カテゴリ: 釣り

おはようございます。昨日の仮想通貨の相場は更なる下落曲線を描いて私めの資産が遂に半分になってしまいました。18ステラか18イグジストが1週間で跡かたなく吹っ飛んだ感じ。


BTCが86万・ETH9万・XRP78.5円・今が旬のコインチェック騒動のXEM(ネム)に至っては54.8円!!
Screenshot_2018-02-02-19-35-11
コインチェックのスクリーンショット


クリアランス大バーゲン中なのですが、コインチェックの資産凍結中にて何も出来ません。


年末年始でデジタル通貨に新規参入組を通称・出川組(CCのCMやってたから)と言うのですが、デイトレ専以外は間違いなく皆さん大赤字で市場の養分になりましたw


その道のプロで210億稼ぐ人でも赤字ヤバっ!!てツイートされてた


もはや、リップルが1000円まで上がる都市伝説は崩壊寸前のようです。


ここ数日の下落原因と思われる要素をツイートされてましたので気になる方はチェックしてみてください。




元本割れでガチホも通用しない相場になって来ましたので、凍結真っ最中コインチェックの強制ガチホに付き合ってあげますですのw


今後はZaifメインでの取引になってくるかと思って新しく口座の準備をはじめました。


ここからは近い将来の妄想話


さて、珍しくバス釣りのお話も含めて今後の予想。すっかり仮想通貨にハマって海釣りすら上の空状態の2018年です。


昨年からバリューやらキャッシュやら仮想通貨が盛り上がりを見せ、リアルな世界ではAIが生活に浸透し始めて来ました。スーパーのレジもセルフが当たり前になって来て、ご年配の方がレジで苦戦している光景を良く見かけるようになりました。目まぐるしく社会が変化して来ているので今までの観念ではどうにもならなくなって来ていると感じております。


そんな目まぐるしく進化する現代社会でありますが釣りに行くと心が和みますね。今年みたいに寒波続きだと寒すぎて海に行くのも億劫になります。そんな時はやっぱりバスが丁度いい!


昔はほどほどの距離にフィールドがあって、好きな時に行けるバス釣りは手軽で人気を博したのは言うまでもありませんが、昨今のバス事情もあって、そこそこ楽しめるフィールドでバスを釣るのに2時間半のドライブは当たり前の時代になってきました。2時間半あれば上道で九州を半分位は横断出来ます。


九州の有名フィールドと言っても本州のメジャーフィールドのように規模は大きくありません。エバーグリーンの取材で良く使われている芹川ダムでもエンジンを使えば反対の入り江の筋まであっと言う間の広さです。この芹川ダムも最近ではバス釣り存続の危機になってヒヤッとした場面も(Sabuizm)。肝心かなめの北山ダムも水門付近を工事のため現在リニューアル改装中にて釣りにならないwあと5年くらいは貧釣かもと釣具屋さん言ってた。今が2018年ですので2023年ですね。


2023年や2025年でピンと来る方なら話は早いのですが、その頃には日本が大変なことになっている推計があります。

Yahoo!ニュース 」

2023年・人件費高騰で、日本の企業が機能不全になる


本気で目の前まで迫ってますがイマイチ実感が湧かない。が、著名な方々が警告出しまくってるので相当ヤバい感じです。


暗い話題は目をつむりたくなりますが、この問題ばかりは背を向けられない。近い将来確実にやって来ます。


経済が保てないほどに日本が傾きそうなのですが、そんな中で片道2時間半ドライブして食べないお魚を釣りに行くのは困難を極めると言うか、金銭的に誰もそんなこと出来なくなる時代がやって来る(推計が現実になったら)


今はソルトフィッシングの世界は鯛ラバ・ティップラン・ジギング等のオフショアブームなのですが、近い将来は不況の煽りで一般の方の客足が減り、船代一人頭で3万~6万に値上がりしたらお金持ちに限定されてくる予感。


そうなるとショアに人が集中してくるのは必至。経済難ですので海釣りは娯楽の趣味と言うより、食料確保が出来るので「安近短」が兼ね備わった生活に密接するインフラ的な存在になってくると思われます。そこまでなるとフィールドは荒れたい放題。無料で波止場の釣りは出来ない時代が来るでしょうね。


福岡県糸島市に野北漁港ってあるのですが大型駐車場完備で警備員さん付き。アオリイカ、シーバスに平鱸、アジ、青物にと色々釣れて糸島No1人気のフィールドです。有料なのですが人足が絶える事がない所をみると良いモデルケースになりそうです。平戸も伊王島も釣り禁の方向ではなくお金をとった方がニーズもあり今後の地方の在り方として賢明だと思います。




で、釣りが好き過ぎる人におススメな裏技が、マイボートを所有するのが最強かも知れない。遊漁船では費用が高すぎるがマイボートなら維持管理費を考えたらアリ。マリーナではなく漁港に停泊したら400ccの単車と変わらない程度の維持費です。滅多に乗らない方はバイクより有益ですw以外と船って贅沢品の様ですが中古だと安いんです。中古船でググってみてください。新艇だとカッコいいのは1000万や億はざらですw一般の方は基本中古艇狙い。


中古船で400万~600万出すとかなり見栄えが良い船体ですが、漁船のかたちをした船で60馬力~115馬力のエンジン乗せて150万円~200万円で抑えたら相当遊べます。我慢して払い終えたら最強です。


複数人のグループでシェアするのが近代流のマネジメント。バスボート時代のように個人で全ての費用を抱える時代は終わりました。


壱岐までは厳しいですが、近海(といっても遥か向こう側)でタイラバやキジハタが日常になります。昨年の秋は島の岬からの払い出しでシーバスが無限バイトにも遭遇しましたよ。


漁港も停泊出来る船の数がありますので、人気がある漁港では常に空き待ちの状態なんだとか。外海までちょっと遠かったりしたらガラガラで安い。年間の停泊料4000円とか、私のところは1500円wwwそれにプラスして所轄の土木事務所に2万円前後。


人混みに紛れて窮屈だと感じる方は、マイボートの検討もありかと思います。


せっかくの船舶免許取得は2級より1級小型船舶をおススメします。2級だと5海里(約9キロ)で行ける制限がありますので後になって心もとないです。経済が奇跡的に衰退しなかったときは大きな船に乗り換えれば1級免許はかけがえのない財産となるでしょう。

小型船舶操縦士 学科教本〈1〉―二級ボート免許取得のための学科テキスト 兼・一級学科テキスト (小型船舶教習所教本シリーズ)

新品価格
¥1,955から
(2018/2/3 10:01時点)

小型船舶操縦士 学科教本―一級ボート免許取得のための学科テキスト〈パート2〉 (小型船舶教習所教本シリーズ)

新品価格
¥1,285から
(2018/2/3 10:02時点)




冬場は船のバッテリーがあがらないように10分~20分アイドリングかけに行かなければいけません。ちと面倒ですが、ついでに竿も持ってアイドリング中にアラカブやエギングするのも面白いですよ。

最近アジングにガッツリとハマっているちゃぶけんです。


手持ちのスピニングリールで鉄壁の防水性能コアプロテクトではない非搭載のスピニングリールがあと2台あります。


アジングで使用している11ツインパワーC2000HGSと、あとひとつはバーチカルで使用している01ステラSW20000PG。


今年の目標はコアプロテクト非搭載機をコアプロテクト搭載機に入れ替え出来ればと思っておりましたが、ステラのモデルチェンジで暗雲が立ち込めてきた。IMG_20180108_212024
同じツインパでも、現行型は水がツルツル落ちていく流線型のエアロデザイン。昔のモデルは潮抜きで洗ったら、各所にずっと水が溜まって、洗っただけで水のダメージ受けている感が半端ない
DSC_5126

最近ではツインパワーよりスタイリッシュなヴァンキッシュやサステインの登場でツインパワー人気が落ちておりますが、やはりステラの血を受け継ぐ正統な後継機種のツインパワー。C3000クラスですが、久しぶりに使ってみると安定の使いやすさでした。


アジングだとラインが1.5lbとか2lbになってくるので、ツインパワーC2000HGSのドラグ性能より落としたくないと言うのが本音。で、買い替えするリールは必然的にツインパワーorヴァンキッシュorサステインのどれか。


アジングに4万円のヴァンキッシュでも流石に高級過ぎる。見も蓋もない話だが鯵のビニール袋積め放題は150円なので、リールが壊れるほど酷使しても元が取れない計算orz


4万円出すなら、あと2万6千円追加してツインパワーSWを追加したほうが私的に一年中使えて実用的なんです。


大人気のサステイン実売2万7千円なんですが、ドラグはストラディックよりやや良い感じ、巻き心地はツインパワーに近いシルキーさがありますが、ツインパワーに似て異なる中間モデル。ダイワで言うとカルディアとセルテートの間のセオリーかルビアスと言った中間機種。


サステインも決して悪くはないのですが、スーパーウルトラ極細ラインを使うには今一つな気がします。で、やっぱりたどり着くところは安定と実績のツインパワーなんですよね。


しかし。。。!


気になる18ステラが今年のフィッシングショーで披露される可能性が濃厚な気配みたいですので、2019年には新型ツインパワーにモデルチェンジの予感がします。


なので、おそらく今年はSHIMANOリールは新型ステラ以外は買いではない「待ちの一年」になりそう。来年から次から次へとモデルチェンジの怒濤の嵐でアングラーの懐は波状攻撃により壊滅しそうですねw


2020年の東京オリンピックメモリアルモデルのステラでフィニッシュのシナリオが見え隠れしていますw


そんな感じで、新型の登場を待たずして散財するもよし。新型を待ちわびるもよし。の待ちの年となりそうです。

今年の初釣りはもう行かれましたか?私はショアジギとメバリングに繰り出してきました。


2018年の初売り&初釣りで気付いたことから書いてみます。

初売り恒例の長蛇の列は、どこのお店も今年は見受けられませんでした。お昼までに2店舗回ってますが、至って普通の休日よりやや多いくらいの人出。駐車場もやはり余裕がありました。


福袋は、ほぼエギングやタイラバ、アジング福袋が人気で、バス福袋の姿がほぼ消えてしまいしまたね。一昔前までバス福袋2万円台でも飛ぶように売れてたんですが、これには感慨深いものを感じます。回った2店舗ともバスコーナーには、ひとっこひとり居ないしw 

九州ではバスが完全下火な感がありますが、私みたいに物欲旺盛でアクティブな海釣り顧客の母数も今年からはどうやら変化の年となったように感じます。

デフレと今後の見通しが立たない世で、みんなが元気をなくしちゃって引きこもりに走りはじめた年!間違いない。


初売りで新しいタックルや家電製品を買い漁ったあとは、さっそく筆下ろしをしたくなるのが釣り人と言わず人の性、釣り場が混雑するのが恒例行事なのですが、今年は初売りで購入された方が、やはり少ないのか海釣りスポットもガラガラ。しかも博多湾近郊の有名なところで。。。。ですよ。

いやっ、バスでも海でも、毎年見掛ける「連休だけ仲間で集って釣りを楽しむ改造車で乗り付ける若い兄ちゃん達」の姿がなくなった!が大きいと思う。各地で結構なウエイトしめると思う。

完全釣り中毒のイケてる兄ちゃん達は、フェリーや渡船で離島や沖磯で本格的にインスタ映えするお魚追い求めてる感じ。

釣りに対してお金をかけるか、かけないかで完全二極化しはじめた感じなのです。それもそのはずで、お魚天国と言われる平戸エリアのメバルもさっぱり釣れなくなったここ数年。新規開拓で珍しく博多湾近郊のメバル調査しつつの初釣りをしてきましたが、平戸も博多もお魚が居ない。

出会った渓流ファンのメバリング専門の方が23cmの良型を仕留められましたが、3時間で私も16cmの一本だけw

大潮のスーパームーン&ウネリが残って良いサラシがガンガン出来ていたのですが、期待と裏腹に釣果が伴わないw
DSC_6468

これだけ、まともに釣れないのでは、釣りに精通してないと心折れて釣り事態行かなくなります。↑の兄ちゃん達も費用対効果考えたら行かなくなるのも頷ける。かといって、福岡から2時間かけて長崎の果てまで行くわけないしw


そんな世の流れでも良い釣果を叩き出すには!?


去年の暮れまで低燃費過ぎる20年前の年期が入った四駆に乗っていた私。リッター6か7km!それでも年間2~3万キロ走ってガソリン代をこれでもかと言うくらいにばら蒔いてました。


時代が十の昔に過ぎ去ったバス釣り仕様の四駆と涙のお別れして、高年式のハイブリッド車に乗り換え。リッターで21~28キロ走ってます。


燃費が違いすぎてジェネレーションギャップを感じずにいられませんw


年末から年始の間に早くも700キロ走ってしまいましたが燃料タンクは残り3メモリ!!約15㍑くらい残ってる感じかな?


いるかさんがおっしゃられるように、ガソリンタンク満タンで1000キロ走行も夢じゃないかも!


今まで高燃費過ぎる四駆に固執していた自分に自己嫌悪の嵐。


四駆は燃費の面が正直悪すぎるけど、広い車内が魅力で釣りには抜群に使いやすかった。でも燃費を気にして釣り控えして釣れるタイミングを逃していたのもまた事実。


燃費を気にせずガンガン釣りに行ける環境ってステラやイグジストで完全武装するより、最強の武器ですよ(笑)っと今更感w


福岡某所で感じたのはもう一点。とても簡単なことで、そのときは釣れなくても回遊待ちorベイトの回遊で巣穴から浮上してくる数少ない居着きの個体を夢みて、とにもかくにもキープキャスティング!

大都市圏の人気エリアでも、釣るにはとにかく通え。そして投げ続けろの2点。


爆釣に一番の近道は五島列島や男女群島に行くのがてっとり早いが、それは現実的かつ経済的にムリがあるので、通える範囲で場数を増やす。


B級磯に通いつめて、その作戦で実績だしてプロだったかテスターになられた磯師の方がおられます。1級磯に毎週大金叩いて通っても、心折れたらなんの意味もないと痛感させられました。


私の場合は、車を乗り換えて経済的負担を緩和作戦。前の四駆で沢山かかっていたガソリン代を考えると、ローン代金を相殺するので負担額はほぼないです。節約なしで生活水準そのままです。最近のお車はこんな感じですので、高燃費なお車に乗られている方はローン組んでも逆にメリットになることもあります。


軽自動車→軽自動車  

軽自動車→ハイブリッド車

ハイブリッド車→ハイブリッド車


例えると、iPhone7→iPhone8


の、乗り換えは効果(薄)かもしれませんが下のパターンでは経済的効果絶大!

高排気量車→軽自動車  ⭕

高排気量車→ハイブリッド車  ⭕


例えると、ガラケー→iPhoneX 


私、やっと時代の流れに乗った(遅っ)なわけで、車を運転するのが楽しくてしょうがない年末年始でございます(笑)


勢いあまって、今年から本格的に再開するシーバス釣りもスポットの新規開拓に連日成功しております。


西海市に博多から出店の激ウマたい焼き屋さん「鯛宝楽」http://www.taihouraku.com/ ってあるんですが、田辺則男vs深江真一がバトった西海市認定のスーパーリザーバー伊佐の浦ダムの帰り道にボート引っ張ったまま良く買って帰ってました。の、鯛宝楽さんが、最近では大フィーバーの人気過ぎるたい焼き屋さんになっててインスタオネエチャンでいっぱい!
IMG_20180103_115341


行列に並んで、たい焼き買い漁ってインスタにあげて、たい焼き片手にかぶり付きながらスマホでポチポチ。岸辺までエントリー出来そうなスポットをGoogleマップで物色。


人知れずのスーパースポットへは奥の細道(獣道)が大半なので、車では見逃すので、近くに着いたら車を乗り捨てて竿も持たずにとにかく歩く!


見付けた時の感動はひとしお♪崎戸大島でも同じ手段で、良い磯場を発掘しました!その日は沖合い200mのところでナブラフィーバー。船団出来てたので風と潮のタイミング次第でショアから狙い打ち出来そうな感じのところでした。
DSC_6425

ロープまで設置されてたのでポイント丸分かり!これ撤去するか隠してた方がいいよw


こんな感じでシーバススポット3箇所を発掘しました。


ハイブリッド車の低燃費を武器に今後もガンガン走って、ガンガン歩いてシーバススポットの発掘に勤しみます。


今年はシーバス自己記録の86cmを更新出来る年にしたいですね♪  

新年明けましておめでとうございます。


今年もご多幸と豊漁の年となりますようお祈り申し上げます。


大晦日に2017年の総決算で玉砕覚悟のヒラマサショアジギングへと思っておりましたが、九州地方はあいにくのまとまった雨模様でしたね。


ゴア羽織って真冬の磯場に立つのもしんどいので、年の瀬くらいは家でゆっくりとテレビ観ながらまったりと、溜まりにたまったガイド交換中ロッドのリメイキング作業に追われました。今年からナイトシーバスに本格復帰しようかと意気込んでおります。んで、気合入れてナイトシーバス用のロッドもガイド調整しました♪
1514792730464


世に出回る各社のライトジギングロッドの大半がベイトモデル1色になってしまってさぁ大変。バス界のベイトフィネスブーム状態w


ライトジギングの100gジグをスピニングロッドで探すとまったくラインナップがないんですよね。あってもオシアクラスの店頭価格でも3万円台の旗艦モデル。ニッチ過ぎてその価格帯では誰も買わないですよSHIMANOさんw


絶滅危惧種のライトジギングのスピニングモデルがまともにないなら造っちまえと言うことで自前で用意します。

シーバスの粘るライトクラスロッドをガイド換えて、ダブルラッピングでブランクスを保護してボート用のライトジギングロッドに改造。100gまでシャクレるように張り具合を強化してみました。
1514792980110


数あるロッドの中から探すとパームスから2万円前半でライトジギングにピッタリのスピニングのラインナップがありました。


60g~150g ヒラマサジギングロッドの2ランク弱い感じでしょうか。


長崎エリアでもボートから大変扱いやすそうなので一番欲しい竿です。車を換えて懐がピーピーの年末年始なのでありますwこの竿ならシーカヤックやゴムボートでも重宝しそう。


あわよくば欲しいロッドの紹介はこんな感じで、実際初売りで増強したのは小物用品中心です。


まるきんさんで幸漁丸のバナナフック♯7/0と♯8/0を10袋と小物複数と、サンラインのめっちゃ強いPEライン・ソルティメイト ジガーULT
1514793942112


初売りこそ消耗品の大量買い。フックとラインはあとで地味に助かります。


ガンマのブルーフィッシュやら、他店にファルコンのまんまサンマがありましたが余裕の予算オーバー(泣)


まだまだ初売り期間が続きますので気を引き締めてないと骨の髄まで吸い取られてしまいそうです。ガクガクブルブル


今年も拙著の当ブログをどうぞよろしくお願いします。


今年も暮れそうですがいかがお過ごしでしょうか。ブログ更新が寒さと共にスコブル鈍っているちゃぶけんです。


12月1日になった瞬間から釣具業界でも年末のボーナス商戦セールが始まりましたね。つい先週、磯歩き用のスパイクシューズを新調したばかりで計り知れないショックを受けております。タイミング悪すぎw


今回は私のタックル事情と最近のタックルについてボチボチつぶやいてみようと思います。


今年の春まではバス釣りがメインの釣りだったのですが鵜の影響なのか、テリトリーのホーム群での釣果がほぼ【0に等しい】勢いで振るわなくなってバス釣りを一旦休業しております。それを機に、増え過ぎたバス道具を整理しようと中古屋さんに勇気を出して売却。持ち込み過ぎて品数が減るまで持ってくんなと怒られましたw


残ったタックルはカシータスと17バスワンXT。偶然にも安いのばかり。大好きで売るのをかなり躊躇したコンクエストとアブガルシアの赤ベロ・24金のアブも一旦売却。


カシータスと17バスワンが残ったのは単純にオールマイティーに使い易いリールだったので、ソルトと兼用で残しました。狙い通りバスワンでのタイラバは使い心地抜群で仲間にも好評でした。


そんなこんなで一気にバス釣り道具がすっかり寂しくなりましたが、2018年度の新作リールも気になるところであります。私的に2018年度のバス釣りタックル増強予算は組んでないのですが、余程いいリールがリリースになったら導入します。インプレする時は相当期待なリールですで宜しくお願いします。


ここ数年でのリールの性能向上は目を見張るものがあります。その中でも革新的な性能向上が体感出来たのはやっぱりこれ。


私的には、シマノ・コアプロテクトの防水技術がここ数十年の中で一番の革命でした。マグシールドは先駆けて発案はとても良かったけど残念な結果に。


2番目はエアベールの再採用。エアベールと同じ機構自体は遥か昔のオールドリールから付いております。


3番目はローターがその場所でピタッと止まるインフィニットストッパー技術。工業界では更に技術が向上したストッパーが発表されたばかりで来年モデルに搭載が期待されます。シマノよりダイワが先行搭載の予感。


4番目にスプールの大口径化による飛距離UPとライントラブル予防


5番目にツイストバスターを初めとする糸ヨレ防止機能
1483107136143


6番目にDCの電子制御リール。飛距離が半端ないけど今のところは用途不明』←2018年モデルチェンジの噂があるコンクDCより後のDC搭載の新作にはリールとスマホが連動して『AI(人工知能)』が組み込みこまれるかも。今は強風モード、遠投モード、PEモード等をダイヤルで調整していたのを人工知能でダイアル調整フリーになるんじゃないのかな?最高飛距離が叩き出されれば即座にシマノのホームページで速報で流れるとかあり得る。人工知能なのでセッティングされたデータはみんなで共有してアップデート。投げ方や風の影響があるのでメカニカルブレーキの調整は仕方ないかも。メカニカルブレーキの数値からまた新しいデータが出来るの繰り返し。みんなで育てるたまごっち状態。なんだか楽しそうw電動リールもAIになるのは時間の問題かも


コアプロテクト以外はバス釣り全盛期の頃にあれよあれよと技術革新したので、当時は新作発表の年明けともなると、みんなバス雑誌を買いあさって夢をみてたw最近ではそれがまったくない。iPhone8の特に変わりなし状態と一緒かな。


でもiPhoneXの顔認証、ワイヤレス充電の新機能がお披露目になると真新しさで一気に市場が盛り上がったんで、釣具業界にもそんな追い風が吹き抜けるとバスタックルも捨てたもんじゃないのかな?と思う今日この頃であります。


私事でありますが、お世話になっております車屋の社長さんが三代目後期のプリウスを格安で譲って頂けると言うことなので釣りはお休みしてプリウス視察に行ってきます。


今乗ってる四駆がリッター/街乗り6~7Km、後期プリウスでリッター/街乗り21km、実に3倍以上の燃費向上に成功しますwそこまで違ってくると流石に心が躍ります。釣具も最新が出て飛躍的に向上するとみんな買います!釣具メーカーさん是非とも頑張ってくださいと言うお話でした。


昨晩から気温が平地で1℃に急降下。釣りに行かれる皆様方は風邪をひかぬよう暖かくして楽しんでください。ユニクロから普通のヒートテックより2.25倍暖かく、極暖より1.5倍暖かい『超極暖』がリリースされました。これは買いでしょ。

↑このページのトップヘ