カテゴリ: 釣り

平成最後の歳末セールが始まり釣具屋さんは賑わっておりますね。


釣りブロガーとしては新型タックルを紹介したいところなんですが、今年は買うタックルがほとんど見当たりませんでした。あるにはあったんですが、お値段がゴイスーで手を出すことが出来なかったと言うのが本音です。ハイ。バイラルメディアじゃないんでコレでいいんです♪



2018年の年始に書いたこの記事が年末になっても読まれております。


2018年のシマノ・スピニングリールの買い替えは待った!】



スピニングリールは上の記事で予想したラインナップに非常に近い展開になってしまった。2018年のシマノさんは新型ステラと、ベイトリールではオシコンCTと言ったフラグシップモデルに力を注いでしまったために、奮発して3~4万円台の背伸びしたら買えますゾーンを2019年以降のお楽しみにしてしまった感があります。


蓋を開ければ、注目度は思っていたのより意外と低かった「ストラディックSW」が注目商品だったんじゃないかと実感しております。


ストラディックSWをオフショアとショアジギでずっと使っておりますが、お値段以上に非常に滑らか&パワフルでノーマルストラディックに戻れなくなりそうな仕上がり。真鯛は余裕で近海だとツインパワーSWの出番がないほどでしたね。サイズ感はノーマルと同じでパワフル&滑らかでワンランク上の上質リールと言った感じです。SWシリーズなのですが、お値段がお手頃な価格帯なのが一番の魅力です。品名にSWが付きますが、ボディが4000番サイズですので汎用モデルとそうは変わりません。


ストラディックSWの6000番が出たら破壊力抜群です。6000番があればみんな反応してたはず。だが、もし出たらツインパSWの6000番が売れなくなるレベルでしょうか。16バイオマスターSWには6000番があったのでどうなんでしょうね。シマノさん駆け引き上手だな。



ならばノーマルモデルのストラディックってどうなのよってなりそうなんですが、ストラディックのノーマルタイプにはノーマルの良さがあって、ベアリングが少ない=ベアリング系トラブルが少ない。ストラディックのノーマル4台を海釣りで中毒レベルで発売以来使っておりますが、未だにベアリング交換してません。コレと言った問題も特にないのでメーカーメンテも出していません。これは、もしも中古に売るが時が来たとしても資産価値があると判断出来ます。

シマノ リール スピニングリール ショアジギング 18 ストラディック SW 5000XG

新品価格
¥21,892から
(2018/12/1 19:58時点)






2019年マイクロジギング専用にスピニングリールを追加予定



2019年はシマノの代名詞と言っても過言ではない主力製品の「ツインパワー」モデルチェンジの噂がありますので非常に期待しております。


ということで、最近ハマッておりますマイクロジギング専用に、新型の2019ツインパワーC2000HGSあたりを就任させようと首を長くして待っている状態であります。


バーチカルコンタクトなどの新しい釣法がありますが、とくに「マイクロジギング」には非常に期待を寄せております。


ドシャローで尺オーバーのマアジの群れがベイトを追っている姿が魚探に映っているに関わらず、18gジグだとポロポロと釣れるものの、いまいち反応が薄い状態が続いており餌の力に頼らずどうにかしてルアーで手軽に攻略出来ないかと試行錯誤が続いております。釣れると定評のスピンテールを使ったらブレードばかり͡突かれるので悔しい思いをさせられております。
DSC_3354



手返し、サーチのスピード、リアクション性でマイクロジギング~10g程のジグがどうも最強の予感。なんせ5m~10mのシャローなのでマイクロで丁度いい深さです。


ラインはPE系の0.6号を巻いたらデカいキスやハゼもイケるので、ワンタックルあれば一年中遊べそうじゃないですか!ドラグに定評があるツインパワーならまず心配いらずでしょう。


と言った感じで、荒れ狂う冬の海況に対応するため鯵のライトタックルを急ぎ足で揃えて行きたいところなんですが、2018年の歳末で買うのは待った!な状態で過ごしております。


2019年に凄く期待です!





アイキャッチ画像 シマノHPより





先日、はじめての船底塗装の儀に携わってきました。


船底掃除は、船底やら汽水する側面に付着したフジツボを落とし船の速度、燃費維持を目的に行います。海水に浸かる赤や青に塗装されたところになります。
DSC_2483


船底塗装は春のシーズンイン目前の頃か、秋のお彼岸頃の塗装作業を行うには丁度いい気候の晴れた日に行います。


5月頃から11月頃まで成長するフジツボを、春に早めに落とすか、成長が鈍化してくる秋に落とすかのふた通り。


フジツボの成長や生態が気になる方は下記のPDFにて。勉強になります。

清水港岸壁上でのタテジマフジツボの成熟、成長、死亡の付着層間の比較  PDF」



いざ立ち会ってみると、船底塗料がエゲツナイことが判明w


陸揚げした船の船底にこびり付くフジツボさんを、まずは長柄のスクレーパーでガッサリと除去
DSCPDC_0002_BURST20180923080731394_COVER


コレは借り物ですが、次回から違うところで船底掃除になりますので、自前で持っていないと大変な目に合いそう。Amazonで発見。

SK11 ステンレススクレパー 長柄 SS-2

新品価格
¥1,524から
(2018/9/30 07:31時点)



スクレーパーであらかじめガリガリやってから、高圧洗浄ジェットポンプで水圧かけてフジツボを一層します。


高水圧で飛ばなかったフジツボをまたスクレーパーでガリガリと剥がします。
DSC_2492


高圧洗浄したら剥がれた船底塗料の粒子が流れ出してた。
DSC_2513
船底塗料が水質や生物に影響を与えていると言われる所以がコレ

つまり予測無影響 濃度とは,限られたデータを元に算出した便宜的な数 値であり,有機スズ化合物の例を挙げるまでもなく, 実際の環境の影響全てを保証するものではないこと, 過小評価も過大評価もあり得ることを理解しておく必 要がある.
引用元 船底防汚塗料の水生生物への影響*


上の資料を読んでみたら、現在では有機スズ化合物を使った塗料は全面禁止されておりますが、それに代わる亜酸化銅などの代替防汚塗料でもその影響は保証されていないもようです。


ので、船が数多く在籍する港内やスロープ(揚場)近辺での釣れたお魚は影響がある可能性が懸念されます。


浮いてるだけの船でも、波や潮流などの刺激で僅かに船底塗料は剥がれ続けている可能性がありえます。船底塗料はパンで言うとデニッシュみたいな多重構造を形成して脱皮をするように剥がれてフジツボの根ごと剥ぎ落とす仕組みになっています。


より低い環境負荷の新素材の開発を望みます。


船底塗料の影響が気になる方は下記PDFをご覧ください。堤防や港周辺での釣りがメインの方は必読
船底防汚塗料の水生生物への影響*


フジツボ落としたら船底塗装で被膜形成


フジツボを一掃したら、水分が乾くまでしばらく放置。塗装面を乾かしている間に船底塗料を塗る準備をします。


使った道具(写真撮ってなかった)
・ローラー
・ハケ
・船底塗料
・薄め液(専用のシンナー)
・手袋
・掻き混ぜ棒
・マスキングテープ
・汚れてもよい長袖・長ズボンは必須


マスキングテープで塗料のはみ出し防止を施してから3人で手分けして塗って行きました。
DSC_2529


シンナーで薄めても塗料が直ぐに乾くので人数が多い方がGOOD。


22フィートの船でしたが、1缶(2Kgか4Kg)写真残ってないので詳細不明ゴメンナサイ。。。それでも余裕で塗料が余って仕上げ塗りではベッタベタに厚塗りしました。

お得情報特記・冬場の寒くて誰もやらない時期になりますと、船底塗料をお買い上げすると、エプロンや手袋、ローラーがサービスで付いて来る時期もありますので、寒い時に予め用意しておくとお得なこともあります。そんな気前が良いショップさんが存在しますので探してみてください。


塗り残しがないように船底に木を挟めて左右に片寄せたら、塗り残しなくキレイに塗れました。フジツボを落とす時も同じ要領です。
DSC_2523
DSC_2531


塗り終わったらすぐにマスキングテープを剥がします。乾いて剥がすとマスキングテープとの境目がボロボロになるらしいです。


半日かかって漸く完成!
DSC_2536


またまた塗料が乾くまで暫く待機。縁の裏など、係留している時に出来ないところをシリコンでコーキングしたり、水抜き栓周りのメンテナンス。


塗料が乾いたら伊万里湾へテスト走行することに。


スロットルをちょっと入れただけで加速良好。伊万里湾の端から端までテストドライブ。船底掃除やって良かったと思える瞬間を初体験。4500回転で28ノットを記録。


塗料が乾く間に交渉が成立しまして。なんと!この船を本日、急遽引き渡しが決定。そのまま乗って帰りました。


3500~4000回転、燃料は約10リットルで伊万里湾を端から端まで行けました。前の船では同じ距離を40リットル使っていたので燃費が圧倒的に良くなった!と言うより、それ以前に前の船のエンジンはおかしいって言われましたがw


燃費向上で出船率がグッと上がってくると思いますので、来年は外海の開拓と、伊万里湾の海底探査に勤しみたいと思っております。





おはようございます。毎日暑い日々が続いてカラダから塩分がなくなりそうな今夏です。


毎日、全国で熱中症による搬送が相次いでおり、7月末では週ペース1.3万~2万人(消防庁調べ)と、トンデモない猛暑に見舞われております。


先週、ちょっとだけ磯に乗って来たのですが、3時間で熱中症気味になったのでヒラスのナブラが沸く中敢え無く撤退しました(泣)


帰路、堤防の釣り客を数えていたのですが、シイラで人気の堤防に2人居ただけw皆さん今年は釣りやってねー!!!めざましテレビでも昼間は暑すぎるので「夜活」の特集が組まれるほどです。


私は海に近い立地にあるわんこと行ける西海市の七ツ釜鍾乳洞、洞内は15度~17度のヒンヤリ空間で最高の隠れ家を見つけたので、昼間の拠点&避暑地として活用しております。


青物中毒的にはお日様があがってないとゲームになんないので、ゴールデンタイムの9時頃は頑張ってキャストていたいところ。私の青物ゲームは過去の数少ないデータでも朝マヅメより、お日様が顔を出した時間が調子良いジンクスがあります。インスタでフォローしている海外で活躍するエキスパートの方も同じこと言ってたので案外イイ線かも。


ここからリスク管理・危機管理について


私の冴えない釣果はさておき、私の愛犬も誕生日を迎えて早くて11歳になりました。立派なシニア犬なので、もしもの時はどうするか?と常に考えてしまいます。事前に起こるリスクを想定し危機に備えることをリスク管理と言われております。


身体に異変が見られる時は、大事な釣りの予定も仕事も容赦なくキャンセルw


時間作って動物病院に診て貰って早期対処で11歳の今でも元気ピンピン。持病もなく今でも健やかに成長中です。


が!【可能性があることは必ず起こるというマーフィーの法則】があるので油断出来ません。まさにリスク管理の真骨頂


・釣り場で落水する可能性がある以上、落水しないとは言い切れない。と言っているのと一緒で備えあれば憂いなしになって来ます。


なら、何をすれば可能性から遠ざかることが出来るか?になってくるのですが、スパイク付きのシューズにする。デッキシューズで滑り防止。足場、ロープも活用するなどなど。


究極は、万が一落水した時に命を守るライフジャケット着用はリスク管理の代名詞で良いのではないでしょうか。と対策が打てる訳であります。


話を戻します、愛犬には日ごろ面倒をみてくれている本当の飼い主がいるんですが、肝心なクルマの免許持ってないw田舎暮らしなのだが取得する気もないので、移動はタクシーONLY。と言うことで、動物病院までのアクセスがネックになってきます。


係り付けの動物病院が駅から遠いのでやっぱりタクシー頼りにならざるを得ません。タクシーにペットを乗車させるにはそれなりの「装備」や「知識」が必要になってきます。もちろんタクシー業者さんに事前確認等の段取りが緊急時に愛犬を救うためのPOINTになるのは明白です。


犬とタクシーに乗る!乗車可能な会社別ルール&マナーのまとめ


エルバさんのブログが分かりやすくまとめてらっしゃいましたのでリンク張っておきます。


他にも、飛行機(国内線)、新幹線、電車、バス、フェリー+高速船と言った公共の乗り物との向き合い方シリーズが非常に面白い。ペットとお出かけされる方におススメのブログです。


エルバさんの記事を参考にして、愛犬が元気なうちに秋風が吹き抜ける長崎県・壱岐の島でお散歩するのが切ない夢なのであります。(壱岐焼酎が大好きなのは実は内緒w)


と言うことで、ドッグスリングをはじめ、キャリーバッグ、リードを緊急時用に揃えてみました。ネックとなるタクシー代も、釣具屋さんのサマーセールをグッと我慢して貯金。数万あっても病院との往復程度。夜間診療など時間外で高額になるペットの医療費は蓄えていかないとヤバい。


ひと昔は3か月とか、まだまだ赤ちゃんの頃に加入しないといけなかったのですが、最近は10歳前後でも入れるようになってるのは驚いた。まだの方は今からでも検索かけてみてください。


夜間診療の病院を調べておく

面倒くさくて後にまわしがちなのが医療機関の下調べ。長崎県・福岡県には24時間対応の動物病院がありますが佐賀県はない模様。係り付けの動物病院に確認が望ましいですね。


福岡はわりかし件数がありますが、人口のパイが大きいので込み合う模様。グーグルのクチコミの半分は自己中コメントが多いので見抜く力が必要です。なんでも病院のせいにしている系のヒステリックなコメントがそれ。気持ちは分かるが責任転嫁が凄まじいw


とまで、下準備をしていればそこそこ安心です。


釣りのリスク管理のほうは?

自分の場合、生命保険に自動車の任意保険と人並の準備があるのですが、釣りともなると保険なし。ノーリスク管理運営w

北山ダムのボート登録の時は損害掛けてた程度。船の保険は特殊なケース(ほぼ使うことはない)


なので、釣り最中のもしもの時を考えると、

①落水で怪我。
②針が刺さる。
③害虫に刺される。
④クラゲに刺される。
⑤毒魚(刺毒魚)に刺される。
⑥ヒョウモンダコに噛まれる
⑦転倒して怪我。
⑧クルマの事故

辺りが大きなウエイトを占めるのでないかと思います。


毒系の怪我でアナフィラキシー症状の疑いがある場合は一刻をあらそう事態であり【内科】の受診となる場合がありますので、良く行く釣り場周辺の病院のサーチは時間をかけてでも情報収集の必要性があります。


オレには関係ね~ぜと言わず、【可能性があることは必ず起こるというマーフィーの法則】がありますので、昼間のアツくてゴロゴロしている時間をちょっとだけ活用して、最寄りの病院を調べてみてリスク管理してみてはいかがでしょうか?


いよいよ夏本番。連日38度近い猛暑日が連日続いており涼を求めて海、山、滝、川と冷涼スポット探しに余念がない今日この頃です。


今年の暑さ対策はズバリ鍾乳洞。学生時代に修学旅行で訪れた秋吉台以来の鍾乳洞に潜入してみた。当時は興味がなかった(失敬)だが、おっさんになった今では鍾乳洞バンザイ!夏は住み着きたいくらいまでになりましたw


今回向かった先は西海市の七ツ釜鍾乳洞。バス釣りで有名な伊佐の浦ダムや、海釣りのメッカ大島&崎戸大島がご近所さんです。


同じ洞窟繋がりでも佐賀県唐津市の七ツ釜遊覧船の絶景ツアーとはちょっと違う。インスタでは同じハッシュタグで結構混ざって出てきますので見極めが肝心。

#呼子#七ツ釜鍾乳洞 #ゴープロある生活#GoProある生活#GoProJP

hiroakiiiiiiiiさん(@sizuhiroaki)がシェアした投稿 -




わんこアイラブユーな私。わんことお出かけ出来る公園や自然で遊べるスポットに聞き耳を立ててアンテナを張っておりますが、七ツ釜鍾乳洞でペットOKと言う情報がなかなか出てこない。まさかのインスタでもワンコが写っている画像が出てこないじゃないか。


どうしても気になったので、七ツ釜鍾乳洞の管理事務所の方に問い合わせてみた。


お問い合わせは、さいかいシティ.ねっと
  

入場料金や営業時間はこちらにて


気になる結果は


「OK」ただし、洞内はわんちゃんの歩行は出来ませんとのことでした。


抱っこできるわんちゃんと言う制限付きとなります。そこで、私はドックスリングを持参しました。エルバさんのドッグスリングではないのですがこんな感じでラクチンです。
DSC_1625


ドッグスリングをお求めの方はドッグスリング エルバさんへ



エルバさんのドッグスリングならサイズやデザインが色々あってこんな時に大活躍。10kg近いワンちゃん用のドッグスリングもあります。


わんこと洞内探検スタート


七ツ釜鍾乳洞初潜入!鍾乳洞入口付近は洞内から冷たい風が吹いてて最高に気持ちいい~。

外気温が36度以上。洞内は15度~17度でその差は20度オーバー。涼しいを通り越えて寒いくらいで予想以上の冷涼スポットです。冷たい風が流れてくる竹で出来たバンブーデッキは午後から大盛況。
DSC_1659


鍾乳洞入口から超狭い。温度計2台が設置してあって15度~17度。
DSC_1560


予想以上に狭い!寒涼しいwしずくが凄い!で、インディージョーンズやグーニーズといった映画の世界みたいで楽しめました。
DSC_1613


めっちゃ急だったり、雫で足元濡れてるいるので、ドッグスリングで手をフリーの状態にして、転倒防止やもしもの時のために手が使える状態にしたいですね。


外気温と差がありますので、ワンちゃんが始めはブルブル寒がっていたのですが、ドッグスリングの保温効果もあって慣れて来たら快適そうな表情でした。ワンちゃんの洋服も持参出来たらベストですね。


鍾乳洞出口から順路を進むと、洞窟入口のところに戻ってきました。このタイミングでご当地のラムネが最高に旨い。冷たい岩清水でキンキンに冷えてます。気温が36度以上の猛暑日では最高の演出!
DSC_1654



足湯に浸かってグビグビ。名水で出来てるんだって。程よい甘さで旨かったです。
DSC_1667



からだの芯まで冷えっ冷えに涼んだあとは管理事務所でお買い物。


観光地ってそそるお土産って珍しいのですが、ここはツボるお土産がいっぱい。炭アートに使える長さの竹炭があったり、五島灘の塩。グッと我慢して厳選。


物欲魔と化した私は、和包丁の手入れ用に椿油、七ツ釜モンスターのデニム生地トートバッグ、速乾性生地の七ツ釜モンスターTシャツをゲット。

海と山が両方楽しめるとっても贅沢な西海市。釣り好きな私的にはやっぱり住み着きたい環境でした!


今年の春は土日になると海が決まって荒れてます。


その影響で鯛ラバ&春政ジギングが2回連続中止になりました。もう春政も鯛も一息つきそう。大海原でジグシャクリたいと切に思う日々が続いております。


今年は海が荒れたら観光地巡りにハマってまして、桜やつつじ、フジの花を観て回ってましたので、インスタ投稿がお魚じゃなくてキレイなお花ばかりになってます。


中年オヤジがそんなメルヘンチックな投稿を載せても誰もイイね押さねー的な典型を身をもって実践しておりますw


しかし、そんな的外れな週末を過ごしていたのですが意外なところで運命的な出会いがありました。


長崎・大村市の立派なつつじ園を観に行ったら何故かそこに刃物屋さんの出店ブースが。。。


庭園一面に広がるつつじとインスタ女子がメインのキラキラフワフワした会場にまさかの包丁!?しかも出刃包丁


包丁が私を引き付けるために刃がギラギラに光輝いておりました。


カラスと一緒で「おやっ?なんだあれは?」と光物に惹きつけられて、あまりのミスマッチでギャップすぎる包丁に心奪われていたのですが今思えば園芸用の剪定ばさみも有ったような気もする。ハサミのついでに包丁が置いてあったんだなと今頃気付くw


店員さんに見事な包丁ですねとお話を伺い展示品の包丁を拝見していると、私はとんでもないあることに気付いた。


出刃包丁の刃が見たことがない分厚さ。


市販で売ってあるのと比較にならない本気度が高すぎる出刃包丁。


ステンレスの万能包丁5本分?いや7本分は優にあろうか。江戸時代の人が黒船到来時に匹敵するインパクトでした。


ゴッツイ骨も気にせずにスッパスパにスピーディーに捌きたい。船釣りするようになって魚種も匹数も増えて捌くスピードが求められるようになった。


とにかく「よく切れるゴッツイ出刃包丁を探している」まさにそんな欲張りな要望を満たす奇跡の1本が目の前にある。


その場はアレがなかったので名刺だけ頂いて機会があればとつつじを堪能したんですが、その後もずっとあの分厚い出刃包丁が気になる。。。。


ちょうど中古釣具屋さんが買い取りアップのキャンペーンやってたのでルアー整理したら予想以上になったのでそのまま包丁を買いに名刺に記載されている住所までGO。


やっとの想いで念願の出刃包丁を新調する機会に恵まれた。リールやロッドからするとお値段はややお安いのだが包丁だと考えると高いようにも感じる。貧乏性の表れなのかwクーラーボックスと同じだな。


長崎県の伝統工芸品に認定された大村・松原の鍛冶屋さんの包丁。理想の包丁に遂に巡りあってしまった。


波入り(多層)とか、波なしとか素人には見慣れない商品がズラリと並んでいたのですが、店員さんに教わりながら選んでみました。


波模様とは、芯となる鋼を多層の素材で挟み込んで作られた包丁に出る模様で、ダマスカス包丁は非常に人気がありますね。多層の刃は日本刀と同じ技法なんだとか。
DSC_0668


波なし→2万
波あり→2.5万~3万
波なし→3万


お値段の差は鋼の違いなんだそうだか、波が入ってなくても良い鋼が使われた包丁はお値段が高い。
見た目じゃわからない奥深き世界なのだ。


ここの鍛冶屋さんに出会う前はダマスカス包丁が欲しかったので、今回はダマスカスに憧れて「波入り」をチョイスしてみました。


波入りの刃でも、柄の部分を取り付け時にクラックが入ったらしくやや難ありだったのでお安くGETに成功!滅多に出ないアウトレット品でラッキーだったみたい。


柄に万が一不具合があったら持って来てくださいと言うことだったので、アフターもバッチリだったので気にせず即決。使っていたら大なり小なりその内、傷が入るのでお構い無し♪


切れ味試したかったけど、ずっと海が荒れてお魚釣りに行けない。行っても釣れなかった日が続いたけど、やっとのことでアラカブをゲット。あまりにもお魚とご縁がなかったのでスーパーで買おうかとも計画しましたよw


ヒラマサか真鯛の骨がゴツイ系のお魚が良かったけど贅沢は言えません。やっと釣れてくれたアラカブさんに感謝。
DSC_0682


うろこはどの包丁で落としても一緒ですが、鰓(エラ)と顎の部分を切り離すときにヨイショと叩き切るのが普通ですが、添えただけで筋がいつの間にか切れてる。。


出刃包丁の自重だけで切れてしまった。信じられない切れ味。ある意味危険すぎる


切れ味もさることながら、やっぱり刃の分厚さがこの出刃包丁の最大の特徴であり強みになってる。
DSC_0679


叔父から受け継いでいる出刃包丁も昔の鍛冶屋さん製だが用途が中型魚用なのか刃が薄い。同じ出刃でもまるで別物。


日本刀は砂鉄が原料ということで、日本刀作成の傍らに突貫で打って貰った包丁と聞いているので砂鉄で作られている可能性もありロマンを感じる。金槌で叩いた後が錆びとなって浮かび上がって来てる。波模様とはまた違った味が魅力の一本。
DSC_0681


これで青物はゴッツい方の包丁で捌いて、イカ、シーバス、アジなどは代々受け継ぐ出刃包丁で、と使い分けができます。


道具はゴルフや釣具の世界でも使い分けしてなんぼって良く言われますが、包丁も例外なく特性が顕著に出るので面白いですね。出刃には出刃の、柳には柳の良さがハッキリしています。


これだけゴッツイ出刃包丁でも冷凍ものを切ると刃が欠ける。冷凍ものには冷凍包丁という優れた包丁があるので本当にそのためだけに作られてきた感が男心をくすぐられるw


包丁としては非常に高価なものですが、一生使い続けられるのでそれ以上の価値があるように思います。切れ味抜群なのでお魚捌くのに楽して時短できる。


お魚捌く方は是非2本目の包丁はこだわりの1本を探してみるのも非常に面白いと思いますのでおススメです。


タイムリーなYahoo!news「和包丁が世界を魅了 NYシェフ7割が使用」。世界が欲する和包丁が身近にあるって素晴らしいですね。柳葉包丁をゲットするのが次の目標になりました。

↑このページのトップヘ