寒くなるこれからのシーズンは夜釣りが面白くなる季節です。磯でバーベキューしたり、ラーメンを作ったりするのも釣りの醍醐味の一つですね。


アウトドア界ではお馴染み?とっても便利でオトコ心をくすぐるアウトドアアイテム『ケリーケトル』の1.6Lベースキャンプモデルを毎度おなじみのフィッシングエルモさんにて購入してみました。

https://fishingelmo.stores.jp/

※フィッシングエルモさんのストア.jpの通販にはケリーケトルは載っていないと思いますのでお電話が確実です♪只今品切れ中みたいです。


ケリーケトルのことなら正規代理店のケリーケトル・ジャパンさんの公式HPでチェック
http://www.kellykettle.jp/



釣りの世界ではカセットコンロやガスバーナーコンロ、ダイワのアルポットがお馴染みですね。
1480166377693


アイルランド発のブランドとあって造りが頑丈です。容量最大1.6Lベースキャンプモデルのステンレス仕様。耐火温度も高く安心できる仕様となっております。
1480167136609


ケリーケトル ベースキャンプ(SST) 1.6L

新品価格
¥10,800から
(2016/11/26 23:22時点)




アルミモデルとステンレスモデルの用途別などのアドバイスはケリーケトル・ジャパンさんの公式サイトにてご説明されておりました。  http://www.kellykettle.jp/page/10  


さっそく使ってみようと思いましたが、本体単体だけでは使い難くアクセサリーが用意されております。ポットサポート(五徳)、クックセット(大)、ホーボーストーブ(大)があると凄く幅が広がりますのでご一緒にどうぞ。Amazonさんに急遽注文しました。
1480166825293




庭で試しに焚いてみました


燃料は主に落ち葉や木の枝などの自然界に存在するものを燃料とします。このケリーケトルを選んだ最大の理由がこれ(笑)ガスのコンロも同じですが、アルポットはアルコールの消費が激しいうえに、アルコールの容器が高温の環境にならないように保管するのが大変です。リスクが大きい。。。。


しかし、火をつけるライターの管理さえしっかりすればより低いリスクで安全なケリーケトルは凄く魅力的ですね。


さっそく枯れ葉や木の枝を集めて火を焚いてみます。


ここで大活躍だったのが50キロも走り回ってかき集めた『まつぼっくり』です。そうです。この為だけに計画的犯行で貴重な休日に釣りもせず密かに動いておりました(笑)


まつぼっくりを求めて50kmの旅の模様はこちら



1480168131879


エルモ店長からアドバイスで『まつぼっくり』はよ~さん燃えるで~って(笑)ホンマかいな~って思ってましたが、本当によ~さんビックリするほどの勢いで燃焼しました!玉に瑕なのが入手が困難なんだよね(泣)


無事に種火が出来たところでケリーケトル内に水を充填して空焚きしない様にして種火の上に装着します。


いよいよケリーケトルの本領発揮を目の当たりにします。


さっそくケリーケトルにポットスタンドとクックセットを乗せて、ウインナーを焼いてみました。初めですので軽いメニューで(笑)


思った以上の火力でケリーケトル上部から火が吹き上げます。あっという間にウインナーが焦げてしまうほどです。焦げない様にフライパンの要領でやや持ち上げて焼くくらいで丁度いいほどでした。
1480169052917


初のケリーケトルウインナーを食べようとしたその時、コルクキャップが外れてお湯が大噴射!?
1480169439034



これは油断大敵です。まさかのハプニングが発生しましたが、空焚きにならない様に本体は火から外してウインナーを美味しく頂きました。


ウインナーのおかわり第二ラウンドはホーボーストーブを使用して焼いてみました。
1480169753728


使い方がよく分かっていなかったのでホーボーストーブを逆に使ってました(笑)


お湯を沸かさない時はホーボーストーブだけがお手軽簡単ということが判明しました。


勢いあまってお次は『佐世保産の牡蠣』を盛大に焼いてみようとしましたら理系の兄貴に『さすがにそれはやめとけ』とストップをくらいました。


どうしてだ?と問うと、さすがのステンレスも高温に焼けた状態で海水が掛かると良くないとのことです。流石理系。。。


余談ですが、長距離ドライブで牽引したボートトレーラーをすぐさまランチングのために水に浸けてはいけない。トレーラーの足回りを痛める最大の原因だと、ボートを引っ張っている時にボート屋のオヤジに念を押して言われたことがあります。金属的に熱っした状態から瞬時に冷ます、しかも海水はとってもヤバいことみたいですね。と、関係ないけど知ってるかたが少ない情報も載せてみました。


脱線しましたが、潮水系の食材は七輪の出番です。ケリーケトルが良い出番と、コンロ系や七輪が良い時を適材適所で使い分けるのもケリーケトルと上手に付き合っていくには必要のようです。
1480171339653



他にも、若鳥のせせり、長崎産名物のトビウオ(アゴ)を焼いてみました。


ケリーケトル楽し過ぎて、現場ではきっと釣りをやっている暇がありません(笑)また何かを焼きましたらアップしてみます。


正月に餅でも焼いてみようかな???皆さんならどんな食材を焼かれますか?


ケリーケトル ベースキャンプ(SST) 1.6L

新品価格
¥10,800から
(2016/11/26 23:50時点)