こんばんは。最近ではめっきりアジ釣りの虜になったちゃぶけんです。


ショアジギからスタートして夕暮れからのアジングは去年からのトレンドコースになっております。最近では尺を超える大型アジの群れが入って、とある海域では大いに賑わっております。


運が良いのか、メバリング&シーバス&ケンサキイカ&アジング&運が良ければ真鯛で入ったエリアが釣行日のスーパー当たりエリアでした。


タックルデータ
シーバスロッドの7.6ftのLアクションでシーバス兼エギング担当
メバルロッドの8.8ftのチューブラーでメバル兼鯵担当


という、今どきではないと思われるタックルセッティングの2タックルで挑んで来ました。


目前からガンガン潮が流れる激流エリア。真鯛が居そうだと昔から目を付けていたところですが、漸く現地入りの夢を果たしました。


陽が落ちるまでミノーやクルクルでシーバス・真鯛系の中型魚を狙いましたがノーバイト。薄暗くなるローライトな時間になりますとメバルロッドに持ち替えてワーミングに徹します。


カルティバのメバショット3.5gは私が長年愛用しているジグヘッドです。遠投性、多魚種へのフッキングとフックの強度やバランスの良さはシンプルながらも忠実な所が最高です。
1485693716785

【ジグヘッド】 オーナー カルティバ メバルショット (レッドタイプ) JH-82R フックサイズ 【#8】 (3.5g)

価格:363円
(2017/1/29 22:26時点)




そんなメバ弾をジグ単でフル遠投して激流の中を8.8ftのメバルロッドで無理やり操作します。細く短いアジングロッドでは難しいシュチエーションなのでタックルチョイスは最適化しているかなと自身では思っております。


居れば何らかのお魚さんが食うでしょ!と呑気にレンジを探りながら本日の当たり棚を探します。


そんなこんなでお魚を追い詰めるていると、ジモティと思わしき方が来られてお隣の釣り座で速攻で尺アジゲット。その後もあらよあらよとデッケー尺鯵をいとも簡単に釣り上げられます。


更にその方の知り合いの方も参戦してお二方でお祭り状態に突入。


肝心な私には鰺からの反応が全く来ません。明るいうちから場所取りしてヨレ・明暗・潮が走る場所全てにおいて一級のピンスポットに居座っている筈だったのですが。。。。


僅か数メートル隣の一級ピンスポットを外したエリアで何故爆釣しているのか????その時の私には全く理解出来ませんでした。本当の答えはその爆釣している本人しか解らないかも知れません。


考えられるとすればジグヘッドの重さによる飛距離とトレースコース兼レンジキープ力。私3.5g、爆釣の方15gのジグヘッド。同じくジグ単で使用。ロッドはエギングロッドの7ftクラスなんだそうな。


あまりに近い距離だったのでお二方のお話しが筒抜けで聞こえます(笑)


15g。。。。1/2oz のラバージグに用いるサイズのジグヘッドだと!?にわかに信じがたい会話が聞こえてくる。


釣りが終わって後にマルキュー・エコギアのシラスヘッドやらの14~15gサイズのジグヘッドを速攻で確認しに行きましたよ(笑)『常識で考えると鯵に用いるサイズのジグヘッドの大きさではない』と一瞬で感じました。


本当にこんなハタゲームに用いるデカいジグヘッドを使って釣っていたのかと疑問に残りますが、お隣で見ている感じでは間違いない感じ。こんな私にもちっぽけなプライドがありますので聞くのもあれだし、全てを知ってしまっては全然面白くないし。と中途半端なヒントを得ることが出来ました。お隣は投げたら釣れる大爆釣、片や私はノーバイト・ノーフィッシュ・ノーライフ状態(笑)と言う釣り人生稀に見る大屈辱を胸に涙をこらえて釣り場をあとにしました。


アジングにエギロッドを使用し、ジグヘッドは15g、とてつもなくヘビータックル。固定観念をいい意味でぶち壊されました。


ナイスタイミングで良い情報もキャッチしましたのでご紹介。
IMG_1383-2
出典:fish-in

メバ専のヘビージグヘッドを用いた釣法を解説するDVDです。

meiko-na(名光通信社) 爆釣!メバリング・シーズン11

新品価格
¥756から
(2017/1/29 22:12時点)


メディア系から情報を入れる事が珍し私ですが、お値段も安いのでとりま買って勉強します。


アジングのお師匠さんからアングリングソルト1月号を拝借出来ました。これ読んで出直せ!ってことですのでアングリングソルトでも色々お勉強します。


来週は尺アジ居なくなってるかも。その時々の巡り合わせは大事ですね~。