はじめに熊本の地震のこと

一夜経って未だ余震が続いている熊本県ですが、救助活動・インフラの復興作業に携わる皆さま本当にお疲れ様です。 残念な結果ではありますが被害に遭われた方へご冥福をお祈り申し上げます。 そして、不自由な避難生活を余儀なくされておられます皆様へお見舞い申し上げます。 微力ながらも寄付することぐらいしか出来ません。


中学校の校訓でもありました

・継続は力なり
・一歩でも前進
・磨けば光る

短い言葉ですが、とても深い意味を秘めた良い言葉と30過ぎて漸く気付きました。



継続して復興し、一か所でも早く復興して前進する。そして、復興が終わるころにはまた緑豊かで素敵な熊本に戻るように願っております。


日本全国の力で新しい熊本を作って行きましょう!


余震もありますので自宅で竿をリメイクしています。

今回リメイクする竿はアングラーズリパブリック・パームスのシーバスロッドであるサーフスターSSS-79SPWです。

サーフスターでは最終モデルになります。新型の企画は倒れたままなんでしょうか?

モデル早見一覧
初代の深緑ブランクスのSSP
伝説の銀ブランクスモデル・SGP
セパレートグリップになったSAGS(アローズ)
最終の軽量化モデルSSS

一番人気はSSS、安定のSGP


SSSは諸事情により歴代サーフスターとは違ったコンセプトで造られているようです。そのため、竿が弱いので魚が浮いて来ません。

なので、ガイドを換えて浮かせてあげようと交換しております。
1460723118373
1460723146168



まずは根元のガイドをシングルフット→Wフットに交換します。
1460723212828



カッターでブランクに傷が入らない様に慎重に刃を入れます。


この時はガイドフット(金属部分)に刃先が当たる感じが一番いいです。1460723236710


φ30の文字が見れて来ました。そうです。リング径が30mmのガイドを意味します。


φ30をφ25に変更します。素材はステン→ステンです。
1460728284522



性格がおおざっぱなので、取り付け位置は経験と勘でザックリ決めます(笑)


良く分からない内は元の場所に配置するのが間違いないです。たまに冒険して色んな経験を積みましょう。


ガイドセメントと言われる接着剤をライターで炙ってガイドフット裏に塗ります。
1460723288751 (1)
1460723274639


ブランクスに付けるときにもう一回炙ると接着は簡単に行えます。


決めた所へ仮接着しました。
1460723352378


ガイドセメントは瞬間接着剤と違って何回も炙って使えます。瞬間だと傾いて付けちゃうと終わり。しかしガイドセメントは傾きなどの修正が非常にやり易いです。


今回はジャストエースさんのダルスレッドのAタイプ・No.153を使用します。
1460723590765



きっちり詰めて巻きます。手で我慢して巻く方が綺麗な仕上がりになります。
1460723388468
1460723373538



こんな感じで下から2番・3番ガイドをせっせと交換しました。


下から2番目はφ25→φ20へ、素材はステンです。
1460723424152



下から2番目はテープで仮止めして、ガイドにラインを通して、更にリフティングさせてシビアに場所を決めます。


位置が決まるとひたすら巻き巻き。。。。
1460723445852
1460723463796
1460723490369



下から3番目はφ10→φ12へ調整。 素材はステンです。
1460723056741


何時間か掛けてセッティングと巻きは完成。
1460723038624



仕上げにガイドに糸を通してリフティングテスト。


ロクマルで苦戦していたノーマル状態でのセッティングでしたが、リメイク後はナナマルを軽く浮かせる仕上がりに変身。あくまで予定ですが(笑)


バットに力が行く前にがっちりキープする感じです。


後はエポキシを重ね塗りして仮完成です。仮完成後も魚掛けたり、キャストしたりで色々とテストは続きます。


同じモデルで、左はリメイク・右はノーマルです。
1460722997540



ロッドのリメイクに答えは存在しません。狙って思い通りに出来ないことも沢山あります。その逆に、冒険して得るものも沢山あります。


まずはお手持ちのロッドの性能が本当にそれでいいのか疑問を持つことが重要です。


GyoNetBlog ランキングバナー


シーバス ブログランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村