カテゴリ: バス釣り

 今日も華麗にソルト・バス共にノーバイトノーフィッシュの自己記録を更新して来ました。お魚の魚信を完全に忘れてしまったちゃぶけんです。


 ソルトは思いのほか海上の風が強かったので、ほどほどにして午後からはバスに本腰入れて来ました。半日ジャーキングだけでひたすらバスを追っかけましたが片思いは届かず。しかし、ジャーキングをはじめて約10年ちょいにして漸く20lbのナイロンラインによるラトリンログAB1200をジャーキングだけで最大潜行深度の80cmまで持って行くことに成功しました。ロッドは2015モデル・ツアニースペシャルのTRS60MTを使用。


 柔らかいロッドでしたらセッティング次第で1m潜らせることも可能になりますが、ツアニーの様な高弾性のロッドで80cm潜行の壁は相当な鍛錬が必要でした。釣り人生最大のスランプに直面して、ただただ釣りたいの一心でジャーキングに集中した2017年のスタート。お魚は釣れないけど、ジャーキングの壁と言われる80cm潜行に到達出来たのは、自分の中ではロクマルバスを仕留めるのと同じかそれ以上の達成感が得られました。小さな夢が一つ達成出来た瞬間です。


 ABにチェンジするまでは静岡のアメリカンルアー専門店サバン(SAVAM)ショップオリジナルカラーのARBを使っていたのですが、石にぶつけてしまってまさかのクラッシュ!?なんてこったの大きなクラックが入ってしまったのです(泣)ずっと大切に使っていて、今日も大半の時間をサバンのオリカラログを投げていました。
1488030219416


にしても、バグリーの廃盤になったB3がいっぱい売ってある。。。。やっぱこのお店スゲーっす。
http://www.savam.jp/


 長い間使っていると、フックサークルで徐々に削れて行くのと同時に、思い出のバス達の歯形付きでボロボロになっていくのを愉しむのが、ソルトルアーではなかなか味わえないバスルアーのもう一つの楽しみ方なのかな?と思います。このサバンカラーのログは穴があくまで順調に削れて行きそうな予感がしていたのですが本日殉職なされました。


 塗装も剥がれてイイ感じになってくると、不思議に根掛かりロストやリップ折れ、テールのエイト管もげが発生します。一つのプラグをフックサークルで穴が開くほど使い倒すことはアメリカンルアー遣いアングラーとしては勲章なんですよね。


 たまにSNSやブログで見かけるボロボロに使い倒されたビッグバド。どんだけ投げたらあんなになるのかと想像を掻き立てられる時があります。その持ち主アングラさんの色んなストーリーが詰まってるんだろうなと思わずにいられません。私のは未だかつて穴が開いたことがなく、ひとつの目標になっているのですが、また振出しに戻ってしまいました。


 夢ってなかなか叶わないから面白いんでしょうね。また新しい相棒のログをコツコツ育て上げる日々が続きます。ついでにお魚も釣れて欲しいですね~。


にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


バス釣り ブログランキングへ

 こんばんは。プレミアムフライデーの日がやって来ましたね!ご利益がある方っておられるんですかね?定時が22時越えの私の会社には無縁のお話だったみたいです(泣)


 今年の貧釣っぷりは過去最高の出来栄えで毎週記録更新しておりますが、各方面の方のブログによれば皆さん相当痛手を負われているみたいです(笑)自分だけ稀にみる貧釣じゃなくて良かったとホッと胸を撫でております。


 あまりに調子が悪いのでルアーでも弄って過ごそうかと考えているくらいです。これからのジャークベイトのハイシーズンに向けて、サスペンドタイプのウエイトを抜いてフローティングに改造出来ないかと頭を捻っております。


 『えっ?春ならフローティングをサスペンドにするんじゃなくて???』と聞こえて来そうですが、春一番が吹くほどに気温があがる頃の平野部のフィールドでは、水面直下のゲームの方が圧倒的に釣果を伸ばせると感じます。かと言って、トップでやるとなぜか釣れない現象が発生するのもこの季節の特徴。よって、私的には最低水温を底打ちする大寒付近の僅かなタイミングが唯一サスペンドプラグを入れる入れ時と考えております。


 しかししかしのお話で、ここ数年ではサスペンドミノーやサスペンドクランクに頼らない釣りをモットーにしておりまして、沈みモノとサスペンドモノをほとんど使わない傾向が続いております。今年はシンキングミノーを投入しておりますが、やっぱり浮きモノで釣るのが楽しいので今後は浮きモノに絞った釣りに傾倒して行きます。


 そこで、出番が少なくなったサスペンドプラグのウエイトを抜いてフローティングにしたい願望が生まれたのです。


 皆さんご存知のスミスウィック社のラトリンログ。通称デカログと呼ばわれるARC。シリーズ最大サイズにしてフローティングモデルでしたが2016年をもって製造中止となり、その噂は一瞬で広まり店頭からARCの姿が消えました。このARCとサスペンドタイプであるASDRCは比重が違うだけなので、ウエイトをARCに合わせればフローターとして再利用が出来ると思ったのです。
BlogPaint


 樹脂製のプラグを半分に割ってウエイトが抜ければ簡単なんですが、製造過程で樹脂同士をくっ付けるときに超音波接着?されているようで、凄く綺麗に接着されています。割ろうにも十分な隙間がないので割れないと言う悲劇にさいなまれております。綺麗に割らないと再利用できないと言うジレンマ付き。。。難しい。


 打ち付けた衝撃とかで、たまたま綺麗に割れないと真っ直ぐ割るのは不可能レベルかも知れない。どなたか綺麗な割り方知ってるよ!という方がいらっしゃいましたら、是非ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願いします。


 今となってはオークションでは中古の個体でも1本3000円を超えるARC。サスペンドモデルのASDRCもAmazonでは既に欠品になってましたので相場はどんどん羽上がっていくでしょうね。そんな貴重なルアーをかち割るな!馬鹿野郎と怒られそうですが、だからこそ綺麗に勝かち割って新生ARCとして活躍させたい親心が芽生えます(笑)


にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


バス釣り ブログランキングへ

先週のクリーク釣行のリベンジということで雪っぽい天候の中でしたがバス釣りに行って来ました。


湿地帯で霞ヶ浦か八郎潟の様なフィールドだったので、葦原をスピナーベイトメインで岸沿いを攻略していくと言う私的には大変珍しい戦略を立てて、気分でタックルは7ftクラスのロッドを用意しました。


気合は十分。日本列島には冬の大将軍が到来しておりますが4時起きで路面凍結の中フィールドに向かいます。


夜明けは7時頃。珈琲をすすりながら夜明けの時を待ちます。


渡り鳥達が水面で朝活している様子が薄っすらと見えてくる頃、初の筆おろしとなるUSダイワのTIERRER・701MFBのガイドにラインを通します。ブランクスはアメリカではメジャーなIM7グラファイト仕様。ガイドはKガイドではなく露骨感がセクシーなHガイド。程よく粘りが残る大好きな曲がり方をします。
1486789753103


朝一はビッグベイトで葦際からやや離したところをトレースして一発を狙う作戦。日本製のビッグベイトを所有していないのでストライクキング社のパイキーそっくりさんを代用。の筈でしたが。。。。


おや???


あろうことか水面が低い。まさかの大減水。ショアライン壊滅でヘドロ沼ガタリンピックになってました。


水深20cm。オワタ


周辺で深いところを探しましたが程よい水深がなく強制終了してしまいました。


違う川筋でクランキングとスピナベやりましたが気分が全く乗らず。湿地帯でヤリたかったの!今回は運が付いてない展開でしたので、その内また調査です。


バスはあっけなく終了して良いことを閃きました。


この大潮で早いヒラスズキは産卵に入ったポイ気がします。丸鱸はアフターでボチボチ食い出す頃かな?と、釣ってみないと産卵のステージ状態が分からないので極寒ウエーディングでナイトシーバス決行して来ます。アフターシーバスと言えば東京湾界隈でバチ抜けの話題で盛り上がっておりますが九州ではまだバチ抜け始まりそうにないので、もう少し先の話になりそうですね。


メバル・アジ・イカ・寒チヌのことなら【魚とサカナの釣れづれ後録】さんのブログで的確に海の状態を解説されておりますので凄く参考になります。


久しぶりのナイトシーバス萌え萌えして来ました!


では良い週末を~



バス釣り ブログランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


 立春を迎えてから気温も10度前後で暖かい日々が続いております。2月に入ってあちらこちらで春を意識した記事が増えて来ましたね。


 そんな小春日和のもと初バスが釣れたらと久しぶりのクリークでクランキング行脚をやって来ました。あいにくの空模様が土日とも続きましたが雨宿りしつつの釣行。バスアングラーも僅か一名見かけるのみ。閑散状態のクリーク迷路をほぼ独占。はたして釣果のほどはいかに!?


 今回の釣行は大き目のクランクベイトでひたすら数を打って行く作戦です。先週まで連日氷点下1~4度まで冷え込んだりで、浅くて狭いクリークの水温は低いんだろうなと予想しておりましたがクランクベイトに付いて来る水滴を触ると案外『温い』ことに気付きます。


 温いと言ってもそこそこ冷たい水であるので、フィールドの状況は極寒期の谷をようやく乗り越えたところと言った感じ。優しくはないだろうなと、やや遅めのリトリーブとティップのポジションを上下してボトムを叩かない様にトレースして行きます。これが寒い時のミソかな。


 使うタックルは6ft前後のショートロッドで草木の隙間から打ち込んで行くのが佐賀のクリークでは非常に有効です。ラインは不意の雷魚に備えて20lb以上で安心できます。真冬でもラバジやワームを使えばライギョ釣れちゃうので厳寒期のハードプラグならバスだけ選んで釣って行けるのかなと思っております。


 小雨混じりで釣れそうな雰囲気ですが、なんにも反応がありません。小鮒の群れが水面に群れているのが散見しバスも上ずっているのかも?とバド投げたりしましたがやっぱり『無』です。


 クリークの土手ではすでに4月上旬のような光景が広がっておりました。

ホトケノザ
1486300987807

オオイヌノフグリ
1486301026126

菜の花
1486301094630


大地は完全に春以外の何ものでもない世界感が広がっております。季節のバロメーターは春を告げております。

 花々を見るにスローなリトリーブは必要なさそうな気がしましたので、ハイシーズンと同じテンポで巻き倒す作戦に変更。初日1km程度をランガンしてみましたがノーバイ
にて初日終了。


 その夜、海はツツイカとアジが好調と言うことでお誘い頂きましたが雨が結構降っていたのでキャンセルして日曜日も懲りずにバス釣り。今年初訪問のタックルベリーさんでかなり程度が良い『赤メタ』をゲット。サラッサラの高級オイルで仕上げられているのか油っ気がないのでメンテしてからのデビュー待ちです。
1486302045544


 二日目は八郎潟の様な湿地帯。クリークと言えばクリークだし。湿地帯と言えば湿地帯の未開拓エリア。岸際以外はヘドロ&ドシャローで攻め方が良く分からないwやれる範囲で岸際をクランクでトレースしましたがまったくの無反応。バスは居ると睨んでいるのであとは釣れることを信じて投げるのみのフィールドなんですが、雨脚がマックスに強まり夕マズメを待たずに強制終了。


 来週は海が余程の好調でなければ再度湿地帯探索して来ます。私的には非常に珍しいスピナーベイトメインの戦略を置こうかと考えていますがこの調子だと初バスは遠そうですw


バス釣り ブログランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

おはようございます。九州は暖かい土曜日の朝を迎えました。最高のバス釣り日和なんですが引き籠っておりますw


暦上では昨日は節分でした。節分とは何ぞや?と調べましたら、ウィキペディアによりますと
節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春立夏立秋立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。

とされております。 即ち、今日2月4日から春が立つと書いて晴れて立春となった訳ですね。



春の釣りと言いますと、バスはもちろん春イカ、春告魚(メバル)、鱸、春マサとソルトもバスも大忙しの季節になります。


今回は『春バス』をお題に書いてみようと思います。


プラッガーには嬉しい季節到来


春は一年で一番楽しい季節 であることは間違いないです。その理由はデカバスが釣れるに尽きます。


最近では雑誌各社が真冬のクランクベイトみたいな特集でマッチ・ザ・シーズンな記事が出てますので競合が増えちゃいましたが、2~3年前までは巻いてるアングラーってホント少なかった。気合で巻いてたら、一発出たらデカいの釣れてましたね。


そんな魅力の真冬~早春のプラグゲームが遂に開幕の気配です。


ここ最近は巨大なジャイアントべイトが流行り


呆れる程デッカイ300mmもあるビッグベイトで特盛サイズのビッグバスを狙うスタイルが定着しつつありますね。
top01
出典:ロマンメイド モンスタートリプル


ビッグベイトはタックル的にはちょっと重いぜシンドイぜと言う方には、普段使わないサイズの大き目ルアーが面白いです。シャワーブローズやアマゾンペンシル、メガロドーンやタイフーンみたいなのがいいですね。場所を選ばず野池みたいな小規模フィールドでも使えるのがビッグベイトでは得られない強みです。



私は渡来ものが好きなのでアメリカンなデッカイプラグを使います。去年は早春の激渋河川でペンシルポッパーにメガバイト。ミスバイトで終わってしまったのですがデカトップでも十分に楽しめます!
1483184945107
2016/12/31 大晦日ラストフィッシュはコットンコーデル・ペンシルポッパーC66の1ozにて。2ozのC67モデルもあります。


トップ以外にもビッグクランクは激アツです。今年はスキートリースさんのSKTマグナム使ってみようと意気込んでおりますw



程よく大きな安定した釣果が魅力のフルサイズクランクベイト


SKTマグナムみたいな特殊なクランクも面白いですが、シャロークランクのフルサイズモデルが一番扱いやすいく釣果が安定しているのは確かです。


通称アルファベットクランクの大きいサイズです。バグリーのB2~B4、ビッグOと言われる名作は一年中一軍でボックスに常駐しております。写真はシェイクスピアのビッグS
1486163075445


九州では4月はもう遅いです的なまとめ

早い方で2月からビッグプラッギングゲームが始まります。4月にはバスを釣る方も非常に多くなるので春イカ・春マサに転向される方も多いかと思われます。


2月~3月の雪が降る寒いシーズンはまだまだ釣り人も少なく面白いシーズンです。ネチっても釣れない時は釣れないので、デコるならビッグプラグ投げ倒して豪快にデコりましょうw


ブログ書いていたらバス釣りに行きたくなったので豪快にデコって来ます。


それでは良い週末を!


↑このページのトップヘ