カテゴリ: アウトドア

今年の春は土日になると海が決まって荒れてます。


その影響で鯛ラバ&春政ジギングが2回連続中止になりました。もう春政も鯛も一息つきそう。大海原でジグシャクリたいと切に思う日々が続いております。


今年は海が荒れたら観光地巡りにハマってまして、桜やつつじ、フジの花を観て回ってましたので、インスタ投稿がお魚じゃなくてキレイなお花ばかりになってます。


中年オヤジがそんなメルヘンチックな投稿を載せても誰もイイね押さねー的な典型を身をもって実践しておりますw


しかし、そんな的外れな週末を過ごしていたのですが意外なところで運命的な出会いがありました。


長崎・大村市の立派なつつじ園を観に行ったら何故かそこに刃物屋さんの出店ブースが。。。


庭園一面に広がるつつじとインスタ女子がメインのキラキラフワフワした会場にまさかの包丁!?しかも出刃包丁


包丁が私を引き付けるために刃がギラギラに光輝いておりました。


カラスと一緒で「おやっ?なんだあれは?」と光物に惹きつけられて、あまりのミスマッチでギャップすぎる包丁に心奪われていたのですが今思えば園芸用の剪定ばさみも有ったような気もする。ハサミのついでに包丁が置いてあったんだなと今頃気付くw


店員さんに見事な包丁ですねとお話を伺い展示品の包丁を拝見していると、私はとんでもないあることに気付いた。


出刃包丁の刃が見たことがない分厚さ。


市販で売ってあるのと比較にならない本気度が高すぎる出刃包丁。


ステンレスの万能包丁5本分?いや7本分は優にあろうか。江戸時代の人が黒船到来時に匹敵するインパクトでした。


ゴッツイ骨も気にせずにスッパスパにスピーディーに捌きたい。船釣りするようになって魚種も匹数も増えて捌くスピードが求められるようになった。


とにかく「よく切れるゴッツイ出刃包丁を探している」まさにそんな欲張りな要望を満たす奇跡の1本が目の前にある。


その場はアレがなかったので名刺だけ頂いて機会があればとつつじを堪能したんですが、その後もずっとあの分厚い出刃包丁が気になる。。。。


ちょうど中古釣具屋さんが買い取りアップのキャンペーンやってたのでルアー整理したら予想以上になったのでそのまま包丁を買いに名刺に記載されている住所までGO。


やっとの想いで念願の出刃包丁を新調する機会に恵まれた。リールやロッドからするとお値段はややお安いのだが包丁だと考えると高いようにも感じる。貧乏性の表れなのかwクーラーボックスと同じだな。


長崎県の伝統工芸品に認定された大村・松原の鍛冶屋さんの包丁。理想の包丁に遂に巡りあってしまった。


波入り(多層)とか、波なしとか素人には見慣れない商品がズラリと並んでいたのですが、店員さんに教わりながら選んでみました。


波模様とは、芯となる鋼を多層の素材で挟み込んで作られた包丁に出る模様で、ダマスカス包丁は非常に人気がありますね。多層の刃は日本刀と同じ技法なんだとか。
DSC_0668


波なし→2万
波あり→2.5万~3万
波なし→3万


お値段の差は鋼の違いなんだそうだか、波が入ってなくても良い鋼が使われた包丁はお値段が高い。
見た目じゃわからない奥深き世界なのだ。


ここの鍛冶屋さんに出会う前はダマスカス包丁が欲しかったので、今回はダマスカスに憧れて「波入り」をチョイスしてみました。


波入りの刃でも、柄の部分を取り付け時にクラックが入ったらしくやや難ありだったのでお安くGETに成功!滅多に出ないアウトレット品でラッキーだったみたい。


柄に万が一不具合があったら持って来てくださいと言うことだったので、アフターもバッチリだったので気にせず即決。使っていたら大なり小なりその内、傷が入るのでお構い無し♪


切れ味試したかったけど、ずっと海が荒れてお魚釣りに行けない。行っても釣れなかった日が続いたけど、やっとのことでアラカブをゲット。あまりにもお魚とご縁がなかったのでスーパーで買おうかとも計画しましたよw


ヒラマサか真鯛の骨がゴツイ系のお魚が良かったけど贅沢は言えません。やっと釣れてくれたアラカブさんに感謝。
DSC_0682


うろこはどの包丁で落としても一緒ですが、鰓(エラ)と顎の部分を切り離すときにヨイショと叩き切るのが普通ですが、添えただけで筋がいつの間にか切れてる。。


出刃包丁の自重だけで切れてしまった。信じられない切れ味。ある意味危険すぎる


切れ味もさることながら、やっぱり刃の分厚さがこの出刃包丁の最大の特徴であり強みになってる。
DSC_0679


叔父から受け継いでいる出刃包丁も昔の鍛冶屋さん製だが用途が中型魚用なのか刃が薄い。同じ出刃でもまるで別物。


日本刀は砂鉄が原料ということで、日本刀作成の傍らに突貫で打って貰った包丁と聞いているので砂鉄で作られている可能性もありロマンを感じる。金槌で叩いた後が錆びとなって浮かび上がって来てる。波模様とはまた違った味が魅力の一本。
DSC_0681


これで青物はゴッツい方の包丁で捌いて、イカ、シーバス、アジなどは代々受け継ぐ出刃包丁で、と使い分けができます。


道具はゴルフや釣具の世界でも使い分けしてなんぼって良く言われますが、包丁も例外なく特性が顕著に出るので面白いですね。出刃には出刃の、柳には柳の良さがハッキリしています。


これだけゴッツイ出刃包丁でも冷凍ものを切ると刃が欠ける。冷凍ものには冷凍包丁という優れた包丁があるので本当にそのためだけに作られてきた感が男心をくすぐられるw


包丁としては非常に高価なものですが、一生使い続けられるのでそれ以上の価値があるように思います。切れ味抜群なのでお魚捌くのに楽して時短できる。


お魚捌く方は是非2本目の包丁はこだわりの1本を探してみるのも非常に面白いと思いますのでおススメです。


タイムリーなYahoo!news「和包丁が世界を魅了 NYシェフ7割が使用」。世界が欲する和包丁が身近にあるって素晴らしいですね。柳葉包丁をゲットするのが次の目標になりました。

釣りの時にアルポットでお湯を沸かしてカップ麺を食べられた方って多いのではないでしょうか?





一時期アルポットは品薄で入手困難な時がありました。そんな人気のアルポットですが、私がいつも気になっているのが『お湯が沸くのが遅い!』こと。毎回お腹ペコペコの状態で結構待っている気がしましたので時間を計ってみました。


アルコール燃料の量で火力にバラツキがありますので燃料をフル満タン給油します。器具は完全に冷えた状態から沸かします。を3セット計測しました。なんだかんだで計測に3日掛かりました。


6℃~10℃の気温で完全沸騰まで約21分30秒~24分00秒


ケリーケトルも完全に冷えた状態から点火して完全沸騰が8分30秒~9分00秒


※ケリーケトルは燃料となる木材の種類で燃焼の差があると思われます。どちらも水が入る容量は違いますがご愛嬌です。実際使う時の量を想定しました。




ダイワ・アルポットは約23分+カップ麺3分=26分後に食事開始

ケリーケトルは約9分+カップ麺3分=12分後に食事開始




う~ん。予想通り3倍程度の差が出てしまいました。圧倒的にケリーケトル早しでした。



Twitterの画像の様にカップ麺にお湯待ち23分は結構ツライものがあります(笑)ちびまる子ちゃん1話分と同じ時間ですね。




磯やキャンプ場でしたらケリーケトルが有利ですが、場所によりケリーケトルを使えないシュチュエーション時は煙が出ないアルポットは大活躍します。



ケリーケトルとアルポットの使い分けで幅が広がる便利なアウトドアアイテムです。真冬のナイトシーバスの時に見知らぬお兄さんにアルポットで淹れて戴いたコーヒーが最高に美味しかったなぁ~と未だに覚えております。








寒くなるこれからのシーズンは夜釣りが面白くなる季節です。磯でバーベキューしたり、ラーメンを作ったりするのも釣りの醍醐味の一つですね。


アウトドア界ではお馴染み?とっても便利でオトコ心をくすぐるアウトドアアイテム『ケリーケトル』の1.6Lベースキャンプモデルを毎度おなじみのフィッシングエルモさんにて購入してみました。

https://fishingelmo.stores.jp/

※フィッシングエルモさんのストア.jpの通販にはケリーケトルは載っていないと思いますのでお電話が確実です♪只今品切れ中みたいです。


ケリーケトルのことなら正規代理店のケリーケトル・ジャパンさんの公式HPでチェック
http://www.kellykettle.jp/



釣りの世界ではカセットコンロやガスバーナーコンロ、ダイワのアルポットがお馴染みですね。
1480166377693


アイルランド発のブランドとあって造りが頑丈です。容量最大1.6Lベースキャンプモデルのステンレス仕様。耐火温度も高く安心できる仕様となっております。
1480167136609


ケリーケトル ベースキャンプ(SST) 1.6L

新品価格
¥10,800から
(2016/11/26 23:22時点)




アルミモデルとステンレスモデルの用途別などのアドバイスはケリーケトル・ジャパンさんの公式サイトにてご説明されておりました。  http://www.kellykettle.jp/page/10  


さっそく使ってみようと思いましたが、本体単体だけでは使い難くアクセサリーが用意されております。ポットサポート(五徳)、クックセット(大)、ホーボーストーブ(大)があると凄く幅が広がりますのでご一緒にどうぞ。Amazonさんに急遽注文しました。
1480166825293




庭で試しに焚いてみました


燃料は主に落ち葉や木の枝などの自然界に存在するものを燃料とします。このケリーケトルを選んだ最大の理由がこれ(笑)ガスのコンロも同じですが、アルポットはアルコールの消費が激しいうえに、アルコールの容器が高温の環境にならないように保管するのが大変です。リスクが大きい。。。。


しかし、火をつけるライターの管理さえしっかりすればより低いリスクで安全なケリーケトルは凄く魅力的ですね。


さっそく枯れ葉や木の枝を集めて火を焚いてみます。


ここで大活躍だったのが50キロも走り回ってかき集めた『まつぼっくり』です。そうです。この為だけに計画的犯行で貴重な休日に釣りもせず密かに動いておりました(笑)


まつぼっくりを求めて50kmの旅の模様はこちら



1480168131879


エルモ店長からアドバイスで『まつぼっくり』はよ~さん燃えるで~って(笑)ホンマかいな~って思ってましたが、本当によ~さんビックリするほどの勢いで燃焼しました!玉に瑕なのが入手が困難なんだよね(泣)


無事に種火が出来たところでケリーケトル内に水を充填して空焚きしない様にして種火の上に装着します。


いよいよケリーケトルの本領発揮を目の当たりにします。


さっそくケリーケトルにポットスタンドとクックセットを乗せて、ウインナーを焼いてみました。初めですので軽いメニューで(笑)


思った以上の火力でケリーケトル上部から火が吹き上げます。あっという間にウインナーが焦げてしまうほどです。焦げない様にフライパンの要領でやや持ち上げて焼くくらいで丁度いいほどでした。
1480169052917


初のケリーケトルウインナーを食べようとしたその時、コルクキャップが外れてお湯が大噴射!?
1480169439034



これは油断大敵です。まさかのハプニングが発生しましたが、空焚きにならない様に本体は火から外してウインナーを美味しく頂きました。


ウインナーのおかわり第二ラウンドはホーボーストーブを使用して焼いてみました。
1480169753728


使い方がよく分かっていなかったのでホーボーストーブを逆に使ってました(笑)


お湯を沸かさない時はホーボーストーブだけがお手軽簡単ということが判明しました。


勢いあまってお次は『佐世保産の牡蠣』を盛大に焼いてみようとしましたら理系の兄貴に『さすがにそれはやめとけ』とストップをくらいました。


どうしてだ?と問うと、さすがのステンレスも高温に焼けた状態で海水が掛かると良くないとのことです。流石理系。。。


余談ですが、長距離ドライブで牽引したボートトレーラーをすぐさまランチングのために水に浸けてはいけない。トレーラーの足回りを痛める最大の原因だと、ボートを引っ張っている時にボート屋のオヤジに念を押して言われたことがあります。金属的に熱っした状態から瞬時に冷ます、しかも海水はとってもヤバいことみたいですね。と、関係ないけど知ってるかたが少ない情報も載せてみました。


脱線しましたが、潮水系の食材は七輪の出番です。ケリーケトルが良い出番と、コンロ系や七輪が良い時を適材適所で使い分けるのもケリーケトルと上手に付き合っていくには必要のようです。
1480171339653



他にも、若鳥のせせり、長崎産名物のトビウオ(アゴ)を焼いてみました。


ケリーケトル楽し過ぎて、現場ではきっと釣りをやっている暇がありません(笑)また何かを焼きましたらアップしてみます。


正月に餅でも焼いてみようかな???皆さんならどんな食材を焼かれますか?


ケリーケトル ベースキャンプ(SST) 1.6L

新品価格
¥10,800から
(2016/11/26 23:50時点)




今回のネタは釣りとはほとんど関係ありませんのでご容赦願います。


場所によっては紅葉がピークの絶景シーズンとなっておりますね。紅葉が大好きな私。感受性高杉てジジ臭いとも言われますが綺麗なものは綺麗だから仕方ないと開き直っております。最近は山ばかり見てる気が。。。笑


タックルベリーさんの今年最後の20%買取アップキャンペーンが最終日とあって慌てて不要になった釣具を査定して頂きました。


釣具の整理が終わった後は紅葉でもと思って山にGO!ついでに『まつぼっくり』でも探そうと思いついて紅葉+松の木を求めて徘徊ツアーが始まりました。ただただ『まつぼっくり』が探したい病に感染しただけですが(笑)


ダム関係なら松の木と紅葉スポットがある所は心当たりがありましたので、数か所尋ねてみるも、紅葉はヤッバイ綺麗でしたが松の木があっても『ぼっくり』が落ちていないというくやしい展開に悩まされます。

あれっ?こんなにまつぼっくりって見付けるの大変だったっけ?と、まるで今となっては探すのが困難なザリガニ状態です。


紅葉は沢山見れましたので大満足。
1479903504522


移動中に目撃したお寺には大きな松の木が見えてたけど、檀家でもないので入れんだろうと指をくわえて素通り。 最終手段は江戸時代?からの先人の知恵が詰まったエリアまで遠かったのですが足を運んでみました。


そこは松の木のワンダーランド。今まで回ったところが嘘のように松林が広がります。
1479905602415



管理が行き届いた公園ということもありまして、まつぼっくりが綺麗に掃除されているというまさかの事態が発生。


運よく、お掃除のあとに落ちたまつぼっくりがポツポツとありました。見つけた時は妙に嬉しかったのはなぜ?笑
1479906127647



たかが『まつぼっくり』、されど『まつぼっくり』に一喜一憂しながら、きのこ狩りの要領で拾い集めること30分、結構集まりました。
1479907080609



予定より落ちている数は少なかったけど良い一日になりました。


後日、この拾い集めたまつぼっくりで謀反を企ててみようかと思います。

↑このページのトップヘ