カテゴリ: ショアジギ・プラッキング

おはようございます。朝夜はめっきり涼しくて過ごしやすくなりました。秋まであと少しですね!


はじめにお知らせ。釣具の断捨離はまだまだ続いてまして、黄色いお店へ1回目持ち込みバスルアー250品、2回目持ち込みロッド、リール、書籍、DVD、バスルアー170品の420品を追加納品して来ました。

★オールドヘドン
リバーラント・クレージークローラー(3重目ウッド)・ジョインテッドリバーラント(正式名忘れましたのウッド製)・ザラゴッサ・ヘドンのクランク各種・スーパーソニック、ベビーチャガースプーク(金目を数個)などなど

★オールドアーボガスト
フランキー?珍しいアーボのカッコいいクランク大量とジタバグ・ペンシル

★スミスウィック
オールドボージャック・ロボ・オールドデビルズホース(AF200)・バルサジャック・ラトリンログ1200(オフト600個限定カラー)・ダイス・奇妙なクランク

★他アメリカン多数とジャッカルのソウルシャッド、カナモのバイブ

★ロッド
オールドダイワVIPクラシック51T・53MHT?、ハートランドXグラス、ジェットキャスト60L数本、レジェンドVIP66、フルーガーの激オールドロッド(メガフレックス)、ビッグラバー(チャンピョングリップ)、バークレーの珍しいロッド、スピードマスター2本、パームスの富士グリップロッド、ダイコープレステージ(ルー取り扱いの富士グリップ?)などなど、結構マニアックで入手困難なモデルが含まれております。

★リール
シェイクスピア・ダイレクトドライブなどダイレクトリール数点、オールドダイワのミリオネアの左ハンドル(なかなかレアかと思います)や、近代ダイワのT3?スティーズ?みたいにレベルワインダーがカパッと開く機構のオールドダイワ・ファントムGS-15AC・GS-10ACどなど面白系中心です。


長崎と佐賀の「黄色いお店」がオールドタックル専門店状態になって来て面白いことになって来ましたwオールドタックル、アメリカンLUREに興味がある方は是非ご来店ください。九州でもトップクラスの専門店状態になってますw


予告長くなりましたが、それでは平戸生月のショアジギ釣行紀をどうぞ!w

平戸沖は調子いいみたい

迷走台風5号の影響でシイラが来てんじゃないの?と走りの群れの様子を見に行ったりして最近は平戸ラバーズになっております。


2017ショアシイラ釣行 台風5号」のエントリー


そんなタイミングでルアーパラダイス九州の番組では、五島ヒラマサキャスティングでシイララッシュの映像が流れてたりして、平戸のショアラインにも確実にシイラ居るな!と確信しまして、真夏の地磯プレイ強行して来ました。


3週間前はハガツオが釣れてたみたいなので、この際は色んなお魚狙いです。その後は暑過ぎて人が近寄ってなくて釣果情報がないって釣具屋さんが嘆かれてましたwナイスなタイミングでカツオ釣りに絶大な人気のセカンドステージ チアロ があったので即バイト!ずっと探してました。実店舗で置いてあるお店が少ないのでラッキー♪


情報がないので手さぐりです。通年通りならネリゴとヤズが楽しめる季節なのでキジハタ兼用でライトジギングタックルも持ち込みます。そんなパターンがメインになる海況ですが1Kgはあろうアオリイカをペロリと食べちゃうヒラスも回遊してるので侮れません。


断崖絶壁の上から恒例のナブラ探し。ここで見渡すと、ある程度周辺地磯の状態が分かります。
1502581712497


風はイイ感じであるが海は平和そのものw船も居ないw


何だかヤバい予感しかしないのですが、偵察もほどほどに磯場を目指します。


平戸生月界隈では超絶有名な地磯なんですが先行者は2名だけ!?しかもサラサラ茶髪のロングヘア綺麗系女性アングラー!!!マジか?ほぼ貸切状態のフィールドと釣りガールに胸が勝手に躍りますw


ショアジギって釣れないイメージしかないんですが、貸切状態の地磯は立っているだけで超絶気持ちいいw灼熱だけど来て良かった♪


アゲの潮が利くが一向にベイトなし。ナブラもなし。鳥がたまに2羽遊んでるwどうしようもないので、こういう時はハタ狙いにシフト。このパターンでだいたい何かしら釣れるんですが、今日は無反応くらいました。


ネリゴやヤズどころか根魚も釣れないwメータークラスのシイラやヒラスなんて夢のまた夢。


丁度、地平線に見えるあたりにはヒラスやシイラがウジャウジャ居るのが悔しいなぁ。やっぱり船で行くと夢が広がりますね。


次の台風か北よりの爆風で大いに好転しそうなので、みなさんヘビータックルのご準備を済ませててくださいませ。


この日は大きな海亀さんが海面で「こんにちは」してくれたのが唯一の生命反応だったのは秘密ですw



それでは良い連休を♪

土曜日は気持ちがイイ秋晴れでしたね。朝一は南国九州でも11度と冬のような寒さになり、いつもなら磯に向かう足は軽快なのですが、この寒さでは流石に布団から出るのが億劫になりました。


予定ではハゼクランクなるものを試してみようと小型クランクのシングルフック仕様を見様見真似でスタンバっていたのですが、良い北風がずっと吹いてましたので、またとないチャンスなのでショアジギを強行しました。


予定のスポットに入ろうとしましたら結構な数のお客さんが入られていたので朝一から他のスポットを探索することに決定。ちょっとだけ岬っぽくなっている箇所を見つけて岩の上に上陸。初場所で沈み瀬の場所、潮の動きが分からず投げていたら主戦力であるガンマ90gがまさかの沈み瀬にジャスト着水して着水と同時に根掛かり。。。泣


ガンマの代打でマリアのローデッドをダイビングさせていたら強烈なガツンとくる引ったくり、待望のショア政キター!!!!と、瞬時に足を踏ん張ってファイトの体制を整えたのですが、相手はピクリとも動かず沈み瀬と綱引きしているだけでした。。。。朝の早い段階で手持ちのダイペンがあらよあらよと行方不明事件発生。


ダイペンを失ってはシャローを攻めきれないので、ショアジギオンリーでドン深なエリアを求めて彷徨います。


軽トラ一台分がやっと通れる細い道をトライ&エラーで探索。まるで秘境の野池を探ししているみたいな手探りでの開拓。


苦労を重ねて無事に新規開拓に成功。潮目も近く右左と潮が動くなかなかの好ポイントです。 根の入り方や潮の寄り具合、鳥の回遊ルートを常時観察しながら、このエリアのポテンシャルを伺います。


至って変化は少なかったのですが、ヤズと思われる青物のナブラが2回発生。小型ミノーのジャークとシーバス用のTDソルトペンシル9Fを撃ち込みましたが軽やかにシカトされました。 それもそのはず、岸部には2cmほどのジャコが居ました。どうやらマイクロベイトパターンみたいです。


本命はヒラマサなので、表層のヤズはほどほどにして、ひたすらワンピッチでボトムから15mまでの中層をシャクリ倒します。 鯛かハタ系の外道が来ても良さそうでしたが、ヒラマサ・ブリのバイトもなく、この日はまんまる丸坊主。 ショアジギって本当に釣れないことを痛感させられます。


今年は本格的にショアジギにガッツリハマってやっているのですが、船で釣るヒラマサとは明らかに次元が違います。 ヒラマサが接岸しているのか?はたまた居ないのか?かと言う不安感が常に付きまとって来ます。シイラと違って見えない相手ですので、メンタルを保つのが凄く難しい。 『俺の操るルアーの鼻先で食うタイミングを伺っている!次のシャクリに変化を加えたらガッツンと来るんじゃないの?』って常にイメージしてワクワクしていないと耐えられません。


一種の自信に道溢れたナルシスト魂です(笑) ジグとダイペンを引ったくる瞬間の感動を求めて、釣れない時も含めて常に想像を掻き立てられてワクワク出来る釣り。 行きつくところは釣れた方が楽しいので釣果史上主義なのかもしれないけど、この釣りは本当に釣れない。SNSなんかで釣果写真を観るとおめでとう!思わず拍手したくなる。 もう既に2桁近くの日を本命からの手応えないしで過ごしております。笑


それでいても全然苦にならない、ましては逆に回数を重ねる事にワクワクが倍増していってる気もする。 ショアジギで得た経験が船からのバーチカルで役立つことを期待して日々精進さないかん今日この頃です。

10月の3連休は大時化でまともに釣りが出来ませんでしたね。そんなこんなの時でも釣りをやっているのが私です(笑)早岐瀬戸~呼子~平戸と海域をずらして釣りをしていたのですが、どのエリアもベイトが少ない。今後のベイトの入りを大いに期待するしかないですね。


あまりに青物とシーバスの反応が乏しいので、無性にアジングがやりたくなって平戸界隈の港にGOしてきました。
BlogPaint


ぷちゅぷちゅと水面はアジゴがボイルはしているものの私にはまったく当たらない。スレンダー過ぎるアサシンさんは最初からボコボコ。この差はなんなんだってくらいに当たらない。タックルはアジングロッドに似たようなラインやリール。違うのはジグヘッドとワームだけ。


某D社のジグヘッドを使っていたのですが、それがイケなかったみたいです。アルカジックジャパンのアジング用ジグヘッド・ジャックアッパーを拝借して投げたら私もボコボコモードに突入。フックって大事ですね。。。今度からアルカジックジャパンのジグヘッドを愛用させて戴きます!


ボコボコにアジゴを釣っていたら、デッケー奴にひったくられて、4~5分ドラグ出されまくりで楽しい奴が釣れました。丁度来られた福岡の方にタモ入れして貰って無事にランディング成功。美人な奥さんに珈琲の差し入れを戴いたりして和やかな時間を過ごすことが出来ました。
1476183681444


シーバスもさることながら、もっと嬉しいターゲットが釣れてしまいました。釣って良し!食べて良し!の人気ターゲットの『激旨のクロムツ』をゲット!!数があまり居なかったのですが、今後に期待が持てます。
1476183770545


夜な夜な釣りをするだけでアジゴは星の数ほど釣れます。福岡の方がアジゴの泳がせをされたりして暇をせず楽しめました。おそらく2kgはあろうアオリイカが何回もアジゴの頭だけを残して襲い掛かって来ます。今度のエギング大会はこのアオリイカをエギで仕留めようと作戦を目論むんでいます。と、作戦をバラシてみる。釣れたら楽勝で優勝サイズです(笑)


アジゴを食べる分確保してお昼の為に就寝。朝一から地磯でショアジギです。風が強かったのと、ウネリで波をかぶるので風裏でこじんまりとジグをシャクルことにしました。ベイトは少ないけど、スレンダー過ぎるアサシンさんに2Lペットボトルより大きなアラ(クエ)の子供、通称コアラがヒット!立て続けにミノーでも2発ヒット!
1476183892085
1476183832334
1476184019062


とどめはバスミノーのシマノ・バンタムシリーズ リップフラッシュ115MFDでもコアラさん降臨!シマノさん、このミノーは性能が良いのでソルト仕様を早く出してください!と切に願ってみる。


最終的に青物は0本。。。トータルでは美味しい感じのお魚が集まりました!
1476184047240



アジゴとクロムツは開いて唐揚げ。コアラさんはお刺身とお味噌汁。

1476184119704
1476184150890


コアラさんの皮がヤバ過ぎました。アラは捨てるところがないって言われるのが分かります。がらはお味噌。ラーメンみたいに魚の油がコってこてに浮き出て来ます。
1476184189738


お刺身は昨夜、家族と猫に食べられてスズメの涙ほどしか残っていませんでした。
1476184212405


実は何を隠そうお刺身が大の苦手なんです。しかし、イカとハタ系だけは不思議と好物なのであります(笑)


今まで食べたお魚の中でも、このコアラさんは格別に旨い部類のお魚でした!


平戸の夜はアジゴとクロムツが面白い季節となっておりますので、ショアジギのついでにでもやられてみてはいかがでしょうか!

10月に入ると本格的にターゲットとしてショアから楽しまれるサワラの幼魚である『サゴシ』。おおよそ60cmを越えた個体から親魚と同じピンク色がかった身になって美味しくなって来ます。60cm以下は青みがかっております。目指すはピンクの身になるサイズを狙って行きましょう!


サゴシって?習性や特徴


食性はとても獰猛で、動いているものに対して容赦なく襲い掛かってくる好奇心旺盛なお魚で、釣り初心者の方でも簡単に釣り上げることが出来ます。群れで行動をするため、釣れる時は何匹も釣り上げることが可能です。シイラと似た習性を持った青魚です。
1477224205954


歯がとても鋭くカミソリに例えられる異名を持っております。油断をするとルアーや仕掛けをスパンスパンと切って行きます。過去に何回ルアーを切られたか分からないくらいです。


サゴシがいるエリアは餌となる小魚が豊富な証拠です。小魚を追っている時は水面をイルカのようにジャンプします。ジャンプして着水する時は頭から綺麗に吸い込まれるように着水します。この習性もシイラと同じですね。その反対でボラが着水する時は胴体着陸で『ボチャン』と石を投げたかの様な大きな音がしますので、その違いで魚種を見分けます。余談ですが、カマスも頭から綺麗に着水します。サイズが小さい時はカマスの可能性が高いです。


サゴシが群れている時は、他にシーバス(スズキ)・アジ・ヤズ(ブリの子)・ヒラメなどが回遊していることが多々ありますので、狙い方を少し変えてみると他にも美味しいお魚を釣る事が可能になります。


9月~10月下旬までは朝マズメと夕マズメ・11月初旬以降は朝・昼・夕と一日中釣る事が出来るようになります。明るい常夜灯周りでは夜でも釣れる所が存在するみたいです。


タックルはどんなのを使うの?


ライトショアジギングと言うと敷地が高く感じてしまいますが、8ftでミディアムクラスのエギングロッドやシーバスロッド、慣れた方でしたら6ftクラスのバスロッドやトラウトロッドでも十分に釣ることが出来て幅広い楽しみ方が人気の魚種となっております。


スピニングリールは2500番以上を使用します。ベイトリールはシマノさんで言う200番クラス、ダイワさんなら深溝スプールの103以上203とかあるのかな?が釣りやすくておススメです。


ラインはPEライン・ナイロン・フロロ問わず、100m~300mあれば十分です。私は初めの頃はバスタックルをそのまま流用していました。


使うルアーはメタルジグの18g~100g程度まで、他にミノーやバイブレーション、ペンシルベイトやポッパーです。ワームのワインドもとにかく釣れます。


とにかく歯に注意してください


このサゴシさん。釣れた時はとにかく鋭い歯に注意してください。素手で針(フック)を外そうとすると大変危険です。針を外す時は高確率で暴れます。ペンチやプライヤーを使って安全に針を外してくださいね。


私、サゴシさんにやられて全治2週間の切創を負った痛い過去がありますので素手では針を外さない事にしております(笑)今でも思い出すほどに超痛かったですよ。。。


各社が注目するサゴシ専のルアー


ここ最近のショアジギ人気で遂にサゴシ専用ルアーが出始めております。ド定番はメタルジグなのですが、食いがとても良いミノーはとにかくおススメ!ときどきジャークしてあげるとイチコロです。


ダイワさんから『サゴシー95S』
詳しくはhttp://www.daiwaweb.com/jp/fishing/item/lure/salt_le/sagosee/index.html


新発売のダイワ・サゴシー95S

ダイワ(Daiwa) サゴシー 95S ピンクグローイワシ

価格:1,439円
(2016/11/7 22:48時点)





重量級ミノーの大御所であるジャクソンさんのピンテールシリーズではサゴシチューンもあります。ボディが100㎜以内という設定がイイですね!

ジャクソン(Jackson) ピンテール サゴシ チューン 90mm SGE サゴシのエサ

価格:1,555円
(2016/10/23 22:19時点)




2016の長崎・佐賀・福岡のサゴシ


今年はやや沖合に群れが居て、陸に接岸している群れが少ない模様です。しかし、早めではありますが9月から型が良い(70cm越え)がちらほらと接岸していますので釣れたらデカいです。


10月になり各地で60cmクラスが釣れていると情報がありますので、11月いっぱい楽しめます。長い時は12月中旬まで。


秋が深まるにつれて状態が日に日に良くなって来ます。引き味も良く、海のルアー釣りを始めたい方におススメの魚種となっております。この秋に海釣りを初めてみてはいかがでしょうか♪








↑このページのトップヘ