カテゴリ: シーバス

こんにちは。セーラームーンが出て来そうな早春の満月の月夜が続いております。


博多のお魚屋さんのシロウオ情報・第2弾は動画!ヤバい食べたい!



今宵も大潮。TV局もシロウオ遡上のタイミングを狙ってましたね!アサデスで福岡県・室見川のシロウオ漁の様子が放送されておりました。放送をガン見してたら遅刻寸前になりました(汗)
1520035548522
TV映像 アサデス。KBC 毎週月~金 あさ6:00~放送中 アサデス。九州朝日放送


気になる結果は。。。。


寒波で海水温と川の水温が冷たくて、仕掛け網(やな)に生きたシロウオが4~5匹獲れたけど他は寒くて死んじゃってた!と室見川シロウオ組合長談でした。冷水で死んじゃって白いシロウオが数匹入ってましたね。


博多湾の海面表水温は15度のラインより色が紫っぽいところです。10℃~13℃はシロウオには冷たいですよと言うことになりそうです。
BlogPaint

出典 福岡県水産海洋技術センターよりキャプチャ


ちなみに前回の大潮は漁獲ゼロだったそうな。


と、仕事行く前から負け戦の情報をキャッチ。


今夜はどうしようかと仕事中は脳内会議ですよw室見川がパッとしないなら九州北部の各河川は似たようなものかと。。。。。


しか~し、釣り仲間の某Aさんがシロウオ大漁旗インスタ投稿!えええええっ!?


場所によってシロウオの獲れ方に大きな差が生じている模様。


何かに理由つけて、今夜はお布団で温く温くと寝ようかと企んでましたが行くしかあるまいw


遂にシロウオフィーバーに王手なるか!?


の前に、釣具屋さんでにょろにょろ105ゲットだぜー
BlogPaint

新色のにょろにょろ 新色 ゼブラグローイワシ ウッホウッホホ。凄くイイ色。


縦じまカラーはルアーが前進することで配色を際立てさせる効果があります。逆にロールアクション(上下の縦の動き)では配色の効果は出ません。と、世界のヒロ内藤さんが仰っておられました。とにかく巻けカラー。


よっしゃ!いくでー!巻くでー!にょろにょろ買い増しやー!で勢いあまってシラスカラーまで買ってもうた(汗)


にょろにょろのデブニョロとは動きが全然違いますね。にょろにょろ105は名作レベルです。


今回は下げ潮8分からのスタート。前回は河口部にロックオンしてデコったので、今回は上流部に遡上している個体を追っかけてみる作戦に。


潮が下がるにつれて上流→中流→下流と川下りレイヤー作戦、産卵が終わって瀕死状態の雌の落ちシロウオと下げ潮の潮位とリンクする感じでランガンしました。



大潮のフルムーン月夜が釣れなさそうな雰囲気たっぷりw月夜は真鯛以外は良くないぞ!と魚卸しの仲買人さんがいつも言ってるw


月夜でもやるしかないんです!今夜がシロウオにとって数少ない大事な日なので月夜だからって嘆いている暇はない。


よっしゃ!いくでー!巻くでー!月夜と心中や!


案の定水温冷たいのかな。。。。。上流部は生命感なし。しばらくやって中流のインレットに移動


ボラティリティーが大量発生!!!こっちのシーバスは他に美味しい餌が居る為かイナっ子超絶不人気ですwなのでボラいたのでちょっとやってスルー。もしシロウオ居ても大量のボラが食べちゃってるよ。


河口に付くころには下げも残すところ2時間勝負。


月夜の強い月光で明暗がぼやけて勝負しづらい。明暗を捨ててカレント勝負。弱ったシロウオが流れのヨレに身を寄せそうな場所を探しながら、にょろにょろを絶妙なデットスローと早巻きでトレースコースを調節。ボトムがいいのか表面がいいのか分からないが、弱った感たっぷりのスイミングが可能のにょろにょろ。長年のベストセラーが頷けるシンペンですね。


良い動き、速度調整も抜群にコントロールしやすい。レイジー115Sとコルセア85S+以来の実力派シンペンに認定。


にょうろにょろコントロールし易いのが幸いし、どうにかこうにか沖に流れる潮目で食い止まってくれました。


どんっ。腹パンのナイスサイズ!ブリブリのコンディション 釣具屋さん計測3.25kgくらいありました。
1520041277557


ヤバい。シーバスが素で面白い。にょろにょろ105 新色ゼブラグローイワシ ありがとうございました。


シーバスさん胃袋調査。これより先はグロイですので閲覧注意です。


腹パンは卵を抱えているのか???それともシロウオをたらふく食べているのか???


腹パンの正体は胃袋が身体の半分サイズ!出刃包丁よりデカかったwこんなデカい胃袋みたのは140cmシイラ以来。そのシイラさんはトビウオではなく尺鯵をたらふく食べてた。
1520041630688


捌いている途中で胃袋の中身が分かっていました。


ちょっとお腹を抑えるだけで「ブツ」がゲロゲロwどれだけ食べたら気が済むのw


私のリール解体用のトレーにゲロゲロして頂きました(泣)
1520041936792


内容物を水道水で丁寧に洗浄した結果。謎の手のひらサイズ小魚数匹(骨有り)、あとはバチバチバチバチ。シロウオは1匹も入ってませんでした。ヲイニーが超ヤバい草草草臭。気絶


今年はバチが当たり年なのか?シロウオよりバチを意識した方が釣果上がりそうな位いっぱいです。


ブログ書いてたら既にお昼。夕方まで仮眠とって違う河川に旅立ってきます。


よっしゃー!いくでー!にょろにょろ巻くでー!シロウオパターンシーバス釣ったるで!

春の陽気で激旨なヤリイカがヤバいフィーバーしてますです。ハイ。


イカフィーバーもさることながら、イカそっちのけの徹夜作業で銀行に出資した甲斐もあって早くも配当金(イーサリアム)を戴きました!毎週火曜日に配当金が貰えます。少額ですがとってもハッピーです。プレICOも残すところあと1日なので増資するか検討中。


2月23日(金)小潮2日目のオカッパリ一晩でヤリイカ38杯!!!!と地元方よりお便り。そんなに釣れるなら船で夜焚き行かなくても陸でOK。


噂が広がるのは早く翌日土曜日の16時には各地エギングのお客さんだらけでした。毎年恒例ながらも今年は接岸がかなり遅れてて皆さんの鼻息が荒いですw


常夜灯周りでアジングしてみるとワームにちょっかいを出してくるのは全てヤリイカ。アジいなかった。ヤリイカがウロウロしてるのが見えるんで3号のエギでサイトフィッシング。


ワームに当たって来るくらいですので、エギだと簡単にサイトで3杯連続ブッコ抜きに成功。エギのただ巻きストップ&ゴーで充分でした。


群れが居なくなったら沖に投げて群れを寄せる感じで色々やるとまた釣れ出します。
1519733706193


エリアにもよりますが港だとやっぱり上げ潮が強いですね。この日は陽が暮れてすぐに春の強烈な下げ潮が効きまくったので、一瞬で群れが抜けました。それもその筈で小潮なのに中潮並みに潮位が乱高下。乱高下は仮想通貨だけで充分ですw


群れが抜けて2時間粘ってポツポツと渋い感じだったので諦めて釣具屋さんに行って情報収集。


イカはスルメも釣れてたみたいですね。今年もアオリイカは安定の都市伝説状態です。


んで、今年、私的に最も関心が高いシーバスについて尋ねてみると・・・・・


情報ありませんと言われました。皆さんヤリイカとササイカのエギングで忙しいらしいですw


博多湾を除いてシーバス人気はどこへやら。本気で現場ではシーバスアングラーとバッティングしないもんな~。と言うことでポイント選びたい放題なので目指せ90UPで頑張ります。


博多の魚屋さんからホットなシロウオ情報がやっと入りました。が、やっぱりシロウオって期間が短いのかな。でも河口で群れるシロウオパターンに当たったら凄そうなので今年は追っかけてみますよ。




3月入ってすぐに大潮絡みの土日が来ます。シロウオパターン的には勝負の土日になりそうな予感。ジャクソンのニョロニョロが姿かたち良く似てるな。バチ抜けにも強いので今売れてますね。

Jackson(ジャクソン) ペンシルベイト にょろにょろ 105mm 9g シラス

新品価格
¥1,166から
(2018/2/27 22:08時点)




ジャクソン にょろにょろ 85

価格:1,166円
(2018/2/27 22:17時点)
感想(0件)



こんばんは。大寒波の大将軍が居なくなったらスッゲー春イカ日和な今日この頃になりました!


前回のブログネタで九州はバチパターンじゃなくて、もしかしたらシロウオパターンじゃねっ?って思い立ったら即行動。


丁度週末が大潮と絡んだので残業を終えてクタクタの体力でそのままナイトシーバスに突入すると言う、釣りキチ〇イの本能、もとい欲望のまま荒行を行なってきました。なんと2Days連夜!


※シーバスの捕食物確認のため胃袋調査の閲覧注意画像あります。そんなの大丈夫だよって方は先へどうぞ


狙いを要約すると≪1夜目≫
・新月の大潮3日目の金曜日・満潮22時過ぎ
・やや遅れて23時過ぎにフィールドに到着。下げ潮狙い
・北西風は4~6ノットほど
・幸いにも先行者居ない!
・ウィキ筋によると、産卵を控えた『シロウオ』は河口部に溜まるらしい。
・上げ潮に乗って淡水域へ遡上し礫場で産卵。メスは産卵後は海へ降ってくるが瀕死である。
・河川河口部に架かる橋脚の明暗部に落ちてくるシロウオパターン狙い。


久しぶりに北西風が吹きすさむ海のウエーディング。上げ潮の始まりから狙いたかったがサラリーマンは思う様に出来ないのが辛いぜw


昨年まで狂った様にシマノ・コアプロテクト搭載リールに入れ替えを行ったため今回は巻きが凄く滑らかなリールを3台投入。C3000のツインパ・サステイン、小型ミノー用にメバルタックル・ストラディックCI4+2500、特にツインパワーの巻き心地はやっぱり一味違いますね。


今夜は数年振り本格的にナイトシーバス復帰戦。幸いにも先行者と強い季節風の影響はない。


海面に対岸の街光が反射するがベイトの確認には至らず。どうやらイワシやキビナゴ系の小魚は厳しいらしい。ならば尚更『シロウオパターン』だけに集中出来そうだ。


ナイトシーバスのドリフト、スローリトリーブ。クリクリクリクリ~からのコンッ!懐かしい感覚だけが蘇る。


出始めはトレースコースのコントロールで精一杯w潮の速さと明暗部分を重ねて上手くクロスさせたり、明暗に出したり引っ込めたりして食わせのトリガーを仕掛ける絶妙さ加減が『ただ巻き』と言う単純動作の中にも妙技を感じます。ナイトシーバス楽しい!


感覚が中途半端に戻った状態での不意のファーストストライク。ショアラインシャイナーSL145Fを投げていたのだがシルエットがデカいと判断して、ショアラインシャイナーR95Sにサイズダウンして数投で答えが返って来ました。


サイズはアフターシーバスの80cmを予定していたのですが、まさかのヨン様wwww


苦笑いしながらも久しぶりのシーバスは素直に嬉しい。
1519131547429


1日目は潮がドンドン下がって『落ちシロウオ』を期待しましたがヨン様サイズを一匹ゲットして無念の納竿。残業したあと夜通し釣りするとアカン。逝ってまいそうなほどキツイw


お昼寝して目覚めてから胃袋調査です。ストマック調査とも言いますね。期待のシロウオは出てくるのか?
1519132354896


主成分はバチ!エビ!アミ!


残念。シロウオは居ませんでした。


狙いを要約すると≪2夜目≫
・大潮4日目の最終日は夕方から現地入り
・違う河川で再調査
・河口橋脚の上げ潮狙い
・またまた先行者はナシ!神がかっているwけど北西風強し10ノット前後
・シロウオ居そうな礫が多い河川


まずは下流側の深い側を丹念にDUELの30㎜と50㎜の渓流ミノーで小魚をイミテートして絨毯爆撃。橋脚のヨレで時折ボイルあるもノーバイト。ベイトは見えず。


上流の浅い側に移動すると呆気なく子シーバがアタックし渓流ミノーで10連発はしました。ちと面白かったのでカウントダウン3のリップレスにチェンジすると更にボコボコ。水面直下で好反応だったので、今は亡き北山ダムの餌ペンシルの異名をもつザラポーチ!ザラパピーの更にダウンサイジングの卑怯ルアーw


ザラポーチにエゲツナイほどのアタックあるけど全く乗らず。60シーバスなら有無を言わず丸飲みだった筈なんだけど。アタックしてるのは20cmクラス。。。。。
1519134142216
上から
オリザラ(ブタザラ)
ザラパピー(ウッドモデル)
ザラパピー(樹脂製)
幻のザラポーチ
サイズ比較でポップR P50

※バスのアメリカンルアーだからって食わず嫌いは勿体ないですよん♪シーバスもよーさん釣れますので中古屋さんで見かけた際は、私が目の色変えて買いますので、そっと残しておいてくださいと切に願います<(_願_)>


私的にシーバスを食すなら20~30cmのコシーバが一番美味しいです。場所によっては60越えるとトンデモないヲイニーしますw


20cmサイズなら、青ネギだけの風味を加えたお味噌汁で臭みなく美味しく戴けるのが嬉しいです。ベラに似てる感じでアラカブより臭みがないです。


一匹だけドラグをガンガン出して走った良型が混じりましたがフック伸ばしてバラシ。チヌだったかもしれない。


ほぼ粒ぞろいで揃えて上げ潮の片潮で納竿。
1519135918277


2日目は見えないベイトでコシーバ軍団が河口エリアでフィーバーしたのでかなり期待しましたが、結果はいかほどに。


胃袋調査の結果
1519136054105
見えにくいのですが、バチ・アミ・エビ
1519136117068
キビナゴっぽいベイト
1519136156841
ワレカラっぽい水中生物が多数確認出来ました。シーバスと言え小魚が少ない時は雑食に近い食生活みたいです。


今回のまとめ

2河川分の大潮釣行では『シロウオ』確認出来ずとなりました。



トリップアドバイザーさんのサイトには


2月から4月のシーズンには白魚の踊り食いから始まる白魚のコースを楽しめます。



とありますので、あと数か月はシロウオパターンのチャンスがありそうです。次回は別河川でトライしますか。


嬉しいことにバチがどの個体からも検出。バチパターン強しと言うことも見えて来ました。


今年は大寒波到来で今回の大潮で叩いていないシーバスの個体が沖釣りで爆釣していたみたいですので、全体的にシロウオもシーバスの産卵も遅れている感じと思われます。ウエーディングしている時に雪解け水の影響でいつもより水が冷たかったのが印象的でしたね。バチパターンだけ順調に進行中の謎も気にかかります。


次の大潮で色々と季節が進みそうな感じがします。


18ステラの新着PVがお披露目でされました。




私のシロウオ調査まだまだ続きます

夜になって更に寒さが増しましたね。明日は北部九州は凍結渋滞しそうなので今日は早く寝ます!

と言いたいところですが、ちょっとだけブログ書いて寝ますzzzzz


すっかり引きこもり常習犯の私が重い腰をあげて、海の様子をパトロールしてきました。


ちょっとだけエギングしましたが、北西風20KT(風速10m)の猛烈な吹雪きで直ぐに心が折れました。対岸は吹雪いてて見えませんw
DSC_6757


あわよくばシーバス釣りたいなと回遊してると見慣れない物を発見。
DSC_6745

有明海では見掛ける「四手網」と言われるシロウオを掬う網が伊万里湾にもあった。というか伊万里湾では始めて見た!


シロウオ?シラウオ?シラス?白魚?


色々似たような呼び名があってスッゲー紛らわしいのがいっぱい。。。。

《ざっくり言いますと》
シロウオ=ハゼ科
シラウオ(白魚)=カタクチイワシ等の鰯系稚魚
Shirouo0902
出典 ウィキペディア シロウオ画像 アイキャッチにも使用

去年はめざましテレビで福岡伝統の室見川シロウオ漁の取材があってたんで気になってました。


シロウオが早春になると、なぜ川に遡上するのか?と気になってwikiってみましたら包み隠さず書いてありした。


Wikipediaによりますと

生態[編集]

通常は沿岸の浅い海に生息し、プランクトンを捕食しながら生活しているが、早には成魚がの下流域に遡上して産卵する。成魚は河口で群れをなし、満潮時の上げ潮に乗って川をさかのぼる。汽水域上限から淡水域にかけての、転石が多い区域に辿り着くと群れは解消される。一夫一妻・1回限りの繁殖様式とされ[3]、1-3mm程度の礫質底に[4]オスは各々が石の下に潜り込んで産卵室を作り、メスを誘って産卵させる。メスは産卵室の天井に長径3mmほどの細長い水滴形の卵を約300個産卵する。海水では孵化しない[4]。産卵・受精後はオスが巣に残り、孵化するまでの2週間ほど何も食べずに卵を保護する。寿命は約1年で、メスは産卵後に、オスも卵が孵化した後に死んでしまう。孵化する仔魚は全長5mmほどで、すぐに川の流れに乗って海へ下る。

引用元 Wikipedia シロウオより

なるほど。シロウオは淡水域の上流では単独行動になるけど、河口域では群れててチャンスなので網で掬っちゃえ作戦なんですね。ってことは、河口ではシーバスも群れる!?って可能性も考えられます。


東京湾のアフターシーバスはバチパターンが有名ですが、バチの塊なんて見たことない九州ではアフターシーバスはシロウオパターンが濃厚です。


今思えば釣ったきにシロウオらしきものを吐き出したシーバス君が居ました。今まで鰻の稚魚と思ってましたがシロウオの可能性が高くなってきました。


この時期にラパラのカウントダウンシリーズ(CD7)のリップレスがやたらと調子が良い理由がやっと繋がった。単発のバチパターンが影響しているのかと思っていましたが犯人はシロウオっぽいです。


今週の土曜日はギリギリ大潮の4日目。金曜日も最高のタイミング!と言うことで、なんだか今週末は大潮と重なってフィーバーの予感がプンプンしますよ!

今年の初釣りはもう行かれましたか?私はショアジギとメバリングに繰り出してきました。


2018年の初売り&初釣りで気付いたことから書いてみます。

初売り恒例の長蛇の列は、どこのお店も今年は見受けられませんでした。お昼までに2店舗回ってますが、至って普通の休日よりやや多いくらいの人出。駐車場もやはり余裕がありました。


福袋は、ほぼエギングやタイラバ、アジング福袋が人気で、バス福袋の姿がほぼ消えてしまいしまたね。一昔前までバス福袋2万円台でも飛ぶように売れてたんですが、これには感慨深いものを感じます。回った2店舗ともバスコーナーには、ひとっこひとり居ないしw 

九州ではバスが完全下火な感がありますが、私みたいに物欲旺盛でアクティブな海釣り顧客の母数も今年からはどうやら変化の年となったように感じます。

デフレと今後の見通しが立たない世で、みんなが元気をなくしちゃって引きこもりに走りはじめた年!間違いない。


初売りで新しいタックルや家電製品を買い漁ったあとは、さっそく筆下ろしをしたくなるのが釣り人と言わず人の性、釣り場が混雑するのが恒例行事なのですが、今年は初売りで購入された方が、やはり少ないのか海釣りスポットもガラガラ。しかも博多湾近郊の有名なところで。。。。ですよ。

いやっ、バスでも海でも、毎年見掛ける「連休だけ仲間で集って釣りを楽しむ改造車で乗り付ける若い兄ちゃん達」の姿がなくなった!が大きいと思う。各地で結構なウエイトしめると思う。

完全釣り中毒のイケてる兄ちゃん達は、フェリーや渡船で離島や沖磯で本格的にインスタ映えするお魚追い求めてる感じ。

釣りに対してお金をかけるか、かけないかで完全二極化しはじめた感じなのです。それもそのはずで、お魚天国と言われる平戸エリアのメバルもさっぱり釣れなくなったここ数年。新規開拓で珍しく博多湾近郊のメバル調査しつつの初釣りをしてきましたが、平戸も博多もお魚が居ない。

出会った渓流ファンのメバリング専門の方が23cmの良型を仕留められましたが、3時間で私も16cmの一本だけw

大潮のスーパームーン&ウネリが残って良いサラシがガンガン出来ていたのですが、期待と裏腹に釣果が伴わないw
DSC_6468

これだけ、まともに釣れないのでは、釣りに精通してないと心折れて釣り事態行かなくなります。↑の兄ちゃん達も費用対効果考えたら行かなくなるのも頷ける。かといって、福岡から2時間かけて長崎の果てまで行くわけないしw


そんな世の流れでも良い釣果を叩き出すには!?


去年の暮れまで低燃費過ぎる20年前の年期が入った四駆に乗っていた私。リッター6か7km!それでも年間2~3万キロ走ってガソリン代をこれでもかと言うくらいにばら蒔いてました。


時代が十の昔に過ぎ去ったバス釣り仕様の四駆と涙のお別れして、高年式のハイブリッド車に乗り換え。リッターで21~28キロ走ってます。


燃費が違いすぎてジェネレーションギャップを感じずにいられませんw


年末から年始の間に早くも700キロ走ってしまいましたが燃料タンクは残り3メモリ!!約15㍑くらい残ってる感じかな?


いるかさんがおっしゃられるように、ガソリンタンク満タンで1000キロ走行も夢じゃないかも!


今まで高燃費過ぎる四駆に固執していた自分に自己嫌悪の嵐。


四駆は燃費の面が正直悪すぎるけど、広い車内が魅力で釣りには抜群に使いやすかった。でも燃費を気にして釣り控えして釣れるタイミングを逃していたのもまた事実。


燃費を気にせずガンガン釣りに行ける環境ってステラやイグジストで完全武装するより、最強の武器ですよ(笑)っと今更感w


福岡某所で感じたのはもう一点。とても簡単なことで、そのときは釣れなくても回遊待ちorベイトの回遊で巣穴から浮上してくる数少ない居着きの個体を夢みて、とにもかくにもキープキャスティング!

大都市圏の人気エリアでも、釣るにはとにかく通え。そして投げ続けろの2点。


爆釣に一番の近道は五島列島や男女群島に行くのがてっとり早いが、それは現実的かつ経済的にムリがあるので、通える範囲で場数を増やす。


B級磯に通いつめて、その作戦で実績だしてプロだったかテスターになられた磯師の方がおられます。1級磯に毎週大金叩いて通っても、心折れたらなんの意味もないと痛感させられました。


私の場合は、車を乗り換えて経済的負担を緩和作戦。前の四駆で沢山かかっていたガソリン代を考えると、ローン代金を相殺するので負担額はほぼないです。節約なしで生活水準そのままです。最近のお車はこんな感じですので、高燃費なお車に乗られている方はローン組んでも逆にメリットになることもあります。


軽自動車→軽自動車  

軽自動車→ハイブリッド車

ハイブリッド車→ハイブリッド車


例えると、iPhone7→iPhone8


の、乗り換えは効果(薄)かもしれませんが下のパターンでは経済的効果絶大!

高排気量車→軽自動車  ⭕

高排気量車→ハイブリッド車  ⭕


例えると、ガラケー→iPhoneX 


私、やっと時代の流れに乗った(遅っ)なわけで、車を運転するのが楽しくてしょうがない年末年始でございます(笑)


勢いあまって、今年から本格的に再開するシーバス釣りもスポットの新規開拓に連日成功しております。


西海市に博多から出店の激ウマたい焼き屋さん「鯛宝楽」http://www.taihouraku.com/ ってあるんですが、田辺則男vs深江真一がバトった西海市認定のスーパーリザーバー伊佐の浦ダムの帰り道にボート引っ張ったまま良く買って帰ってました。の、鯛宝楽さんが、最近では大フィーバーの人気過ぎるたい焼き屋さんになっててインスタオネエチャンでいっぱい!
IMG_20180103_115341


行列に並んで、たい焼き買い漁ってインスタにあげて、たい焼き片手にかぶり付きながらスマホでポチポチ。岸辺までエントリー出来そうなスポットをGoogleマップで物色。


人知れずのスーパースポットへは奥の細道(獣道)が大半なので、車では見逃すので、近くに着いたら車を乗り捨てて竿も持たずにとにかく歩く!


見付けた時の感動はひとしお♪崎戸大島でも同じ手段で、良い磯場を発掘しました!その日は沖合い200mのところでナブラフィーバー。船団出来てたので風と潮のタイミング次第でショアから狙い打ち出来そうな感じのところでした。
DSC_6425

ロープまで設置されてたのでポイント丸分かり!これ撤去するか隠してた方がいいよw


こんな感じでシーバススポット3箇所を発掘しました。


ハイブリッド車の低燃費を武器に今後もガンガン走って、ガンガン歩いてシーバススポットの発掘に勤しみます。


今年はシーバス自己記録の86cmを更新出来る年にしたいですね♪  

↑このページのトップヘ