今、伊万里湾がアツいらしいのでスーパーライトなショアジギに繰り出して来ました。


カタクチイワシ―ノ、ヒラメ―ノと景気が良い情報が動画で。。。。w


分かる人には分かる風景だったので情報を活用させて頂きました<(_ _)>


動画のアップからすると一週間ほどタイムラグがありましたが、某漁港ではカタクチイワシの銀鱗がキラキラと舞って鳥山が出来てました。寄りによってフェリー着き場で。手が出せなくて悔しい。。。!


ズバリ狙いは「ヒラメとマゴチ」、サブターゲットは「チヌとシーバス」、あわよくばキジハタ。けど、年々キジハタやマハタといったハタ系は急速に居なくなってる。今年はまだ0本、幻のアオリイカやメバル、野池のバスと同じ位、激レアなターゲットになりつつあるので資源保護が必要な時期に来てると思います。


どんなお魚が獲れてるかな?と道の駅の鮮魚コーナーを物色。メガアジだらけ&鷹島沖の真鯛やサワラ。至って平和なメンバーだがアジがやたらとデカい。釣りたい!


ベイトはカタクチイワシの50㎜ほどのサイズだったので、本日は18g~40gの小型ジグを7.9ftのMLアクションの柔らかいロッドで艶めかしくアクション演出。


いつもは硬いシーバスロッド使ってるんですが、柔らかい竿でジグをシャクると魚の反応がスコブル良いですね。ジグが綺麗に水の圧力を受けて踊ってる感じ。バスで言うとラトリンログがリップに水圧受けてジャークする感覚と同じです。


ちゃんと重い水圧(潮流がある)時は釣れそうだなって直感が感じれます。そんな時はストライクが入りやすいですね。


しかし!ベイトは沢山いるけどエソしか居ない。噂のヒラメはどこ???デカアジは???


ここ数週間はエソとアラカブしか釣ってないんで他のお魚が是非とも欲しいw


が、エソエソエソESSO。。。。ONLY


堤防~ゴロタ場と回遊するもエソの巣窟みたいだったので対岸にプチ移動。


現在テスト中の改造ジグで小型の青物っぽいヌルんと来るバイトが数回。が乗らない。


ネリゴは季節が早いのでアジかヤズか?。残念なことに足が速くて次のキャストでは居なくなってしまった。


その後反応が得られず、改造ジグからドノーマルのアシスト1本オーソドックスなジグに付け替えたら一発でズドン。

DSC_0933


流石過ぎる安定のダイソージグ。自作改造ジグは失敗作やなw


サイズも50越えの良型マゴチ。こいつはウマいぞ。久しぶりの獲物に喜びもひとしお
DSC_0937


伊万里湾が珍しく白波ってる。風、波が強まって来たので早めの納竿


何を隠そう早くお魚を捌きたくて仕方ないのであります。


新しい包丁にしてからというもの、アラカブ一匹拵えただけなので切れ味を堪能する機会がなくて悶々しておりました。漸く骨太なゴッツイやつに出会えて大満足です。
DSC_0951



予定通り骨がごっつかったのですが、シッカリした包丁はブレないので力が一点集中に掛かるので捌きやすい。


次こそ真鯛かヒラメが釣りたい。と言うことで月末は船から今話題のフォール鯛ラバとやらを体験して来ます。


道の駅に寄った時にこっそり買ってみました。
DSC_0942


包丁の保護用に松浦名物の椿油をゲット。言われてみれば椿林があるくらいツバキの木だらけの松浦市。これはナイスな特産品です。


松浦産は美容目的のオイルなので良いお値段するのですが、アマゾンで刃物用の椿油を発見しました。梅雨のジメジメ湿気で錆びる前にお手入れしてみませんか?

黒ばら本舗 刃物用椿油 小 100ml SN-2

新品価格
¥580から
(2018/6/9 20:50時点)