カテゴリ: エギング

春バスの爆発的釣果、通称『春爆』が起きたみたいで、バス釣り界は楽しそうなシーズンに突入したみたいですね。どうにも今年はバス釣りに本腰でない私、行っても全く釣れる気がしないのがその理由(笑)

バス釣りに行けてないからか、不完全燃焼気味ながらエギングにうつつを抜かしている今日この頃。例年になく海が良い状態なのは確かなのであります。

10年に一度のベイト大量接岸イヤーとなっております。鳥山明が日の出~日の入りまで永遠ハッチしております。
image


よほど大きなシーバスと青物が回遊しない限り、アオリイカも例外でなくこのベイトに着きます。春イカシーズンだからボトム攻めの鉄則も頭の片隅に起きつつ、メインは表層~中層のベイトを狙うアクティブな個体を探します。

土日で筋肉痛になってしまうほど歩き回ったのですが、キロUPを運良く見付けてサイト戦で勝負。エギに抱きつく手前までの攻防戦に持ち込んだのですが、シャクり~誘いのフォール×3回を繰り返しましたが、最後は飽きられてあえなく撃沈。

2日間のエギングはサイトでの接近戦だけが手応えでした。他何をやっても無反応wベイト居てもオカッパリではこんなに釣れないのは流石にヘコタレル。。。

基本的にお魚専門の私。エギングの合間に我慢できずジグをシャクってました。根魚、真鯛、青物、フラット、ついでにシーバス。

時折ハマチっぽいのがボイルしていたので、ショアジギはかなり期待したのですが、ベイトサイズにマッチザベイトで偏食していたのか、回遊系のお魚も完全沈黙してましたね。ちゃんとペンシルも投げたんですが。

そんなこんなでお約束の平べったい方がご光臨なされました。
image


エギングでデコりまくりの私には、マゴチさんに十分過ぎる刺激を頂きました(笑)続けざまに更にデカいマゴチがかかるも速攻でフックアウト。なんだか平べったい方のパターンを掌握した感じだったのですが後続かずアラカブさんにてジグのキャストを〆ました。
image


夕マズメでアオリイカ釣りたい。てか、そのタイミングで釣れなかったらいつ釣れるの?って頑張ったのですが、やはりショアからのエギングは相当手強いですね。

アオリイカのエギング釣行は完全敗北にて無事2日間終了しました。やっぱり私はお魚釣るのが好きみたい(笑)

アオリイカは、もう少し海水温があがるとシャローにさしてくると思われますのでその時が楽しめそうですね。春イカの春爆に期待アゲ~!

5年振りにエギング熱が再発しているちゃぶけんです。

image

ぴょんぴょんに続き、今話題のパタパタ・ダートマスターを使ってみました。

パタQスロー?は入手出来ず。

舞台は長崎県・平戸近辺のゴロタと堤防を5キロは歩き回りって来ました。

先週のボートエギングで新たなエギングテクニックを習得しましたので、オカッパリでも釣れそうな気がしてなりません(笑)

反復練習はやらないと身に付きません!とばかりに、ぴょんぴょんとダートマスター、ランガンをローテションして永遠シャクリ続けます。

まだまだ春イカは走りと言うこともあり、エリアのチョイスは深場が隣接して、10m近い水深を擁するところを重点的に爆撃します。バスのスポーニングのシーズナルパターンと同じ考えかたです。

ドシャローでも釣れているので、ベイトの入り次第でブレイクに絡めて狙いますが、流石オカッパリなかなか釣れないですね。

歩きに歩いて、ゴロタエリアを抜けると
image

とっても小さな波止場に到着。

やっとまともにダートマスターの動きを確認することが出来ました。そんなのは、はじめから堤防からヤれって声が聞こえて来そうです(笑)

足が生えたエギ、パタパタ最新作のダートマスター。パッケージには軽快にダートするパタパタと明言されております。

激キレダートをするダートマックスが好きな私的には、エギはダートしないと釣れる気がしないんです。古い感性でゴメンナサイです。最近のエギに疑問だらけだったところに軽快にダートするパタパタ登場!!!!キタコレでしょ!
image


堤防からダートする様子を監察すると、かなり良い感じにダート。ぴょんぴょんも案外綺麗にダートをしていることが判明。

で、ランガンはあんまりダートしていない模様。でも実績はピカイチなんですよね。イカの気持ちはさっぱり分からん。。。
image


パタパタになぜ足が生えているのかは分かりかねますが、私的には足は要らねーな訳です。

①その理由に飛距離が落ちる。

②ダートを抑制される。

③伝統のアオリQシリーズからするとフォールさせるバランス設定が遅い。

この3点がどうしても不利にしか感じられない。

ダートマスターも足があるので、気持ち飛距離が物足りない気がします。

しかしながら、10mない浅いシャローにはパタパタは使いやすいんですよね。足が絶妙なストッピング効果を発揮している感じです。

で、ダートマスターはパタパタ・ランガンより僅かながら少しだけフォールスピードが遅くなります。丁寧にシャクってフォールで誘いたいたい時はフォールが3.2秒/mのダートマスターかぴょんぴょんを抜擢します。メーカーさんのスペック的にパタパタより0.2秒/m遅いだけですがダートによるテクニカルな攻略が可能になります。
image


ダートマスターはダートを売りにしてきたパタパタ。ピョコピョコ系のパタパタとはまた違うエギに感じました。ダートする、しないはアングラーの好みの差として捉えて、フォールスピードによる使い分けだけ意識して頂ければ良いのかな?と感じました。


結論。エギはダートさせたほうが格段にゲーム展開が愉しくなりますね。


 こんばんは。九州は春イカシーズン目前!走りのアオリイカを求めてEフレンズさんにて伊万里湾ボートエギングに行って来ました。


 プライベートで来られていた釣具のポイント・スタッフの方は、エギング初心者の私に、このロッド使ってみてくださいとエメラルダスのロッドを貸してくださったり。払い出しの釣りだったので船長がアウトガイドのロッドが使い易いよと、リバティクラブと言うエギロッドを貸してくださったり。兄貴やお友達の方を含め周りの方の全力のサポートで至れり尽くせりの状態でスタートしました。


 さぁ、ショアのエギングと、どう違うんだろうか?と興味津々の私。船長や同船の方の的確なご説明をもとに、見様見真似で流して行きます。オカッパリと違って船が流されて足場が移動していくので、海中を3Dにイメージしたテクニカルな釣りが要求されます。


 オカッパリエギングと一番違っていた点は、ラインを張らずに、ラインスラッグ(糸ふけ)を出してほぼフリーの状態で操作すること。シャクったら速攻で糸ふけを出して流す。フカセの全層釣法のやり方と同じですと船長が仰ってました。慣れるまではギクシャクするんですが、2時間もすれば成るようになります。


 本日は大潮。大潮マジックと言われる潮が動かない大潮もあるみたいですが、本日は潮止まり付近の時は潮がとろんでいたのですが、潮が勢い付いてくると走るときは猛烈に走って一安心。昨日テストしていたエギーノぴょんぴょんサーチ。潮がとろんだ時と、10数mの水深では普通に戦力になりました。と言うより絶妙なマッチ具合(笑)と言うことで、ボートエギングのキャスティングではローテーションの一部に組み込んでOKな感じです。


 猛烈に潮が走る時はランガン19gでは役不足、パタパタ前作のスピーディーはランガンに比べて3g重い、22gでも底をとれないほどでした。
1489319819519


 根掛かりと紙一重の時ほどお魚もイカも釣れるものですね。店頭に並んで3時間で完売すると噂のぴょんぴょんさんが根掛かりにて無念の殉職。代打でボックスをガサゴソと探すと良さげなアオリQを発見。アオリQエースなのかRSなのかわからないまま使っていたのですが、根掛かり頻発地帯でラインがアホのように走り出しました!

 
恐る恐る聞きアワセを入れると『ニュンニュ~~~ン』『ジリリリリリっ~~~』と勢いよく引っ張られてドラグが唸ります。とうの昔に忘れた懐かしい感覚が蘇った瞬間でした。

 
 釣れるエギング最高!楽しいですなぁ!余韻に浸りながらSNS投稿用の写真撮影。船長がRS釣れるでしょ!?しかもマーブルカラー。困ったときは頼りなるエギとカラーですよ!RS最高!と教えて頂きました。私、すっげー単純なんで、一瞬でRSの虜確定です(笑)サイズは800g~キロない位でした。


ヒットエギ・アオリQ RS3.5号ディープタイプ(ヘビータイプ)の銀テープ・マーブルカラー
1489321555606

>ヨーヅリ(YO-ZURI) アオリーQ RS ヘビー 3.5号 MAM(マーブルアジマーブル) A1617-MAM

価格:699円
(2017/3/12 21:56時点)
感想(0件)




 5年振りのエギングでアオリイカ。周りの皆さんの応援を受けて初心者の私でも釣ることが出来ました。皆さんも良いサイズの春イカがアタリます。来たらキロ越え確定。稀に300gくらいのが来ます。で、私にも200g程度のコロッケちゃんがヒット。2安打達成にて無事に納竿することが出来ました。


最後に揚がったイカはデカかった。1200gだったか1500gのナイスアオリ。パタパタ・ランガンにて
1489322063221


 5年間エギングから遠のいていたら、パタパタとかぴょんぴょんとかのオノマトペだったり、エギに足が生えたエビみたいなのが流行っていたり。錦鯉か金魚みたいな色があったりでエギの世界も様変わりしてなかなか面白いですね。
1489317504351


今回のボートエギング大変刺激を受けました。応用してショアからもこのテク使ってみようと思います。


 今回お世話になりました【Eフレンズ】さん。佐賀県伊万里市の久原港からの出航になります。ご予約・魚種など詳しくはEフレンズさんのHPにてご確認ください。


本日の初心者でも釣れる船長イチオシの頼れるエギ・アオリQ RS 3.5号のヘビータイプ銀テープマーブルカラー

>ヨーヅリ(YO-ZURI) アオリーQ RS ヘビー 3.5号 MAM(マーブルアジマーブル) A1617-MAM

価格:699円
(2017/3/12 21:56時点)
感想(0件)

本日は震災復興6年目の日となりました。

ヤフージャパンの3.11を検索で10円募金が話題となっております。既に400万近いアクセスが集まっておりました。お手軽なのでおススメです。

3.11で応援企画詳細 【https://fukko.yahoo.co.jp/


今回は珍しくエギングネタをお送りします


 先週はまぐれの釣果でしたが、やっとの思いで初バスをゲット出来て悔いなくソルトに専念出来る環境が整いました。日曜日は初のボートエギングでキャスティングです。ボートエギングで使えそうなエギをアドバイスを頂きながらかき集めて来ました。
1489242812632


 評判の良いエギの情報を仕入れていると最近の人気エギはヤマシタのぴょんぴょんサーチがキテる的な情報が飛び交っていますね。福岡・佐賀・長崎では入荷しても3時間足れずですぐに完売ラッシュのプレミアが付くほどの人気だそうな。特にケイムラのムラサキ系は更に入手困難みたい。


 隊長からは、ぴょんぴょんサーチは自重が少々軽い(18g)ので今回お世話になる遊漁船の潮流が速いエリアでのボートエギングには向かないかもね。と教えて貰ってましたが、凄く気になるので探し回って本日無事にゲット!!!某ショップオーナーのKさん貴重な情報提供ありがとうございました。


各店舗、来週末くらいに一斉に入荷予定の模様ですのでお早めにどうぞ。


エギーノぴょんぴょんサーチの使用方法



search_illust_02
出典 ヤマシタHPより


 なぜ、ぴょんぴょんを探し回ったのかと言いますと、かれこれ5年はエギでイカを釣っていないヘタレな私でも、この謳い文句は釣れそうな気がしたから(笑)


単純なんでまんまと釣られてみました。


 最後にエギで釣ったのは5年前のスルメイカを最後にイカさんは消息を絶ちました。。。私の中ではアオリイカは都市伝説の生物ですw去年は事故でタコが釣れましたがノーカウントで。


 とにかく近年の長崎地方はイカの個体数が少ないですよね。そんなしんどい状態なんですが、今年は当たり年らしいのでちょっとだけ期待しても宜しいでしょうか?と言うことで、ボートエギングの前にショアから投げて来ましたよ!上の解説を参考にアクション。竿先をかるくチョンチョン動かしエギをぴょんぴょん跳ねさせる。そして6秒のステイでクワセの間をきっちり確保を繰り返し。根掛かりにビビりながらも夕マズメをシャクリ倒しました。


長崎・松浦でアオリとヤリイカを狙う

 ターゲットは2種類のイカさんです。 ヤリイカが大量に接岸する要因として3cmくらいのキビナゴっぽいベイトがウジャウジャいました。一面数百匹の鳥山で高確状態です。またとない状態+ぴょんぴょんエギで無敵状態の期待アゲアゲモードだったのですが、時間が経つと共に、一人また一人と釣り場をあとにして行きます。

ベイトは山ほど居るのに全く釣れないwさすがショアのエギング。そう簡単じゃないですね。釣れる気がしねぇ。。。

 試しにジグを投げたら、速攻でキジハタっぽい根魚がヒット。1.5キロくらいの良型が来て根に張り付かれて根化けしてバラシました。水面下ではベイトにトチ狂ったお魚フィーバーでお魚タノシスだったのですが、今日はぴょんぴょんでエギングを頑張る!が目標だったのでエギング縛りで続行。頼むから来てくれアオリイカ!!!


願い届かずエギングの結果はやっぱりボウズでした。で、ぴょんぴょんを使った感想を私なりにまとめてみました。



ショアからのぴょんぴょんまとめ

 エギング初心者の私的な感想で恐縮ですが、エギ王QやアオリQの方が使い易い印象でした。まずフォールが遅いのでゴロタシャローを攻めやすいです。リップがフォール速度を抑制している感じがしました。
search_01
出典 ヤマシタHPより


 フォール中は頭から必ず沈んで行きます。そして、着底後はリップでバランスをとって尻尾が立ちやすいように設計されております。コンセプトのエビが逃げる感じが出ていました。風呂場で動きを確認w


 シャクると動きは鈍いです。ライバルであるDUELの新製品・パタパタフットのダートマスターと同じ位はダートします。ひと昔のエギみたいに派手で綺麗なダートをしないのが疑問点なんですが、最近のエギは昔のエギみたいにダートさせないのが主流みたいなのでOKなんでしょうね。私的に激キレダートのダートMAXが大好きなので物足りなさを感じます。


 図解のように初心者さんでも簡単に釣れるのか?が気になる所ですが、はっきり答えを申しますと、イカがちゃんとある程度の数が居れば釣れます。イカが少ないところで頑張っても報われません。が正直な感想ですので、良い環境の釣り場に行ってみましょう!動画のような離島っぽいところなら釣れ釣れの予感です(笑)



 隊長が申されるように、流れが速いところではフォールが遅いので厳しいかも知れません。流速があるところはDUELのランガンに分があがりそうですが、あえてダメ元で投入してみます。ボートエギングで使えるのか?も検証してみますので次回はボートエギング編をお送りします。


ボートエギングでのぴょんぴょんサーチの感想を追記しました。速い潮流のボートエギングでエギーノぴょんぴょんサーチを使ってみたところ、予想と反して使い易いことが判明しました。激流以外ならパタパタよりいいよコレ。

春イカのボートエギングに行って来ましたのエントリーも併せて読んでみてください。





今年も平戸大橋下の平戸公園を会場としたダイワさん主宰のエギングパーティin平戸大会が10月22日(土)に催されます。


それに先だって参加申し込みがスタートしましたのでお知らせ致します。 釣具屋さんで申込み用紙に住所・氏名・自宅電話番号・携帯番号・使用するタックル(※リールとロッドのどちらかをダイワ社製品を使用)をご記入ください。ペアで参加される方も同様です。

詳しくはDAIWA公式 エギングパーティ2016 平戸大会


大会会場は長崎県平戸市の平戸大橋を渡って直ぐ左にある平戸公園になります。

グーグルさんのストリートビューアーをお借りしてご案内します。



画像の左側の道が会場へ下る道です。

橋を渡り切って直ぐのところで開けていますので左折してください。

左折されましたら上の広場が検量時の駐車場になります。台数は30台停めれるかな?程度ですので、帰着の際はお早めに!


レギュレーション(大会のルール)


①リールかロッドのどちらかをダイワ社製品を使用することが条件になります。

②ダイワのエギを1本持参と書いてありますが、ペア戦なので2本用意していたら間違いないと思います。ここの箇所は解り辛いのですね。

③大会中のライフジャケット(フローティングベスト)着用。

申し込み用紙に記載されております注意要項です。ご参考に!


毎年大反響の人気インベント

この大会は出たことがないのですが、話を聞いているだけで面白そうなので今年は参加してみることにしました!

ジャンケン大会の景品も豪華みたいですよ♪

今年は司会に『みっぴちゃん』来るのかな?そうです。エギングよりこっちのほうが大事なのは内緒です(笑)


FAX受付の先着順になります。


私も事前受付を済ませたのですが、なんせ、ダイワさんのFAX受付先着順とのことで参加確定ではありません。

お店のスタッフさんに、大人気ですので一刻も早くFAXを送らないといつ締め切られるか分からないと言われました。2015年は定員160名/80組が一週間経たないで予約満員御礼!

ひと昔のバス釣りの大会みたい(笑)

と、言うことで一刻も早く釣具屋さんにGO!です。

ちなみに、ダイワさんの一週間後に予定されておりますシマノさんのセフィア・エギングパーティー2016の平戸大会10月29日(土)は既に満員で受付が締め切られております。

SHIMANO公式 セフィア エギングパーティー2016


今年もおおよそ1.500gを釣ればお立ち台かなと思います。最低でも1200gで3位くらいかな?


釣れても釣れなくても雰囲気を楽しみましょう♪皆さんの受付が通りますよう願ってます!




ソルトルアー ブログランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ