実は3月にシロウオパターンのナイトシーバスゲームで酷使していたシマノ・15ツインパワーC3000がトラブって急遽入院しておりました。ネタにするため黙ってましたw


メーカー送りになる程の故障かといいますと、症状はかなり軽症で、スプールのラインストッパーが外れた程度。
DSC_7266


原因はスプール内側のネジが緩み抜け落ちてラインストッパー本体が脱落
BlogPaint



長年シマノリール使っておりますが、ラインストッパーの利きが緩くなることはあっても外れたのは初めて。


再発防止策で緩んだ時にネジを締め直して。。。。と考えましたが、戻って来たツインパワーを確認してみると。
DSC_0136


なんてこった。ネジの締めようがない平頭のネジがハマっていました。これでは再発予防が打てない状態です。


滅多にないトラブルですが、ラインストッパーが緩んでくると気になるんですよね。


同じ症状の方はシマノへ修理に出すしかないですね。その際は最寄りのシマノ製品取扱店様へご相談されてみてください。


ラインストッパーで修理を出した時の費用やパーツ代金は?

まず、ラインストッパーですが自分で修理したい方もいらっしゃるかと思われますが、ラインストッパーと言う部品が存在しません。と言うことで、ラインストッパー部と言う表現になるようです。ですのでラインストッパー部の本体や平頭のネジをパーツ注文という形がとれないと思って頂いた方がいいですね。ちなみに、展開図の7~9はそれっぽく見えますがドラグのクリック音を出すパーツです。
Screenshot_20180406-224527
出典 シマノ アフターサービス 15TP PDFのスクリーンショット


ラインストッパー部はスプールの一部になるため、故意に破損させた場合はスプールのお値段になる可能性があります。ラインストッパー部をいじる人ってまず居ないでしょうけど念のためにw


取れそうだなと、症状が出始めた時はドライバーなどでは一切触らず、そのままの状態で直ぐにメーカーへ修理依頼した方が良いです。


色々書いちゃうと悪用しちゃう人が出て来ますので詳しいことは割愛しますが、『決して傷を入れてはいけない』ことを今回の修理で学びました。


有名な話では、ネジロックが使われているシマノリールはネジを緩めたのが直ぐにバレるって話がありますね。開けちゃだめってなってるところを開けると後が大変です。


まとめ

①ラインストッパー脱落はかなりレアな症状ですが、症状が出たら触らず直ぐに修理依頼
②ラインストッパー部はパーツ表に記載なし。よって、スプールクミ扱いで9200円の費用が発生する可能性があります。その時は手数料も発生するかも?合わせて諭吉オーバーw
③ラインストッパーに太い径のラインやリーダーを噛ませないようにするのが一番の予防と思われます。ちなみに私はフロロの7号8号(エギングやシーバス)を挟めてました。

エギングに!?リーダー太過ぎない?って声が聞こえて来そうw


太めのラインを使う機会が多いオフショアの方は注意が必要かと思います。