カテゴリ: アジング

春のシロウオパターンでシーバスを追っかけていた時は、シロウオが獲れない年にあたったのですが、今年は稀に見るシロウオが豊漁の年です。

このシロウオに釣られてか、近辺ではヒラメやサワラが季節外れで釣れている情報がありますので、少なからず良い影響があると感じています。

シロウオはハゼ科、シラウオはシラウオ科
DSC_3186
 知名度的には圧倒的にシラウオが有名ですので思わず「シラウオ」と言ってしまいそうですが、シロウオは微妙に違うお魚らしいのです。

 参考:「ビデリシャス

文で解説されていてもハッキリよくわからんのであります。

なので、シロウオ達人に違いをザックリ訊いてみました。
DSC_3193

上の画像で泡の横に一匹だけ白っぽい小魚が泳いでいます。「シラウオ」はこんな感じで白っぽいのだそうです。

そして、下層のその他大勢の茶色の小魚が「シロウオ」になります。

シロウオを漁を見学
DSC_3188

福岡では河川にカゴを仕掛けるのが有名ですが、他にもこのような網を沈めるタイプの「四手網」もあります。

ここまでの規模の仕掛けになりますと、漁具の設置やシロウオ捕獲には関連機関への許可が必要になるのでお気をつけくださいとのことでした。

この網仕掛けを沈めて、シロウオの群れが通りかかったら網を素早く上げると言ったシンプルな漁になります。

網仕掛けの縁が白いのはシロウオのシルエットを見やすくするための知恵なんだそう。

網に入ったシロウオの群れは別のタモ網で掬って捕獲成功
MOV_3179_000000

掬われたシラウオは容器に移されて、エアーポンプで常にフレッシュな空気を送り込まれて元気に泳いでおりました。
DSC_3189

シロウオ遡上でシーバスが釣れているんだとか。小学生が爆ってるってばよ

近所に住む小学生が今シーバスが爆りよるって貴重な情報をくれたので「なるほどね」って日本経済新聞のCM風に頷きました。

とはいえ、よくよく考えてみるとシーバスフィッシングとのマッチングがおかしなことに気付いたんです。

福岡・室見川のシロウオ漁も、今回のシロウオ掬いも時間帯は「朝」の時間帯です。お昼に近い時間帯なのですが、シロウオは潮が上がる勢いでバンバン遡上してきます。

産卵明けのアフターシーバスが「バチ」や「シロウオ」で体力を回復する定説では基本「夜」を指していると思うんですが、おや?おや?となってきました。

満潮に合わせて遡上するので夜も大いに有りかと思うのですが、昼間のパターンも存在しそうですよ。

昼のシロウオパターンを応用してシーバス以外に目を向ける
冒頭でもご紹介しました、近隣でヒラメやサワラの情報があります。

つい先日では25㎝前後の良型マアジの大量水揚げでライトソルトゲームが大盛り上がりだったりで、普段は沈黙しているエリアでお祭り騒ぎなのはシロウオもしくはバチと関連する何かしらの影響があるものと読んでいるのですが、その釣れている魚の胃袋調査をしてみないと何が起爆剤になっているのかは分からない部分はあります。

冬を経て水温が10℃~それ以下近くに下がりますと、例年では沖から魚が入ってこないのですが今年は謎に奥湾まで色々な魚が攻め込んで来ている異常事態です。

真冬なのにまとまった大雨が降ったりしているのも影響している可能性がありますので、来年も様子見が必要そうですね。

まとめ
今年は例年にないシロウオの豊漁ですので狙い易いです。

①シロウオに付いてくる魚を河口付近で狙う
②沿岸のカタクチイワシの群れに付く魚を狙う

この2パターンで春イカを含めだいたいのお魚を狙い撃ちできそうなので今年の春はイージーゲームの予感が漂っております。

4月頃までシロウオシーズンが続きますので、大潮前後の中潮も含めてシロウオパターンを意識すると大釣りの可能性はありますね。

特に昼間だとクルクルをぶん投げて絨毯爆撃していたら良いポイントが見つかるかもしれませんね。

いつかの鉄腕ダッシュの放送で毛糸を使ってアジを釣っていた回があったので真似て毛糸を使って色々釣ってみました。

毛糸団子を買ってからというもの、夜な夜な毛糸ジグ単オンリー釣行を重ねて毛糸だけを使って釣り歩いてきました。

毛糸+ジグ単 準備篇
DSC_3124
一束100円前後でどこにでも売ってあります。アクリル毛糸の並太を使ってエンジョイフィッシング!

極細のなどサイズも色々あって好みでチョイス。細い方が釣れそうな気がする

ジグヘッドはアジングやメバル用を使います。

ワームと違って、ジグベッドのフック軸への摩擦抵抗が無くて、スルスルなので安い瞬間接着剤で良いのでフックの軸に瞬間接着剤で固定します。
DSC_3130


毛糸+ジグ単フィッシングで用意するもの
 ・リールとロッドの基本タックル
 ・毛糸
 ・ジグヘッド
 ・瞬間接着剤
 ・毛糸をカットするためのハサミ

以上の簡単な道具で毛糸フィッシング!

ワームみたいに匂いや味がない毛糸は釣れるのか?
鉄腕ダッシュでは、船の上から細かく切った毛糸を付けた仕掛けを上下に揺するだけで、アジが釣れていたのでワンチャン楽勝かと踏んでおりました。

とはいえ、最近ではめっきり少なくなったロックフィッシュ系と、日替わりで好みが煩いアジなので約2か月間の「毛糸ジグ単オンリー釣行」の日数の長さが物語る苦戦の日々が続きました。

真っ先に釣れそうな「ベラ」や「カサゴ」からの反応が意外にも皆無だったのが最大の誤算で大苦戦を強いられましたね。

使っていたらツイストの編み込みがバラけてくるので、ストレートワームみたいに真っ直ぐになるよう都度お手入れ
DSC_3137

釣ることやっとの思いで1匹目をゲット!小さいけどめっちゃ嬉しいwwww

ありがとう「メバル」ちゃん
DSC_3134

アジとアラカブ狙いで敷石のブレイクをボトムベタベタでシェイクを入れながら通していたら、コンッと来るお馴染みの力強いメバルらしいアタック。

完全に餌と勘違いして食べて来た感じでしたね。

アジを狙えど、アラカブを狙えど無反応が続き長崎中部エリア~長崎北部を毎週ウロウロ

その甲斐があって2匹目のメバルが釣れた!今度はピンクの毛糸です。
DSC_3388

毛糸ジグ単はメバルは釣れるが他の魚が釣れない。ならオフショアでトライだ!
メバル姫は釣れるがどうしても他の魚が釣れてくれない状況に見舞われ、毛糸ジグ単は遂にオフショアの世界に進出。

タイラバのスカートやネクタイを取っ払って100gのヘッド玉と毛糸のみの強気セットで挑戦です。
DSCPDC_0001_BURST20200208100409161_COVER

やったぜい。
DSC_3209
先日のヤズはこの釣行回のやつ。毛糸じゃなくてダイペンで。毛玉を使ったタイラバではノーバイト草

舞台は陸へ。愛しのあの魚を追っかけて再び毛糸ジグ単
タイラバはワンチャン行けるかなと思ったけど、タイラバはフックが2本付いているので、もう一本の針に毛糸が絡まってストレートの状態を維持するのが難しかったのが敗因。

鯛ラバの専用ネクタイってフックが刺さり難い素材になっているのはそのためです。

アジが本命なのですが、本当に毛糸でアジが釣れるのか謎になって来ました。

Twitterでは春爆を告げるバチパターンの投稿があったので、バチと言えばあそこでしょうということで、とある河川の河口に行って来ました。

河口アジングでデカアジを爆ったマル秘河川の河口で、ミナミハタンポというアジングで釣れる南の島系の珍しい魚も狙ってみましたがあれだけ居たハタンポがどこへやら。

ミナミハタンポも毛糸で釣れそうだったので残念

気を取り直してデカアジを狙うもダメ

その流れで河川シーバスの毛糸ジグ単で狙うもダメ

日を改めて再びナイトシーバスの毛糸ジグ単釣行
私の秘奥義にロングロッドでのジグ単を使った「スーパーロングフリーズアクション」のシーバス撃退テクニックがあります。名前がドラゴンボール風で申し訳ないです。w

このテクはミノーを見切って、ワームの微波動ですら嫌う様な時のナイト平ゲームにおいて、とっておきのテクニックなのですが、この繊細な釣りで毛糸ジグ単を使ってみた。

結果、初日ボーズ。丸々と太った立派な寒チヌが足元でついばんで来たワンバイトが一回だけ。

通うこと数回。ミノーでは何匹かの平セイゴ~平フッコをゲットしましたが、毛糸ジグ単は毛糸の編み込みがバラけて変な微波動が出ているせいか全く釣れない。

とはいえ、マルスズキだと釣れるかというとそうでもなく。丸スズキも苦戦の日々が続いたある日。

大潮の日、粘りに粘った甲斐がありやっとのことで、平セイゴが毛糸ジグ単にヒット!

橋脚のヨレをただ巻きで食って来ました。やっぱり毛糸が真っ直ぐしていないと頭が良い系の魚は釣るのが難しいらしい。
DSC_3449
小さいけど納得の平セイゴ。感無量

まとめ

感覚で言いますと、ワームを使ったら30匹釣れそうな時に毛糸だと1匹釣れるくらいの期待値です。

効率が凄く劣るイメージなので、毛糸ジグ単はぶっちゃけめちゃくちゃおススメ出来ませんw

YouTubeやSNSなどでのネタで釣るには面白いと思いますが、短時間ではほぼほぼ難しい釣りです。

インチクやタイラバに毛糸を付けて釣れたら、めっちゃカッコいいなと思って追っかけていましたが、あまりの釣れなさにギブアップしました。ヘビよりシブトイ私が断念する意味ってある意味ヤバいです。

なんだかんだで、メバルは意外とイケました。

シーバスもただ巻きで釣れました。

何故か食いしん坊のアラカブ(カサゴ)は釣れなかったのが悔しいですね。

結論、毛糸を使ったジグヘッドは気まぐれに釣れます。

ですが、、、、、ワームを使った方が断然楽しい釣りが出来ます。

ワームをうっかり忘れて来たりして緊急の時に毛糸を使った釣りは役に立ちそうですね。

と、ここでようやく重要なことに気付く。

ダッシュ島には手頃な餌やワームがないんだってことに。だから毛糸使っていたんですね。

現場からは以上です。

麻素材で作られた野菜を保温&保湿する「ジュートベジタブルストッカー」ダイソーさんで100円をロックフィッシュとシーバスに使ってみた。

ダイソーさんにかかるとオシャレなネーミングになりますがドンゴロスと呼びます。

とはいえ、流石のダイソーさんなだけに麻素材の質と作りは非常に良いと感じます。

通称ドンゴロスと言われる商品名でホームセンターに各サイズが売られています。もちろん釣具屋さんにも釣りに適した機能を持たせてアレンジされたドンゴロスが置いてあります。

釣りでドンゴロスを使う場面は、主にクーラーボックスの持ち運びが困難な磯場で、釣った魚を持ち帰る時の運搬用の袋にしたり、保温・保湿・冷却を目的として使われることが多いです。

冬場のグレ釣りで大活躍のドンゴロスですが最近はあまり見かけないですね。

夏の磯場でドンゴロスを使うと袋内が蒸し風呂になるので、使うのは冬場がメインになります。

ジュートベジタブルストッカーは大小の2サイズ
DSC_2815

ダイソーさんの「ジュートベジタブルストッカー」は2種類のサイズが用意されております。

小サイズ・横25㎝✖縦30㎝
大サイズ・横35㎝✖縦30㎝

結論から申し上げますと、釣りに使う場合は大サイズがあれば小サイズの方は必要はないかなと思います。

小さいサイズの難点
 ①釣った魚をドンゴロスから出す時に袋が小さいと背鰭などが引っ掛かって取り出しにくい
 ②ちょっと大きめの魚が釣れると入らなくなる

ダイソーさんに売ってあるドンゴロスのサイズがもともと小さいということもあって、ロックフィッシュやアジングのランガン・持ち場をちょっと離れる時の仮保存にバッチリでした。

実際の釣行模様
まずは夕マズメにロックフィッシュ狙いで地磯にあがった時に様子です。

良型のベラがワームにアタックして来ました。ドンゴロスでベラを掴んでそのまま針ハズシ。美味しく戴くための下拵えもサクっと行ってドンゴロスの袋の口を縛って海水に馴染ませます。
DSC_2805

ドンゴロスが新品の状態ですと、水に馴染ませるのに時間が掛かりますので、事前に一度水に浸しておくと早く水が浸透して良いですね。
DSCPDC_0003_BURST20200111170019239_COVER

ライトなテキサスリグを駆使してやっとのことでアラカブ(カサゴ)を2匹ゲット
DSC_2812

ドンゴロスに入れて30分置きに海水をかけて乾燥を防ぎます。
DSC_2814

ナイトゲームではナイスなヒラフッコをゲット
DSC_2819
平フッコ君もドンゴロスにて保存。54㎝くらいのサイズですが尻尾がはみ出ますがギリギリ収納
DSC_2821

平フッコを頭からツッコんだので出す時はヒレが引っ掛かって大変でした。ですが、保湿がバッチリでしたのでウロコ剥ぎはカピカピならずにラクチンでしたよ。

気化熱で冷却するか検証してみた
ドンゴロスが釣りに使うわれるのには、保湿と保温の他に「気化熱による冷却効果」があるとされているためです。

ドンゴロスを濡らす
    ↓
乾く時に熱を奪ってドンゴロスが冷える
    ↓
保湿と保冷が同時に出来る
    ↓
クーラーボックスを持って行かなくていい
    ↓
メリットが多く、足場が大変な磯で重宝

私もこの原理を疑う余地はなかったのですが、いざ使ってみると・・・・・でしたw

そもそも論で気温が10℃近いと全然冷えない。いくら気化熱効果でも4℃とかになるわけがないよね。なので、温度計を4本使って色々なドンゴロスを買ってきて、ドンゴロス内の温度を測定してみた。
DSC_2855

気温8℃の晴れた日 20:00~25:00まで測定・1時間おきに水かけ
スクリーンショット 2020-01-26 19.38.13

23:00近くになると気温が落ちてやや温度が下がるがドンゴロスは冷えないままの保温状態

理系の兄貴曰く
放射冷却でパリッと冷え込む朝レベルの寒さが必要、濡れた手から蒸気があがるくらい冷え込まないとダメじゃね???
と言う返答が来ました。

2020の九州、全くもって氷点下にならないので実験お預け中でございます。ドンゴロスだけでかなり身銭切ったぞw

ドンゴロスとダイソーさんのドンゴロス まとめ

めちゃくちゃ寒い時には気化熱で保冷することが期待出来そうです。

冬の寒さと言っても5度を下回らないときは保冷効果は期待出来ず、基本的に保湿効果を期待した方が良いようです。

ダイソーさんの商品説明にも、保温・保湿って書いてありますしね。

ダイソーさんのドンゴロスは持ち場を離れてプチ移動の時のスカリがわりにとっても便利。

釣り用のはファスナーが付いていたり、メジャーが付いていたりで流石に使い易い感じです。でもメーカー品だと結構高いのが難点。

ホームセンターのドンゴロスは1mサイズがあり青物を入れるのに丁度いいですが、ヤシの木の皮みたいなのが車内やバッグ内に散乱するという悲劇付きです。

トータルでやっぱり釣り用のドンゴロスが高いけど素晴らしい。

アジやカサゴの小物をちょっとだけ入れるよって方にはダイソーさんのドンゴロスは活躍します。

1mサイズを洗ってみましたが大きすぎて洗うのが大変なので中間サイズくらいが長い目で見ておススメです。

500×700サイズ 

プロマリン(PRO MARINE) ドンゴロス(Lサイズ) ABD001-L

新品価格
¥1,540から
(2020/1/26 20:03時点)


またまたやってしまった。先月からすると短期間で3本目のロッドを破損させてしまった。

1回目はヒラスとシイラを揚げたあとにショアジギロッドを折って、その次はショアジギロッドの折れるはずがないであろう根元の極太ガイドフレームが折れて、今回はアジングロッドが三節棍のように三分割に折れて、その場に無残に崩れ落ちてしまったのである。
DSC_1922

積算のダメージは相当で、すぐさまタックルの補充をするには懐に計り知れないダメージを負ってしまうので、2020年いっぱいかけて追い追い補充して行く予定である。

古い竿は折れる、が、新しい竿も折れる

銘竿として名を馳せたショアジギロッドは中古で買って大切に使っていました。双子のように全く同モデルを2本使いまわしておりましたが、竿自体それはそれは古く20年は確定しそうなオールドでしたのでブランクスの接着剤が剥がれている感じがしました。

10ft6inでしたが、穂先が折れて9ft6inにリメイクしていた時も2本同時に穂先が折れて、その時に古いからちょっとヤバいかもと悟っておりましたが、なんとか数年間耐えてくれていました。


遂にその時が来ました。ヒラス6キロとデコッパチシイラが最後に釣れたので、素敵な思い出と共に引退しました。

ショアジギに行けない日に、フラッと長崎へアジングに行ったらアラカブの良いサイズがポロポロと釣れたのでボトム狙いしていたら根掛かり。

軽く煽って根掛かりを外そうとしたら、潮騒と一緒に「バキッ!?」と釣り人には聞きたくないノイズが響き渡った。

ええっ!?マジか!

デュエルのPE0.3号にリーダー1.75号のフロロで、キロサイズのバスでも切ってしまいそうな極細ラインシステムで、買って半年であんまり使っていないロッドが極細ラインより先にぶっ飛ぶとか相当だぞ(笑)

アジングロッドの新しい相棒探しています

アジングロッドに関しては歴史が浅いので、どこのメーカーも似たり寄ったりなコンセプトでデザイン・スペックはだいたい同じですね。

トレンドでロングロッドが流行ったりショートロッドが流行ったりの傾向がありますが、どこいっても6ftクラス~7ftクラスが一番使い易い感じがあります。

折れるときはどれもあっさり折れるが現在アジングロッドに感じていることです。

とは言え、秋になって寒くなってきたらアジングしたいんじゃー!熱が再燃するので、アジングロッドは折れやすいと分かっていても欲しくなるのがアジングロッドなんですよね。くそッ!と言いながら釣られて買ってしまいます。

そんな中からアジングロッドを選ぶとするなら・・・・

最近では東レのナノアロイと言われるブランクスに人気が集中している感じで、釣り仲間の職人さん絶賛していました。そんなに良いのか!!って凄く気になっています。

以前、ロングのアジングロッドが欲しいって書いた時にも東レさんのブランクスはネタにしておりますが、9ftクラスのアジングロッドを追加しないといけないのでその時は東レさんのブランクスを導入します。

使った感じで行くと耐久性ではシマノのアジングロッドがずば抜けて強い印象があります。

私がシマノ推しと言うことは抜きにしても、シマノのアジングロッドはがっちりしていますね。根掛かりを外しているくらいではビクともしないですよ。

アジングロッドを選ぶ際はブランクスを見ています

折れやすいのはアジングロッドの宿命です。

他の魚種のロッドと違ってアジングのロッドが折れるのは半分諦めておりますが、出来るだけ折れにくい強いロッドが欲しいと言うのが本音です。「折れたら試合はそこで終了です」っていうじゃないですか。

デザインもスペックもどこのメーカーも大体同じで、ロッド選びが悩ましいのもアジングロッドならではだと痛感します。

そんなこんななのですが、シマノさんの「スパイラルXコア」と言われるX状にカーボンを巻き付ける技術や、東レさんのナノアロイと言われる複数のポリマーをナノメートルオーダーって小難しいが、目が詰まっている感じ?の特殊なブランクスだったり、ブランクスの違いで選ぶと良いアジングロッドに出会えると私は考えております。

シマノ スパイラルXコア

シマノ独自の設計・製造方法により、曲げ、ネジレ、つぶれなど、あらゆる方向に対して、さらなる高強度化を徹底追求。ロッド性能を根幹から高めるシマノ独自の基本構造スパイラルXに、ナノアロイ®テクノロジーにより実現した高強度樹脂を用いたカーボンテープを使用。選りすぐりの素材でさらなる高強度化を実現しました。一般的な構造との比較で、ネジリ強度1.4倍、つぶれ強度2.5倍を達成(当社比)。さらにスパイラルXとの比較でも、ネジリ強度10%アップ、つぶれ強度15%アップを達成(当社比)しました。


東レ ナノアロイ 技術概要
定義 複数のポリマーをナノメートルオーダーで混合したポリマーアロイ構造を形成させる技術。 ポリマーアロイ構造としては… ナノメートルオーダーで微分散させる構造 ポリマーを混合する際に、自発的に集合していく「自己組織化」作用を制御することでポリマーをナノメートルオーダーで精密に整列させ3次元的な連続構造を形成させた構造 それぞれの材料特性を併せ持った数十ナノメートル単位の粒子「ナノミセル」を多数含む構造等

簡単にシマノさんと東レさんの説明文を引用しました。早くいえば、X状にカーボンを巻いたシマノさんの信頼と実績のスパイラルXと東レさんの先端技術のナノアロイが組み合わさったシマノさんのロッドが異様にガッチリしていたのが頷ける仕様に今更ながら気づきました。

この記事書くまでシマノさんがナノ使っているの知らなかった私ですとカミングアウトしておきますw大変勉強になりました。

ってことはですね。。。。。。

勘が良い方は既にお気づきかと思いますが

シマノさんのロッドが。。。。。ナノアロイ+スパイラルXで最強な予感。。。。。?

買うならエントリーモデルのBBシリーズはなるべく避けてSSシリーズからですね。最高峰のエクスチューンは異次元!でも高いですのでCl4+クラスで複数本揃えるのが丁度いいですね。

シマノ(SHIMANO) ソアレ CI4 アジング S604L-S

新品価格
¥25,641から
(2019/10/13 08:20時点)

九州でも沖波戸の釣りが出来るってご存知ですか?大阪湾の沖堤みたいに規模が大きくてメジャーとまでは行かないのですが、福岡の離島と佐賀の湾内がここ数年で人気にくすぶりが出て来ています。

もちろん、他にも沖堤防は話題にあがらないだけでいっぱいありそうですね。

九州では数少ない沖波戸へ渡してくださる一樹丸さんにお世話になり、沖波戸へ上陸です。

ルアー専門で渡る方は朝9時までの上限付きになります。今回は明朝5時から9時までの短時間勝負でお邪魔して来ました。

何と言ってもお手ごろな1000円は嬉しい。釣れても釣れなくてもちょっと沖にある堤防に乗れるのは清々しいですよ。

大阪のソレとはちょっと違います

沖堤防のイメージで足場が高い大阪の立派な沖堤防をイメージしますが、今回の沖波戸は大潮や中潮の大きな潮汐では堤防事態が沈んでしまうんじゃないかと思うほど堤防が低いのが特徴です。波が高い日の釣行は無理ですので波高を要確認ですね。

あと、沖堤防と違い「波戸」と名前が付くので波を消すのが目的のようです。なのでテトラポッドがいっぱい敷き詰められております。

テトラが沖側の面に敷き詰められていますので、クルクルバイブレーションのテクトロでシーバスは沖堤憧れの釣り方No.1ですが厳しい環境となっております。湾内側は何もなく岸壁が平べったいのですが、釣れるかと言うと1年やって一本とれたらラッキーなレベルかも知れませんが、テクトロに自信があるかたは是非チャレンジしてみてください。

あと全体的に砂地で10mちょっとの水深があります、平べったい地形となっておりますのでどう攻めるかで釣果にグッと開きが出る釣り場の印象があります。あなたならどう攻める?

釣果情報ではキジハタやらアジにイカと調子良好

先日の釣果を見てみると結構釣れていましたね。釣果情報にもありますアジとヒラスズキが今回狙っていくターゲットになります。

インスタにも投稿されてて活況ですね。それなら沖堤初心者の私でもムフフのフかもw

大舟に乗った気持ちで朝日を拝みながら釣りを開始しました。先端の一等地は始発の方が入られていたのでやや手前に釣り座を構えます。
DSC_3578


白灯台と赤灯台を読む

今回は白灯台に上陸。実は今回で2回目の上陸であるのだが前回は白の波戸が満員御礼でしたが、今回は赤灯台の波戸が大人気。どうやら毎回違うらしい。

事前情報で釣れている方に人気が集まるようだ。

なので「通」があがる波戸が釣れていると読んだ方が正解なのかもしれない。どうしても気になる方はおばちゃんに電話で訊いたほうが早い。

だが裏を返せば、釣り人が集中する=釣るスペースが不自由=打つ手段が限られるという負のスパイラルに陥ってしまう可能性もまた然り。

なので直近では釣れている実績が少なくても、自由に動き回れて広範囲を釣ることが出来る方の波戸を選ぶのが私のいつもの作戦です。

朝一はジグから

一文字と言ったらワインドが有名です。

なのだがワインド用のワームを忘れてくる大バカ者な私。気を取り直してアジング用の柔らかいワームで代用しましたがフニャフニャし過ぎでしょうw

18g~25gの軽めのジグで爆撃するも...

陽も良い感じに上がってナブラが起こるかと期待するも、今のところはシーバスのプチボイル1発のみ。

先端の方も手を替え品を替え色々とやられていますがどうだろうか。更にピントを奥の赤灯台に移すも竿は曲がっていない模様。

潮目中心に広くライトジグでSLJ。前回はホウボウが釣れましたが今回はどうだろうか。

渋い。気が付けばやたらと渋い。

朝日も完全にライジングしてしまい。気持ちよすぎる日射しが釣り人に「ラリホー」の呪文をかけて来ます。何も起きず時間だけが刻一刻と流れます。

これはヤバいなとアジングのジグ単へライト路線にシフトしたMrハビット先生に待望のヒット頂きました。
DSC_3576

デッカい丸鯵。計測したら35㎝の良型。噂通りのナイスなアジがいました。

8時になるまでSLJとアジングワームのワインドを通しましたが、期待の丸アジは追加出来ずラスト一時間はワームで波戸の基礎狙いにシフト。

とても小さなアラカブをポツポツと釣れてタイムアウト!無念。

帰りは9時前くらいに迎えの便が来ますので、8時55分までには帰る体制を整えておきましょう。

帰りの船内では

船長に釣果を尋ねられると、なんと人気が集中していた期待の赤灯台ではノーフィッシュだったとのことでした。

んで、意外性を狙った白灯台組のMrハビット先生の丸鯵が本日ルアーで上陸したメンバーでは最優秀フィッシュ賞に輝きました。独り勝ちおめでとうございます。

いや、釣りってわからないものですね。

今後の見通し

一文字波戸の釣行2回目ペイペイ新参者の見通しで大変恐縮なのですが、今回でアジとシーバスの群れが抜けた感じだと思われます。

また群れが入ってくると良いのですが、ひとまずGWから続く一文字のお祭りはひと段落付いたのかなと思われます。

丸鯵のフィーバー再来も可能性として有りえますので、一文字波戸にお越しになれらる方はホクトさんにて虫エサを購入されてシロキスも狙える用意があれば外さないですね。群れがいないとルアーだけだとシンドイかもしれません。その時は渡船の料金が変わりそうですので要相談です。

お祭りも最終日にギリギリにお邪魔出来て思うようには釣れなかったけど楽しめました。

ロッドはアジングかメバリングの76・8ftクラスとシーバスロッドの8ftクラスがあれば楽しめます。Mrハビットさんはポイズンアドレナのバススピニングロッドでしたよ。

また来年お邪魔したいと思います。

↑このページのトップヘ