最近釣り番組で話題沸騰中のショアから滅茶苦茶大きなシーバス・真鯛やブリが狙える夢のようなフィールドの熊本県は天草地方。

そんな聖地とも言える海域の対岸にはには長崎県雲仙市がある。距離にすると100gのジグをフルキャスト✖30回もすれば天草に渡れそうな距離だ。

聖地とご近所みたいな環境なので、伝説ではウエーディング中に鰤の群れに囲まれるアングラーも居たそうな。その時は鰤ラッシュでネットでもたちまち話題になったらしい。

それを聞くや否や島原フィールドに興味深々。いつかは行こうとは思ってはいたが実現出来ずに温めてました。

島原はバス釣りとソルトのダブル釣行

雲仙諏訪の池でお昼から16時までバス釣り。「一年半ぶりのバス釣りに四苦八苦奮闘記

あまりにも釣れないので実は1時間で既に諦めていた。バスの顔が見たいので粘ったのだがバスの思わせぶりで更に粘って4時間経っちゃった。

出遅れる事16時。フローターの空気を抜いて気分は完全にソルトモード一色。長崎はこのスタイルの人がおおいですね。バス✖エギングみたいな。調子が良い方を釣るのが鉄則。

10年前に小浜温泉付近でアジング&ロックをやったくらいで島原は完全未開拓の地。温泉の暖かい水で冬場が釣れるらしい。

釣り場開拓。オラわくわくすっぞ!

鰤や大型シーバスが釣れる時は鬼釣れるって期待のフィールドだけに気合しか入んねぇ。

良い場所見付ければ宝物ですからね。

ストラーダのナビとGoogleMapさえあればそんなに苦労せずにエリア全体のポイントが見つけられます。5年前とくらべても圧倒的に凄くイイ時代になったので自分だけのポイント開拓は凄く楽しいですよ。

開始が16時なもんで、竿を出したいのもやまやまだが水色と常夜灯、潮の速さ、ブレイクライン、ベイトや海藻の有無をパッと見のファーストインプレッションで釣れる釣れないをザクッと見て行きました。

完全に私の偏見に満ちたポイント選びです。

謎漁港を数か所回って。初っ端からなかなかの判定。ベイトも多いし藻も多い。水も綺麗。

地元アングラーのエギングも相当数見かけたので実績もあって有名なのでしょう。アジングも出来そうなのでナビにチェックマーク。

岬みたいな所が遠目で見えたので行ってみると道は狭く途中で断念。行けたら相当良いところだが今回はチェックだけ入れて次へ。

下関の海岸線によく似たコンクリシェードとゴロタ石の風景がずっと続く。降りれれば釣れるだろうと駐車できる場所にとりあえずチェック入れまくる。

公園ありのデッカイ堤防ありので景色が変わって来た場所で、貝採りのオバちゃんから場所を教えて貰った。魚釣るならこっちのエリアよりあっちが断然いいらしい。

遠くから見るからに一級っぽい佇まい。行ってみると予想以上で次元が違った。今まで見て来た場所はなんだったのかと。もう他の場所は行かなくていいと思えるくらい素晴らしい景色。ここはスッゲー場所だ。だが行くまでの道幅はやはり狭い。

持ってきたライトソルトのタックルが、ここでは通用しそうになかったのでチェックだけいれて周辺を隈なく探査。

画像だせ!とせがまれそうだがヒントはなしでゴメンナサイ。

凄い一級ポイントを見つけたと思ったら、少し先からは水が有明海チックになってきた。日も暮れそうだったこともあり早足で巡った新規開拓のペースをスローダウン。漁港の夕マズメでアジかシーバスを狙ってみることに。

アジも多いって聞いていたが夕マズメはナブラが起きるくらいいました。たぶんアジだがなぜか釣れない。

釣れたのは小さなアラカブさん
DSC_2570


そうこうしていると陽も落ちて真っ暗。デイゲームで釣りが出来るエリアの判別が付かないので、アジングとメバルが釣れそうなところだけを探る作戦に変更です。

島原は釣り禁の場所は少ないものの、エリアによっては広範囲でダメな場所がありました。岩場に乗ってる人を見かけたら通報してくださいと無茶苦茶な看板があったことろも。油断してたら結構危ない地域ありますよ。

夕方、島の反対側でデイゲームのエギングをしている人を見て以来釣り人がいない。金曜日なのだがなぜだ。釣れないエリアなの?

釣り禁でもないが強い光がある漁港は不思議にどこにも釣り人はいない。投げてみるとメバルが釣れた。
DSC_2583

場所を知らないという事もあり全体的にあまり釣れなかったが、平戸や呼子のウンザリするような人混みに比べるとなかなかいい雰囲気。市内付近にシーバスがめっちゃ釣れそうなところも見つけた。

マックもあるしモスバーガーもある。イオンもあるしで島原の街中は何でもあってビックリ。食料調達に困ることなく釣りが出来ました。

アジみたいなのが沢山いるけど食ってくるが全く乗らない。夕方のナブラもこの魚かな?有明海固有種かな。ヒラ?ターポン?有明海の生物は謎が多くて悩ましい。

途中から水色が有明海みたいになったので諦めて諫早湾干拓の橋を渡る。時間があったら有明海も釣ってみたかったが深夜で気力切れ。

いつの間にかナイトゲームしんどくなってきたぞー。歳とると夜は疲れる(笑)

ばっちりな釣行紀と思わせてただのショボいレビューっぽくなった今回の下見釣行だが、素晴らしいスポットを一か所見つけられただけでも素敵な財産にありました。次回行く時はガチのショアジギタックルを用意して鰤ねらいます。遊漁船も出ているみたいなのでそっちも非常に気になりますね。