10月に入ると本格的にターゲットとしてショアから楽しまれるサワラの幼魚である『サゴシ』。おおよそ60cmを越えた個体から親魚と同じピンク色がかった身になって美味しくなって来ます。60cm以下は青みがかっております。目指すはピンクの身になるサイズを狙って行きましょう!


サゴシって?習性や特徴


食性はとても獰猛で、動いているものに対して容赦なく襲い掛かってくる好奇心旺盛なお魚で、釣り初心者の方でも簡単に釣り上げることが出来ます。群れで行動をするため、釣れる時は何匹も釣り上げることが可能です。シイラと似た習性を持った青魚です。
1477224205954


歯がとても鋭くカミソリに例えられる異名を持っております。油断をするとルアーや仕掛けをスパンスパンと切って行きます。過去に何回ルアーを切られたか分からないくらいです。


サゴシがいるエリアは餌となる小魚が豊富な証拠です。小魚を追っている時は水面をイルカのようにジャンプします。ジャンプして着水する時は頭から綺麗に吸い込まれるように着水します。この習性もシイラと同じですね。その反対でボラが着水する時は胴体着陸で『ボチャン』と石を投げたかの様な大きな音がしますので、その違いで魚種を見分けます。余談ですが、カマスも頭から綺麗に着水します。サイズが小さい時はカマスの可能性が高いです。


サゴシが群れている時は、他にシーバス(スズキ)・アジ・ヤズ(ブリの子)・ヒラメなどが回遊していることが多々ありますので、狙い方を少し変えてみると他にも美味しいお魚を釣る事が可能になります。


9月~10月下旬までは朝マズメと夕マズメ・11月初旬以降は朝・昼・夕と一日中釣る事が出来るようになります。明るい常夜灯周りでは夜でも釣れる所が存在するみたいです。


タックルはどんなのを使うの?


ライトショアジギングと言うと敷地が高く感じてしまいますが、8ftでミディアムクラスのエギングロッドやシーバスロッド、慣れた方でしたら6ftクラスのバスロッドやトラウトロッドでも十分に釣ることが出来て幅広い楽しみ方が人気の魚種となっております。


スピニングリールは2500番以上を使用します。ベイトリールはシマノさんで言う200番クラス、ダイワさんなら深溝スプールの103以上203とかあるのかな?が釣りやすくておススメです。


ラインはPEライン・ナイロン・フロロ問わず、100m~300mあれば十分です。私は初めの頃はバスタックルをそのまま流用していました。


使うルアーはメタルジグの18g~100g程度まで、他にミノーやバイブレーション、ペンシルベイトやポッパーです。ワームのワインドもとにかく釣れます。


とにかく歯に注意してください


このサゴシさん。釣れた時はとにかく鋭い歯に注意してください。素手で針(フック)を外そうとすると大変危険です。針を外す時は高確率で暴れます。ペンチやプライヤーを使って安全に針を外してくださいね。


私、サゴシさんにやられて全治2週間の切創を負った痛い過去がありますので素手では針を外さない事にしております(笑)今でも思い出すほどに超痛かったですよ。。。


各社が注目するサゴシ専のルアー


ここ最近のショアジギ人気で遂にサゴシ専用ルアーが出始めております。ド定番はメタルジグなのですが、食いがとても良いミノーはとにかくおススメ!ときどきジャークしてあげるとイチコロです。


ダイワさんから『サゴシー95S』
詳しくはhttp://www.daiwaweb.com/jp/fishing/item/lure/salt_le/sagosee/index.html


新発売のダイワ・サゴシー95S

ダイワ(Daiwa) サゴシー 95S ピンクグローイワシ

価格:1,439円
(2016/11/7 22:48時点)





重量級ミノーの大御所であるジャクソンさんのピンテールシリーズではサゴシチューンもあります。ボディが100㎜以内という設定がイイですね!

ジャクソン(Jackson) ピンテール サゴシ チューン 90mm SGE サゴシのエサ

価格:1,555円
(2016/10/23 22:19時点)




2016の長崎・佐賀・福岡のサゴシ


今年はやや沖合に群れが居て、陸に接岸している群れが少ない模様です。しかし、早めではありますが9月から型が良い(70cm越え)がちらほらと接岸していますので釣れたらデカいです。


10月になり各地で60cmクラスが釣れていると情報がありますので、11月いっぱい楽しめます。長い時は12月中旬まで。


秋が深まるにつれて状態が日に日に良くなって来ます。引き味も良く、海のルアー釣りを始めたい方におススメの魚種となっております。この秋に海釣りを初めてみてはいかがでしょうか♪