カテゴリ: 雑談

中古釣具大手のタックルベリーさんが2020年20周年記念全店買い取りアップキャンペーンが5月16日(土)~5月24日(日)まで開催されます。

https://www.tackleberry.co.jp/ タックルベリーHP

コロナ自粛期間を活用して断捨離関連の番組がTVで流れていたり、不用品をこの際に片付けするのもいい機会になりますね。

不要になった釣具はこの際タックルベリーさんに売ってしまうのもありですね。
fishing_lure

ドライスーツやら磯ブーツのウエア系をバッサリ
兄貴が2人乗りシーカヤックを所有していることもあって、濡れないようにとドライスーツを買っていたのですがビックリするくらい着ることがなかったですね。

その後はフローターの防寒対策で着ていたのですが、バス釣りから遠のいたのもあってドライスーツを着る機会がほぼなくなったので断捨離

やっけ、ドライスーツ、ダウンジャケット、オカッパリ用のジーパン、磯スパイクブーツ、なんやらかんやら破棄したらお部屋がスッカリなりました。

買い取りアップキャンペーン前に売ってしまった
タックルベリーさんのキャンペーンが来週から始まるのを気付かずに一足先に売ってきました。

ダイワさんのアルミ製軽量設計の背負子
ダイワさんの替えスプールケース
アシストフック用の圧縮チューブ
シーバルルアー各種
バスルアー
チヌ針等の小物21点

買い取り金額は大人なアレなので察してください。

背負子はかなりデカかったので部屋に置いているだけで圧迫感を感じていましたので、売ってしまったらかなり片付けた感がありましたね。

背負子は磯歩きで重宝するのですが、今ではクーラーボックスもリュック型があったりしますので、とりあえず今回手放してみることに。

あれなら買い戻しすればOKくらいの気持ちでサクッと手放すのが断捨離のコツ

とはいえ、買い戻しは今のところ一回もなく物量が減ってだんだんと快適になっています。

釣具を圧倒的に減らして、釣り部屋にルンバを走らせるのが小さな夢ですので実現に向けて誠意削減中。面倒くさがり&モップをかける時間があったら他に時間を使いたいマンですのでルンバは結構憧れます。

タックルさん、今のタイミングで身銭切るのが凄い
コロナ自粛で今の厳しい情勢の中でのタイミングで、皆さん片付けされているし減給の不安もあり、ほったらかしているだけでも釣具の持ち込みが多いと思われる中ですが、タックルベリーさん強気のありがたい買い取りアップキャンペーン開催ですね。

助かる方も多いと思われますので、この機会に不要な釣具を整理してみるのもいいですね。

メルカリ・ヤフオクになるとルアーなどの品数が多い取引になると時間がかかるのがネックなので、タックルさんにお任せするのがちゃぶけん流です。

リール等の高額品はオークションとタックルさんに半々くらいに割り振って売っています。

タックルさんの良いところは
  1. その場ですぐに現金化
  2. 面倒な手続きが少ない
  3. 後のトラブルがほぼない
以上の利点を「中古屋さん」と「フリマやオークション」と使い分けて上手に断捨離。

ネットは価格があがりやすい傾向にありますが、なんでもかんでもネット売買はおススメではない場合もあります。

タックルベリーさんに売りに行って気を付けるのは、買い取り金額以上にお買い物してマイナスに転じることもしばしばw

ネットでは不可能な手に取って状態確認が出来る魔力でやられちゃうのがやっぱりタックルベリーさんの強みですね。

状態良くてお値段が安かったら発狂しながら買っちゃいます。

最近、仕事先でトラウトが出来るフィールドを見つけちゃったのもあって、トラウトロッドが超絶欲しい病に感染しました。タックルさんに売りまくってトラウトロッドの資金が作れたらいいなと日々釣具の見定めに奮闘する日が続きそうです。

究極の血抜き用に血抜き道具を自分で揃えて一年ちょいが経ちました。

アジにヒラス、真鯛にマゴチ、平鱸にヤズと色々なお魚を仕立てた相棒の血抜き道具も一年も使えば錆び錆びになっていました。
DSC_4085

ホームセンターで1080円で買ったエアダスター。ボタンが付いているパーツがソレ。

元々は空気を通すパーツですので、流体を流す素材ではないので錆に弱いのであります。

エアダスターの錆びを予防したい方は、使用後に空気を十分に通して乾かすのもありですが、なかなか大変な作業になってきますので錆たら交換の繰り返しになってきます。
DSC_4096 (1)

エアダスターを新品に交換
初めに用意する時にホースは余裕をもって長めに取っておくと、エアダスターの錆が付いたりしたときに錆の部分を大幅カット出来るので長めがおススメです。

私はエアダスターのタイプ別に何本か作っておりますが、ホースは1mくらいを標準にしております。

交換がし易いようにと、ホースバンドをつまみ付きタイプにしていたのは正解でした。スッカリ忘れてドライバーまで用意したら、手で回すだけかよ!ってなったのは秘密。
DSC_4084

ホースバンドのマイナスドラバータイプは溝がデカいので、ドライバーがズレにズレてかなり時間を要します。少し高くてもつまみ付きタイプが完全ひとり勝ちです。外径がホースに合うことをご確認ください。

血抜き用のホースは流体の視認が良いトヨックスの内径12㎜外径17㎜を使用しており、ホースバンドは12-22mmを統一して使用しております。

タカギ(takagi) ホースバンド バンド高圧手締12-22 ホース外径:12mm~22mm G121 【安心の2年間保証】

新品価格
¥340から
(2020/5/4 12:26時点)



ホースをハサミでカットして新品のエアダスターをはめるだけでサクっと交換完了。
DSC_4087

ここでもつまみ式タイプのホースバンドが大活躍!手で絞め込むだけ。仕事で良く使われる方ならこの手軽さが伝わるでしょうか(笑)
DSC_4093

ホースバンドの締め込みパーツの向きと、エアダスターの取り付け角度が実はあるんです。

魚を血抜きする時を妄想して、ホースバンドとエアダスターのヒネリの角度を絶妙に想定してセッティングすると、神経や動脈の穴に打ち込みやすくなりますので、自分のベストポジションを探してみてください。きっとあるはずですベスポジ。

前回は血抜き作業で邪魔になりそうだったので、ストラップは外していたのですが、今回はエアダスター錆防止の為に付けておくことにしました。

使い終わったらエアダスターを上に向けて水が下に落ちて行くように吊るして保管することにしました。残圧もちゃんと抜いておきます。
DSC_4098 (1)

んで、ここで落とし穴がありました。

ジョイントコネクターの選択も大事で、水を止めずにパーツを交換というタイプを買っていたのが裏目に出て、逆止弁(逆流防止機能)が付いたタイプのコネクターだと、ホース内から水の逃げ道がなくなってしまい結果エアダスターが錆び錆びになるという悲劇になりますので、ジョイントコネクターは安いタイプが良いことが判明しました。

タカギ(takagi) ホース ジョイント コネクター 普通ホース G079FJ 【安心の2年間保証】

新品価格
¥396から
(2020/5/4 13:05時点)



まとめ
一年使って色々と問題が分かって来たことをまとめてみます。
  1. ジョイントコネクターは逆止弁なしの安いものが良い
  2. エアダスターを上に向けて保管すると水が落ちて錆にくくなる(予定)
  3. ホースバンドの締め込みパーツの向きと、エアダスターの取り付け角度を見つけ出す
  4. ホースバンドは手締めのツマミ付きタイプを使う
  5. ホームセンターで買ったエアダスターは気体用なので、流体に使うと錆びやすい
あわよくば津本さんの特注で作ったウォーターシューターを狙っております。ノズルなしだとステンレスで狙い目の価格帯。私みたいに定期的に交換していたらサクッと買えてしまいますね。

津本式 URL 本物はこちらから
津本式 ウォーターシューター

おうち時間を活用してYouTubeだったり、ブログだったり、プログラミングを始める方が増えているみたいですね。

私の場合はブログを書くのが好きで、このブログも皆さんに支えられながら気づけば早5年に突入しておりました。

凝ったコード(飾り)はあまり使わず、素人さんと変わらないレベルで全体をまとめているので、マウスに手を伸ばす回数を減らして、極力キーボードに手をステイさせる時間を増やしてブログを書いているので長続き出来ているんだと思います。

このブログを読んでいらっしゃる方は釣りをする方が9割だと思います。釣りチューブや釣りブログを既にやっている方や、これからやってみるかと思っていらっしゃる方に、おススメの動画を発見しましたのでご紹介します。

ブログでもYouTubeでも集中力と快適な環境が継続のキーになってきますのでご参考ください。
コンテンツ作りは継続が難しい(ジリジリ攻める篇)
このブログを始めたのと同じ時期に、ブログのブームみたいなのが来て、その時は釣りブログが沢山ありました。

当時人気だったブログも相当数辞められて、今、ランキングに上がって来ているブログさんは新顔の方に入れ替わっておりますね。

心境の変化で趣味趣向が変わったり、転勤や引っ越し、結婚などのイベントで生活環境の変化など、時間と並行して変化していくのが「人」というものですが、同じことを続けていくというのが実は凄く難しいことだったります。


私も職を替えたりでここ最近は落ち着かない日々を過ごしておりますが、亀速度でブログ更新を頑張っております。

創作物を作成するスペースを快適にする動画を紹介
姿勢を良くすることによって集中力や粘り強さが上がって、2倍も作業がはかどることを紹介されている動画

ダイゴ先生の動画の中で一番おススメですのでご紹介します。


目線を落とさずに真っ直ぐした姿勢によって集中力が2倍になることを実験の結果を交えて紹介されております。

なるほど参考になりましたと、ブログを書く時にメインで使っているPCのモニターを確認すると、目線の高さより30度くらい低いので自然と目線が落ちておりました。どおりでブログを書く時に落ち着かない時がある訳です。
DSC_4014_2

しかも、掘りごたつの上にDIYで机を置いて座った状態で使っているので、足は寒いし血流悪いしで、ダイゴ先生の動画で紹介されていることの真逆だらけw

ダメだしで言うと釣具が目の前に入って来たら釣りに行きたくなるそうですので、アンティークで飾っているクレージークローラーさんも気が散る要因。

なのでブログ書いたら撤去します。

この動画まとめ
  1. 目線は真っ直ぐ保つようにして姿勢を良くすると集中力がアップする。
  2. ステッパーなどを用いて軽い運動をすることによって第二の心臓である足の血流が良くなると脳の働きが良くなる
  3. ディスプレイに対して目線を真っ直ぐ姿勢を正して軽い運動をしながら作業をするとはかどる
40秒でやる気スイッチを入れる方法
大自然や宇宙の絵画や図鑑、写真などを見ることによってストレスが抑えられて集中力が保てる状態に整えられパフォーマンスが改善


そういえば、Windows10のサインインの画面で世界の絶景が表示されるのは、もしかしたら集中力を高めるために表示されていたのかな?とも思えてきた。

作業前に大自然の偉大さを40秒感じるだけで集中力アップ出来るのはありがたい。

Windows10をお使いの方は、サインイン前の「世界の絶景」を眺めてからゆっくりスタートしてみるのもいいかもしれませんね。

おうち時間 まとめ
イケハヤ氏とダイゴ氏のお二方の動画を観ていたら一日あっと言う間に終わります。ですが、超絶タメになる動画ばかりですので、お時間が許される方におススメします。

イケハヤ氏の動画まとめ

継続=勝利

だが継続することが一番難しい。

ダイゴ氏の1本目の動画まとめ
  1. 目線は真っ直ぐ保つようにして姿勢を良くすると集中力がアップする。
  2. ステッパーなどを用いて軽い運動をすることによって第二の心臓である足の血流が良くなると脳の働きが良くなる
  3. ディスプレイに対して目線を真っ直ぐ姿勢を正して軽い運動をしながら作業をするとはかどる

ダイゴ氏の2本目の動画まとめ
畏怖の念を利用して、作業前に40秒でいいので大自然や宇宙の偉大さを感じることによりストレスが和らぎ集中力があがる


さて、私は動画の内容に見習ってPCのディスプレイの高さを嵩上げすることにしました。DIYで作ってみます。

サクッと全国で緊急事態宣言が発令された初めての週末ですがいかがお過ごしでしょうか。

PS4を買って話題のFF7リメイクやりたいなと価格をググったら、PS4本体がすっごい高かったので一瞬で諦めたちゃぶけんです。

ネットではおうち時間の過ごし方は、ダンスしたりゲームしたり色んな過ごしかたが紹介されておりますが、根っからのアウトドア大好きマンには、ダンスなどはやる気スイッチが入る場所が違うみたいでなかなか溶け込めず苦痛でございます。

釣りキチガイ的には、釣りに行けぬなら釣具を心行くまで触っていたいですね。

とはいえ、すっごく釣りに行きたくなるので釣具を触るのは途中でやめました。

今度は釣り番組の撮り溜めを観ていたらこれまた釣りに行きたくなる病になったので即やめ。

ダイビングペンシルにヒラマサがアタックするシーンは本気で釣りに行きたくなるのでアウトですね。

メンタリストDAIGO先生の「自宅で集中できない3つの理由」で良いことを紹介されておりました。


まさにこれで、釣りに行きたくなる時は釣り具や釣り番組を見えないように視界から消すのが良いとのことですので、釣りからちょっとだけ離れたものでおうち時間を過ごしてみましょう。

クルマを乗り換えて2年間ワックスをかけていなかったので、2年越し念願のワックスをかけてみた。ちなみにワックスを買ったのは15年ぶりくらいw
DSC_3958

前に乗っていた四駆は洗車をしたこともなく油っけなしで、暴風やフェリーでの潮風に吹き曝し状態で乗り回していたせいか、屋根が錆びて穴が開いたりしたので今回は予防策でワックスをかけて大切に乗る予定です。

とはいえ、ワックスの知識が全くなくて選定基準が分からないので良さげなものを手にとって選んでみました。

最近の固形ワックスは、その昔の固形ワックスより滑らかでしっとりしていて凄く塗りやすいです。

ウィルソンさんのワックスは塗布面が濡れていても塗れるが特徴で、実際スポンジも濡らしてから塗るので洗車してバッチリ乾かさなくてもOKなのが嬉しいです。

最近は洗車機でワックスまでかけられる方が多いかと思いますが、窓までベトベトになって砂がくっ付くので、手間はかかるけど手塗りのワックスは最強ですね。
DSC_3959

釣り車は屋根を守る+ハイブリッド車ならバッテリーも守るのが過去の教訓です。

固形ワックスは塗る面のギリギリを攻めると、ワックスの残りかすが隙間に残ってメンドクサイ記憶があったので、隅やパーツから離して塗ってみた。
DSC_3962

新しいタオルでワックスを拭きとって見た結果
DSC_3968

藪のトンネルに突撃した際に付いた線傷いっぱいのプリウス君の屋根が、古都京都のどこかの風景みたいに鏡面復活。電線が邪魔だけどwウィルソンのワックスやるじゃないないか

クルマ好きのインスタグラマーさんに教えて貰ったグラシアスもこの際に使ってまえと言うことで、固形ワックスとグラシアスを塗る場所を分けて半分半分で塗ってみた。
DSC_3955

グラシアスはガラスコート系で拭きムラ残らないのが特徴で、好きなところにシュシュっと吹きかけて専用のタオルで伸ばす感じで乾いたらガラスコートを形成してくれるという、お手軽さでは最強のコーティング剤です。僅かな線傷なら溶剤が浸透して埋まってくれて見えにくくなる特典付き。

固形ワックスは潮風からの錆を抑える目的で塗っておりますが、潮風が当たらないならグラシアスオンリーのガラスコートだけで充分ですね。ただ難点は1本2500~3000円近くする高級品ですがめちゃくちゃ良いです。



サクッとワックスがけをしてみましたが、線傷が目立たなくなったので綺麗になったクルマは見ていて気持ちいいですね。

これで潮風に対する耐久力が付いたので、緊急事態宣言が解除されたら気持ちよく釣りに行けそうです。

釣りに行けないのでネタもないので暫くは雑記ネタでブログ書いて行きます。

ロゴスの保冷剤が何やら凄いとのことでネットでポチってみました。

結果から言いますと過去の体験したことがない脅威的な保冷力です。クーラー内の色んなものが凍りついてしまうレベルです。

氷点下パックシリーズをご購入の際に注意して頂きたいポイントは、氷点下パックにはサイズがありますので最安値で注文したら小さいサイズのMが届いてしまうことも。。。。価格とサイズを念入りにご確認ください。

Mサイズ  600g
Lサイズ   900g
XLサイズ  1200g 

私が主に使っているクーラーボックスが30L~35Lの中型サイズなので氷点下パックのサイズはXLの1200gをチョイスしました。20L~27Lのエギングやアジング・ロックフィッシュで扱いやすいサイズのクーラーボックスなら900gのチョイスで組み合わせてもいいですね。

真鯛や青物を収納するような35Lを超える大型クーラーは製氷機でガッツリ山盛りでの氷注入をおススメします。

氷点下パックの1200gサイズを各4枚づつ購入
Screenshot_20200405-083106

auPayで手持ちポイントが1.5倍増しのレバレッジが効くキャンペーンを活用して、倍速凍結と-16℃を各4枚づつで8枚大量買いしました。保冷関連商品には滅法弱い私です。

普通に買ったら半泣き確定の金額ですが1000円ちょっとの手だしで8枚ゲット。

だが、ダメ元で8枚も買った今では買って良かったと思える商品でした。

ちなみに、どうしてここまで冷やすことが出来るんだ、と保冷剤の成分を調べても天然高分子(植物)としか書いてありません。ググり倒せば成分の概要が出て来そうですので興味がある方はググってみるのも面白いですね。

釣行前の3~4日前には冷凍庫で凍らせる必要があります
超ド級の保冷力を誇る氷点下パックですが、そこまでの性能を発揮させるためには36~48Hの要冷凍時間を要します。

冷凍庫内の内容物によっては凍りきれないことも多々あるようですので、ゆとりを持ってプラス1日するくらいの気持ちで冷凍を早めにしています。

実際に使ってみた
ダイワさんの真空パネル30Lクーラーに倍速と-16℃を各2枚づつ入れて釣り場へ。この時はまだ半信半疑でした。
DSCPDC_0003_BURST20200224140856209_COVER

港街にある鮮魚のクオリティーが凄過ぎるスーパーでヒラスのお刺身と牛乳を購入してクーラーで冷やして夜になってクーラー開けてみたら凄いことになっていました。
DSCPDC_0001_BURST20200224190221470_COVER

ヒラスのパックが霜降ってる!良くみると氷点下パックも霜降っている。

クーラーに氷点下パックを移して半日以上経って、しかも牛乳で1L近い熱伝導が起きたはずなのに⁉

どこに霜を降り続けさせるパワーがあるんだ!と理解に苦しむ底力が氷点下パックにはありました。

こここここれは凄い!と初めて使った時の衝撃は今でも忘れません。

日を改めて船釣りに行った時に魚が凄いことになった
巨大なキジハタと根魚に恵まれて、良い写真が撮れそうだと意気揚々の私

釣りが終わってクーラーを開けてみると、またしても想像の斜め上を行く保冷力を目の当たりにすることになりました。
DSC_3767

完全なる霜。氷点下パックに一番近いお魚さんの目が凍ってしまってヤバい、、ここまでとは想定外の冷却

氷点下パックの周辺の水分は氷の結晶へと変えられてしまうのです。

ご注意して頂きたいのは、氷点下パック が冷えすぎてどうしようもない(嬉しい悲鳴)ので、お魚さんは新聞紙かタオルでワンクッションおいて氷焼けを予防する必要があります。

ヤズを釣った時はドンゴロスのままクーラーボックスに入れて丁度良かったですよ。
DSC_3823


冷却が最強過ぎて、シャーベットが作れてしまうレベル
牛乳を飲もうとしたらシャラシャラと音がw

まさかと思って蓋を開けるとやっぱりな事態が起こっておりました。
DSC_3870

やっちまったなー。牛乳のシャーベットが完成しておりました。

4月で外気温が20度はある環境でこうなります。冬なら固まって飲めないですね。

保冷力最強セットで使った結果

倍速凍結2枚、-16℃2枚、2Lの凍られたペットボトル1本をクーラーボックスに敷き詰めて釣りに行った日の夜、魚も詰めて帰って来たのだが2Lのペットボトルがほぼほぼ溶けていなかったと言う伝説が出来ました。
DSC_3771

保冷力がいくら最強でも、夏場は保冷力が落ちるのは必至ですが、2Lのペットボトルを凍らせたものを1本アシストしてあげると、保冷力がだいぶん違うかもしれませんね。

まとめ
氷点下パック・ロゴス推奨
保冷力はクーラーの性能や使い方で左右されますと但し書きがあります。

Mサイズ  600g
・8Lクーラーボックスにつき1枚

Lサイズ   900g
・12Lのクーラーボックスにつき1枚

XLサイズ  1200g
・16Lのクーラーボックスにつき1枚


私の場合は30Lの真空パネルモデルのクーラーボックスなら2枚あれば事足りのですが、氷点下パックを4枚入れていたので2倍以上の効果が発揮されていたわけですね。

説明書読む前に使ってしまうと色々な伝説を作ってしまうことがあるみたいです。

超面白い商品に出会ってしまってこころ躍りました。

今年も40℃近くなるであろう夏場は、保冷力抜群の氷点下シリーズを持ってビールとお肉の買い出しとか楽しくなりそうです。

あっ、ちゃんと魚釣りにも使いますよ(予定は未定)


ロゴス(LOGOS) 保冷剤 倍速凍結・氷点下パックXL 奥行25.5cm 幅19.5cm 高さ3.5 cm 長時間保冷

新品価格
¥1,390から
(2020/4/5 10:13時点)

ロゴス(LOGOS) 保冷剤 氷点下パックGTマイナス16度ハード1200 [並行輸入品]

新品価格
¥1,188から
(2020/4/5 10:14時点)

↑このページのトップヘ