2ストのヤマハ船外機が殉職して4ストのヤマハ船外機に乗せ替えたのが去年の2019年10月

慣らし運転も終わって1回目のエンジンオイル交換をしたタイミングが30H

取説には運転時間が10Hで交換になっていますが、オイルが馴染むのどうかの理由で20H~30Hでもいいよとのことだった記憶があります。

10Hで交換したら運転時間が短すぎる気もしますね。

通常なら2回目のオイル交換のタイミングは100Hでメーター部にメンテナンスを告げる警告灯が出るので、その警告が出たらエンジンオイル交換の時期となります。

私的にはエンジンが新しいうちはオイルの鉄粉が気になるので早めに2回目の交換をやっておきたい派なので、2回目まではサクッとオイル交換を連発した次第です。

希望では50H~60Hで交換が目安でしたが、うっかり忘れていて70Hに到達していたのですが

それでいても70Hなので100Hよりは早いタイミングなので良しとして、オイル交換にマリーナさんにお邪魔して来ました。
DSC_3849

私的におススメのエンジンオイル交換のタイミング

これは理想だなと感じた交換目安。3回目まではスパン短く

1回目 10H
2回目 30~50H
3回目 80H~100H
4回目 150h
あとは50H毎に交換

一般的に2回目からは「100H毎でいいよ」と言われますが、エンジンオイルを交換後のエンジンの吹きの良さを体験したら100H毎交換では遅いんじゃないのかな?といった懸念が拭えないですね。

なぜなら

オイル・エレメント交換前は5300回転で25ノット

オイル・エレメント交換後は4600回転で25ノット

その差、700回転も低くて同じ速度が出るようになりました。

最近グッと燃費が落ちたのでフジツボの付着かエンジンオイルの汚れが気になっていましたが、どうやらオイルの汚れが原因でした。

5300回転はほぼほぼスロットル全開一歩手前なのでエンジンにも燃費にも良くはありません。

上記の例で言うと同じ速度を出すのに700回転もの差が出てくるとなると、燃費がスコブル悪化するのは言うまでもありません。

50H毎でオイル交換しても燃費の面ですぐに元が取れちゃうので、オイル代はなるべく先行投資していく予定にしております。

オイル交換の風景
前回のオイル交換の記事を読まれていない方も多いと思いますので簡単に復習です。

エンジンオイル交換は海上で交換が可能ですので、思いのほかあっさりと交換可能です。

ヘッドのカバーを外して、オイルチェンジャーで吸い上げます。
DSC_3851
オイルゲージの所にホースを突っ込んで真空の力で吸い上げて行きます。10分くらいはかかるのでインスタでも観ながら気長に待ちます。

オイル交換の際は出来ればエレメントも交換します。

バルサンみたいな黒い円柱形がエレメントです。エレメントはオイル内の不純物を絡めとってオイルをろ過してくれる重要なパーツです。
DSC_3853
エンジンが新しいうちは鉄粉がいっぱい混ざっているので目詰まりする前にサクッと交換。
DSC_2337
130馬力の船外機は4Lのオイルジョッキほぼほぼ飲み干してしまいました。
DSC_3856
後ろの上の方にオイルの注油口があります。
DSC_2343

ヤマハF130Aにハマっていたエレメントは「5GH-13440-70 」です。
DSC_3858 (1)

オイル交換で工賃込み、おおよそ7000円

エレメント交換まで行ったらざっくり1万円

もちろん事業所で料金はまちまちですので参考までにお願いします。

クルマのエンジンオイル交換より割高になります。

廃油の処理やオイルの準備、オイルの吸引機があれば自分でもサクッと交換出来そうですが、交換頻度は半年1回くらいなのでチャージャーを所有するのも邪魔になるので整備士さんに依頼するのが楽かなと考えております。

まとめ
オイル交換だけなら工賃込みで7000円程度(事業所でまちまち)

エレメント交換まで施したら10000万円程度

オイルの交換頻度は100H毎と言わず、50H交換でエンジンオイルの劣化具合が鮮明に出ました。

燃費が気になる方は早めのオイル交換でエンジンを良い状態でキープされますと、燃費が良くなる可能性が大ありですね。

オイル交換前と後では、25ノット出すのに回転数が700回転もの差がありました。

船のスピードが出ると船底のフジツボ付着予防になるので

フジツボが少ない→スピードが出る→燃費アップ→フジツボが剥がれ落ちて付着しにくいと言ったサイクルで良いことの連鎖に繋がります。

その逆も然りでスピードが出なかったらフジツボの赤ちゃんが成長してしまうと負のスパイラルになって来ます。

と言うことで、オイル交換ひとつで結構色んなところに影響が出てくる感じですので、早め早めのオイル交換でエンジンを良好な状態に保てれば沖に出てもトラブルに見舞われにくくなると思いますのでメンテナンスはこまめに行って行きましょうという基本的なお話でした。