佐賀~長崎~福岡と昨日から非常に強い雨に見舞われております。釣りに行かれる方はご注意くださいね。

お仕事いい加減にしないさいと、お医者さんに止められてて釣りに行くのも躊躇っていたのでこの土日は骨休めで釣りにイケないので丁度よかったタイミングでの大雨であります(笑)


しかし、大雨と大潮と南風or西系の風が重なる最高のタイミングなんですよね。シーバス100本釣りが可能な年に数回のスーパーディなんですが諦めます(泣) 


釣りと仕事ばかりやってられないのも事実。釣り部屋が散乱してて片付けないといけない。ずっと実践しているミニマリストを目指してバス関連は思いっきりスッキリ整理出来ました。もう殆ど持ってないが夏のトップ遊び分だけ残してます。


バス関連の道具はスッキリなっても、今度はソルトタックルが爆発的に増えてしまって意味がないw


カスタム待ちのロッド達、それに伴うスレッドやらガイドやらのパーツがゴロゴロ。


ううううっっっん。邪魔!


コザコザの物が部屋の散らかりの原因になってるので、この際で出来る分はやってやろうとロッドのリメイキングに着手。ずっと放置してた(反省)


手持ちのショアジギロッドはGTまで相手に出来るガチロッドが1本、10kgのヒラスまでが2本、ヒラスの5キロまでが1本とまだまだ貧弱な装備。


最近は雑誌各社で特集されるくらいライト系のショアジギが流行りの兆しがあります。PE2号ってかなりライト。私が使っているスーパーライトショアジギがPE2号標準。ジグは80gまで投げてます。間違ってもこのタックルではヒラスは狙はないw九州のヒラス半端ね~って。


そのスーパーライト系のタックルが実は一番出番が多くスペアが欲しいんです。ヒラスの気配がない時やハタ系はこれメインで持ち歩きます。真鯛~ヒラメ~ヤズ~ネリゴと色んな魚種をカバーしております。ヒラスはガチタックルで。


ショアジギはここ最近始めたばかりの初心者なんですが、やってると足りないところが出て来ますね。バスだと後からになってグラスロッド欲しくなるアレと一緒です。


ショアジギはジグで色んな魚種をカバーして、プラグで誘い出してヒラスやらを一発狙い。どっちも比率的に同じ位のゲーム展開にしたい。楽しみつつ一発を引き当てたいという欲張りな願望wなのでヒラスズキ出来て、小型の青物と遊べるプラッキングロッドが欲しい。


スーパーライトショアジギングで使っているロッドと同じモデルのロッドでガイドの種類を変えてプラッキング用の双子ロッドを作ろうと企ててますwジグとプラグを付け替え交換するの面倒くさいじゃないですか。なので専用機でゲーム展開をクイックに効率的にしたいんです。
DSC_1306


奇跡的にブランクスが確保出来ましたので、まずはガイド外してダブルラッピングで下地作り(ここで止まってたw)。これやらないとショアジギやボートはロッド折っちゃいます。ヘタしたら真鯛の突っ込みでも折れるかも。実際エイで折られた。
DSC_1150


と言うことで、前回の作業の続きで下地スレッドに希釈したエポキシが乾いたのでガイド乗せてラッピングしてまたエポキシ✖2


完成まで時間がかかりますがスペシャルな1本が出来ます。市販品で一番好みのロッド探して来て、ベリーをもう少し硬くとかバットをもっとガッチリとか細かな設定が出来ます。セッティングがマズかったら折れるらしいので極端な設定は避けてます。


スレッド巻きの仕上がり綺麗さはその人の器用さや妥協具合で左右されますが、ガッチリ巻いてファイト時にガイドが飛ばなければ良いかなと思っております。


部屋の整理でロッドパーツ関係の整理が一番時間が掛かるw次は本。写真1枚目のロッドの向こうに映り込んでいるのはアシストフックの自作用パーツがズラリ。アシストフックは自作しているので色々とパーツが多くて散らかる。


まだまだやることイッパイ。いっぱいだけどやったらやったぶんだけ整理出来るのでやりがいあります。


釣具触ってると釣りに行きたくなって来た(泣)