カテゴリ: バス釣り

本日はリフレッシュ休暇を頂き、午前は釣り古民家の整理をして、お昼からバス釣りに行って来ました。


 ひょんなことからボートエギングに行くことになったのですが、エギングはあまりやらないので道具不足と経験不足と言うことで、九州エギング界の重鎮・ミカシー隊長のもとへ助言を頂きにまるきん佐賀店までお買い物しに行って来ました。そのついでに佐賀クリークをランガン。


 午前中にお掃除したのがイケなかったみたいで、午後からは冷たい雨模様。強い風も吹き付けて、初バスを未だに手にしていない私の心は今にも折れそうでした。


 春なのでジャークベイトかウィグルワートで釣れたらタイムリーやな~と、ネタ狙いでルアーチョイス。ワート様に至ってはクリークでは潜り過ぎて扱い辛いの一言。ジャークベイトは濁度にあっていない水質のところが多いので逆効果の場合が多い。クリークにはラトリンログよりロングAやレッドフィンの波動系があってます。日本ルアーで言うとメガバスのワンテンより、ノリーズのレイダウンミノーがおススメ。


 佐賀クリークは浚渫工事しているところも多くなかなか厳しいですね。最近ではバスが居るのかも怪しいほどの環境です。投げなきゃ分からないので投げ倒すもやっぱり無反応。雨で身も心も寒い!


 バスが確実に居ると分かるフィールドじゃなければ初バスには合えないと最近では強く感じておりますが、そんなフィールドも今では数えるほどですね。ワカサギ釣りも終盤で客足が落ち着きそうなので北山に登るか。。。と頭によぎりますが、まぁ釣れないだろうなが先に来ちゃいます(笑)


 帰路の途中に立ち寄った野池は渡り鳥と鵜でイッパイ。昨日話題にした鵜が何匹も居てはります。一目でオワタ感が漂ってますが、投げなきゃ分からないのが釣り。先行者の方が2名。久しぶりにバサーの方を見た気がする。最近の九州のバス釣り人気ってそのくらい落ち込んでます。


 野池もやっぱり厳しいですね。キャストで届く範囲に生命感がありません。ジャーキング・クランキングすべてが空振りに終わります。


私に出来る事。それはキープキャストだけ。


居るか居ないか分らない環境で投げ倒すのは去年ずっと体に叩き込んでメンタル強化してたので、バス釣り辞めずに未だに頑張れています(笑)


ヒロさんありがとう!


ヒロさんから教えて頂いた、釣れない時はビッグバドを信じて、ひたすらひき続けなさいのお言葉のお陰で2017年初バスはビッグバドで水面爆発炸裂しました。しかも足元で。


傷一つない健康体な40UPに感無量です。
1488886867930


今年は初バスさんに出会うまで長かった。長かったお陰でバスってお魚の大事さを身に染みる程感じた。


海の色んな釣りも楽しいけど、やっぱりバス釣りはバス釣りにしかない楽しさがある。


それは、色んなタイプの面白いルアーで遊んでくれる無邪気なバスの懐の広さなのかもしれない。
1488886976107

 

>ヘドン くまモンのビッグバド【ヒートンモデル】

価格:1,836円
(2017/3/7 20:54時点)
感想(0件)




にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

 三寒四温を経て寒い冬も、あと少しのところまでやって来ましたね。ご健闘されている皆さんは既に春バスを釣られた方も多いと思われます。私のぼうず続きの釣果も早く春が訪れて欲しい今日この頃です。


 さて、今朝の出来事なんですが、今年初の『うぐいす』がホ~ホケキョと清々しい朝の訪れを知らせてくれました。やっぱり自然界の生物は気温(水温)や季節に敏感なので、釣りに役立つヒントが沢山隠されていますね。


 私、季節感がない人なので周りの動植物から知恵を借りて季節感を養っております。三寒四温を経て春が来るや、暑さ寒さも彼岸まで、は誰でも知っている季節のサイクル。もっとマクロにすると、皇帝ダリアが咲いたら霜が降る。ワラビは雨が降ると一気に成長するなど、知っていたら基準になるようなヒントっていっぱい隠されています。


 先ほど、飼っているメダカが冬眠から目覚めて、オオカナダモの隙間から姿を見せに来てくれました!少々の餌を与えたのですが、まだ食欲はないみたいです。
1488805599426
 


日曜日はクリークで釣りをしていたのですが、この時はハヤが日向ぼっこしにコンクリ護岸まであがって来ました。
1488805848143


 こんな小さなお魚が動き始めたのは間違いなく水温がイイ感じに上がって来ている証拠ですね。しかし、今年は全くもっての不発続き。昨年大晦日のトップフィッシュで一年を締め括ったので運を使い果たしたらしい。


 冗談はさておき、明らかに魚影がないか、少ない環境で釣りをしているのは確かっぽいです。諸説では『鵜』の食害によるバスの大減少が囁かれております。それに加えて人的プレッシャー(ラインブレイクやフックで傷付く)でさらなる個体減少を招いて、私の行く釣り場は例年になく壊滅的な状態となっております。鵜の詳しいデータがないので推測になりますが、50UPのバスも丸飲みしそうな、かなり大きな黒鵜の姿を目撃しております。鵜による影響の程は解りませんが少なからずと言った感じでしょうか。



日本野鳥の会研究センター 成末雅恵氏によりますと
河川の魚を減らしたのも、緑地を減らしてきたのも、もちろんそれはカワウではなく人間です。意外なことに海辺の漁師さんたちに聞くと、カワウが魚を捕っているところで漁をするとたくさん魚が捕れるので、むしろカワウは漁師の味方なのだと言っていました。つまりたくさん魚がいる場所では、人も鳥も魚を分け合うことができるのです。
 内水面漁業とカワウが共存していくためには、昔のように川に魚たちを呼び戻すことが必要です。放流に頼っている釣りのあり方事態が、すでに生態系をゆがんだものにしているからです。見かけだけでなく、魚が海から遡上できる川、繁殖できる川にするためには、水量や水草などを増やしたり、魚道などを確保するなど河川環境の構造的な見直しや復元が不可欠です。また、樹木被害の問題に対しては、他の場所にカワウを誘導したり、有機農業などで、糞を有効利用したりすることも必要かもしれません。また、もっとも被害を受けているのはカワウ自身であり、私たちみんなで水中の化学物質汚染の指標動物として注目していく必要があるでしょう。
 内水面におけるカワウの漁業被害やその対策については、鳥類や魚類の研究者だけでなく、河川の専門家、社会科学的な被害評価の専門家などにも協力を得て、被害の実態やその対策を検討していくべきでしょう。カワウのような広域的に行動する野生動物の調査や保護管理について、行政や民間団体、研究者が力を合わせていくことが期待されます。
中略

 ブラックバスのことに関連して、関東ではそれ程ブラックバスを食べてないんですが、カワウの吐き戻しの中に、ブラックバスが入ってくることを観ているんですね。琵琶湖でカワウが増えてきている話は先ほどしたんですけれども、ある時期にカワウの吐き戻しを調べたら、ブラックバスとかハスとか魚食性の魚類といったものがかなり出てきたってI、うことを聞いてますので、琵琶湖では大型魚食性の鳥が増えて、カイツブリとか小型の魚食性の鳥が減っているのは、そういった魚類相の変化を反映している可能性があるんですね。


中略

 
難しいですね。個体数をどうやったらおさえられるかっていうのは、将来そういう問題を考えなくちゃいけないんですけれども、ほっといてもかなり幼鳥は死ぬんですよね。単に駆除すれば減るっていうのはなくて、ほっといても減るときは減る。ですから、かなり個体数を減らすためには、自然の死亡率を上回るようなかたちで努力しないと、減らないっていうことはあります。日本では今は増えている段階ですけれども、デンマークとかヨーロッパの例でみると、ある程度一定レベルでかなり狩猟とか駆除しても増えるということがあって、その辺をコントロールするっていうのは、余程のお金をかけるのなら別かもしれませんけれども、簡単にはできないと思うんですよね。ある広がり、無尽蔵に増えるわけではありませんから、関東でどれぐらい増えるかっていうのは、見通しがつかないんですけれども、内陸にたくさん魚がいて今後カワウがさらに増えていくっていうような感じではないですよね。かなり食べ尽くしていて、そういうのがあっちに行ったりこっちに来たりしなから生息している状況なんで、もう頭打ちの状態になってきているのかもしれないんですけれども。広がっているんですけれども、それ程内陸に豊かな魚類がいるような状況ではないなというのが、私たち素人の見えかたなんですけれども。

出典 日本におけるカワウの分布拡大と被害についてより


 成末雅恵氏みたいに何が悪くて、何が良いのか分かってらっしゃる方が外来生物法の有識者として参加して頂きたかったですね。駆除派、擁護派抜きで。


 バスの食害は、プールか水槽みたいな障害物がなくて閉鎖空間でなければ、そのエリア内の全てを食べつくすことは実質不可能なのはバスアングラーなら経験的に分ってらっしゃると思いますが、カワウの食害も同じだと私は思っております。ということで、野池やダム、河川のバスがカワウで壊滅的に減ってしまうのは短絡的過ぎないかと思ってしまう訳です。


 多く見積もって半分はカワウの食害だったとしても、あと半分は釣り人による環境ダメージなんじゃないのかと思っております。スタンプ(切り株)に根掛かりした無数の釣り糸がそこに住む生物たちの生活の場を蝕みます。釣り人はスタンプがあることを知っていて(増水してもスタンプが見えている状態のエリアです)、高価なハードプラグではなく、安価なワームを捨て仕掛けのように躊躇なく投入します。自ずと生物が住み辛い環境になって行きます。

1488810657366
切り株と放置された釣り糸

1488810611219
釣り糸の被害にあった罪なき水中の住居者


 いつの頃からかバスとその水辺の同居者たちはその個体数を大幅に減らし始め、2017年、今年に至ってはバス釣りというゲームが成り立たない程までに個体数が激減してしまっている。カワウの駆除も聞こえて来そうだが、琵琶湖のバス駆除の心理と一緒と思える。北海道を除いて、九州は今もっともバス釣り文化が危ういエリアなのかも知れません。


にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


 今日も華麗にソルト・バス共にノーバイトノーフィッシュの自己記録を更新して来ました。お魚の魚信を完全に忘れてしまったちゃぶけんです。


 ソルトは思いのほか海上の風が強かったので、ほどほどにして午後からはバスに本腰入れて来ました。半日ジャーキングだけでひたすらバスを追っかけましたが片思いは届かず。しかし、ジャーキングをはじめて約10年ちょいにして漸く20lbのナイロンラインによるラトリンログAB1200をジャーキングだけで最大潜行深度の80cmまで持って行くことに成功しました。ロッドは2015モデル・ツアニースペシャルのTRS60MTを使用。


 柔らかいロッドでしたらセッティング次第で1m潜らせることも可能になりますが、ツアニーの様な高弾性のロッドで80cm潜行の壁は相当な鍛錬が必要でした。釣り人生最大のスランプに直面して、ただただ釣りたいの一心でジャーキングに集中した2017年のスタート。お魚は釣れないけど、ジャーキングの壁と言われる80cm潜行に到達出来たのは、自分の中ではロクマルバスを仕留めるのと同じかそれ以上の達成感が得られました。小さな夢が一つ達成出来た瞬間です。


 ABにチェンジするまでは静岡のアメリカンルアー専門店サバン(SAVAM)ショップオリジナルカラーのARBを使っていたのですが、石にぶつけてしまってまさかのクラッシュ!?なんてこったの大きなクラックが入ってしまったのです(泣)ずっと大切に使っていて、今日も大半の時間をサバンのオリカラログを投げていました。
1488030219416


にしても、バグリーの廃盤になったB3がいっぱい売ってある。。。。やっぱこのお店スゲーっす。
http://www.savam.jp/


 長い間使っていると、フックサークルで徐々に削れて行くのと同時に、思い出のバス達の歯形付きでボロボロになっていくのを愉しむのが、ソルトルアーではなかなか味わえないバスルアーのもう一つの楽しみ方なのかな?と思います。このサバンカラーのログは穴があくまで順調に削れて行きそうな予感がしていたのですが本日殉職なされました。


 塗装も剥がれてイイ感じになってくると、不思議に根掛かりロストやリップ折れ、テールのエイト管もげが発生します。一つのプラグをフックサークルで穴が開くほど使い倒すことはアメリカンルアー遣いアングラーとしては勲章なんですよね。


 たまにSNSやブログで見かけるボロボロに使い倒されたビッグバド。どんだけ投げたらあんなになるのかと想像を掻き立てられる時があります。その持ち主アングラさんの色んなストーリーが詰まってるんだろうなと思わずにいられません。私のは未だかつて穴が開いたことがなく、ひとつの目標になっているのですが、また振出しに戻ってしまいました。


 夢ってなかなか叶わないから面白いんでしょうね。また新しい相棒のログをコツコツ育て上げる日々が続きます。ついでにお魚も釣れて欲しいですね~。


にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


バス釣り ブログランキングへ

 こんばんは。プレミアムフライデーの日がやって来ましたね!ご利益がある方っておられるんですかね?定時が22時越えの私の会社には無縁のお話だったみたいです(泣)


 今年の貧釣っぷりは過去最高の出来栄えで毎週記録更新しておりますが、各方面の方のブログによれば皆さん相当痛手を負われているみたいです(笑)自分だけ稀にみる貧釣じゃなくて良かったとホッと胸を撫でております。


 あまりに調子が悪いのでルアーでも弄って過ごそうかと考えているくらいです。これからのジャークベイトのハイシーズンに向けて、サスペンドタイプのウエイトを抜いてフローティングに改造出来ないかと頭を捻っております。


 『えっ?春ならフローティングをサスペンドにするんじゃなくて???』と聞こえて来そうですが、春一番が吹くほどに気温があがる頃の平野部のフィールドでは、水面直下のゲームの方が圧倒的に釣果を伸ばせると感じます。かと言って、トップでやるとなぜか釣れない現象が発生するのもこの季節の特徴。よって、私的には最低水温を底打ちする大寒付近の僅かなタイミングが唯一サスペンドプラグを入れる入れ時と考えております。


 しかししかしのお話で、ここ数年ではサスペンドミノーやサスペンドクランクに頼らない釣りをモットーにしておりまして、沈みモノとサスペンドモノをほとんど使わない傾向が続いております。今年はシンキングミノーを投入しておりますが、やっぱり浮きモノで釣るのが楽しいので今後は浮きモノに絞った釣りに傾倒して行きます。


 そこで、出番が少なくなったサスペンドプラグのウエイトを抜いてフローティングにしたい願望が生まれたのです。


 皆さんご存知のスミスウィック社のラトリンログ。通称デカログと呼ばわれるARC。シリーズ最大サイズにしてフローティングモデルでしたが2016年をもって製造中止となり、その噂は一瞬で広まり店頭からARCの姿が消えました。このARCとサスペンドタイプであるASDRCは比重が違うだけなので、ウエイトをARCに合わせればフローターとして再利用が出来ると思ったのです。
BlogPaint


 樹脂製のプラグを半分に割ってウエイトが抜ければ簡単なんですが、製造過程で樹脂同士をくっ付けるときに超音波接着?されているようで、凄く綺麗に接着されています。割ろうにも十分な隙間がないので割れないと言う悲劇にさいなまれております。綺麗に割らないと再利用できないと言うジレンマ付き。。。難しい。


 打ち付けた衝撃とかで、たまたま綺麗に割れないと真っ直ぐ割るのは不可能レベルかも知れない。どなたか綺麗な割り方知ってるよ!という方がいらっしゃいましたら、是非ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願いします。


 今となってはオークションでは中古の個体でも1本3000円を超えるARC。サスペンドモデルのASDRCもAmazonでは既に欠品になってましたので相場はどんどん羽上がっていくでしょうね。そんな貴重なルアーをかち割るな!馬鹿野郎と怒られそうですが、だからこそ綺麗に勝かち割って新生ARCとして活躍させたい親心が芽生えます(笑)


にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


バス釣り ブログランキングへ

先週のクリーク釣行のリベンジということで雪っぽい天候の中でしたがバス釣りに行って来ました。


湿地帯で霞ヶ浦か八郎潟の様なフィールドだったので、葦原をスピナーベイトメインで岸沿いを攻略していくと言う私的には大変珍しい戦略を立てて、気分でタックルは7ftクラスのロッドを用意しました。


気合は十分。日本列島には冬の大将軍が到来しておりますが4時起きで路面凍結の中フィールドに向かいます。


夜明けは7時頃。珈琲をすすりながら夜明けの時を待ちます。


渡り鳥達が水面で朝活している様子が薄っすらと見えてくる頃、初の筆おろしとなるUSダイワのTIERRER・701MFBのガイドにラインを通します。ブランクスはアメリカではメジャーなIM7グラファイト仕様。ガイドはKガイドではなく露骨感がセクシーなHガイド。程よく粘りが残る大好きな曲がり方をします。
1486789753103


朝一はビッグベイトで葦際からやや離したところをトレースして一発を狙う作戦。日本製のビッグベイトを所有していないのでストライクキング社のパイキーそっくりさんを代用。の筈でしたが。。。。


おや???


あろうことか水面が低い。まさかの大減水。ショアライン壊滅でヘドロ沼ガタリンピックになってました。


水深20cm。オワタ


周辺で深いところを探しましたが程よい水深がなく強制終了してしまいました。


違う川筋でクランキングとスピナベやりましたが気分が全く乗らず。湿地帯でヤリたかったの!今回は運が付いてない展開でしたので、その内また調査です。


バスはあっけなく終了して良いことを閃きました。


この大潮で早いヒラスズキは産卵に入ったポイ気がします。丸鱸はアフターでボチボチ食い出す頃かな?と、釣ってみないと産卵のステージ状態が分からないので極寒ウエーディングでナイトシーバス決行して来ます。アフターシーバスと言えば東京湾界隈でバチ抜けの話題で盛り上がっておりますが九州ではまだバチ抜け始まりそうにないので、もう少し先の話になりそうですね。


メバル・アジ・イカ・寒チヌのことなら【魚とサカナの釣れづれ後録】さんのブログで的確に海の状態を解説されておりますので凄く参考になります。


久しぶりのナイトシーバス萌え萌えして来ました!


では良い週末を~



バス釣り ブログランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ