秋の風物詩でありますシイラとアゴの季節になりました。

火星人ことシイラが回ってるよ、と噂が流れておりまして真相を確かめに平戸島までドライブに行ってきました。

シイラ釣りも走りの段階では人が少なくて情報交換が盛んで和気あいあいとして楽しいのですが、釣果が上がるに連れて人が集中し始めまると、人口密度は1mに1人で釣り座を保つことすら困難になります。

釣果情報が回る前に雰囲気だけでもサクッと楽しむのがおススメです。

2019のシイラ開幕戦

ここ数年はシイラを釣っていない私、掛けてもバラすしでいいところがありせん。

今年は釣りたい!平戸の漁師さん曰くシイラのトロは美味い!とのことなのでお刺身で食ってみたい!昔はお刺身食べてなかったので今更です。

道中、通りかかった海岸線で大荒れ+中潮満潮+北東の風が爆風で波しぶきを被って、フロントガラスが安定の真っ白けっけ。ワイパーを回すと海水が伸びてホワイトアウト…

これぞ秋の平戸釣行!雰囲気出て来ました。

着くやいなや「平戸名物のヒウオ曳き」の船が5艇ほどゴリゴリ回っています。しかもアゴ(トビウオ)が単発だけど飛んでいる!

さて、開幕戦は何から投げようかな~?とヒウオ曳きを眺めていると120㎝ほどのメスシイラが飛んでます。ヒウオ曳きにあっけなく掛かかりました。
DSC_1396

ロッド古すぎないか?って思われた方が私は大好きです。変な趣味なのでニヤニヤしちゃいますw

アゴペンはあまり使わなくなりましたが好きです。ヒラスなど使いまわしが出来るプラグやらジグがボックスに鎮座することが多くなりました。

釣り部屋でひっそりと壁にかかって出動の出番待ちの団長ジグ120gを今回持ってきました。

小粒ながらも飛距離が半端なくて、海面割ったら粒子が細かなバブルが発生するので大好きなジグです。

フックはガマカツのクエ針(チューンドだったかな)のアシストフックをリアにダブルで使っております。伸びること知らずの信用のフック。

過去に「キジハタを釣っていたらシイラが掛ったお話」が事故で起きたりして、平戸は浅瀬でも何が起きるか分からないクオリティーが高い釣り場です。なので、フックとラインはゴッツイのがおススメです。

シイラ釣りスタート

北東の風爆風。見渡す限り白波。

吹きすさむ風が私の脳へダイレクトに釣りは最高!クレージーだぜ!ってアドレナリンをバンバン分泌してくれます。

トビウオは時折飛ぶがシイラの姿は目視出来ず。

ヒウオ曳きでは3本揚がったがキャスティングでは全く反応せず。シイラは居るには居る。いつも以上に相当数入っている(直感)

何故か団長ジグには食わない。

お話しをしていた方はアゴペンを永遠キャスティング。同じく無反応

半日釣行のうちの貴重な半分の時間を費やしてしまったが、ここであることに気付きました。

シイラ開幕したばかりなのだが、

予想以上にスレている説

半分ずっと気にかけて疑っていたのですが、たまたまヒウオ曳きの船が5艇入り乱れた現場を見た瞬間に確信しちゃいました。

シイラ、早くもスレている

とは言えIQはそこまで高くないとされているシイラですがスレると一転、全く口を使わなくなる「万力」かつ「石頭」の持ち主であります。

スレると手が付けれません。もう放置するか違う群れを探すほかないですね。

開幕戦なのに予定外にスレたシイラにとった対策

スレたシイラには段階があります。
  1. ジグなどの早い沈下を嫌うシイラ
  2. ルアー自体にスレてしまったシイラ
1の場合はまだ手を替え品を替えで対処出来ます。
2の場合は釣られた仲間が危険サインを知らせるために、体色が黄色の警戒色になって群れ全体がナーバス状態に突入したら釣ることは困難を極めます。


スレ気味のシイラがジグの早い沈下速度を嫌うのは、私のお師匠さんが10年も以上前から仰っておられてました。

ならどうするべ?ってなるのですが、私はペンシルだったりポッパーだったり、ミノー等のプラグを使って対処しております。

ジグは食わないけど、プラグは食うシイラって結構多いです。

ジグからダイビングペンシルへ作戦変更

ひと昔のダイペンと違って最近のペンシルは良く飛ぶ!!!!!

一番お気に入りで使っているのが、シマノのAR-C・ロケットダイブ187F
DSC_1407

足場が高かったり、波が高かったりしても、色々投げたダイビングペンシルの中で一番安定して綺麗に泳いでくれます。ガンマ引きの時に波から飛び出たりしたら魚は興味を失って引き返していくので、波から飛び出ない事を一番重要視したらこのペンシルにたどり着きました。

波から飛びだしちゃうとお困りのプラッキング初心者の方におススメです。他のプラスチックのダイペンより重めに作られていますので飛距離も抜群。北東風に負けずぶん投げてました。

やっぱり、信用して投げ続けられるルアーは必然と釣れるチャンスが増えるので結果が出しやすくなりますね。

諦めずダイビングペンシルの誘い出しでアピールしていたら、荒れ狂う波間に一瞬背中をモジらせる黒い物体のチェイスを確認。

シングルフックを前後2本だったためかフックには触れず感触なし。

だが、明らかにジグと違って反応してきたので、更に誘い続けます。

タックルハウスのダイビングのフィードポップもローテーションしましたが、誘い出しに乗ってくれたのは謎の黒い影1本のみ。

お話していたアングラーさんが離脱からの

「上げの舘浦、下げの白浜」 釣り人には言わずと知れた平戸に伝わる言い伝えがあり

干満のピークに近づき緩む潮で、知り合ったアングラーさんが離脱

私が投げているところがパッとしなかったので、気分転換にアングラーさんが死守されていた潮が通す釣り座移動してみました。

ヒウオ曳きの船は潮目ばかりでヒットしていたので、ここの釣り座は潮目までの距離が最短で可能性があると願っての移動です。

ダイペンを投げていたのですが潮目が遠くて太刀打ちできず、団長ジグに戻して飛距離重視の作戦に切り替え。

本日はジグでは釣れない日と分かっていたので、この時点では10㎏詰めた氷はどうしようかと頭に中で考え始めたタイミングでありました。

※今の時点で、白浜の製氷機は釣り人各位は使えない状態ですので事前に用意する必要があります。

団長ジグに想いを乗せて、キャスティング練習&筋トレで開幕戦はボウズで締め括るかと潮目目掛けて怒涛のロングキャスト

団長ジグが潮目を抜ける辺りで、藻の塊に突き刺さったようなとても重い重みに抑え込まれた。























「ゴゴゴッ?」「グーーグーグーー------グイ――――――ン」









あっ。動いた。魚みたい。ツインパワー10000PGの7割ほどに掛けたドラグが引き吊り出されます。

始めからドラグテンションを掛けると、いとも簡単に身切れするので7割くらいがおススメです。あとドラグテンションを掛け過ぎるとシイラがジャンプしまくります。

ドラグテンションを控えめに抑えると、ひたすら沖へ走ろうとしますのでバレ防止になります。

掛けてから猛ダッシュさせる筈が、沖へロケットダッシュや豪快なジャンプどころか、あろうことかそのまま真下に突き刺さりました(汗)

アレっ、お魚が違うみたい。

根にラインがスレていてググググっととてもヤバい糸鳴りが伝わって来た。

アラカブ等の根魚と同じ要領でテンション抜いたら根から離れるの繰り返しで、騙し騙しのファイトです。

九州の秋場所で1キロ1万円のとても美味しい茶色いあの方だ!きっとそうだ!

もしくは、鹿児島や沖縄で釣れる茶色いヒレ長な怪物青物か?

どっちにしろ面白いヤツと対峙していることには変わりないので、せめて姿だけでも拝みたいもんだと頼むからバレるなと懸命のファイトが続きました。

20年近いオールドキャスティングロッドまだまだ余裕

ラインはサンラインのPEジガーULTの6号

リーダーはバリバスのナイロン100lb

リールはツインパワー10000PG

ロッドは20年近いコーラルスター10620・20lbクラス 9.6ftカスタム・ティップチタンフレームの大口径ガイド化

タックル面で一番早く限界が来そうなのは、古い年代物のコーラルスター

ブランクスのカーボン接着も経年劣化で剥離しボキっと行きそうな感じですが、しなやか且つ芯があって粘り強いパームスがなせる芸当で、根に張り付く謎魚が一瞬泳いだタイミングを見計らって根から引き吊り出してウインチ状態に成功しました。まだまだ粘る10kgは余裕でイケそう。古いロッドなだけに色々参考になる箇所が多すぎます。

最後の最後まで抵抗する謎魚。

思っていた以上にデカいw

3~4kgのアラ(クエ)かカンパチだと思っていたけど、イエローラインが入った釣りたくてもなかなか釣れない憧れのあの方でした。
DSC_1413

拳が入るサイズをどうにかこうにかゲット。

ただ巻きの事故で釣れたこのヒラスちゃん。何を隠そう自己新記録w

おおよそ85㎝~90㎝、6キロちょい

ダイペンの誘い出しで出て来た黒い影も恐らく5kg前後のヒラスっぽいです。

今回はシイラ釣りの予定でしたが、ヒラスのミスバイト1発と1キャッチ

なんやかんやで上出来過ぎる釣果となりました。

このまま時化が続きますと平戸はますますお魚天国と化す気配が濃厚ですよ!来週の3連休はマジでヤバいです。