カテゴリ: シーバス

最近は流行っている釣りの移ろいが早くて、タックルも腕も付いていきません(笑)


んで、恐る恐るウルトラマイクロジギング(そう呼んで合っているのか?)を、ルーディーズ・金丸氏のセミナーの時に教えて頂いた、とっても釣れそうなヒラヒラした動かしかたを見よう見真似で再現してみた。セミナー行ってて良かった!
IMG_20181118_151030_623


今日のターゲットはウルトラマイクロジギングで落ちキスならぬ、落ちハゼです!


何を隠そう、まだハゼをルアーで釣ったことがありません。ライトリグやスモールクランクで釣れてお手軽なターゲットらしいのですが、意外に出会えないお魚No.1。天婦羅がウマイらしいので期待だけが無駄にあがります。


2週間前、浅場にハゼがいっぱい居るところを偶然見付けてたので、万を期して出撃や~ってクルマを走らせたのまで良かったのですが、現場に着くやいなや最近の寒波の影響で姿かたちなく、深場に落ちて行ったらしい。。。。


どうしようかと悩んだ末、ボートで出撃することに。


普段とは違ってスーパーマイナーな所をボートで撃って行きます。


干潟の水深3m~10mの川の筋狙いです。海なんですが、なんだかバス釣ってる感じ。


ペラを打たない様に慎重に操船しないといけないのがスリリング。浅瀬は正直エレキ欲しい。


きっとチヌやシーバス、上手く行けば良型のマゴチが来そうな雰囲気です。


手っ取り早くミノー、バイブ、クルクルで広範囲をサーチ。


期待と裏腹に無反応が続き下流まで潮に乗って流すと、急にベイトが沢山居る潮目に遭遇。


運良くナブラが起きて、クルクルの早巻きでウルトラコバッチのセイゴ君1本目ゲット
IMG_20181118_151030_632

10mから5mのチャネルの壁を見付けてマゴチ2連発に成功。バラシたのに限って50cmオーバーのサイズ。逃がした何とかは大きかった。
IMG_20181118_151030_634


相当小さいので50cmになったら、また来てくださいとリリース


クルクルをボトムでリフト&フォールしながら小刻みにピョンピョンやってみる。


フォール姿勢に変わるとブレードを触る感触が伝わってきた。最近はジグばかり使っているのでシーバスのバイトの取り方が意外とムズいことに気付く。


なんでバスみたいに大きな口してるのにブレードつついてんの(笑)ガッツリ食べてシーバスさん!


頑張ってどうにか掛けたけど、エラ洗い一発でサヨウナラ。シーバスさんやっぱりムズい。


シーバスのサイズと群れは小さいけど居るみたい。


水深10mを1.5gでウルトラマイクロジギングやるにはゲーム展開が遅くなるけど、5mならばどうだ?と投入するもやっぱりダルい。もっとサクサクと釣りがしたい。最低でも20gは豆乳したい。


そうこうしていると、またまた子シーバのナブラが発生してウルトラマイクロジギングにて一発でヒットするもバラシ。


なんとなくだがウルトラマイクロジギングの全体像がぼんやりとわかってきた。


ウルトラマイクロジギングは、お魚が見えてる時にはスコブル強いが、ブラインドの釣りには余り向いていないらしい。


お魚が居るか居ないか分からないときは軽さが仇となってサーチ能力が意外と低い。しかも極細ライトラインなので、根掛かりしたらほぼ絶望的。なので見えてる相手をサイトで釣ることに特化しているのかも知れない。


似たのにラパラのフィギアエイトが良い例でしょうか。投げてサーチするより見えてる相手が超得意な特殊なルアー。本来は氷に穴開けて真下に落とす使い方なので、根掛かりをほぼ視野に入れてないので投げたらやたらと弱い。


なんとなく使い方が見えて来た所で小雨がパラパラと降ってきた。


急いで帰港するもパタリと止んだので第2ラウンドへ!


オカッパリで岸壁サイトフィッシング♪


水深20センチの浅瀬でボトムバンピング。


キラキラ光る小魚がワヤワヤと追っかけて来ました。
IMG_20181118_151030_637

その正体はシーバスが大好きな柊(ヒイラギ)ではないですか!伊万里湾のシーバスは柊カラーがとにかく良く釣れます。


早速シーバスロッドで泳がせの傍ら、ウルトラマイクロジギングを続行。ベールはフリーで置き竿。泳がせは夢があってオモロイ(笑)


対岸でシーバスらしきボイルが起きたので、泳がせ仕掛けも一緒に大移動。


ヤバい。凄く釣れそう。。。。完全にウルトラマイクロジギングどころではなくなって、泳がせにハマる私(笑)


シーバスの70サイズがギラギラと光ってベイトを追い込んでいる。


柊豆乳からのベールフリーで放置。完全に頂いたと思ったけどなかなか食らいつかない。


うーん。どうしたものやらと、根掛かり覚悟でウルトラマイクロジギングをキャスト。


ボトムバンプしたら手応え。掛からない。


また投げると同じく手応え。


またまた投げると今度は掛かった。


ボラのスレかなと思ったら、立派な本チヌ様がウルトラマイクロジグをガッツリ食べてた!初獲物にしては上出来なサイズ。
DSC_3215
DSC_3217


ジグ単のアジングタックルを流用してメインラインがFCスナイパーフロロの2lb.リーダーはシーガーフロロの8lb.本来はエステルラインやPEを入れるらしいので、超怖いファイトでした。


やっぱりPEの0.6は欲しい。


泳がせにはシーバスは掛からずでしたが、ウルトラマイクロジギングにて良いサイズを初日から仕留めれたのは嬉しい釣果。


結局今日もハゼはお預けでした。どこにいったんだハゼ君。。。来年こそは真夏のハイシーズンにハゼを釣ってみたい。

遅れに遅れまくってやっとショアジギスタートしました(遅)


去年の3月中旬にはジグしゃくってた記憶があります。その時はたまたま良い群れに当たってシーバスやフラット系を釣って、ヒラメも2~3枚かけて連続でバラシてたw


今年はナイトシーバスでシロウオ追っかけていた影響でジグシャクリたい病が絶頂MAX!!


昨日に引き続き西風が爆風だったので春政スポットを諦めてライトジギングで釣れたら旨い系のハタやら~真鯛やら~が来てくれればと、ゆるく狙ってきました。


軽ーくロッドを曲げて投げるだけで90m近い飛距離をマーク。


今回は珍しくオーシャンルーラーのガンガンジグ60gを使用。飛距離が出たのはこのジグの性能???やたら飛距離が出るぞこのジグ!?


飛距離が出るんで快感になってブンブン投げてると群れにカチ当たって爆釣モードに突入。フォール中にラインをサミングしただけでアタックされる天国モード
IMG_20180408_173019_041


あれだけシロウオパターンで手こずったシーバスがいとも簡単にジグに反応してくる(嬉)


ボトムに無事着底出来たと思ったら、ラインが風であおられてジグがボトムをズル引き状態にもヒット。テクニックもへったくれもありません(笑)


帰りがけ捌いて帰った時に出て来た「カタクチイワシ」結構ナイスサイズなカタクチが出て来た。ガンガンジグ60gと似たサイズ。知らぬ間にマッチザベイトになってた。
DSCPDC_0003_BURST20180408130928264_COVER



ルアー投げれたら釣れます!時にそんなことも起こるのがソルトルアーの爆発力であり面白さ。


MHのロッドでもゴロタに擦られながらのファイト。


さっきのシーバスよりパワフル。より大きな丸鱸なのか、ブラックフィンの平鱸なのか、はたまたゼラチンが旨い真鯛なのか。。。。


どっちにしても良いお魚なのは確か。ジグでアシスト1本なのでぶっ飛ばされる可能性大!


冷や冷やしながらも無事にランディング。


まさかのチヌでしたがブリブリに太ってた。チヌにしては真鯛と勘違いするくらい引きました。唇がぶ厚い。近くで釣ってたオジサンがお刺身にするって喜んで持って行った。見てたらちゃんと脊髄の神経締めと血抜きされてた。相当の通とみたw
IMG_20180408_173019_047


チヌを最後に天国モードは呆気なく終了。惰性で打ち込みましたがその後は無。ショアジギなのにシーバスとチヌというオチ(笑)


久しぶりだったので魚種は問わず良しとしておきましょう。


リールはストラディックC5000を使用。見た目はタマゴ型ハンドルノブにノーマルモデルよりパワーハンドル設計。ワンランク上サイズの5000番スプールがハマってXGギア搭載。シマノさん渾身のショアジギにピッタリのリーズナブルで魅力的な機体に仕上がってはいるんですが、本体が4000ボディなのでどうしてもパワー不足感があります。これはサステインでもツインパでも同じなのかな?巻き取り量は丁度いいのですが。


ボディが4000番のC5000ではなく5000番ボディを追加希望。シーバス数匹とチヌ釣っただけで二の腕が筋肉痛になったジャマイカwもっと楽に巻き取れるパワーをストラデックに与えて欲しいと切に願う釣行でした。次のモデルが出る時に3000円高くなってもギアが良くなったら買うw頼んだぜシマノさん。
DSCPDC_0001_BURST20180408103606966_COVER




タイトルであります【早春のシロウオパターンのシーバスを検証】も回を重ねていたら季節も進んで、桜が満開の季節になってしまいました。
DSC_0155


早春から春にタイトル変えないといけないかな?


写真は佐賀県武雄市の『馬場の山桜』FBS福岡放送で紹介されて凄い人出で賑わっておりました。遠いところで八王子ナンバーのお車も見かけました。満月の月光だけで観る山桜が最高に綺麗らしく関東まで名を馳せるそうです。昨夜はフルムーンのブルームーン!


私、シロウオを追っかけてたので勿論シーバス釣行w


前回シロウオらしきベイトが検出された河川へ再び繰り出しました。5分の上げ潮の潮位。


到着して河川を眺めるとボイルの嵐。


最近は強い高気圧の張り出しで、鏡面反射のベタ凪がずっと続いてたのでベイトは期待してなかったのですが、潮が大きいのが幸いして好機の様相。


水面にはベイトが逃げる波紋が確認。シロウオではなさそうだが賑やかなのは大歓迎。


トラウトミノーへの反応がイマイチなのでラパラのカウントダウン。この河川はカウントダウンがとにかく良く釣れる。CD-11まで実績あり。


胃袋調査しないといけないので手段選ばず仕留めなければ始まらないので、毎回似たり寄ったりのルアーになってます。とにかく釣れるカウントダウンでサックっと釣れました。


かけた瞬間から小さいバディーなのに良く引きます。今回はマルスズキではなく銀ピカのヒラスズキ(ヒラセイゴ)の群れが大量に入ってました。
DSC_0001_BURST20180331195158019


ポポンと2匹釣れたところで、ロッドバランスがおかしいことに気付いてヒラ相手にフッキングが決まらない病感染。アワセてもフッキングしないwロッド柔すぎた。


一番下のガイドがシングルフット。そもそもメバルのロングロッドなのでシングルフットの設定で正解なのですが私みたいにシーバスに流用するには最低でもダブルフットのKガイドに交換してないとバットに力が入んないので、食い渋るとビックリするくらいにフッキングが決まらない。


全体的に柔いバランス設定のダイコーロッドなので尚更。柔軟さが裏目にでてヒラスズキに歯が立たないまま終了。交換サボってたのが悔やまれる。


気を取り直して移動中にシロウオ漁をやっていた小川に寄り道してみると
DSC_0110

アレがない!!!!すっぱりなくなってました。
DSC_6745


ネットには4月中旬まで可能性ありになっていたのですが、今年は安定した晴天が続き急激に水温が上がったのが影響したのか、桜と一緒で一気に季節が進んだ模様。


シロウオが完全に居ない訳ではないんでしょうが、シロウオ漁の効率がわるいくらいシロウオの数が少なくなるとシーバス釣りの方もパターンどころではなくなってしまうので実質のシロウオパターン終了の合図と受け止めて宜しいのかと思われます。


本日の釣果
DSC_0128


マルスズキ狙いの筈が、蓋を開けるとヒラスズキ、本カワハギ、アジゴ、イシカニと旨いお魚勢ぞろいになってしまった。


岸壁に居たのを見つけてバイブレーションでシューティングして見事ゲット。甲羅も硬く脱皮の気配がなく爪も立派で美味しそうだったのでお持ち帰り。


美味しい石カニの見分け方は、甲羅がぶよぶよで脱皮直後だと身がジャブジャブして美味しくありません。甲羅にフジツボが付いてたり、色が濃い個体は美味ですね。色が薄く模様がキレイなのは経験上ハズレが多い気がする。


鍋で15分~20分蒸して簡単調理。次回は酒蒸しにしてみよう。狙い通り超絶旨っかったw
DSC_0175



かなり脱線しましたが、今回ヒラスズキが沸いてた理由は胃袋の中が物語ってくれます。


バチなのか、イワシ系シラウオなのか、待望のシロウオなのか。。。。。


Open The Stomachus



DSC_0130


なんと、キビナゴっぽいの1匹だけでした。もう1匹は胃袋の内容物ゼロでした。ヒラスズキは安定のピンクの身。血抜きをやってなかったのですが綺麗な身ですね。


やっぱりシロウオの季節がズレて来たのかなといった印象です。ヒラセイゴが入ってきたのが何かの合図なんでしょうね。まだ脂の乗りが少ないのでゴールデンウィークに向かうにつれてドンドン盛んに捕食して脂が乗って来るでしょうね。


2018年 春のシロウオパターン・シーバスの追跡はこれにて終了とします。


シロウオパターンは年を重ねてもっとやり込まないと詳しいことが解らないと言うことが正直な感想です。思ったよりシロウオの数が少なくベイトとしてのパターンとしてハメ込むのが難しい。


ウィキぺディアによりますと

保全状態評価[編集]

日本の環境省が作成した汽水・淡水魚類レッドリストでは、1999年版で「準絶滅危惧(NT)」として掲載され、2007年改訂版で危険度が増したとの判断から「絶滅危惧II類(VU)」となった。日本ではその他にも各道府県のレッドリストで絶滅危惧種として掲載されており、うち5県では絶滅危惧I類(絶滅寸前種)に指定されている。

日本国内の分布域のほぼ全域で個体数が減少している。原因は川や海の水質汚染、または河口堰設置やコンクリート護岸など河川改修による産卵場消失と考えられている。




二ホンウナギと同じく注視する必要があるくらい貴重なお魚であります。


どちらかと言うと、バチ抜けを追っかけて運が良ければシロウオパターンに当たる程度で捉える方がいいみたいです。


なかなか厳しい調査でしたが、バチ絡みで良い釣果が出せたのでシロウオさんに感謝しております。


さて、4月からは春イカに春マサにと例年通りの運行に戻ります。半年ぶりにバス釣りの予定も入ったので色々と楽しみが目白押しです。


カニ旨かったw夏はカニ掬いに行こうと誓ったシロウオパターン調査最終日でした。シロウオはまた来年!


ではでは。

潮の干満差が2m以上動く春の中潮だったのでシロウオ動くでしょう!キタコレっと、詰めに詰めて深夜残業から夜通しシーバスプレイ決行してきた3/21秋分の日


中潮の下げ潮始めの時間に滑り込みで現場到着。寒の戻りで気温7度の4㎜のまとまった雨。道中引き返そうかと思うほど。さみぃ!!し、XEMい!


シーバスは寒い内と秋の夜長がベストシーズンなので寒いのが常。ヒラスズキもマルスズキも荒れた方が釣れるのは常識wこんなんじゃみんな他のお魚やエギングに走っちゃうのが分かるわw


しかし弱音を吐いてる暇は勿論ありませぬ。皆が妥協するシンドイところをとことん追求するのが私の役目。最新タックル関係の甘くて美味しい分野は他ブロガーさんにお任せして参入障壁が高いところを行動力と根性だけで突いて行きますよ!本気で釣り込みたい方だけ読んでくださいな。


さて、第四章の3/17・3/18の土日の釣行で、ついにシロウオと思われるベイトフィッシュが胃袋から出て来たので、その3日後にチャンスは逃すまいと連続釣行。


バチパターンと違ってシロウオパターンは『食いが渋いんじゃないのか?』っと前回の釣行で感じてたので、今回は同じ釣果に終わらない様にルアーローテを早めにして対策。


前回の小型フローティングミノーとは裏腹に今回はヘビー級のシンキングペンシルがメイン。シロウオがハゼ科なのでボトム付近の石影を隠れるように移動しているんじゃないかと思って、ショアラインシャイナーSL145のリップレスチューンに板オモリを張って30g越えのヘビーシンペンでボトムを擦る位ベタベタを攻めました。


結果的にシンペンも表層のデッドスロー引きもノーバイト。やっぱシロウオ絡むとミノーが弱くなるのか!?


予想通りの展開だったので、下げ潮のスピードが適度に弱くなるタイミングで複数回メバルワームのスーパーロングフリーズアクションを投入してました。

魅惑のスーパーロングフリーズアクションのやり方はコチラ


下げも中盤戦。河川の川幅の広さが集約されてシーバス密度が高まったと思われるタイミングでパタパタと3連発キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


一発目はドラグ調整不足で無念のバラシ。ストラディックCi4+のドラグ利きが悪いー!!!!メバルやアジのゆるゆるセッティングならいいけど、中間レンジで絞め込んだ時の滑り出しのムラがやばい。やっぱ安定はツインパワーですな。


ドラグをちょっと緩めてシーバスの走りに対応出来るように再調整。


腕を挙げっぱなしでもう限界という所まで粘った超ド級ロングフリーズアクションで『コンッ』と明確なバイトが出た時は格別。シーバスと根競べ。腕が限界に来る頃にバイトが集中するので要注意。途中でリール巻いたらプイっと食わなくなります。ワームがボトムに付いて再度リスタートする時だけリールを巻いて糸ふけを処理します。それ以外はロッドだけで操作します。


一発入ったら2発目は確信しかありません。フッキングも自信を持って出来ますね。ドラグも良い感じで滑ってくれてなんとかランディング。またまた安定のコシーバ(泣)
DSC_7284

からの3発目 こちらは50UP

DSC_7286


ルアーローテ早めて無事にシーバスゲット。北風+低温の雨で指先麻痺。人間にはバッドコンディションでしたがシーバスの顔が見れてホッとしました。


その後は無念のノーバイト。陽が登るころ納竿で爆睡でした。


帰ってからは恒例の胃袋調査~~~グロイので閲覧注意~~~~
DSC_7289


二匹とも似たり寄ったりの内容物。
DSC_7294

シロウオは不在でほぼ【エビ】でした。感が鋭い方は前回の『第四章』釣行から胃袋の内容物にバチが入っていないのに気付かれたかと思います。第四章の同日(大潮でタイドブラフのサイトにはバチ抜け有力って書いてあったw)にスレンダーさんが遠く離れた長崎の河川に余裕ぶっこいて行ってきましたがバチ抜けしてなくてデコッて帰ってきましたwバチ抜けタイドグラフにボヤいてたぞw


二段階検証なのでかなり有力な検証結果となりました。タイドグラフのバチ予報には注意が必要みたいw


一週間、一週間でベイトが変わるのが早春のシーバスフィッシングの様です。実に興味深い。


ここ最近の見えて来た傾向

これだけ入念に胃袋調査していると、何を食べているのか、ベイトによるシーバスの反応の仕方に違いが分かるようになってきます。本来はシロウオパターン調査ですが他に面白い発見があります。


①シーバスもだけど大半のお魚はバチが大好き
②バチが絡むとシーバスの喰いっぷりが凄い(簡単に釣れる)
※東京湾のバチがウジャウジャ過ぎて難しい状態とはまた違います。
③バチパターンとシロウオパターンは混在しない可能性がある
④バチパターンとシロウオパターンが切り替わるには水温の壁がある模様
※ほぼ毎日水温チェックしておりますので壁になる水温は推測が出来ております。その内ネタにします。
⑤シロウオパターンは食いが渋いのか?は引き続き調査
⑥自然は短時間で解明出来る程簡単じゃない。10年の年月が掛かってもその先があるのは確実。


今回の寒波でまた海水温が逆戻り。寒い海に戻ってシロウオパターンには辛い水温になってしまいました。


久しぶりにブログランキングに参加してみましたのでポチって頂けましたら大変喜びます。


シーバスランキング


シーバス楽しいぜ!



さて、シロウオシリーズも早くも第四章に突入。本題に入る前にちょっと脱線します。


3/17~3/18は北九州の2018西日本釣り博覧会が特大大大盛況だったみたいですね。回を重ねる度に盛り上がるのは業界的にも良いことですね。


皆さんが北九に集結してるときに私は別行動。釣具屋さんで2018年新製品の【NEW18ステラC3000】を巻き巻きしてました。


ステラ買うかもとPEライン持参で釣具屋さんに乗り込んで試し巻きしました。30分買うか買わないかで迷いに迷って諦めた(泣)


競合他社のフラッグシップやらヴァンキッシュも色々巻いたけど・・・・・・驚異的なほどの異次元レベルの巻き心地に心奪われました。


直感でステラ使っちゃうと完全に廃人になっちゃう気がした。


最近のシマノリールはひと昔のスピニングリールと違って、感度が大幅向上してますので、シーバスのミスバイトが分かるレベルになってます。『あっ、さっきのシーバス触ったな』って、そうすると、フックのポイント鈍ってるかな?とか、カラーなのか?ルアーサイズなのか?などなど対策が打てるので必然的に釣果に繋がって行きますね。


今回のステラはその感覚的なところがヤバそう。。。。。欲しいけど【いかんせん高い】1イーサリアム!!!と考えると安い?


サステイン・ツインパワーでも余裕でバイト拾えますが、ステラならその先が見えそうでした。

入荷しました!シマノ 18ステラC3000※入荷次第、順次発送

価格:70,762円
(2018/3/21 10:42時点)
感想(0件)




脱線しましたが第四章シーバス釣りスタート

17日土曜日の潮は大潮。夕方は上げ潮で22時から下げに変わる潮でした。前日までに強い北風が吹いていないので河川にベイトが入ってるか心配だった点はありますが、それ以外はシロウオパターンには申し分ないコンディション。


5分目の上げ潮からスタート。開始早々水面には逃げ惑うベイトがひき波をたてて散発的にボイルも発生。


やった。楽勝モードやね。と気楽にやってたんですが、ボイルはあれどルアーに反応しない。


ちと焦ってると潮はみるみる内に上昇。上げ潮のタイムリミットは2時間の短時間勝負で、潮止まりの時間を活用して次の河川に移動の予定。もたついている時間はない(汗)


いつも使っているDEALのトラウトミノーに無反応なので、最終兵器・ラパラのX-RAPを速攻で投入。ただ巻き~反応なし。


X-RAPのジャーキングでどうにかこうにかリアクションバイト頂いて1匹目。やっぱX-RAPは凄い釣れる。


ジャーキングにもイマイチ反応が薄いのでペンシルやら色々試すもダメ。


プラグがダメな時はコレ!


反則のジグ単メバルワーム攻めwwww


アクションは付けずスーパーロングフリーズアクション。メバルワームが着水と同時に天高くティップをあげて、テンションフォールだけで出来るだけ長くサビクだけ。※フリーズアクション中にリール巻いたら食いません。私のメバルロッドは8.8ftのチタンガイドセッティング


ツーーーーーーーーーーーーーーーーっ(テンションが抜けたらボトムに付いてます)


ボトムに付いたらハイギアのリールで糸ふけを処理して、またひたすらさびく。


ツーーーーーーーーーーーーーーーーっ、コッコン!!!ギギギギギッキリキリキリン♪


子シーバだけどゲット


これやるには86以上のロングなメバルロッドのストローク幅が要ります。ソアレエクスチューンなら96モデルがあった気がする。凄く使えそうなので欲しい。


最後にトラウトミノーで橋脚のヨレ狙いで奇跡の追加に成功。計3匹釣って次なる河川に旅立ちましたが、まさかのノーバイト。悲劇の撃沈!


なんだかんだで激渋な一日でしたが、どうにかこうにか子シーバゲットして調査成功。
1521599754293

顔面サイズカワハギは最近めっちゃ接岸してて20gメタルジグの岸ジギで案外釣れてますw陽が暮れるまで河川のご近所で岸ジギして遊んでました。フィッシングショーの影響で釣り場はがら空き釣りたい放題♪


恒例の胃袋調査~閲覧注意です。
1521600311869

おおっ!!!コレは!!!いきなりリーチ。
1521600562325


シラウオ?シロウオ?どっちか区別が難しいけどほぼシロウオの可能性が濃厚か。

やっとそれっぽいの出て来たー!!!!祝

ベイトのサイズ計ったら39mmでした。ダイワ 月下美人 ビームスティック1.5インチ と同じサイズでした。

3匹中2匹の胃袋からシロウオと思われるベイトが出て来ました。

ジャークで釣ったシーバスはシロウオ食べてなかった。

シロウオを食べていたシーバスは、トラウトミノーのただ巻きと、メバルワームのお魚です。
1521601142916


今回のまとめ

シロウオっぽいのがやっと出て来たと安堵感もありますが、それ以上にシロウオパターンって実は厄介なんじゃないの???と不安も沸いてきた。生きているシロウオは透明色でハゼ科なのでボトム付近を好む習性がありそう。狙うにはレンジ(棚)やルアーサイズがかなりシビアになりそうな感じがあります。


やっとヒントを掴んだのでシロウオシーズンが続く4月まで検証を繰り返してみます。

↑このページのトップヘ