カテゴリ: マイクロジギング

釣れる!めっちゃ釣れる!と彗星の如くデビューして一世風靡した「魚子メタル」が発売されてだいぶ時も経ってしまいました。
DSC_0346


金丸氏に直々に魚子メタルのアクションの付け方をセミナーの時に伝授して頂いていたのですが、今まで反応してくれるお魚とご縁がなかった(笑)


先日買ってみたアングリングソルトの付録DVDを観て使ってみたいとまた引っ張りだしてみた。


1gモデルでカラーバリエを揃えていたのがいけなかったのか、長崎地方では正直なところ飛距離をもっと欲しかった。


1g、2g、3gまでありまして、あるならば5gが一番欲しい。


長崎なら3g~5gがメインウエイトになってきます。なんなら10gあっても全然楽勝。10gになってくると強敵ジグパラの独占市場なので、魚子メタルでも苦戦しそうな気がします。


魚子メタルはピラピラのキッレキレ乱反射を伴う動きがジグ史上で最強


動きのメリハリは始めてみるレベルのキレキレ度。


「良くこの動きを再現出来ましたね」と金丸氏に伝えた記憶があります。


ナイトのライトソルトで遊ぶなら、ジグ単と魚子メタルあれば何でも釣れちゃいます。あとエギがあれば長崎なら県内一周したら面白い釣りになりますね。



魚子メタルの動かし方


キレキレアクションからのバックスライドフォールが基本です。


ジグ単ワームとほぼ同じアクションですが、違うのはテンションフォールがフォアかバックかの違い。


チョンチョン、ツー――――っとロッドを後ろへサビク、ジグ単のロッド捌き


チョンチョン、ス―――――っとゼロテン(ゼロテンション)で送り込む魚子メタル、前へ前へロッドを送り込みます。


アクションの付け方は直ぐになれるのですが、始めは釣れる気がしない。金丸さんゴメン、本音です(笑)


アジがライズしている絶好のポイントで実釣


ここ最近では連日アジが好調のポイントへやってきました。


3gの魚子メタル買ってた気がするが、この日はボックスに入っていなかったというトラブル発生。


まさかの1gモデルでなけなしの遠投を強いられることに。


アジ。ライズ。


身体をジャンプさせながら渾身の鬼ボイル。


ルアーが届けば一撃で釣れる感じだったが力及ばず。


試しに、カルティバのメバルショット3.5gで遠投のジグ単


一投目でズキューン。釣れるサイズが今日はデカく暫くジグ単でサイズと数を楽しんでから考えることに(笑)で、結局食い渋るまでジグ単で通して前半戦終了。私ってダメな人。。。。
DSC_0352


口に親指がズッポリ入る。余裕の尺越え35か36はありました。


今年一番のナイトアジング日和となって脱線してしまった。3gモデルがあれば勝負になってかもしれない。


尺アジ爆釣して、場所移動


移動先は足場が高い堤防


魚子メタルで遊ぶには足場があったほうがやり易いですね。


10mほどの近距離戦だったので1gモデルで充分でした。


常夜灯の明暗部には豆アジの群れがわんさか。たまにボトムに尺近いのアジがウロウロ。


あわよくば尺アジが魚子メタルにバイトしないかなとバックスライドのアクションでレンジを刻んだのですが、この日はアジが反応してくれない。ジグ単ブッ込むも同じ結果でした。


ぬぬぬっ。魚子メタル、なかなかむずいぞと苦戦してると岸壁際でドンっ。


手のひらサイズだけど良く引くメバルが食べてくれた!嬉しいぃ!!!
DSC_0359


去年の秋に新色で出た「キラキラシラス」金丸氏も太鼓判推してたカラーです。


2月になると、長崎北部の松浦~平戸はシラスが大量接岸するのが恒例となっておりますので、冬シーズンは押さえておきたいカラーですね。

魚子メタル ギョシメタル スロージグ アジ アジング メバル メバリング (キラキラベイト, 2g)

新品価格
¥550から
(2019/2/28 11:36時点)




小さいメバルがちょっかい出してくるけど乗らない。


夜のメタルジグ「マジで愉しい」(笑)


釣り方の引き出しが増えたのが一番の収穫!


ジグ単9割とキャロ1割の構成で引き出しが少なかった夜のライトソルトに新しい楽しみ方を覚えたのが一番嬉しかったですね。


たまにプラグも出すけど、シルエットと波動の微調整が難しくてなかなかハマらないので。極たまに遊びで投げる程度。アジもメバルもプラグに出たらデカい。それに混ざって平鱸の50~60cmが夜に釣れたら最高(笑)
DSC_4206



魚子メタルにあうタックルは?


リールはソアレCI4+C2000かストラディックCI4+2500Sを使っています。

ラインはデュエルのアーマードフロロ+の0.6号、アジ、メバルなら0.3号以下でも問題ないです。

ロッドは5.6ft~8.8ftのアジングロッドとメバルロッド、バスロッドのシャープなモデルでもイケます。特にコレと言って選ばないところが魚子メタルのいいところ。


8ft以上のロングロッドならバックスライドの幅を大きく長くとれるので、深場と食い渋ったときにやりやすくなります。ショートロッドは高活性の時に手返し重視で1本欲しいですね。


魚子メタルはナイトゲームでのメタルジグゲームの可能性を大きく広げてくれた


夜のメタルジグって正直、今まで常識外れだったけど、魚子メタルの登場で「メタルジグで夜でも釣れるんだ」と認知が広がったのは大きな成果だと思いますね。


一過性の流行りにするのは勿体ないのでナイトゲームの第三の矢にしていきたいですね。

  1. ジグ単をメインに置いて
  2. キャロで遠投
  3. シルエットを小さくしてメタルジグで多方向からアプローチ

まだまだやり込んでいないのですが、大きな可能性を感じますね。夜の青物ゲームに発展する可能性もありますからね。


ルーディーズ金丸氏の動きは注目です。
ルーディーズHP https://rudies.co.jp/

平成最後の歳末セールが始まり釣具屋さんは賑わっておりますね。


釣りブロガーとしては新型タックルを紹介したいところなんですが、今年は買うタックルがほとんど見当たりませんでした。あるにはあったんですが、お値段がゴイスーで手を出すことが出来なかったと言うのが本音です。ハイ。バイラルメディアじゃないんでコレでいいんです♪



2018年の年始に書いたこの記事が年末になっても読まれております。


2018年のシマノ・スピニングリールの買い替えは待った!】



スピニングリールは上の記事で予想したラインナップに非常に近い展開になってしまった。2018年のシマノさんは新型ステラと、ベイトリールではオシコンCTと言ったフラグシップモデルに力を注いでしまったために、奮発して3~4万円台の背伸びしたら買えますゾーンを2019年以降のお楽しみにしてしまった感があります。


蓋を開ければ、注目度は思っていたのより意外と低かった「ストラディックSW」が注目商品だったんじゃないかと実感しております。


ストラディックSWをオフショアとショアジギでずっと使っておりますが、お値段以上に非常に滑らか&パワフルでノーマルストラディックに戻れなくなりそうな仕上がり。真鯛は余裕で近海だとツインパワーSWの出番がないほどでしたね。サイズ感はノーマルと同じでパワフル&滑らかでワンランク上の上質リールと言った感じです。SWシリーズなのですが、お値段がお手頃な価格帯なのが一番の魅力です。品名にSWが付きますが、ボディが4000番サイズですので汎用モデルとそうは変わりません。


ストラディックSWの6000番が出たら破壊力抜群です。6000番があればみんな反応してたはず。だが、もし出たらツインパSWの6000番が売れなくなるレベルでしょうか。16バイオマスターSWには6000番があったのでどうなんでしょうね。シマノさん駆け引き上手だな。



ならばノーマルモデルのストラディックってどうなのよってなりそうなんですが、ストラディックのノーマルタイプにはノーマルの良さがあって、ベアリングが少ない=ベアリング系トラブルが少ない。ストラディックのノーマル4台を海釣りで中毒レベルで発売以来使っておりますが、未だにベアリング交換してません。コレと言った問題も特にないのでメーカーメンテも出していません。これは、もしも中古に売るが時が来たとしても資産価値があると判断出来ます。

シマノ リール スピニングリール ショアジギング 18 ストラディック SW 5000XG

新品価格
¥21,892から
(2018/12/1 19:58時点)






2019年マイクロジギング専用にスピニングリールを追加予定



2019年はシマノの代名詞と言っても過言ではない主力製品の「ツインパワー」モデルチェンジの噂がありますので非常に期待しております。


ということで、最近ハマッておりますマイクロジギング専用に、新型の2019ツインパワーC2000HGSあたりを就任させようと首を長くして待っている状態であります。


バーチカルコンタクトなどの新しい釣法がありますが、とくに「マイクロジギング」には非常に期待を寄せております。


ドシャローで尺オーバーのマアジの群れがベイトを追っている姿が魚探に映っているに関わらず、18gジグだとポロポロと釣れるものの、いまいち反応が薄い状態が続いており餌の力に頼らずどうにかしてルアーで手軽に攻略出来ないかと試行錯誤が続いております。釣れると定評のスピンテールを使ったらブレードばかり͡突かれるので悔しい思いをさせられております。
DSC_3354



手返し、サーチのスピード、リアクション性でマイクロジギング~10g程のジグがどうも最強の予感。なんせ5m~10mのシャローなのでマイクロで丁度いい深さです。


ラインはPE系の0.6号を巻いたらデカいキスやハゼもイケるので、ワンタックルあれば一年中遊べそうじゃないですか!ドラグに定評があるツインパワーならまず心配いらずでしょう。


と言った感じで、荒れ狂う冬の海況に対応するため鯵のライトタックルを急ぎ足で揃えて行きたいところなんですが、2018年の歳末で買うのは待った!な状態で過ごしております。


2019年に凄く期待です!





アイキャッチ画像 シマノHPより





↑このページのトップヘ