常に迷いました。

売ろうとしている商品の価値が完全に掴めている方はメルカリ

採算がとれる値でも割安値も自分で自在に値段のコントロールが出来るし、何と言っても潜在するプレイヤーの数が多いので数打てばあたるんじゃないかと考えられるメルカリ。相場を把握されている方はメルカリかなと思います。

急騰の可能性が見込める商品、値付けに自信がない方はヤフオク

オークファンを使って相場を調べても連休等のタイミング次第で値段が変わる商品は値段を固定してしまうと大損してしまう可能性が凄く高い気がしました。そんな価値が見込める商品は熟考が必要ですね。

と言うことで、資産価値があるルアーを売るのなら値上がりに期待を込めてヤフオクで行くことに決定した次第であります。

ヤフオクの無料版で登録

昔からYahoo!プレミアム会員に入らずに無料版の4999円まで購入可能な無料会員で数回ですが購入して楽しんでいました。今回から取引数もこなす予定なのでプレミアム会員登録もしてもいいかなと感じましたが、手始めなのでまだ無料版で登録して行きたいと思います。

個人の趣味レベルでオプションに拘らなければ無料版で全然OKと感じました。

有料会員だと出品オプションと手数料が優遇されますが、出品する写真を作り込みすぎるとユーザーが業者と勘違いして疎遠するギャップが生じるのはオークションの七不思議です。

なので、素朴で無加工に近い写真を敢えて掲載し素人感を演出するのが私の手法であります。実際素人なんですが裏をかいてコレがまた丁度いいんです。

撮影の要所は押さえる必要はありますが写真を撮って基本は無加工で掲載。面倒くさがり屋さんでも全然出来てしまいます。

ヤフオクに初出品!(祝)

Yahoo!のアカウント登録があらかじめ完了していますと、本当に一瞬で商品の出品登録が出来てしまいます。

スマホよりPCのほうが文字を打ちやすいのもあってPCから出品して行きたいのですが、PCへ写真の転送に手間が掛かることもあって今回はスマホから出品してみました。

スマホで写真を撮ってペタっ。あらま、凄く簡単。

スマホひとつでホイホイやれる使い勝手の良さにビックリしましたね。初めてPC要らないじゃんと感じました。

商品説明もテンプレートが用意されておりおますので、商品名とかサイズ、傷ありとか軽く入力するだけです。

ヤフオク初出品の私でも10分もあれば当たり障りがない(個性なさ過ぎ)の商品説明と、無加工で素朴な写真を5枚程度掲載し要所を抑えた出品期間と時間帯を設定して出品完了出来ました。

本気で手抜きの出品です。素人感出すために敢えて狙ったのですが、手抜きが心地よ過ぎて癖になりそう(笑)

あとはウォッチと入札が入るのをドキドキしながらたまにチェックするだけです。


これ以上書くと長くなってしまいますので、まずはこのくらいの触りにします。Part2は続きを追いたいと思います。

当方、出遅れながらもヤフオクへ参入した模様をお送りしますので、釣具やゲームの整理がしたい方や、これからヤフオク始めてみようかなと思ってらっしゃる方の参考になればと思います。

↑このページのトップヘ