カテゴリ: 川棚川・バス・シーバス

ウエーディング・フローターで存分に川棚バスを楽しんだ後は、夕マズメ・下流の汽水域でシーバス・チヌ・バス・ナマズを調査することにしました。


潮は中潮最終日、次からは小潮になるタイミングで潮が動きません。


バスロッドからソルトのロッドに持ち替えて気合十分です。
1464484820289



前回来たときよりも水位が高く良い感じ。


チャラ瀬にはベイトがいっぱいいます。


ウエーディングしていると、60UPのシーバスが足にくっ付いて来ました。


シーバスも相当数居るみたいだけど、偏食かアクションの違いなのかで食わない。


ルアーはバス用のTDミノー。シャイナーのR40とほぼ同じなのでお気に入りで使っています。


TDミノーに40cmのマゴチさんがメガバイト。緑亀(ミシシッピアカミミガメ)が泳いでいるところで釣れました(;・∀・)
1464485271433


お帰り頂くと、続けざまにマゴチがヒットするもバラシてしまった。。。。

そうこうしていると、日も暮れてナイトゲームに突入

ウエーディングから上がり、おかっぱりで夜の感じを掴む作業に入りました。

街灯(常夜灯・防犯灯)の影響を受けるエリアを重点的に探しましてみました。


光と流れのヨレが重なるスーパースポットはどこに行っても鉄板の攻略法です。


代表的なのは橋桁、街灯


河口から、川棚橋・国道205号線の橋・江川橋と回ってみます。

河口・暗すぎでしょ!

川棚橋
肝心な街灯が1つ電球切れ

国道205号線
一番いい感じでしたがノーバイト、駅寄りの北側には手作りの階段を確認

国道205号線セブンイレブン横

最上流の江長橋

江長橋でワンバイトくるも弾きました。。。。。


この川は下げ潮が有利ながらも、上げ潮で攻めやすいスポットが多く見受けられました。


両方の潮を吟味しながら手さぐりで探して行く面白さがあります。まるでアウェイの洗礼状態。


まだチヌ(黒鯛)が挿して来ていないので、爆釣まであと少し掛かりそうです。




GyoNetBlog ランキングバナー


シーバス ブログランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村

6月目前で梅雨入りしたような雨空模様が続く九州です。


暑くなってきて、フローターやウエーディングが気持ちいい季節の到来です。


梅雨間近の生命感溢れる川棚川、到着するとあいにくの空模様でしたが小降りになるまで車内待機しておりました。



天気予報を見ると15時までは雨マーク、雨脚が強くなる一方でしたので、雨脚が弱まるお昼過ぎまで時間を調整することにしました。タックルベリーにアメリカンな竿が大量に入荷していると聞いていたので行ってみることに。


流石はアメリカンロッドです。先週入荷でも誰も買っていない様子。


バスプロショップス・カーボンライト、G-ルーミスの66MLな竿、ニューオールスターのクランキングロッド、USダイワのIM7の竿、USシマノの竿、アブにと、よりどりみどり。。。。


ダイワのIM7とニューオールスターの竿が気に入ったのでお持ち帰りしました。


タックルベリーから片道30分程の距離で川棚川に到着出来ます。


天気予報がバッチリあたり、15時前には小康状態に突入。


レイン羽織って、いよいよウエーディングスタートです!


今日のメインエリア

支流である石木川との合流地点~下流の川棚川最大級の堰がある水深があるエリアをウエーディングとフローターを使って生息域調査して行きます。





まずはウエーディングで石木川との合流するエリアをジッターバグを使って上流を目指します。

何故ジッターバグなのか???その昔、このエリアはナマズがウジャウジャ居たからからです。

スピナベで釣れるよりイイ画になりそうだったのでジッターバグを選択。バスのことはあまり考えていません。。。

エリア的に、全体が浅いく、オオカナダ藻が生い茂っておりました。石と藻の隙間をお魚が行き来している感じです。

石木川も短いですが一応チェック

見事な石木滝の滝壺?から、上流目掛けてダイナミックにキャストしたりするもノー感じ。

本流に戻ると直ぐに川棚川での初バイト頂きました!おそらくナマズでしたが乗らず。

中州になっているところのちょい深いところでした。

ここでの貴重なバイトでやる気が出て来ました。

中州エリアを抜けると凄く雰囲気がある清流チックになって行きます。
1464476863592


葦ジャングルを掻き分け、葦で出来た淀み、ポケットにジッターを落として行きます。
1464476893469


今回活躍しておりますジッター君、まだ内緒ですが、とあるショップさんのチューニング済み
BlogPaint


鯉は何百匹といるのですがバスと鯰が居ない感じ。藪がずっと続くのでまたの機会のお楽しみに残して下る事にしました。


横道それますがネバーウェットのインプレを軽く紹介



先日レインコートに撥水コーティングした「ネバーウェットネオ」で通気が悪いのか、川登りの運動量と相まって暑すぎて釣りどころではありません!


しかし、暑いけど撥水だけはピカイチでした。一滴も侵入させません!レイン表面には水玉がコロコロと落ちて行くのが快感な程でしたよ。

これはお試しの価値があります。あり過ぎます!
1464478008945

【ギフト対応不可】Never Wet NEO ネバーウェット ネオ Never Wet NEO 325ml 超撥水スプレー 防水スプレ- 超撥水次世代防水スプレー

価格:1,880円
(2016/11/6 06:34時点)
感想(32件)




何かショボいバイトしてくるお魚を発見!


汗をかきながらも、漸くはじめのエリアである石木川スロープまで舞い戻ってきました。


川棚川の本流をウエーディングが出来る水深まで探っていきます。と、直ぐにチェイス、チェイス、バイト?そして更に追っかけてきてショボいバイト!


今回はロッドに無事、重みが乗りました。


ここの鯰はよー引くな!


ガンガンツッコむぞ!しかも走る???


ナマズがジャンプ?


池原ダムの綺麗な色したロクマルバスちゃんみたいな貴重なバスちゃんが降臨してくれました。


まさか本当に釣れるとは思っていませんでした。殲滅したかと思ってました。


このバスが居てくれて川棚川の大きな可能性を見出してくれた貴重な1尾です。

1464479512037


サイズは45くらいでした。10年振りの川棚バスに再開出来ました!めっちゃ嬉しい!!

まずは大きな壁を乗り越えたので、あとは生息数。ほぼ壊滅状態なのは承知の通りですが、居るには居るみたい。めっちゃ頑張って一日一匹釣れれば良い方かな?


全体的に浅いのですが、深いところは3mはありそうな深みがあります。


両サイドにウッド系カバーやロック系カバーはありません。コンクリ護岸ですので変化がなく攻めるのが難しい印象でした。
1464480432756

超苦手なシチュエーションですが、メインチャネルに絡むウィードとゴロタをキーに攻略してみました。


イメージ的に琵琶湖のウィードの釣りです。


エリアが広いので、トップを使う時は下手にポーズや小技を入れない方が釣れるパターンです。


ヒヨコブランドよろしくただ巻きオンリー


ジッターのただ巻きオンリー


読み通り2発でましたが、ジッターのフッキングが悪すぎて乗らず。なまずだったかも??


水深が深くなったところでBIG-OのC80を投入。水深1.2mくらにはオオカナダ藻の先端があって、切ってくる感じでズドン入りました!サイズの割には50UPと遜色ない強いファイトをしてくれます。


筋肉の塊30UPのバスちゃん シッポがヒラスズキw
1464481159028

居れば躊躇なく食う感じがしました。

それでも数が居ないので見つけるまでが大変。ここは居るだろう的な大場所ではノーバイトだったりします。

1464481390704
1464481405260



ひと流し終えると、巡回で来られた監視員の方が遊漁料納付の確認です。お見せすると楽しみ過ぎないようにと激励をお言葉を頂き帰って行かれました。


おそらく九州一取り締まりが厳しい河川です。川棚川は無許可で釣りをしていたら、あっけなく捕まりますので確実に手続きを行ってください。←密漁の現行犯で前科が付きますのでご注意ください。


川棚川の漁業権を得るにはこちら


漁業権に守られているので、とびっきり綺麗なバスに出会えるのが一番嬉しいですね!


お金はかかりますが、他の河川でも同じ状態の河川がチラホラと。。。。。夢が広がります(笑)

GyoNetBlog ランキングバナー


バス釣り ブログランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

長崎・大村湾の24水系51河川の一つである東彼杵の川棚川をレポートしてきました。




川棚近辺の大村湾は幼いころからウナギやタコ釣り、シロキス釣りやワタリガニ類のカニ獲りで馴染みが深いエリアです。


夏場になるとトウゴロウイワシが他水域を圧倒する群れで埋め尽くされます。これは毎年変わらずの恒例行事みたいなもので、これを見ると平戸でもベイトが居ないなと感じてしまうほどです。


この河川をチャレンジするまで、かれこれだいぶん時が経ってしまったのですが、今年は年間の入漁料2000円を納めて遊漁承認証を保有しましたので大いに楽しむ予定です。


遊漁承認証は川棚川漁協 gooタウンページまでお電話もしくは、店舗までお伺いしてみてください。

日券500円
年券2000円
※2016年度料金


地図・遊漁の詳細はこちらのログにあります。


まずは河口域の川棚港から見て行きます。ベイトであるトウゴロウイワシとサヨリ(GWの連休に群れで入ってきました。)のストック量もこの河川で一番濃いエリアとなります。


港内はこんな感じです。沖堤もあって潮の動きが弱そうなので、ルアーで釣るなら港内は釣らず川の河口を狙っていきたいところです。

河口はそんなに広くはありません。大村湾内特有のゆったりとした潮の動きと、地形変化も少なくボイル撃ち以外は非常に厳しい感じがします。

大村湾もコウイカがいるので川棚港で狙ってみるのも面白いかと思います。瀬戸近辺まで行きますと良型アオリイカの実績ありますね。
1462972339766

河口部を上流へ登っていきますが、これと言った変化がないです。

まめに通えばピンで釣れるスポットが分かるかも知れませんが、最下流1本目の橋脚まではとくに気にしなくて良い感じです。

造船所跡があるものの今では船の出入りがないのでミオ筋も期待出来ません。

川棚橋は常夜灯もあって、両サイドにはブレイクやシャローフラットと変化に富んでいます。

橋ゲタにちょっとした階段があるのでランディングが楽ちんです。階段から上流側にはハシゴ付きのフラット場がありますので攻めるときはこちらからが良さそうです。

点々とあるシャローフラットにベイトが入って来て絡むと爆発しそうな地形があります。

有明海の牡蠣焼きに出てくるサイズの牡蠣がゴロゴロしておりますので、擦られたら一撃でラインブレイクしそうな牡蠣エリアもあったりします。

干潮で出てくる敷石エリアも釣れそうですね。

ところどころに階段がありったりして、雰囲気が良いのも特徴です。

1463405718960

シャローフラットがありますが、波板で造られていますのでラインの接触にはご用心ください。


淡水のインレットと水門が存在します。何かのタイミングで水量が多いインレットに変身したら、この河川でも1級スポットになりえますね。
1463406860042


上流の県道4号線の江川橋まで河川の両サイドに広場が存在します。
1463407254546

県道4号線の江川橋から上流は地元の方が一押しのシーバス・チヌの入れ食いポイントになります。江川橋で海水域では最後の橋です。

梅雨シーズンが良いと言われておりましたが、GWには既に80越えのランカーシーバスを何匹も確認しております。

この近辺は鯉・緑亀・すっぽんがいましたので汽水域になりますね。

おそらく、上流の堰から流されて来た50を余裕で越えるバスや鯰に雷魚が釣れる筈です。

シーバス・チヌ、バス・ナマズ・ライギョをまとめて狙えるスポットですので、クランクやスピナベ、チャターベイトと言ったバスルアーで遊ぶのも面白いと思います。

船系の決まり事は特にないとのことでしたので、デイゲームでボート使ったら未知の可能性を秘めております。かなり目立ちますがw

1463408922484

対岸のロック+オーバーハングが凄く魅力的です。山側の茶色になって居る部分はサンドバーで瀬になっております。

大きめの山から流れ込んでくる川があります。この流入にはベイトっぽいのは全く居ないのですが、雨後などにはチャンスをもたらすかも知れませんね。

1463573241590

淡水域最後の堰からの落ち込み付近まで海のお魚が遡上して来ます。シーバス・チヌを釣るにはここまでが目安になりそうです。夕方になると地元アングラーの方がこの付近を重点的に釣られていました。
1463409187330


今年はこの川を本格的に調査してみます。釣行記をUPしますので興味があるかたは覗いてみてください。


訂正:2018/3/24 釣行日より年月が経ちましたので、川棚川漁協、遊漁券販売の詳細を訂正しました。川棚川漁協 gooタウンページに連絡先がありましたのでご活用ください。



GyoNetBlog ランキングバナー


シーバス ブログランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村

part1の中流部から下流域を飛ばして汽水域にやってきました。

夕マズメでもあり期待出来ます。

汽水域ではカシータスのベイトタックルを使わず、ソルトタックルに持ち替えて海水に対応します。
1462525921931


汽水域の証である牡蠣が岸壁に付いておりました。
1462525974458


牡蠣が付くような水域でバスは大丈夫なのか?と心配される方もいらっしゃると思いますが、海水は比重が重く下の層に沈殿します。淡水は上の層を流れます。


唐津の松浦川では、海水に程よく順応したロクマルが餌釣りで揚っております。そこはアジが釣れる程の海水濃度の水域でした(ほぼ海)。しかし、そのロクマルバスのように順応できる環境は稀です。


海水対応の肝心なシーバスミノーを持って来てないと言う失態付きですが、メガバスのバイブレーションXスマトラによるジャーキングでの攻略を主軸にしました。


今日の汽水域エリアはアタリなのか?大量のボラが群れています。


バイブXスマトラのジャーキングに当たってくる魚の99.9%がボラのタッチなんですが、その中で一発だけひったくられて、エラ洗いからの豪快なジャンプ!!


真っ黒バディでエラが張ったナイスバディなバス?シーバス?60前後の個体でしたが、バイブレーションのバーブレスフックではジャンプ一発でサヨナラホームラン、あっけなくぶっ飛ばされてしまいました。


川棚川、汽水域がスコブル良いようです。


ウエーディングするにも水深があるためエリアが限られて来ます。


ボートで来れたら面白いエリアなのは確かです。


淡水エリアでは見かけなかった、鯉と亀が悠々と泳いでいました。


鯉、亀と来たら、次はなんと80越えのランカーシーバス登場。しかも何匹もシーバスが居ます。どいつもデカい!!
BlogPaint


次来るときはシーバスメインで来てみようと計画中です。下流にある川棚港ではサヨリがサビキでフィーバーしているって山口さんが言っていたのを思い出しましたが、肝心なミノーがないので諦めました。


やはり、淡水域の魚のほとんどが10年間の間に流されている模様です。


今回の目標はシーバスではなく、バスと鯰と雷魚。


ひたすらジャーキングで攻めましたが、ボラが多すぎて嫌がっている感じ。


日も暮れて街灯が点き始めたので、淡水域と汽水域の境目の落ち込みにTOPを結んで鯰と雷魚を集中的に狙います。1462527741824



凄く雰囲気は良いのですが、魚が居ない感じです。


水温が上がるとハヤやオイカワが増えてきますので、また違った感じになるんじゃないかな?と思っています。


最近は魚の画が全然ないし手抜き釣行じゃないの?って言われていますが今回はデコってはいるものの、相当真面目に釣行しております。


難しいフィールドではあるんですが自然豊かで癒されます。今後も調査を続けて行きますのでちょくちょくレポートをアップして行きます。


GyoNetBlog ランキングバナー


バス釣り ブログランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

GWも大詰めの5/5の子供の日に川棚川にバス&鯰&雷魚狙いで出撃して来ました。


この川棚川での釣行はかれこれ10年振りです。


情報が少なすぎる川ですが、10年前は橋の上からバスや鯰が泳いでいるのが確認出来るほど、魚影が濃いフィールドで地元のアングラーに人気の川でした。


楽園なのに足を運ばなかったのか?ですが、突如、この川に漁業権が制定されて河川周辺には取り締まり警告の看板がズラリと立てられたのが発端ですね。

なにそれ?ココの川やばくない?って感じで一気に皆さん足が遠のきました。

どうしても川棚川で釣りがしたかったので日券を購入して1日だけ釣りをしました。釣れたか釣れなかったのかは覚えておりませんが、その日が最後の川棚川釣行でした。


あれから10年の月日が経って、また川棚川で竿を振る日がくるとは思もってもみませんでした。


まずは看板に記載されている川棚川漁業組合さんに電話して、遊漁券のアポイントをとりました。

BlogPaint



川棚川で是非釣りをやてみたいと言う方は安心してお電話してみてください。ちゃんと対応なされます。


電話で今から販売店に伺いますと伝えてから、川棚駅近くの遊漁券を販売されている方のもとを尋ねてみました。


入漁料
日券は500円
年券は2,000円
※2016年度料金になります。

今年はこの川を重点的にやり込もうと年券を買って頑張ります。
1462452571526


この券があれば、堂々と釣りが出来ますので釣りに行かれる際は手続きお願いしますね。


気になるバスのことや、ボートのことも聞いてみました。


組員さん談

最近は黒い鳥(鵜)が多くて、魚が減っているんだよ。数年前に比べるとブラックバスもめっきり減ってしまったみたいだけど少いは居るみたいよ?

話は変わるけど、この川は〇〇大学の調査では日本一ウナギが多い河川って調査結果が出ておるので狙ってみると良いバイ。


舟に関しては特に規定はありません。



と、有益な情報をゲット。取り敢えずバスは少なからず居るみたいで安心しました。


おじいちゃんが慣れないPCを使って遊漁承認証を作ってくれたらしく、小一時間ソファーで待ちぼうけ。

スロースタートの14:00からの釣行開始となりました。

まずは、県道が交わる橋の下エリアから攻めてみます。

増水や足場に注意してしっかり安全を確保しましょう。

スロープの写メが淡水域最下流の落ち込みとなっております。落ち込みから下流は海水が混ざる汽水域となっております。

山道橋下のエリアは釣果が期待出来そうなエリアです。水深・カバー共にバランスが良いエリアです。

汽水域落ち込みのサラシ付近とカレントの反転流、大き目の石の裏のヨレにもくまなくルアーをトレースします。


使うルアーはヘドン・ウンデッドスプーク←代打です。


こういう河川での広範囲サーチベイトとしてはオリジナル・ザラスプークが一番扱い易い&釣れるのですが、家にお留守番していてボックスには不在でした。


トップでカバー沿い、深場、テトラの窪み、反転流などバスが潜んでいそうなところをガンガン流して行きます。
1462455126245


今にも釣れそうなんですが、チェイスすらありません。

バスを確認するため、スーパーソニックにチェンジして、ヨレ狙いで再チャレンジです。

1462456169773


バイブレーションでは珍しいスローシンキングで、国産のファストシンキングのバイブレーションでは直ぐにボトムを叩いてしまったり、根掛かりしてしまう様な浅い河川ではとっても役に立ちます。ほぼ独断場

平べったいサイドボディで流れを受けて激流ドリフトだってお手の物です。

スーパーソニックで必ず1本はイケると思ったのですが、なかなかバスの姿が見えないことに、この川に初めて違和感を抱きました。

何かがおかしい。。。。。こんな川じゃないはず。おじいちゃんが話された「減ってはいるものの、少しはバスがいる」の言葉が気になります。

状況把握するために過去の実績No.1のエリアで勝負することに決めて場所移動です。

普段はたっぷりと水があるはずの中流域の水門が全開に開いており、ボトムの石が出てしまっていました。

普段は1.5m~2mは水深があるところです。

この中流域の水門から上流へ500mくらいまでは川棚川の顔ともいえるメインエリアなのですが、まさかの事態です。
1462456762182

昔、ここは人気激戦区でしたが今では川辺まで続く道がありません。相当誰も来ていない感が半端ないです(汗)

誰も立ち入らなくなって生い茂る藪と、バスが釣れない川棚川、全開に開放された水門。

点と点が線になったのですが、少しは生き残りが居ると信じて一尾を求めて投げ倒します。

サブワートに切り替えてサーチ能力のスピードアップします。

深場と石や起伏のヨレをガンガン撃ちながら、下流へ釣り下ります。


途中で鯉や鯰、雷魚を見かけるかな?と期待しておりましたが、1匹も居ません。

どうやら、予感が的中している模様です。

川棚川の年券を買った理由でもある、中流域の竹藪地帯とテトラ地帯です。ここをボートやフローターから、攻めたら最高に面白いんじゃないの!って妄想をしていたのです。が、見事に干上がっています(汗)

10年前はオカッパリではデカバスの実績人気スポットでした。

1462457744491

このエリアでノーバイトは流石に凹みました。この時点で時計の針は17時。丁度、夕焼けこやけのチャイムがなっております。

どうやら川棚川バスの減少は鵜の影響ではなく、開門やゲリラ豪雨や大雨の影響で流されている可能性が濃厚な感じでしょうか。

となると、可能性があるのは水深があるところ。タイムリミットまで日暮れまであと2.5時間

希望があるのは下流の汽水域のみ!

川棚川のバス釣り・ナマズ釣りpart2へ

訂正:2018/3/24 釣行日から年月が経ちましたので遊漁券を販売されておられる場所等の詳細を一部訂正しました。

GyoNetBlog ランキングバナー


バス釣り ブログランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ