カテゴリ: ロックフィッシュ

世間では忘年会シーズン、釣りでは寒グレ&ロックフィッシュシーズンの師走に突入しましたね。今日あたりは飲み日和。


しかし、沖ではまだまだシイラの子供(ペンペン)が元気よく飛び跳ねていたりで、海の中はまだまだ秋の気配が漂う季節の変わり目であるみたいですね。


ちょっと気が早いかなと思いつつ、我々は平戸島近辺をアジングがてらメバルとアラカブ(カサゴ)のジグ単メインのライトタックル片手にナイトゲームを楽しんで来ました。


本来ならショアジギでヒラスをまだまだ狙えるシーズンなのでありますが、深夜までの残業続きで朝一番に起きれない病に感染してまして昼夜逆転しております。


久しぶりのナイトゲームです。昔は昼夜通して2連続とか平気でやっていたのですが、歳をとったのもあって、夜はなかなかシンドイものがあります。ナイトゲームは若い内だけですよ。お兄さんw


老体に鞭を打って王道の明暗部をラン&ガンして行きます。


漁港を巡っていると、前に居た漁港で釣られていた方と数カ所かでバッティング。みんな同じようなルート&タイミングで廻ってらっしゃる。


釣果の方は小さな豆鯵がポロポロとお決まりのルーティン。お魚天国の長崎と言えど釣果はそんな感じです。


アクセスしやすい釣り場環境ではどうしても魚影が薄いので、隠しスポットでシーズン目前のメバル狙い。


12月のとある「X-DAY」になるとメバルの25㎝前後の良型が2~3時間で50匹以上も可能な大釣りな日があるんですが、実際に釣り込んでタイミングを養わないと分からない。過去2回当たっておりますが大フィーバーさながらです。


週末アングラーであり、ショアジギメインの私がひょこっとメバル釣りに行ったくらいではタイミングを掴むのは難しいところでありますが、実際にメバル釣りに通ってタイミングを合わせていかないと分からないのもまた事実。


メバルの大釣りは「団体様」であることが大半ですので、いつどこで爆発するかは半分は時の運。風向きと潮流で予想して場所選びして行くと、いつかはめぐり逢えるかもしれません。私の場合は5年に1回くらいの確立


そんな大爆釣を夢見てバスロッドより細いアジングロッドを懸命に振ります。


ポロポロとメバルの子供がアタックしてくれました。同じサイズならアジよりメバルの突っ込む引き味がいいですね。
1513401227274


すっごい久しぶりにメバル釣りましたwライトゲームの対象魚の中でも格別ですね。


下げ潮の払い出しで釣れるエリアなんですが、この日はまだまだX-DAYの足音まで遠い感じでした。が、今週は一気に水温低下!!
sstD_HQ20171210
出典 気象庁 日別海面水温 12/10


12/10の釣行時は、それもその筈で九州北部はまだまだ20度前半です。この日のタイミングなら金沢・鳥取・山口の日本海側がメバルフィーバーしてるんじゃないかと予想されます。


ここ最近の寒波で漸く20度の壁を下回って来ましたので、長崎~博多湾のメバルスポットでX-DAYが起こっているかも知れません。こんな時の土日に限って大時化模様なのですがw
sstD_HQ20171215
出典 気象庁 日別海面水温 12/16


アラカブ(カサゴ)に関しても似たようなタイミングで一気にショアに接岸してくる感じがします。堤防で釣りをしている時にお話しに乗ってくださったガチの延縄漁の漁師さん曰く


アラカブは20度ほどに海水温が下がらないと食いが立たんよ。水温が高いと岩の中でジッとしてるけんね



かと言いて真夏でも釣れるんですが、漁師さんなので釣り人みたいにネチネチと狙うのでは生計にならないので、ササッと釣れなければいけないのでしょう。その活性になるのが20度ほどのようです。


メバルもその傾向があるようで、冬の海に代わるタイミングはデカメバルの可能性がおおありなのであります。


12/10のナイト戦は見事に空ぶって悔しさ爆発。帰るには忍びない貧釣をたたき出してしまったので朝一番まで粘ることに。


朝マズメの一番いいタイミングでキジハタ(アコウ)とデカアラカブがご降臨しないかと40gのライトジグでショアスロー。


狙う場所は浚渫+両サイドをゴロタで囲ったいかにもスポットです。毎年良いサイズの色々なロックフィッシュの群れが入ってくるのですが、やっぱりここも入って来ていない。


朝一はショアスローで粘ってアラカブのコバッチを一尾ゲット ここのアラカブはまだお腹が膨らんでいません。
1513401171945


ヤバすぎ。釣れなさすぎ。で、寝不足だけど諦めが悪い私は場所移動。


チヌのフカセスポットでショアスロー。これがエリア的に当たっていたのか、足元でヤズのナブラが起こるも惜しくもフックアップならず。


青物が入っていたくらいなのでベイトが凄くいっぱい居るエリアでした。もちろんアラカブさんも乱舞状態w


やっぱりルアー釣りはベイト様々。ベイト居れば楽勝釣れますねw


あらよあらよと良型のアラカブさんが。。。。夜中からの努力はなんだったのか
1513401092279


エリアが変わればお腹パンパンのアラカブさんが居ましたよ。このエリアは平戸地区より浅いところなので水温低下が早いと思われます。


本番間近の走りの腹パンアラカブさんがエリアによりますが釣れるようになって来ておりました。


お正月連休にはシーズンに突入していると思われます。で、この釣行で凄く気になったのが夜焚き船の数。ケンサキかヤリイカが接岸してるのかな?と気配がありましたのでイカの動きも要注意ですね。

暑さもピークを迎えて朝晩はめっきり秋めいて来ましたね。


秋と言ったら平戸。平戸と言ったらショアジギ。


今年はショアジギに行く頻度がグッと高くなっております。ガッツリ系の10ft近いXXXやXXのロッドにステラSWやツインパSWみたいなゴッツイ本格タックルでショアジギも良いですが、ストラディックC5000XG が2016年の暮れにリリースされてからと言うもの、サブタックル扱いなんですが40g~80gと言った比較的ライトなショアジギに使うには最高の使い易さと、ジグが小さいので食わせ易さを兼ね備え、今ではメインタックルより握っている時間が長いと言う最高のタックルとなっております。お陰でショアジギ頻度が右肩上がりです。体力の消耗が全然違います。月曜日がかなり楽(笑)



そんなこんなのストラディックC5000XGなんですが、キジハタ系の根魚を釣るのに抜群の相性です。XGと言うハンドル1回転105㎝の高速ギアはブレイク(地形の掛け上がり)で根掛かりが頻発するショアジギ&ショアスローの釣りで、ハイギアだと根掛かってしまうところでも、ストラディックC5000XGギアはジグをボトムから一気に浮き上がらせる能力があります。ので、根掛かり対策でC5000はキジハタ専用機に任命しております。


今日は平戸地区に本格ショアジギタックル(最近ではこっちがサブになりつつあるかも)とストラディックC5000XGの2タックルを持ち込み地磯歩きです。マイボート遊覧は今回お休み週間です。ボートはボート、ショアジギはショアジギの面白さがあります。移動が制限される不自由さも悪くない♪


まずは恒例のとある丘から海を一望して運気を占います。このスムージー甘さ控えめで美味しかった
1503835458447


素敵なオーシャンビューが臨めるインスタ映えするスポットなんですが、双眼鏡片手に一生懸命、海を眺める怪しいオサーンに観光中のインスタ女子はどんどん離れて行きますw


鳥なし。ボイルなし。船もなし。本日の占いは見るからにダメダメ。ここの眺めは結構当たるんですよ


ダメと分かっちゃいるけど、来たからには竿を振って帰ります。


ごっついタックルの方に夏政が間違って来ないかなと淡い期待を抱いてシマノのダイビングペンシル・オシアペンシル1500をセット。ストラディックC5000XGのサブタックルには80gのスロー系ジグでキジハタ・真鯛・鰆・ヤズと言った五目的な釣りを展開します。


真夏の真昼間では期待のジグでボトム~中層の攻めには全くの無反応。もしやコレのせい???
1503836186475


アゴ漁船がいっぱい操業している!?あれっ?最近まで南の風だったのですがトビウオ接岸!!!


大ヒントをハケーン!これは大吉確定!さっきまで釣っていた地磯の反対側の海はパラダイスの図で満ち溢れていましたw


こっち側の海流を攻めればいいのかと一目瞭然ですね。「鳥山」と「船団」たったこれだけ知ってるだけで初めて来た人でもゲーム組みやすいです♪知っているフィールドでも毎回探してますw


海鳥達と漁師さんは週末アングラーより遥かに長い時間を海と寄り添って生活してらっしゃるので、困ったときは「鳥」と「漁師さん」からヒントを頂くのがお魚に近づくための最も近道なのであります。


さっそくそっち側の流れに居るお魚達のもとへエントリーします。


しかーし、アゴがキャスティングで届く範囲に来ることもなくオシペンに3kgくらいのヤズっぽいチェイスが1回あっただけ。お魚天国の平戸と言えどヤズがチェイスしてくれるだけで御の字なのが平戸ショアジギの現実。


根魚不調、青物も難しいので場所移動。有名処に偵察で寄り道。堤防シイラのお客さんは8月ですが早くも満員。最近釣れた感じの賑わい。アーリーマジョリティなアングラーさんでハイシーズンさながらの景色になってました。


アゴ漁船もいっぱい見たし。ヒウオ曳きの船もバンバン走ってる。確実にシイラが接岸フラグw


人がスッカスカの貸切の状態で、走りのシイラを釣ることは今年もお預けのようです。気を取り直して場所移動。


ボウズ逃れの切り札は、キジハタ、マハタ、コアラが釣れる根魚スポットで夕方まで癒しを求めてショアスローです。


迷走台風5号の時よりカタクチイワシの数がめっちゃ増えてます。ピョンピョンピョンで跳ねてて今日一のエリア。


が、期待に反して根魚も釣れない。。。


他のお魚も釣れないw他に打つ手なし。


惰性でフルキャスト。完全に見失ってるときの遠投は釣れないw


。。。。。。。


と、40gのジグが着水数秒でフォールが止まった。着底まで10数秒はかかる水深なんですが。


あれっ?漂流している海藻かゴミにジグが乗っかったかな???


と、糸ふけを処理してると、いきなりすごい勢いでラインが走り出す。


ストラディックC5000XGにPE2号、ロッドはサーフスターSGP96Hで房総半島付近のガチなショアジギタックルと同等レベルくらいかな?九州ではこれでもかなりライトタックルです。


ハタが根に張り付かない様に引き離すドラグ設定でまあまあドラグを絞め込んでましたが、それでもドラグが焼ける勢いで放出して行きます。2号のPEなら下手に止めたら即プッツンレベル。完全に油断してました。


待望の「ヒラマサ?キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」


海は広いな大きいな。海は有明海の奥地や伊万里湾の奥地~ハワイのビーチどこまでも繋がってます。こんなところでまさかのヒラマサ降臨と思いきや銀色の輝く火星人が華麗なジャンプ!「メータークラスのシイラ」が潜んでいるとは思いもよらず。


ストラディックが壊れそうなほど遊ばれてジャンプにてばらし。フックは小鯛針で自作した華奢なアシストの2連。シイラが居ると分かっていればそれなりのタックルとフックを使っていますがタイミングが合わず残念でした。


フックのゲイブ幅が狭いので、かかりが浅かったっポイです。


バラした勢いでぶっ飛んだジグを速攻で立て直してアクションを入れると海の神様降臨。画面フリーズってこのことか!リアル世界でゴット降臨


また食った!群れなんで完全に食え食えのスイッチ入ってます。


またまたジィーージィーーで鬼走りしてドラグが焼ける勢い。


またしても走りに走って沖合でジャンプ一発サヨウナラ。


その後は悲しいかな、まったくの音沙汰無しの状態に逆戻り。


敗因は自作のアシストと油断w


※堤防シイラの時はPE4号で挑んでくださいね。。。


その後投げ続けるも気配すらありません。


不意の大物の時は、取り込みはどうしようかと頭で考えたら的確にバラしますねwどうでもいい時はラインテンション抜いてもフックアウトしないのは不思議です。


トホホな結果となりましたが、僅か一瞬の出来事でしたが最高に楽しめました。


ストラディックC5000XGもダイワ アルティメット トーナメント ドラグ グリス ダイワ ソルティガ トーナメント グリス を塗ってドラグの焼け防止を施さないと正直にヤバいと感じましたね。シマノリールにドラググリスを施す場合はメーカーが違うので自己責任でお願いします。私はそんなの気にしないタイプなので塗り塗りします。失敗したらブレーキクリーナーで除去するまでのことですから物は試しでトライしてみます。


フェルトワッシャーだと米粒3つ分、カーボンワッシャーは米粒2つ分のグリス量をドラグワッシャー一枚一枚に丁寧に塗るだけでドラグの焼き付きを防止出来ます。
1503843540578


今ではシマノ一辺倒のイメージの私なんですが、昔は熱狂的なダイワ信者でした。


ではまた来週!


















初冬ののどかな福島をぶらり旅してきました。


昔はメバルが釣れていたので、メバリングが流行り始めの頃は福島には良く通ってましたね。ここ数年はルアーで釣るにはなかなか厳しい島のイメージが定着しております。サゴシとエソしか釣れん(汗)


ジョージ山本さん情報によりますと、博多湾~平戸・生月にかけて今年はメバルのアタリ年とのことです。(範囲広っ!!)

fimo じょーじ山本 釣りにまつわるあれやこれや


メバルが釣れる=福島じゃないですが、何故か福島が呼んでいました。と言うことで土曜日のお昼からスロースタートで福島までぶらり旅に出発です。 お昼はほっともっとのお弁当を買って来て、のどかな農道の脇で伊万里湾を眺めながらの遅いお昼をとりました。
image



平日は深夜まで仕事に追われている日々が嘘のように、この島は穏やかで時間が止まっているかのようにまったりとしています。


まだまだ未開拓のエリアが多い島ですので、ナビとグーグルアースで良さそうなポイントにめぼしを付けて開拓していきます。


車で行けそうにないところは歩いて海岸までの道を探します。その甲斐があってか、良い感じのポイントを発見しました。着くや否やシーバスのボイルが頻繁に起こっております。反転流もあってコロッケアオリイカも居ました。


どうやら下げ潮であて潮になるエリアみたいです。暫く様子見で竿を出しましたが海底に変化がなく、ベイトありきの難易度高めのエリアでした。


そんなこんなで3か所新規のエリアを開拓しましたが、綺麗すぎる夕陽に魅了されてサゴシと高場さん(マハタモドキ)でデイゲームの部は終了。
1481119413488
1481119298377


黒澤明監督が日本一の夕陽と称賛した伊万里湾の夕暮れ
1481119215696



釣りというより、田舎の原風景に癒されてばかりの旅です。


日が暮れましたら、本日メインの堤防でシーバス・エギング・アジング・メバルです。漁港の水銀灯があるところをランガンしました。カタクチイワシは一面にいっぱいいるという願ってもいない最高の状態です。夜になると釣り人も倍増です。


が、が、が、アジをサビキで釣ってらっしゃる方が、今日はアジ釣れんよ!と、かれこれ1時間あれやこれやと手を尽くしましたがノーバイト。本当にアジが入ってません。メバルも姿形ありません。ベイトはいるけど。。。。空ベイト?


行く手を阻まれた(予想通り)ので、作戦を立てながら夜ごはんはアルポットでお湯を沸かしてカップラーメン。冬場は釣り場で食べるカップラーメンは格別に美味しいので是非トライしてみてください。
1481120044698


回遊系が芳しくないようなので居つき系を探すことにして、テキサス(オモリ連結ですが)で根魚やフラット系に切り替えた結果、コンッ、ココココっと胡散臭いメガバイトが!


寄せるまではマゴチと思ってましたが、まさかの黒鯛(チヌ)。ライトブリームならぬヘビーブリームでどうにかこうにか40cmくらいの綺麗系のナイスチヌをゲット。
1481120851975


アジとメバルが釣りたいのですが、福島ではどこに行っても居ません。あまりにも釣れないので秘伝のポイントまでしばらく車を走らせます。


アジって難しいな。居るところと居ないところがハッキリしてますね。居たら群れでボコボコ釣れる所が面白い。移動してきた甲斐がありました。手のひらサイズですが思い描いていた感じにボコボコ釣れます。
1481121491011


使用していたジグヘッドはカルティバのメバショットの0.9gとヤマリアのママワーム。


20~30匹釣れたところでストップフィッシング。これ以上釣ったら捌くのが大変になるので、ある程度の数で打ち止めです。高場さんと鯵で酒の肴が確保出来ましたので今回は上出来!


ここでブログ紹介のコーナー

私がリアル・ネットともにお世話になっております河野大先生がブログをはじめられました。河野大先生は釣り雑誌で執筆なさってますのでご存じの方も多いのではないでしょうか。


メバル・エギング・アジング・青物の教科書にhttp://umi-to-sakana-no.mynikki.jp/archives/10185435.html


ビックリな魚種と新しい釣法が魅力です。アジング・チニングのストイックさは天下一品(笑)


まとめ


今回の福島釣行は思ったような釣果が出せずなかなか難しい展開だったのですが、アジングの面白さ(鯵を食べるのが好き)に開眼したきっかけの釣行になったのでとても有意義なものとなりました。


と言うことで、メバル・アジングタックルを少しだけ強化しようとストラディックCI4+2500Sかツインパワー2500S、ヴァンキッシュ2500Sのいずれかのどれかを追加しようと思います。


ストラディックのドラグは、はじめの滑り出しが突っかかるような抵抗があって2lbのライトラインを使うには怖いと感じましたので、とくにストラディックCI4+のドラグ性能を知りたいのですが、フロロ2lb~4lb使用時でのドラグの滑り出しの状態をご存じの方はアドバイス頂けるととってもありがたいです。





ソルトルアー ブログランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ