おはようございます。童夢君張りに消える魔球でいきなりバスネタをぶっこみ鯛と思います。


変化球過ぎて見逃しスルー空振り三振しないようにお願いしますw


休日釣りに行かない時の朝は、朝活を意識的に行うようにしております。で、今日も釣りの予定がないので朝活。


普段気にかかっている家の事をやります。9時くらいになると集中出来ないので、私の場合は朝6時から8時までの2時間が生産性のゴールデンタイム。


数年前の大雪で車庫の一部が崩壊。崩壊したところを徐々に解体しておりその続き。脚立に登ってノコギリでぎこぎこやってたらスズメバチの襲来にあって見事クリーンヒットして一刀両断して空中分解しました。スズメバチさんごめんなさい


と思いきや大量に居るし飛んで来る。庭のマスカットや梅が実ってるのが原因らしい。


時期的にペットボトルで作ったスズメバチホイホイを仕掛けないといけないかも。急遽の時でもコンビニで材料が揃うのが嬉しいところ。コンビニオリジナルブランドで揃えればスーパーと同じ位安く買えます。オレンジジュース(1リットルの紙パック)とお酢とスーパーカップ、砂糖を買って来て混ぜて数週間発酵させたら完成。配合がうまく行けばホイホイ入りますよ。
DSC_5231


ペットボトルに小窓を作って軒先に設置。要らなくなったPEラインが役に立ちます。この時は青葉の華が咲くお彼岸に大量襲来されて急遽作りました。
DSC_5237


レシピは「ペットボトルを利用した手作りトラップ」さんが分かりやすいです。


さて、危険生物で厄介者のスズメバチさんなんですが、実はバス釣りにおいては釣果に結び付くスーパーヒントを簡単に教えてくれるありがたい存在なのでもあります。


ボートでバス釣りをする方なら経験があると思いますが、釣れる所に限ってスズメバチが襲ってくる経験ってないでしょうか?


「ここのブッシュカバーはラバジフリップするとゴーマル来るんだよね。実績のカバーだよ。って同船者の方に教えてるとブーーーーーンっ、ギャーーーーーーっ、ボート揺すって暴れちゃったから場が荒れちまったぜ」って経験が一度や二度は誰しもw


私の浅い経験上では、その岸沿いのライン上では唯一少し窪んでいる所にあるブッシュカバー。そこにスズメバチが集まるとある植物がレイダウンやらオーバーハングに覆いかぶさっていたらスーパーブッシュ確定です。


そんな釣れ釣れのスーパーカバーはスズメバチさんがご丁寧に教えてくれるので、ちゃぶけんがブログにそんなこと書いてたなと記憶の片隅で覚えておいて頂けましたらピンと来ると思います。


スズメバチに襲われたところにあるカバーは要注意!なのであります。以上


単純明快なのですが、それだけじゃ良く分からんといわれそうなので、引用を用いて少し解説。


ブッシュカバーって濁して表現してましたが、正確には「ヤブガラシ Wikipedia」が覆いしげるレイダウンやオーバーハングの複合カバーになります。
DSC_1460
裏山にヤブガラシが生えてました。7月にヤブガラシの華が咲くらしい。


アフタースポーン、最近ではポストスポーンってみんな言ってるのかな?スポーニングが終わって、バスの稚魚がカバーで身を隠すのと、雌バスが産卵後の回復期にカバーに寄り添うタイミングでヤブガラシが猛勢に覆いしげるのでカバー内の照度がより暗くなり他のカバーより、より身を隠す環境が良くなるみたいだ。季節が進み寒くなる季節になると葉も落ちてカバーの効果が薄れる頃までずっとバサーの見方で最強パターンを形成してくれる。知ってるだけでお得感満載な理由です。


しかも、ヤブガラシの効能はこれだけではない。ここから先は暮らしの問題解消ブログ‐ライフディクショナリー‐さんの引用を用います。

多くの雑草の中でもヤブガラシの名前はあまり聞きなれないと思いますが、日本全国どこでも見る事ができる、ブドウ科・ヤブガラシ属のツル性多年草の雑草です。

ヤブガラシと言う名前は藪を覆い尽くして枯らしてしまう事が由来となり、生長が早くツルを伸ばして一面に広がり、庭などの手入れも怠りがちになってしまい貧乏住まいのようにもみえる事から別名をビンボウカズラとも呼ばれています。

全国至るところで見る事ができ、フェンスや壊れたビニールハウスの支柱などに絡みついて繁茂している様子を見た人は多いと思います。


嬉しいこと?に場所を選ばずとにかく生えているらしい。フィールドで目にすることが容易なのが想像できます。



ここから先が重要です

ヤブガラシは、夏になると5mmほどの4弁花と雄しべが4本、雌しべが1本ある淡緑色の花を咲かせます。

午前中に開花した後、花弁と雄しべは脱落し、雌しべがオレンジ色の花盤として中央に残り沢山の蜜を蓄えます。

その為、アリやハチなどの他に多くの昆虫が集まる為、狩り場にもなっています。



ヤブガラシがヤバいスーパーカバーな理由がさらりと書いてあります。


簡単に都合よくバサー目線でまとめると
午前中に開花して、午後は蜜を吸い昆虫たちが集まる。=午後はヤブガラシを打て!


つまり、お日様燦々で気温MAXの激アツな午後からはヤブガラシの花の蜜に集まる虫達を意識したパターンが構築されるであります。濃い日陰も形成して最強です。虫パターンのバスだけでなく。ギルやハヤ、オイカワ、はたまた鯉と言った虫が大好きなお魚(ベイトフィッシュ)をビシバシ集魚して、弱肉強食の生態系ピラミッドがヤブガラシの目下に集中して形成されることにより、他の植物で形成されるウッドカバーより圧倒的な爆発力があるカバーになることがバサー目線でありますが予測されます。


話をスズメバチに戻しますと


特に、ヤブガラシの花は花びらと雄しべがなく蜜が吸いやすい為、舌の短いスズメバチなどは集まりやすい



スズメバチは舌が短く吸いたいお花の種類を選ぶ必要があるらしい。確かに、クワガタの木の蜜に張り付くのはそのためだったのか。暮らしの問題解消ブログ‐ライフディクショナリー‐さんの記事引用でトレビアだらけの今回となりましたが、スズメバチを意識したヤブガラシパターンで夏のカバー攻略は更に楽勝になります。


これって、渓流のトラウトも一緒のことが言えるのではないかと勘繰った訳であります。機会があったらトラウトで実証したいところです。もし試された方がいらっしゃいましたら吉報お待ちしております。


※超絶釣果が期待出来る反面ではありますが、危険生物スズメバチが群がるヤブガラシは相当な危険を伴いますのでくれぐれも無理がないように自己責任でお願いします。


スズメバチが居ない時にヤブガラシのカバーに目掛けてこんなルアーをブッ込んだら楽しいだろうなと妄想したら無性にバス釣り行きたくなってきたぞw

ティムコ(TIEMCO) ノイジー タイニーシケイダーバスチューン 34mm 2.7g スズメバチ #047

新品価格
¥1,429から
(2018/7/8 10:05時点)