カテゴリ: バス釣り

遂に寒くなりましたね。そんな寒い冬になるとコレってくらいに人気のメタルバイブの呼び方に疑問が浮かびました。


前回の記事でメタルバイブを『鉄板バイブ』と書いて違和感に感じたので今回のお題とさせて頂きます。

http://tyablog.blog.jp/archives/11690199.html


Facebookでは、みんなさんメタルバイブ=メタルって言ってるんですよね。


では、なぜ呼び方が違って来るのか模索してみます。
11064025_08
出典 http://www.evergreen-fishing.com/goods_list/LittlemaxTgMuscle_11064025_1.html


シーバス界のメタルバイブことテッパンから



シーバスでも昔から存在していたテッパン型バイブですが、シーバスで流行るきっかけとなったのは、やはりバスで流行ってからだと思います。


その頃はと言いますと、パチスロ界では大当たり=ビッグボーナスの当選確立がほぼ確定する演出のことを『激アツテッパン』と言って流行ってましたね。


テッパン=ビッグ確定

テッパン=よく釣れるテッパンルアーと言う意味合いと、鉄板のようなバイブを掛けて『テッパン』と言うようになったんだと思います。真意の程は不明ですが(笑)


バスではなぜメタルバイブと呼ぶのか?


バス界はご存じの通り横文字文化が根付いておりますのでメタルバイブはそのままメタルバイブな訳なんです。それがイイ的な・・・且つ、それがカッコイイ的な(笑)略してメタルってなるんですね。

その逆にシーバス界は和名を使うのもまた乙な美徳があって、ルアー名に和を加えるメーカーさんもあります。皆さんご存知の『ima』のサスケが有名ですね。SASUKE裂波やSASUKE裂風など。そこからの流れで『テッパン』と和風な感じがイイ的な流れがあるんじゃないかとも感じられます。
 

ソルトでメタル~は禁句


バスでは『ジグ』と言ったらラバージグを意味します。ソルトでは『ジグ』はメタルジグになります。

バス釣りでメタルジグを使うことはマイナーなこともあり、メタル=メタルバイブで通ってしまうのですが、ソルトではメタルジグの戦力は無視できない程の破壊力があります。よってソルトではメタルって言ったら皆さんメタルジグを想像してしまいます。


しかしながら、大半のソルトマンはメタルジグとは言わずに総称して『ジグ』と呼ぶのが普通です。ショートジグ・セミロングジグ・ロングジグ・スロージグと言ったようにメタルジグでも何種類も存在します。


そんな風習からメタル~と名前が付くものに対してはメタルを省いて呼ぶことがあります。


ならばメタルバイブは『バイブ』でも良さそうだけど、プラスチック製のシンキングバイブとの兼ね合いもあって『テッパン』で落ち着いているみたいですね。


メタルの呼び方や付け方でクラスタ判別



テッパンって呼ぶ方はソルトを主に嗜まれているアングラーさん

メタルって呼ぶ方はバスを主に嗜まれているアングラーさん

メタルジグって呼ぶ方は主にバスを嗜まれているアングラーさん

ラバジをジグって呼ぶ方は主にバスを嗜まれているアングラーさん

メタルジグをジグって呼ぶ方は主にソルトを嗜まれているアングラーさん



ジグ(ラバージグ)をカバーにブッ込んでゴーマルブッコ抜きしてやったぜ!って話をソルティーな方にしちゃうとジグ(メタルジグ)をジャングルカバーにぶち込んだの!!それってすごくな~い!?とちぐはぐな会話になってしまうこともシバシバ(笑)


てな具合でメタルバイブとテッパン、ラバージグとメタルジグだけでも面倒臭いくらいに意味合いが違って来ますので注意したいですね(笑)


バス釣り ブログランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


シーバス ブログランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村



こんにちは。北風ビュービュー雨の中、バスの初釣りに行って来ました。結果惨敗でしたので・・
・・・以下省略(笑)


今日はダメだね~って諦める瞬間まではいつも通りにフローティングタイプのプラグを使っていましたが、最後は何故かボックスに入っていた『シンキングミノー』に一縷の希望を託しました。


シンキングミノーってソルトウォーターでは一番多用されるんですが、バスミノーではラパラ社とアメリカンミノーに一部あるだけで、国産ではラインナップにほとんどないんじゃないでしょうか?


 蓋を開ければ世の中にはS字系ビッグベイト、ビッグスプーン、鉄板バイブ、シンキングバイブ、スピナーベイト、バズベイト、ラバージグにワームのリグ各種とシンキングルアーだらけなんですが、シンキングミノーってなんなんでしょうね?


 日本にバス釣りが入って来た黎明期(1970年代)頃に、西山徹氏が冬バスは釣れるのか?(今では冬バスを釣るのは当たり前ですが、当時は前例がなかったため釣れないとされていた)と手さぐりで調査するためアメリカまで渡られて、ツアープロのビル・ダンス氏らの協力のもと、テキサス、テネシー、ミシシッピ等を7か所ほど釣り歩いたと。ローカルベイトのホプキンス1ozのジギングにて10ポンドバスを釣るのが当時のナウな釣り方。今はローカルベイトと聞くとスイムベイトやアラバマリグがそれにあたる。そのホプキンス10パウンドバスをヒントにシンキングミノー(ロビンを前傾姿勢でフォールするようにチューンしたものと、ロビン前傾姿勢チューンの血をひくMr.プロンソン)による釣りを探求されたのが日本でのシンキングミノーのはじまりであり、ウインターバッシングのはじまりでもあると、Basser つり人社1997/3月号の記事にて紹介されています。



バスコーナーにシンキングミノーがない理由

 ソルトではシンキングミノーが多用されると書いたんですが、海は遠投してナンボという戦略のスタンスがあります。実際遠投の必要性は大いに感じます。自重が軽いフローティングミノーである理由がほとんどありません。フローティングじゃなければイケない理由があるとしましたら、泳いでいるミノーがお腹を擦るような牡蠣瀬・チャラ瀬などのドシャローなシュチエーションとナイトシーバスのデッドスローリトリーブでしょうか。


 それともう一つ、ソルトミノーゲームは8割が投げて巻くだけです。ジャークとトゥイッチはそこまで多様しませんのでプラグのレスポンスをあげる必要がありません。狙ったスポットにお魚が居たら、ただ巻きでだいたい一発でズドンっと来ます。


で、バスミノーと言いますと遠投してナンボ!って理由がほとんどないので、フローティングタイプでプラグ自体の動きに対するレスポンスをあげてバスを惹き付ける方が得策だよ!って先人の教えなんだろうなと思われます。


シンキングミノーの紹介


 日本製ならむかーしむかしのバスルアー 『ヨーヅリ社』のミノーにシンキングミノーがいっぱいあった記憶があります。ラッキークラフトならソルトverで同じルアーがありますね。現在入手出来るのはラパラ社のカウントダウンシリーズが最もお手軽ですよね。1、2、3、4、5、6、7....カウントして狙った水深を狙い撃ちする超有名なパイオニアミノーでもありますね。

ラパラ カウントダウン アバシ CDA 9 (CountDown ABACHI 9cm)

価格:1,393円
(2017/1/9 10:10時点)
感想(0件)




レーベル社にトラックダウンミノーS20と言うのがありまして、私イチオシのシンキングミノーがあります。
1483924946124


見た目まんまのレーベルミノーF20なんですが、立派なシンキングタイプです。ジャーキングするとフローティングタイプと違って上へ上へ揚がってくる特性があります。


シンキングミノーを投入するタイミングとは?


ワタクシ的にサスペンドミノーと同じ感覚なんですが、木枯らし吹きすさむ1月・2月の極寒シーズンがベストシーズンになります。


サスペンドミノーでもいいのですが、あえてシンキングミノーをぶち込む理由はバスの目の前まで超絶簡単楽々にインサート出来る!に尽きます。それに伴ってラインメンディングが強風下で楽な点があります。


特に垂直岩盤・コンクリート岩盤などの急深なプロダクティブゾーンを擁する場所が主戦場。垂直岩盤のボトムに転がる岩やオダ付近に潜むであろうスーパービッグフィッシュの目の前から急にジャーキングが始まって、浮上する特性を活かしてライジングしながら誘って、食うアクション✖食わせるアクションの融合がシンキングミノーには可能なんです。


今後も注目されることのないジャンル(笑)


全然注目されないシンキングミノーなんですが、この世に存在してしまったからには何かしらの役割があるんじゃないかと思います。


過去にラパラのCD7、CD9を用いてカバークランキングよろしくカバーミノーイングを追求したことがあるのですが、リップが大きいのでシンキングタイプでもカバーを綺麗に舐めまわすだろうと読んでいたのが、見事玉砕した経験があります。


このように、シンキングミノーで出来ること、出来ないこと色々あるんですが困ったときはテクニックの引き出しとなるような何かを求めて今後も追及していきます。


こういうニッチなジャンルに萌えると奥が深いです(笑)まだまだバス釣りの奥深さを垣間見た感じがしますね。



バス釣り ブログランキングへ


にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


寒い寒い冬の休日は海に行くか、ルアーいじるかですよね。


今年の冬は暖かくて冬っぽくないのですが、いつかはやって来る大寒波時の休日の過ごし方をご紹介しようかと思います。


アメルアのお話になるんですが、話題のデイビスカスタムベイツのブラックマーケットバズってご存知でしょうか?


クランクベイトのリップをなくして、クランクの丸っこいボディそのままでツインプロップを搭載したトッププラグなんですが、凄くイイ感じなんですよ。


欲しいルアーランキングにランクインしているのですが、お値段が約7000円の怪物君。ルアー1個に7000円は高くてそうそうは買えませんぜ。


本物はバルサボディみたいですが、動きなど特にこだわりがない方はプラスチックボディで似たようなルアーを妥協全開でお安く作ることが可能です。


お手元にリップが折れたクランクやミノーがある方はそれでOK!! ない方は、ノーマンルアーズかバグリーのなるべくデッカイクランクをご用意ください。
1483619588351


目標はアメリカンなツインプロップを作りますので、リップを綺麗にそぎ落とす作業が必要です。ので、リップ折れのジャンク品が好ましいのはそのため。


簡単スリーステップで完成します。

①リップを綺麗にそぎ落としましたら、エイト管を抜いてヒートンを打ち直す必要があります。

②エイト管をライターでほどほどの熱を与えます。熱し過ぎると根元のプラが解けます。火傷をしない様にペンチで挟んで抜き取ります。

③エイト管が抜けたら、ドリルでヒートンが通る穴をタップ建てしてカップワッシャー、捻りペラ、ヒートンの順で打ち込みます。


すると、簡単にブラックマーケットバズ風の良さげなツインプロップのトッププラグが完成します。
1483621266416


DD22の個体だともっとイイのが出来そうな予感。


同じ要領でボーマーロングAツインプロップバージョンの通称『ロング-P』も作成できます。
1483621876496



今週末は大荒れの予報みたいですのでお時間がある方は試してみてください。


春先から大活躍のツインプロップ、これで50釣れたら感無量です!

明日から2017年のはじまりです。今年は泣いても笑っても今日で最期。最後の最後まで釣り尽くしの一年でした。


釣り納めは行かれましたか?で今年はバス釣りで締めます!とうっかり書いてしまったので、めざましのアラームが鳴り響く事態に後悔しながらも、眠たい目を擦りながら深夜出発してラストバスを釣るために湖人になってきました。


まじでゆっくり寝たかった。。。それもその筈、気温は氷点下1度。。。気温を見た瞬間からやる気がぶっ飛びます。
1483179843889


寒いだけならまだしも、予定はバスの寒中ウエーディング。過酷な上に更に過酷になる自滅っぷり(笑)


これが私の冬のバス釣りスタイルでありんす。30分程度でつま先の感覚がなくなりマス!


実に寒い釣りなんですが、釣果は折り紙付き。ほとんどハズレなしで結構面白いんですよ!


ってことで、ブラックコーヒーを含み目を覚ましたら意気揚々と現場に向かいます。


まだ、暗いうちから直ぐに竿が振れる状態にして現場でスタンバります。


東の空が明るみだしたらゲームスタートの合図です。
1483180800890


バス釣りも海釣りも同じ釣り。夜明けの時はこころからワクワクしますね。


チョイスしたエリアはボディウォーター+アウトベンド+ゴロタシャローのテーブルを擁する急深ドロップオフ。


ワンド部のフラットテーブルのブレイクと迷いましたが、デカいのが居る可能性が高いのでテーブルは後回しにしてマズメはアウトベンドを推しました。


アウトベンドのドロップオフ沿いの壁に追い込んで捕食しているであろうバスに焦点をあてて、まだ暗いうちでしたが20投程で43cmくらいのナイスミドルが『フィッシングエルモ 数量限定ショップオリジナルカラーのサインポール002』のジャーキングで反応してくれました。
1483181829167


このオリカラ・サインポール002のログさんはなかなかのツンデレで、生易しいジャーキングでは動きが鈍いです。ジャーク一発一発に力を込めてジャークしないとヌルヌルと動きます。もちろん、連続してキレキレに動かしてナンボの世界がジャーキング。かなり疲れるんですが、このオリカラログはにジャーキングとは何たるかを毎回初心を振り返るよう考えさせられます。


釣りたい一心で竿を振っていると陽があがるのは早いもので、直ぐに朝マヅメタイムは終了します。


ハプニングで足場が崩れて、ウエーダー着てる上から入水。-1度でずぶ濡れです(/_;)


身も心も寒くなって指がかじかんで麻痺、更にアクシデントが続きフックが指に刺さるハプニングに発展。


科学研磨で針先キンキンのハイパーシールドが懐までぶっすりと刺さってました。オオオォォォ-ノ----
BlogPaint


寒さの余りに指先が麻痺してて痛みナシだったのが救いでした。普通の状態なら悶絶確定な事態ですw


ピアッサー刺したかな?程度で済みました。私のバスルアー達は完全バーブレス仕様にしておりますので1秒でフック除去完了。


バーブ派の方は動画の要領で対処してみてください。




そのあとは指をかばいながらのジャーキングは無理だったので、ボックスをガサガサすると救いにもペンシルポッパーが1本入っておりました。
1483184264734


ペンシルポッパーも気合のアクションが要るプラグですが、ログの水圧よりましかな?と抜擢。本当はラッキー13がよかったけどこんな時に限って入ってない。泣 


負の連鎖が重なってトップにたどり着いたのですが、これが大正解でした。


ボディウォーターを登ってバックウォーターエリアに差し掛かったエリアの対岸は垂直岩盤にシダが絡む最強スポット。


岩盤ベタベタに着水からの長めのポーズ、3回首振りスプラッシュからのまたまた長めのポーズ中にグワンッとノラリクラリオン引ったくりました。


竿に重みが乗り上顎に鬼フッキングが決まってました。またまた43cmくらいのナイスミドル。この一匹はシビれた
1483184945107


その後はトップで頑張るもノーバイトにて撃沈。


で、お気づきとは思いますが、攻めているエリアは夏に良さそうなエリアばかりなんですね(笑)気付かれましたか?


バスも海のお魚と同じで、水が動いていた方が食いがイイ感じがします。何かのヒントになれば幸いです。


〆の釣り納めは波乱万丈な展開でしたが納得の行くゲームとなりました。トップで釣れたのが何より嬉しいですね。釣ったじゃなくて釣れた!これに尽きる。。。。来年はどんな釣りになるんだろう?






ブログを開設した2015年12月。早や一年とちょっと経ちました。今年一年いろいろありました。一部の方にはご迷惑おかけした事もあって凹んだこともありました。その反面でリアル仲間の応援、コメント欄からの応援には頭が下がる一方です。本当にありがとうございます。


当方のブログをご覧いただきました皆様方も本当にありがとうございました。


そんなこんななブログですが、2017年もマイペースに続けて行こうと思います。


それでは良いお年を!



年が暮れそうですね。バス釣りをされる方は今年のバス釣りはいかがでしたか?


私は知らないフィールドをまわりまわって、一年中苦戦していましたね。


トップでの釣果が極めて少なかったのが残念でしたが、クランクフィッシュは例年より倍くらい多かった年となりました。


苦手フィールドや知らない釣り場、根掛かりが多い釣り場などトータルでクランクベイトの優秀さを垣間見たと思っております。


そんなクランクベイトの中で一番の釣果を残したのが、2016年メーカーごと消滅しました『米国のエクスキャリバー社のXCS100』です。
1461679556649


佐賀のクリークや一級河川でブッチギリの安定感で釣果をもたらしてくれた。過去にそんな釣果をもたらしてくれたクランクベイトはコットンコーデル社のビッグOとボーマー社のスクエアAだけ。自分の中で3強のクランクベイトに見事ランクインです。


ビッグOより浅い潜行が特徴ですがスクエアAよりウエイトがありますのでカバーに打ち込みやすいと言う特徴もあります。


そんな感じで持ち駒が増えたのはかけがえのない財産です。


1年で1個づつ持ち駒を増やすことが出来ればバス釣りのゲーム展開が大きく飛躍出来るのですが、困ったことに経験上5年に1個程度しか巡り会えません。


宝探しゲーム感覚ですが、これもバス釣りの醍醐味だなぁとつくづく感じますね。


秋になって海釣りメインでやって来ましたので、11月にバス釣りは二回だけという結果に。。。。


明日は12月31日の大晦日。2016年最後のチャンスはバス釣りで釣り納めしようかと思っております。


朝起きれたらバス釣りに出掛けようっと!
1474982895039



バス釣り ブログランキングへ


にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ