カテゴリ: 100均

ダイソーのシールを集めて包丁がお得に買えるキャンペーンも残すところシール配布終了日の8月12日までひと月とちょっとになりました。

本格的な和包丁が大好きな私もダイソーさんでお買い物も楽しみつつ、ちゃっかり今回の包丁企画は楽しんでおります。

1本目は35枚+648円のシェフナイフを6月10日にゲット
ダイソーでシールを集めて包丁をお買い得価格でゲットしたお話 

流石に1本目の時点でダイソーさんで11,340円分(税込み)のお買い物をしていたのもあって、2シート目は買う物も買いつくして「なかなか貯まらない」w

消耗品と文具を中心に買いそろえて2シート目を無事に制覇しました。
DSC_0179


んでんで、今回の狙いは26枚+216円のフルーツナイフを頂戴することに。

普通なら三得包丁を取りに行くところですが、既に世界一硬いステンレスのZDP189と譲って頂いた三得の2本があるので三得包丁は最後に狙いに行きます。

裏面のフルーツナイフにチェックマークを入れて店頭のレジで包丁をお願いします。と伝えて216円を支払うといただける仕組みとなっております。

ジャンッ!
DSC_0198

全長約21㎝ 刃渡り約9㎝ 持つと結構な重量感

シェフナイフは倍くらいの大きさです。
DSC_0197


まだ実践では使っておりませんが、ガッチリとホールドが出来る厚みがある取っ手が結構握り易すい!!!

お魚専門の私は、お魚を捌く予定でフルーツナイフをあえてチョイスしております。

シュッとした刃先がアジやイサキ、特にカサゴ系の根物のお魚を繊細に捌くのにメッチャ良さそうにしか見えない。

握った感じでステーキナイフみたいに人差し指を立ててスーッとなぞるように切ることが特にやり易そうな形状がなんとも美しい。大き目の包丁よりあばら骨を躱しやすいかも。

以前、和包丁職人さんからこだわり抜かれたペティナイフを頂いたことがあるけど、こっちもひけを取らない良い形状ですよ。

フルーツナイフはシール26枚分、すなわち8,424円分(税込み)のお買い物が必要になりますが、あとひと月ありますので、お買い物ついでにゲットされてみるのも楽しみが広がりますね。

次回(いつになることやらですが)お魚釣って来たら「vivo」で捌いてみます。


ダイソーでvivo / Villeroy & boch Group ナイフシリーズのシール配布が令和元年8月11日までキャンペーンが行われております。

景品交換は同年8月18日となっており、応募シートに目標分のシールが貯まり次第で手だしの金額を追加することで包丁や包丁研ぎ・ハサミがゲット出来るお得なキャンペーンとなっております。

ついでに、Villeroy & boch Groupって、なんだろうと調べたらビレロイ&ボッホって読むみたいですね。
ビレロイ&ボッホのURL貼っておきます。『https://www.villeroy-boch.co.jp/fs/vbshop/c/item

ギフトみたいな感じのラインナップなのですが、包丁が見当たらないのでダイソーさんのコラボ包丁はそれなりに面白いですね。
DSC_3903


気合で35枚貯めました!

GWくらいから貯め始めて約1か月間ダイソーさんで極力買い物して35枚シールが貯まりました。
DSC_3902

300円税込み✖35枚で最低でざっくり11,340円くらい掛かります。ウロコ剥がしのネタで使用しました「金たわし」とかはシール集めを兼ねて買っていました。

生活用品を買ったついでに特別価格で買えると考えたら安い買い物なのですが、私みたいに包丁目当てで35枚分もシールを集めちゃうとトンデモナイ金額になってしまいます。

秋に備えてダイソージグを買い溜めしたついでに包丁を特別価格でゲット作戦が吉

ダイソージグでしたら11,340円分で105本買える計算になりました。

お盆のヤズとカツオから始まり、9月も中旬に差し掛かって来ますとこちら九州ではショアジギが本格的なシーズンに突入して、12月までダイソージグが連日売り切れ状態が続く日々は今では毎年恒例の行事となりました。

秋の品薄状態の時にちょこちょこ買いするより、包丁キャンペーンの時にお得に買いだめした方がコレは完全にお得だと言うことでダイソージグをシコタマストックしました。
DSC_3919


フルーツナイフ・三得包丁・シェフナイフどれも素敵

35枚貯めると買える三得包丁かシェフナイフを私的には狙っておりました。
DSC_3906

三得包丁は戴いたものとZDP189の世界一硬いステンレスの2本があるので、今回はシェフナイフ狙いです。

お肉引くのも、お魚を切るのも出来るそうで案外万能。先が三得より尖っているので使いやすそうですね。

シェフナイフに交換!

見た目より相当長いく刃渡り約20.5㎝はありました。んで、ずっしりと良い感じの重量感があります。パッケージのままの重量で261gありライト系のロッドより重いです。

気になる切れ味の試し切りをしたいところですが、最近は梅雨間近と言うことで用心してお魚を全然捌いてませんが久しぶりにウズウズしておりますw
DSC_3920

在庫がなくなる前に交換

ダイソーさんは相当数の包丁をご用意されておられるみたいですが、イズミヤさん(ゆめタウン)の包丁キャンペーンは大好評で直ぐなくなっていたので、こちらのキャンペーンも油断出来ませんね。

8月18日までの交換期限ですが、貯まったらすぐに交換が吉ですね。実は8月11日~8月18日が交換の期間と勘違いしていた私ですw

既に2枚目のシートを貯め始めてますので、次はフルーツナイフを狙って行きます。

シェフナイフが増えただけで「こんなに包丁ばかりあってどうするの?」と言う声が聞こえて来たので、そろそろ包丁の本数制限しなきゃいけないのかなと思う今日この頃です。

バケットマウスは上蓋を「一発開閉出来るロック」の独自技術が大人気のルアーボックスです。仕切り板がなくフリースペースの使い方が出来て小分けのルアーケースが沢山入ることもあって皆さん使われているのではないかと思います。
DSC_0927

更に「インナートレイ」と言われる小物を入れる中皿が標準で付いているのですが、私が知る限り大半の方が小物入れとして活用されているほど使い勝手がよいモノですね。今回はインナートレイに焦点をあてて触れて行こうと思います。

バケットマウスのインナートレイに入れるものはこんな小物で溢れてます

①金属系小物
・アシストフック
・スプリットリング
・ソリッドリング
・トレブルフック
・よく使うジグやタイラバヘッドが色々(直ぐ取れるように出してます)

②ペンチ系
・フィッシングプライヤー
・PEシザース
・強化リング用プライヤー

③タイラバ系予備
・ネクタイ
・スカート

④その他
・リーダー
・PRノットボビン
・財布
・スマホ
・生け簀で判別用のタグ

ざっくりと書いてこのくらいは朝飯前に入っております。一年片付けずに放置するとライン屑や錆びたアシストフックが不死鳥の様に蘇って来ますw
DSC_3819
ごちゃごちゃのインナートレイ

大手釣具メーカーさんが放送している人気の釣り番組で、プロが使っているバケットマウスの中身がチラッと映ることがあるのですが、プロの方ってどう整理しているんだろう???とずっと不思議に思っていたのですが、私のインナートレイとほとんど変わらない感じでしたw

インナートレイに仕切りがないので必然的に似てくるのでしょうか。私がズボラな性格なせいなのかと思っていましたがひとまず安心しました。

中皿はごちゃごちゃしていると、船上の貴重なタイミングを逃してしまうかも?

バケットマウスを長年使った使用感としましては、インナートレイは千載一遇のチャンスの時合がやってきた時に、ルアーケースからルアーなり小物を取り出している時間がない緊迫時の為に、サッとルアーなり小物を交換出来るようにスタンバっておくのに大変便利な機能を果たしております。

使い方は本当にフリースタイルなので一概には言えませんが、私的には前述の使い方が中皿の一番ウエイトを置いている使用方法となっております。

ナブラが起きている時は焦って手元がおぼつかないこともあるので、インナートレイが散らかっていると探すのにもひと手間、緊急時用にスタンバっている筈が逆効果の時も無きにしも非ずw薄い袋に入れたままのアシストフックやスナップなんかは紛れ込んでしまいますね。

100均でインナートレイを整理する便利グッズを発見

いつものように100均を徘徊していると、閃きーのでインスパイアした商品がこちら。
DSC_3820

ダイソーさんの「間仕切りボード」税込み108円になります。

・高さ6㎝✖長さ49㎝のサイズを選びました。サイズは色々ありますがバケットマウスBM-7000のインナートレイにはコレがピッタリ。BM-9000は中央に大きな取っ手が付いているのでまた次回。
BM7000_0131
出展  明邦 バケットマウスBM-7000  

仕切り板は3枚入っていましたが1枚で足りました。3人分ありますので釣り仲間と分けてください。好みの感じに仕切ってみました。
DSC_3826


縦は丁度良かったのですが、横幅がややサイズがあっていない感じでしたので、カッターでササっと削ります。
DSC_3828

だいぶん綺麗に整ったのでコレでOK!

仕切り板を使ったイメージが完成

しばらくは使いながら微調整が続くと思いますが、仮に小分けしてみました。
DSC_3830

左上・既製品のアシストフック
右上・手作りのアシストフック
左下・ジグサビキと予備のジグ
右下・リーダーとPRラインの予備+ここに財布とスマホ


小物の配置を色々と弄ってみましたが、我ながらなかなか良い感じに仕上がったと思います。

簡単な仕切りですので間仕切り自体が揺れたらで動くのですが、余程バケットマウス自体を振らなければ中身がごちゃまぜにならずに使えます。

まとめ

バケットマウスの包容力は凄いのですが、インナートレイに仕切りの設定がないこともあって、色々と詰め込んでいたら見た目が散らかっている感じに見える感がありました。

上手くまとめることが難しい一面もあるボックスとなっており、整理系でフルコミットしている記事は非常に少ないように感じます。

まだまだ整理するアイデアにバージョンアップの余地がありますのでその都度アップデートしていきたいと思います。引き続きよろしくお願いします。


100均ネタにドハマり中のちゃぶけんです。

今回は100均御三家・セリアさんのケーブルタイ(家電のコードを束ねる紐)が思っていた以上の束縛力にビックリこいたのでご紹介したいと思います。

ロッドベルトの弱点

私は既製品のロッドベルトに1000円近いコストを掛けるのは勿体ないなと思い、ロッドを買うと付いてく竿袋のマジックテープのベルトをリメイクしてロッドベルト変わりに使っているのは以前ネタにしました。
DSC_3558

メーカーロゴ入りであたかもロッドベルト感満載で尚且つ素材はほぼ同じ。なんと0円でこのクオリティー。ガイドが通せるスリットはないが特に不便なく使っております。

釣具メーカーさんの規制品もオリジナル手作り品も、この手のアイテムが抱える一番の弱点は、気付いたらどこかで失くしてる問題

過去に買ったり作ったりしたロッドベルトはことごとく紛失し、その度に買うのも嫌になって竿袋からオリジナルで作り始めた経緯があります。

そんな手間暇かけてリメイクしたロッドベルトですら紛失するありさまですので、私の脳内の記憶媒体が80KBもない可能性すら出て来ましたw

ロッドベルトが無かったらフェリーで離島に行く際に迷惑になっちゃう

マナーと言いますか、フェリーにロッドを持ち運ぶ際は、たとえロッドが1本でもロッドケースかロッドベルトでコンパクトに畳んでおくのが長崎・佐賀のフェリーを使って釣りに行く際の紳士な暗黙のルールと感じております。

先輩方から教えられることなく背中を見て学びました。

今はどうなっているか分かりませんが、この美しき紳士な対応は後世に引き継いで行きたいものですね。

そんなこんなで、急遽離島へ釣りに行く!と決まったときは慌てていても最低限でロッドベルトが必要になることも年に1回くらいはあります。青物の大きな群れが入ってお祭り騒ぎになることもSNSの普及で随時分かるようになった近年ではスクランブル発進釣行が非常に増えてます。

ロッドベルトの代用品をお探しの方に必見

名が通ったメーカーのだと1000円近くしますね。私の場合ですが、すぐ失くしてしまうので100円であったら助かるな~っと、プラっと100均を詮索

セリアさんの「ケーブルタイ」がなんだかよさげでしたので大小と両方買って来ました。
_20190513_175640


この手のネタは他のブロガーさんがネタにしてるだろうと放置していましたが、いざ使ってみると、そのマジックテープの恐るべき繊細な効き具合にビックリして思わず記事にした次第であります。生産国を見てみると中国ではなく「made in 新潟」通りでハイレベルな質感です。

ツルツルの表面と思いきや、マジックテープの効き始めが凄く早くて、鉛筆とそんなに変わらないロッドの局面ラインに綺麗に沿うように巻き付けて行けます。規制品のロッドベルトを超えている気がする。さすが細いケーブルをまとめるのが本業なのが伺えます。
_20190513_182657
僅かな先端だけなのですが、既にくっ付いています。


サイズは2種類

・大きい方が長さ18㎝
・細い方が長さ15㎝

ティップ側に細いのを、グリップエンドに太いのを使ってみました。
DSC_3554

テストで片方細い方でグリップエンドを固定してみたが案外がっちり目、サイズはどちらでもOK

DSC_3556

☺が良い感じ。これなら他の人と被らないだろう。

ティップ側はクルクル巻いた最後のひと巻きに挟み込むのがコツです。下に多く巻いていることでクッション替わりになりなってブランクス同士の接触による衝撃を和らげます。
_20190513_181757


まとめ

これはイイ!100均なのにこのクオリティは想像以上でした。これなら失くしても痛くない

プラスチックごみを減らすためにも失ってはならないのだが、マジックテープの接着が強いのでバックなどに付けてても変に剥がれての紛失は避けられそうだ。

ロッドベルトは使わない時は団子になっちゃうけど、この商品はカットバン(バンドエイド)みたいに薄いのもまた良いところですよ。

と言うことで、今回はロッドベルトの代用品をご紹介しました。

小物系の100均でイケるものを見付けましたら特集していきたいと思います。



今回紹介しましたアイテムはセリアにて購入しました。

みなさんは魚のウロコ取りは専用の道具や包丁の背を使われていますか?私は釣具メーカーのがまかつさんのウロコ取りをメインで使っています。


職人さんから魚の鱗とりには「金たわし」が凄くいいよ!とご教示いただき、さっそく百均ショップから使えそうな金たわしを数種類購入して来ました。


まずは普通の団子タイプ(ダイソー)
DSC_3353

そして手が汚れないスタンプタイプ(ダイソー)
DSC_3354

柄が付いたタイプ(セリア)
DSC_3356

もちろんどれも税込み108円です。この三種類の金たわしを使い比べてウロコを取ってみます。


まずは結論から。究極の血抜き✖金たわしの相性は抜群だった

まずは結論から。究極の血抜きが日常に浸透して魚の処理は究極の血抜きを施さないと始まんなくなりましたね。

魚を寝かせる時はウロコを付けたまま紙に巻いてビニール袋に入れて真空で保存するのですが、開封したらウロコが乾いて重なりあって取り難くなっているのはご愛嬌。

その乾いて剥ぎ難いウロコは金たわしでサクサクと剥がせました。

結論は、おっ使えるじゃん!


個別に見てみましょう。

まずは、オーソドックスな金たわしから使ってみました。ヒレが凶悪なことで有名なヒラスズキ(セイゴ)さんから。スズキと鯛系のヒレで刺さると流血してヒリヒリする経験って皆さん多いかと思われますね。

ボリュームがある金たわしじゃないとヒレが刺さりそうで怖いけどジャカジャカ剥がせました。

お団子タイプはヒレに刺さるのが恐かったくらいで問題なしレベル。買う時はボリュームがあるものを敢えて選びました。



続いては、スタンプ型の金たわしです。

5回くらい往復で擦ったら、ものの2秒足らずで速攻でモゲました。これ以上は危ないと思い棄権。現場からは以上です。
DSC_3366


第三の矢は、期待の星と見込んで、隣の更に隣町のセリアまで行って買って来た柄が付いたタイプ。

スタンプ式が予想外の展開だったので、やや疑い気味になりつつも早速トライ
DSC_3368

やはりと言うかスタンプ式より遥かに強かったけど、半ペラのウロコを取るだけで脱輪w

ネットに包まれていて型崩れしないところは高評価だったけど、柄が付いている=ヒレに刺さらないという一番大事なところを忘れてしまった点では減点対象でしたね。すごく惜しい人材だ。

ということで、結果はオーソドックスな金たわしがなんだかんだで一番という事が判明しました。

どれくらい綺麗に鱗が取れるか深追いして検証

ヒラセイゴに飽き足らず、カサゴの目が細やかなウロコも取ってみました。
DSC_3374

料理をされる方なら背ヒレの付け根を見られたかと思います。背ヒレの付け根を見て貰うとビックリするくらい綺麗にウロコが取れているのが一目瞭然ですね。ウロコ取りの器具でもここまでやるにはそれ相当の時間が掛かりますが、金たわしだとゴシゴシゴシと5往復も擦れば一瞬です。

昔、拙著でお味噌汁や煮付けでウロコが残っているのは非常に美味しいのに残念で勿体ないと書いたことがあります。ここまで綺麗にウロコが取れるなら、お味噌汁や煮付けはウロコを気にせずバリバリ食べれますね。

んで、番外編でヒレに毒がある「鬼カサゴ」もやってみた。
DSC_3378

ですが、用心して切り落としているヒレですら怖かったので鬼カサゴは包丁の背で慎重にウロコ落とししました。私はチキンですが何か?

後で分かったことでヒレが一本生き残ってましたw危うくヒレでヤラれるところでしたよ。

ヒレに毒があるお魚は用心して「金たわし」では危ないので、専用のウロコ取りや包丁の背がいいですね。

金たわしの出番とまとめ

金たわしは、究極の血抜きを施して寝かせたお魚、ウロコが細かな根魚・青物に効果が期待出来ます。

背ヒレがゴッツイ魚はヒレで刺される危険がありますので油断は禁物です。

ウロコを落とした後の金たわしは隙間に鱗が入り込んで手入れが面倒。台所にあるやつをこっそり使うとウロコまみれがバレて怒られてしまうので、ウロコ落としするときは専用に用意しておきましょう!

↑このページのトップヘ