カテゴリ: バス釣り

おはようございます。九州は暖かい土曜日の朝を迎えました。最高のバス釣り日和なんですが引き籠っておりますw


暦上では昨日は節分でした。節分とは何ぞや?と調べましたら、ウィキペディアによりますと
節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春立夏立秋立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。

とされております。 即ち、今日2月4日から春が立つと書いて晴れて立春となった訳ですね。



春の釣りと言いますと、バスはもちろん春イカ、春告魚(メバル)、鱸、春マサとソルトもバスも大忙しの季節になります。


今回は『春バス』をお題に書いてみようと思います。


プラッガーには嬉しい季節到来


春は一年で一番楽しい季節 であることは間違いないです。その理由はデカバスが釣れるに尽きます。


最近では雑誌各社が真冬のクランクベイトみたいな特集でマッチ・ザ・シーズンな記事が出てますので競合が増えちゃいましたが、2~3年前までは巻いてるアングラーってホント少なかった。気合で巻いてたら、一発出たらデカいの釣れてましたね。


そんな魅力の真冬~早春のプラグゲームが遂に開幕の気配です。


ここ最近は巨大なジャイアントべイトが流行り


呆れる程デッカイ300mmもあるビッグベイトで特盛サイズのビッグバスを狙うスタイルが定着しつつありますね。
top01
出典:ロマンメイド モンスタートリプル


ビッグベイトはタックル的にはちょっと重いぜシンドイぜと言う方には、普段使わないサイズの大き目ルアーが面白いです。シャワーブローズやアマゾンペンシル、メガロドーンやタイフーンみたいなのがいいですね。場所を選ばず野池みたいな小規模フィールドでも使えるのがビッグベイトでは得られない強みです。



私は渡来ものが好きなのでアメリカンなデッカイプラグを使います。去年は早春の激渋河川でペンシルポッパーにメガバイト。ミスバイトで終わってしまったのですがデカトップでも十分に楽しめます!
1483184945107
2016/12/31 大晦日ラストフィッシュはコットンコーデル・ペンシルポッパーC66の1ozにて。2ozのC67モデルもあります。


トップ以外にもビッグクランクは激アツです。今年はスキートリースさんのSKTマグナム使ってみようと意気込んでおりますw



程よく大きな安定した釣果が魅力のフルサイズクランクベイト


SKTマグナムみたいな特殊なクランクも面白いですが、シャロークランクのフルサイズモデルが一番扱いやすいく釣果が安定しているのは確かです。


通称アルファベットクランクの大きいサイズです。バグリーのB2~B4、ビッグOと言われる名作は一年中一軍でボックスに常駐しております。写真はシェイクスピアのビッグS
1486163075445


九州では4月はもう遅いです的なまとめ

早い方で2月からビッグプラッギングゲームが始まります。4月にはバスを釣る方も非常に多くなるので春イカ・春マサに転向される方も多いかと思われます。


2月~3月の雪が降る寒いシーズンはまだまだ釣り人も少なく面白いシーズンです。ネチっても釣れない時は釣れないので、デコるならビッグプラグ投げ倒して豪快にデコりましょうw


ブログ書いていたらバス釣りに行きたくなったので豪快にデコって来ます。


それでは良い週末を!


 お休みの日となると不思議に始発電車が動き出すのより早く起床するちゃぶけんです。始発電車が奏でる喧騒を聞きながらブログを書くのが休日朝の日課となっております。


 先週は山口県をぶらり旅して来ました。その時に偶然見つけた『豊田湖』別名で木屋川ダム(こやがわ)、ノリーズの田辺哲雄氏が釣りビジョンで取材をしていたのを思い出し、急遽、角島観光の日程をギリギリの時間まで先延ばしにして『豊田湖』の情報をかき集めて来ました。




 釣りビジョンで初めて観た豊田湖の景色は一目でお気に入りレイクに認定したロケーションを持つダム湖です。湖岸線のほとんどがオーバーハングやウッドカバーに覆われており、カバーフィッシャーマンの私好みのレイクです。
1485561114321

 面積は佐賀県の北山湖(200.0ha)よりやや小さい161.0ha(ウィキ参照)、湖面利用規約で『船外機の使用』が禁止されているので、原動力がエレキだけになりますと北山湖より広く感じてしまうと思われます。


 そんな豊田湖の冬は、ワカサギ釣りのお客さんで大いに盛り上がる所も近年の北山湖に似通った一面がありました。ハイシーズンでもバスを釣るのが非常に難しいとボート屋さんに聴きました。


豊田湖の印象

 まずはレンタルボート屋さんを探しつつ湖畔沿いを一周してみました。道幅は狭く内陸部と言うこともあり残雪が残る寒い地域といった印象です。この日の九州(出発時点)ではポカポカ陽気でした。余程寒そうですので冬場にお越しの際はチェーンを常備しておきましょう。


 九州からすると5~6℃は寒いです。よって水温も自ずと低いと予想していて問題なさそうです。秋ぐちと春先の水温変化には特に注意してゲームプランを組み立てる必要がありそうですね。


 狭い道が特徴の豊田湖、オカッパリはどうなの?と、おかっぱりポイントを探しましたが、ダムサイト管理事務所付近『山本ボート』さんがあるワンド周辺と上流部の限られた範囲でしか出来る環境がないようです。全体的に道幅が狭いので車を駐車出来ないのと、湖岸線がドン深で切り立った斜面になっているためです。と言うこともあり、豊田湖は基本的にはボートからの釣りが前提のフィールドになります。



豊田湖のレンタルボート屋さん情報

豊田湖には2店舗のレンタルボート屋さんが運営されておりました。



市営のレンタルボート屋さん

 ご家族やカップルでお越しの方は、『豊田湖畔公園キャンプ場』にあります、市が運営されておりますレンタルボート屋さんでは、自販機有り、カップ麺を食べれるようにポットがあったり(カップ麺は有料っぽいです)、常駐スタッフさんが居たり、トイレあったりで快適にお過ごしいただけます。
1485557678926
1485556827537

冬場は桟橋で『ワカサギ釣り』のお客さんで大賑わい。大会も行われており新聞社さんに取り上げられるほどです。釣り竿とリール、仕掛けと餌を自前で用意できる方は1日・200円でワカサギ釣りが楽しめますよ!と管理人さん。北山ダムは1日・3000円掛かりますので破格値です!もちろん竿・リール・仕掛け・餌のレンタルがありますのです手ぶらでお越しになられても大丈夫とのことでした。

1485557808938


市営のレンタルボート屋さん(ビジターセンター)

営業時間    8:30~16:30  ボートの帰着は16:30までに必着なります。
①ボート料金   1日・ 2800円
②ハンドエレキ+バッテリー1基         1日・1000円
①ボート+②ハンドエレキで3800円で1日お過ごしいただけます。 

バッテリーの予備は1基に付きプラス500円 


バス釣りでハンドエレキをご使用予定の方はバッテリーを充電するために、あらかじめご予約お願いしますとのことでした。

お問い合わせ 083-766-3488
ホームページ 各種ご案内 豊田湖畔公園




山本ボートさん

 ダムサイト寄りの管理事務所そばにボート屋さんを構えてらっしゃいます『山本ボート』さん。店舗はカーテンで締まっている感じですが、スロープを降りていくといらっしゃいます。


 こちらのボート屋さんは主人が釣り好きで『ヘラ釣り』・『ワカサギ釣り』・勿論『バス釣り』好きの釣りオヤジが運営されております。本格的にバス釣りでボートをレンタルされる方は『山本ボート』さんが超絶おススメになります。


豊田湖のバス釣りに精通されておられますので、私みたいに初めて訪れる方に色んなお話しをして頂けます。扇状水(湧水)のお話はためになったなぁ。


そんな気さくな店主がいる山本ボートさん、こちらのボートもハンドエレキのみとなっております。


フットエレキで豊田湖をブヒブヒ言わせたい方は持ち込み大歓迎!!!!と、山本ボートの中の人はボートはうちのを使って頂けたら喜びます。とのことでしたので、和船のデッキは自作で作ってフットエレキを持ち込んでみてはいかがでしょうか?


 北山ダムの和船よりバウデッキの幅が広いので九州の方はご注意ください。私も次回は型取りして自作デッキを作成しに行きます。


山本ボートさん店舗情報

貸し出しは『土』・『日』・『祭日』・『年末年始』のみの営業
営業時間 7:00~17:00

1人1日 2000円+ハンドエレキとバッテリー2000円で合計4000円
2人1日 3000円+ハンドエレキとバッテリー2000円で合計5000円

バッテリーの予備は1基に付きプラス500円 

こちらの山本ボート屋さんはエレキ持ち込み大歓迎ですので、エレキ持ち込みの方は2000円or3000円(和船の大きさが変わります)で1日遊べます。

お問い合わせ  083-766-1214  もしくは  090-8063-1134  



まとめ


 レンタルボート屋さんがあるもののバスフィールドとしてはまだまだ発展途上のフィールドと感じました。フットエレキのレンタルボートが数艇完備される環境になりましたら、もっと多くのバスアングラーで賑わいを見せる可能性を大いに秘めております。実際、角島~下関にかけての海釣りが出来る環境が芳しくないのでバス釣り有利な環境です。

角島~下関の海釣り編のエントリーはこちら


 最上流部のスロープからは自前でボートの持ち込みが出来るとの事でした。トレーラーを牽引して遠方から来られる方は高速代も嵩むのでレンタルボートが◎かもしれません。


 バスを釣るのがなかなか難しいフィールドのようですので、難しさ故に逆に萌えるってドMでコアな方に人気のフィールドみたいです。北山ダムが好きな方には通ずるところが満載です。


 3月になりましたらワカサギ釣りがひと段落して入れ替わりでバス釣りが賑わうようになるとのことでした。道中の凍結が恐いので暖かくなってからまたお邪魔出来ればと予定しております。


山本ボートのおやっさんまた来るからね(笑)



バス釣り ブログランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


九州の平野部でも遂にアラレが降りました。そんな寒い冬でもトップを投げたくなる私はビョーキでしょうか?


真夏に比べると釣れる気なんて更々しないんですが、それでも釣れる可能性を信じてトップに頼ってしまうのはそれだけトッププラグという相方を信頼している証なんですよね。


真冬の極寒シーズンに不利とも思えるトップで釣果をあげるには第一に『諦めない信念』が一番大事なのですが、第二に『ポイント選び』、第三に『風対策』がキーになると思っております。


冬のポイント選びはまたの機会にして、今回は『風対策』のお題について綴ってみようとおもいます。


突風はイカンぜよ


季節風に限らず真夏でも突風に悩まされることがしばしばあります。そう、あのゲリラ豪雨がやってくる前触れで今から来ますよ!と言わんばかりの合図でKY突風を吹き散らすゲリラ豪雨さん。


突風が吹けばトップの存在感がかき消されますし、音的要素も効力を失います。たまに突風が引き金になってボイルが発生することがありますが期待度は(薄)です。百害あって一利なし。。。。


そこまでの突風でなくても、トップを操るのが難しくなる微妙に強い風は年中吹くので、こちらの風に焦点をあてたいと思います。


風に対抗してみる


風裏に逃げれない場合は、風と真っ向勝負になります。最近はこのパターンばかりで2連続おデコを食らってます。

自然には逆らわないのがトップでも操船でもエギングでも常套手段ですね。風下に向けてトレースすると全然へっちゃらなんですが、ポイントによっては真横から風を受けなければイケないシーンも多々出て来ます。


いろいろ試したけど自然には逆らえず最後はタックルセッティング頼りになるのかも


ロッド、リールも風対策の要素があるかも知れませんが、一番手っ取り早いのは『ライン』ではないのかなと睨んでみました。


ご時世はベイトフィネスで6lb~8lbが主流のようですが、私20lb~30lbを年中愛用しております。笑


それだけ直径が太いラインをキャパするにはスプールの芯も細い深溝タイプになります。よって、ラインの巻き癖がパネーなことになります。
1484407676801


この巻き癖が釣れなくなる最大の原因と読んでおります。


ポイントとなるカバーやバンク、ストラクチャーに対してギリギリの精度でキャストを決めて着水後の誘いのポーズ(一般的に波紋が消えるまでのお約束タイム)はトップゲームにおける醍醐味なんですが、その一番大事な駆け引き中に『巻き癖』がグリグリの状態に戻ろうする為にルアーを引っ張って移動させてしまう現象が必ず起きます。


誘いのポーズが終わるころにはストライクゾーンを抜けちゃってますので、気の利いたアクションで誘ってもバスのハートは射抜けないですね。


グリグリ巻き癖と横風のダブルパンチだと、難易度を更にあげてしまいます。(キッパリ)


と、ここで考えてみた


トップとの相性抜群とされるナイロンライン。ほぼ水に浮く比重+巻き癖という2つの特性で風が吹く条件下では逆手になるナイロンラインを諦めて、意図的に水中にラインを入れてしまうフロロやフカセ釣りで用いるサスペンド比重のラインを風が強い時専用タックルで組んでみるのもアリなんじゃないかな?とブログを書きながら閃いた。今閃いたので調査結果はその内アップします(^-^;


それか、PEラインを使うことにより『巻き癖』の問題だけは完全にカバー出来ます。しかし風には滅法弱いですが。


私の少ない経験上ではPEラインをバス釣りに用いると明らかに釣果がダウンしております。PEラインが見えてると言うより、水切りの振動(波動)がバスの側線に強く伝わっている感じです。(5~6年前の4本縒り4号PEライン使用=当時の最新)


PEの縒り方やコーティングはここ1~2年で飛躍的に技術的進歩しておりますので、そのノイズは断然少なくなって来ていると感じますので今年改めて検証し直してみます。


風対策に可能性がある3つのラインまとめ


まずはフロロ、案外気にせずトップに使ってらっしゃる方も多いと思います。私の例えですと、ソルト・ショアヒラマサのダイビングペンシルはフロロの24号で自分中では問題なく扱っております。通に言わせればナイロン使え!素人が!って言われちゃうんですが(笑)バスに使うくらいの細さのライン号数でしたらそんな影響はないと思います。24号は流石に針金サイズですので影響あるんでろうな(笑)


そして、気になるフカセ釣り専用のサスペンドライン。サンラインさんの『磯スペシャル』はラインの浮力や硬さを数種類ラインナップされていて、狙った棚に仕掛けを送り込む為にラインに要求する細かな使用目的を打ち出されております。それだけ海釣りはその日の『棚』に気を配っておられることが伺えます。

サンライン 磯スペシャル Sキング (4.0号/150m)

価格:1,305円
(2017/1/15 01:54時点)





そんな優秀な機能をお借りしてちょっとだけ比重があるフカセ釣りのサスペンドラインってどうなのよ???と期待を寄せてみます。しばらく検証しますので気長に待ってくださいね<(_ _)>

















遂に寒くなりましたね。そんな寒い冬になるとコレってくらいに人気のメタルバイブの呼び方に疑問が浮かびました。


前回の記事でメタルバイブを『鉄板バイブ』と書いて違和感に感じたので今回のお題とさせて頂きます。

http://tyablog.blog.jp/archives/11690199.html


Facebookでは、みんなさんメタルバイブ=メタルって言ってるんですよね。


では、なぜ呼び方が違って来るのか模索してみます。
11064025_08
出典 http://www.evergreen-fishing.com/goods_list/LittlemaxTgMuscle_11064025_1.html


シーバス界のメタルバイブことテッパンから



シーバスでも昔から存在していたテッパン型バイブですが、シーバスで流行るきっかけとなったのは、やはりバスで流行ってからだと思います。


その頃はと言いますと、パチスロ界では大当たり=ビッグボーナスの当選確立がほぼ確定する演出のことを『激アツテッパン』と言って流行ってましたね。


テッパン=ビッグ確定

テッパン=よく釣れるテッパンルアーと言う意味合いと、鉄板のようなバイブを掛けて『テッパン』と言うようになったんだと思います。真意の程は不明ですが(笑)


バスではなぜメタルバイブと呼ぶのか?


バス界はご存じの通り横文字文化が根付いておりますのでメタルバイブはそのままメタルバイブな訳なんです。それがイイ的な・・・且つ、それがカッコイイ的な(笑)略してメタルってなるんですね。

その逆にシーバス界は和名を使うのもまた乙な美徳があって、ルアー名に和を加えるメーカーさんもあります。皆さんご存知の『ima』のサスケが有名ですね。SASUKE裂波やSASUKE裂風など。そこからの流れで『テッパン』と和風な感じがイイ的な流れがあるんじゃないかとも感じられます。
 

ソルトでメタル~は禁句


バスでは『ジグ』と言ったらラバージグを意味します。ソルトでは『ジグ』はメタルジグになります。

バス釣りでメタルジグを使うことはマイナーなこともあり、メタル=メタルバイブで通ってしまうのですが、ソルトではメタルジグの戦力は無視できない程の破壊力があります。よってソルトではメタルって言ったら皆さんメタルジグを想像してしまいます。


しかしながら、大半のソルトマンはメタルジグとは言わずに総称して『ジグ』と呼ぶのが普通です。ショートジグ・セミロングジグ・ロングジグ・スロージグと言ったようにメタルジグでも何種類も存在します。


そんな風習からメタル~と名前が付くものに対してはメタルを省いて呼ぶことがあります。


ならばメタルバイブは『バイブ』でも良さそうだけど、プラスチック製のシンキングバイブとの兼ね合いもあって『テッパン』で落ち着いているみたいですね。


メタルの呼び方や付け方でクラスタ判別



テッパンって呼ぶ方はソルトを主に嗜まれているアングラーさん

メタルって呼ぶ方はバスを主に嗜まれているアングラーさん

メタルジグって呼ぶ方は主にバスを嗜まれているアングラーさん

ラバジをジグって呼ぶ方は主にバスを嗜まれているアングラーさん

メタルジグをジグって呼ぶ方は主にソルトを嗜まれているアングラーさん



ジグ(ラバージグ)をカバーにブッ込んでゴーマルブッコ抜きしてやったぜ!って話をソルティーな方にしちゃうとジグ(メタルジグ)をジャングルカバーにぶち込んだの!!それってすごくな~い!?とちぐはぐな会話になってしまうこともシバシバ(笑)


てな具合でメタルバイブとテッパン、ラバージグとメタルジグだけでも面倒臭いくらいに意味合いが違って来ますので注意したいですね(笑)


バス釣り ブログランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


シーバス ブログランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村



こんにちは。北風ビュービュー雨の中、バスの初釣りに行って来ました。結果惨敗でしたので・・
・・・以下省略(笑)


今日はダメだね~って諦める瞬間まではいつも通りにフローティングタイプのプラグを使っていましたが、最後は何故かボックスに入っていた『シンキングミノー』に一縷の希望を託しました。


シンキングミノーってソルトウォーターでは一番多用されるんですが、バスミノーではラパラ社とアメリカンミノーに一部あるだけで、国産ではラインナップにほとんどないんじゃないでしょうか?


 蓋を開ければ世の中にはS字系ビッグベイト、ビッグスプーン、鉄板バイブ、シンキングバイブ、スピナーベイト、バズベイト、ラバージグにワームのリグ各種とシンキングルアーだらけなんですが、シンキングミノーってなんなんでしょうね?


 日本にバス釣りが入って来た黎明期(1970年代)頃に、西山徹氏が冬バスは釣れるのか?(今では冬バスを釣るのは当たり前ですが、当時は前例がなかったため釣れないとされていた)と手さぐりで調査するためアメリカまで渡られて、ツアープロのビル・ダンス氏らの協力のもと、テキサス、テネシー、ミシシッピ等を7か所ほど釣り歩いたと。ローカルベイトのホプキンス1ozのジギングにて10ポンドバスを釣るのが当時のナウな釣り方。今はローカルベイトと聞くとスイムベイトやアラバマリグがそれにあたる。そのホプキンス10パウンドバスをヒントにシンキングミノー(ロビンを前傾姿勢でフォールするようにチューンしたものと、ロビン前傾姿勢チューンの血をひくMr.プロンソン)による釣りを探求されたのが日本でのシンキングミノーのはじまりであり、ウインターバッシングのはじまりでもあると、Basser つり人社1997/3月号の記事にて紹介されています。



バスコーナーにシンキングミノーがない理由

 ソルトではシンキングミノーが多用されると書いたんですが、海は遠投してナンボという戦略のスタンスがあります。実際遠投の必要性は大いに感じます。自重が軽いフローティングミノーである理由がほとんどありません。フローティングじゃなければイケない理由があるとしましたら、泳いでいるミノーがお腹を擦るような牡蠣瀬・チャラ瀬などのドシャローなシュチエーションとナイトシーバスのデッドスローリトリーブでしょうか。


 それともう一つ、ソルトミノーゲームは8割が投げて巻くだけです。ジャークとトゥイッチはそこまで多様しませんのでプラグのレスポンスをあげる必要がありません。狙ったスポットにお魚が居たら、ただ巻きでだいたい一発でズドンっと来ます。


で、バスミノーと言いますと遠投してナンボ!って理由がほとんどないので、フローティングタイプでプラグ自体の動きに対するレスポンスをあげてバスを惹き付ける方が得策だよ!って先人の教えなんだろうなと思われます。


シンキングミノーの紹介


 日本製ならむかーしむかしのバスルアー 『ヨーヅリ社』のミノーにシンキングミノーがいっぱいあった記憶があります。ラッキークラフトならソルトverで同じルアーがありますね。現在入手出来るのはラパラ社のカウントダウンシリーズが最もお手軽ですよね。1、2、3、4、5、6、7....カウントして狙った水深を狙い撃ちする超有名なパイオニアミノーでもありますね。

ラパラ カウントダウン アバシ CDA 9 (CountDown ABACHI 9cm)

価格:1,393円
(2017/1/9 10:10時点)
感想(0件)




レーベル社にトラックダウンミノーS20と言うのがありまして、私イチオシのシンキングミノーがあります。
1483924946124


見た目まんまのレーベルミノーF20なんですが、立派なシンキングタイプです。ジャーキングするとフローティングタイプと違って上へ上へ揚がってくる特性があります。


シンキングミノーを投入するタイミングとは?


ワタクシ的にサスペンドミノーと同じ感覚なんですが、木枯らし吹きすさむ1月・2月の極寒シーズンがベストシーズンになります。


サスペンドミノーでもいいのですが、あえてシンキングミノーをぶち込む理由はバスの目の前まで超絶簡単楽々にインサート出来る!に尽きます。それに伴ってラインメンディングが強風下で楽な点があります。


特に垂直岩盤・コンクリート岩盤などの急深なプロダクティブゾーンを擁する場所が主戦場。垂直岩盤のボトムに転がる岩やオダ付近に潜むであろうスーパービッグフィッシュの目の前から急にジャーキングが始まって、浮上する特性を活かしてライジングしながら誘って、食うアクション✖食わせるアクションの融合がシンキングミノーには可能なんです。


今後も注目されることのないジャンル(笑)


全然注目されないシンキングミノーなんですが、この世に存在してしまったからには何かしらの役割があるんじゃないかと思います。


過去にラパラのCD7、CD9を用いてカバークランキングよろしくカバーミノーイングを追求したことがあるのですが、リップが大きいのでシンキングタイプでもカバーを綺麗に舐めまわすだろうと読んでいたのが、見事玉砕した経験があります。


このように、シンキングミノーで出来ること、出来ないこと色々あるんですが困ったときはテクニックの引き出しとなるような何かを求めて今後も追及していきます。


こういうニッチなジャンルに萌えると奥が深いです(笑)まだまだバス釣りの奥深さを垣間見た感じがしますね。



バス釣り ブログランキングへ


にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ