本日は震災復興6年目の日となりました。

ヤフージャパンの3.11を検索で10円募金が話題となっております。既に400万近いアクセスが集まっておりました。お手軽なのでおススメです。

3.11で応援企画詳細 【https://fukko.yahoo.co.jp/


今回は珍しくエギングネタをお送りします


 先週はまぐれの釣果でしたが、やっとの思いで初バスをゲット出来て悔いなくソルトに専念出来る環境が整いました。日曜日は初のボートエギングでキャスティングです。ボートエギングで使えそうなエギをアドバイスを頂きながらかき集めて来ました。
1489242812632


 評判の良いエギの情報を仕入れていると最近の人気エギはヤマシタのぴょんぴょんサーチがキテる的な情報が飛び交っていますね。福岡・佐賀・長崎では入荷しても3時間足れずですぐに完売ラッシュのプレミアが付くほどの人気だそうな。特にケイムラのムラサキ系は更に入手困難みたい。


 隊長からは、ぴょんぴょんサーチは自重が少々軽い(18g)ので今回お世話になる遊漁船の潮流が速いエリアでのボートエギングには向かないかもね。と教えて貰ってましたが、凄く気になるので探し回って本日無事にゲット!!!某ショップオーナーのKさん貴重な情報提供ありがとうございました。


各店舗、来週末くらいに一斉に入荷予定の模様ですのでお早めにどうぞ。


エギーノぴょんぴょんサーチの使用方法



search_illust_02
出典 ヤマシタHPより


 なぜ、ぴょんぴょんを探し回ったのかと言いますと、かれこれ5年はエギでイカを釣っていないヘタレな私でも、この謳い文句は釣れそうな気がしたから(笑)


単純なんでまんまと釣られてみました。


 最後にエギで釣ったのは5年前のスルメイカを最後にイカさんは消息を絶ちました。。。私の中ではアオリイカは都市伝説の生物ですw去年は事故でタコが釣れましたがノーカウントで。


 とにかく近年の長崎地方はイカの個体数が少ないですよね。そんなしんどい状態なんですが、今年は当たり年らしいのでちょっとだけ期待しても宜しいでしょうか?と言うことで、ボートエギングの前にショアから投げて来ましたよ!上の解説を参考にアクション。竿先をかるくチョンチョン動かしエギをぴょんぴょん跳ねさせる。そして6秒のステイでクワセの間をきっちり確保を繰り返し。根掛かりにビビりながらも夕マズメをシャクリ倒しました。


長崎・松浦でアオリとヤリイカを狙う

 ターゲットは2種類のイカさんです。 ヤリイカが大量に接岸する要因として3cmくらいのキビナゴっぽいベイトがウジャウジャいました。一面数百匹の鳥山で高確状態です。またとない状態+ぴょんぴょんエギで無敵状態の期待アゲアゲモードだったのですが、時間が経つと共に、一人また一人と釣り場をあとにして行きます。

ベイトは山ほど居るのに全く釣れないwさすがショアのエギング。そう簡単じゃないですね。釣れる気がしねぇ。。。

 試しにジグを投げたら、速攻でキジハタっぽい根魚がヒット。1.5キロくらいの良型が来て根に張り付かれて根化けしてバラシました。水面下ではベイトにトチ狂ったお魚フィーバーでお魚タノシスだったのですが、今日はぴょんぴょんでエギングを頑張る!が目標だったのでエギング縛りで続行。頼むから来てくれアオリイカ!!!


願い届かずエギングの結果はやっぱりボウズでした。で、ぴょんぴょんを使った感想を私なりにまとめてみました。



ショアからのぴょんぴょんまとめ

 エギング初心者の私的な感想で恐縮ですが、エギ王QやアオリQの方が使い易い印象でした。まずフォールが遅いのでゴロタシャローを攻めやすいです。リップがフォール速度を抑制している感じがしました。
search_01
出典 ヤマシタHPより


 フォール中は頭から必ず沈んで行きます。そして、着底後はリップでバランスをとって尻尾が立ちやすいように設計されております。コンセプトのエビが逃げる感じが出ていました。風呂場で動きを確認w


 シャクると動きは鈍いです。ライバルであるDUELの新製品・パタパタフットのダートマスターと同じ位はダートします。ひと昔のエギみたいに派手で綺麗なダートをしないのが疑問点なんですが、最近のエギは昔のエギみたいにダートさせないのが主流みたいなのでOKなんでしょうね。私的に激キレダートのダートMAXが大好きなので物足りなさを感じます。


 図解のように初心者さんでも簡単に釣れるのか?が気になる所ですが、はっきり答えを申しますと、イカがちゃんとある程度の数が居れば釣れます。イカが少ないところで頑張っても報われません。が正直な感想ですので、良い環境の釣り場に行ってみましょう!動画のような離島っぽいところなら釣れ釣れの予感です(笑)



 隊長が申されるように、流れが速いところではフォールが遅いので厳しいかも知れません。流速があるところはDUELのランガンに分があがりそうですが、あえてダメ元で投入してみます。ボートエギングで使えるのか?も検証してみますので次回はボートエギング編をお送りします。


ボートエギングでのぴょんぴょんサーチの感想を追記しました。速い潮流のボートエギングでエギーノぴょんぴょんサーチを使ってみたところ、予想と反して使い易いことが判明しました。激流以外ならパタパタよりいいよコレ。

春イカのボートエギングに行って来ましたのエントリーも併せて読んでみてください。