皆さんはアメリカンルアーはどこで買われていますか?


近年では実店舗を持つルアーショップさんでアメリカンルアーを見かけることが出来ない悲しい世の中になってしまっています。
1456830592985


その影響なのかアメリカンルアーに馴染めない方が日本全国飽和状態です。


その昔は村田基のおっちゃんが少なからず宣伝していたので、どのお店にも置いてあったので試しに買ってみるか!このクランクはバーニーが真冬に橋脚に当ててデカバス釣っていたぞ!みたいなノリがありました。


ラトリンログとロングAはアメリカンミノーを代表するツートップミノーです。


どこにでも置いてあった花形ミノーだったのですが、いつの頃からかワゴンルアーに様変わり。


その頃と言いますと、スクワレル・阿修羅やワンテン、レイダウンミノーと言った日本ルアーの【今】を築いたミノー達がデビューした頃からアメリカンルアーは廃れ始めました。


元祖シャッド系と言えばラパラのシャッドラップとフォロワーのTDシャッド。


なんだかボテボテの中途半端に大きいボディ。しかも飛ばない。そんな中、エバーグリーンからスレッジシリーズが発売。OSPのパワーダンクも優秀です。


ミノーシェイプで激キレダート。


タイトウォブリングで水中ではピタッとサスペンドまでこなす。


シャッドラップのもたつき感とボッテリ感を払拭した新世代シャッドに日本中が沸きました。


確かにジャパニーズシャッドに関しましては、シャッドラップの亜種ではあるのですが、非常に理にかなった日本が誇る世界最高峰のルアーと言うことは言うまでもありません。


そんなこんなで一部の優れたジャパニーズルアー達が日本のバスルアーのシェアを圧巻。


勢いは乗りに乗っていて確実に売れるルアーなのでメディアの特集はそんなルアー達をクローズアップします。


プロ達も立場上で使いきれないとは言えないので、その手の情報を見切り発車でバンバン発信します。


こんな状態になって来ると新作に時間が掛かるアメリカンルアーがメディアを飾る事はなくなります。


新作が出来るまで時間が掛かるのは、アメリカンルアーは社員の家族やその友達までを含め数千人規模でテストして行くと聞きます。それだけ膨大な時間が刻まれて生まれてくるからには、中見が詰まったルアー達です。



前置きが非常に長くなりました。


近所の釣具屋さんで入手出来ないので、今ではネット通販に頼っております。

エルモさん https://fishingelmo.stores.jp/

今回エルモさんに注文したのはスミスウィック社のラトリンログARB1200と、そのディープタイプにあたるADRBを5本づつ。


春に効くカラーを5本ください!とストレート直球に打診して送って貰いました(笑)


1456830619215

なんと!マニアが欲しがるオフトさん600本限定のTAKE13とTAKE15が混入!

1456830660142

ストライプカラー2本もフロリダチックで痺れます!

1456830638468

そんな中でもやっぱり一番気になるのがブルーバック・オレンジベリーの青系カラーのログ。

1456830630444

このカラーだけで100本はストックしたいところです(笑)


ADRBは在庫2本だけで今まで頑張って来たので、やっとの補充に成功です。


発売から30数余年。ウエイトに若干のマイナーチェンジはあったものの、現行モデルまで変わらる姿のラトリンログ。


このラトリンログと言うミノー(ジャークベイト)はちょっとやそっとでは動いてくれないのです。動かせるようになると面白いほどツンデレしてくれます。ひと昔の荒れてた頃の沢尻エリカと今の更生した沢尻エリカな感じ(笑)


世界の新天地で活躍した田辺哲男・並木敏成。両氏ともにその昔はラトリンログを使い倒した経験の持ち主です。きっとログのツンデレ具合に惹かれてたんじゃないかと思います。


毎回のお取引で気の毒になるくらいの戦利品を頂いております。ちなみに私がシーバスキチガイと言うことをご存じなので海セレクトになっています(笑)


今回はタックルハウスのK-TEN(BF125)シーバス界ではナポレオン的な上層階級ミノー。

みんなお馴染みのDUO社 タイドミノーテリフのジョイント!ドシャロー攻略に良いです。

ヒラスズキ界のレジェンド スミスのサラナSR!

バスマスターの渋いロゴ入り一文字バズベイトまで!これもシーバスに使うのかな???


どれを見ても完全にバチパターンを意識したようなツボにハマるセレクトがニクイです(笑)


トータルで8000円近いオマケが!|д゚)オオオ


エルモ店長。今回も本当にありがとうございました!


ショップ情報はこちら  https://fishingelmo.stores.jp/






バス釣り ブログランキングへ


にほんブログ村

マルスズキと平スズキの見分け方について

外見から見て行きましょう。
DSC_1146
上がヒラスズキ、下はマルスズキ

①体高が幅広いのがヒラスズキ、細長いのがマルスズキ
②ヒラスズキは尾鰭が真っ直ぐに切れている。マルスズキは【く】の字になっている。
③ヒラスズキは別名ブラックフィン(黒いシッポ)の通り名があるように、尾鰭が真っ黒である。
④ヒラスズキの体色は銀ピカである。マルスズキは緑もしくは茶色っぽい体色をしている。

DSC_1145


この幅広い体高とパッツンテールで、マルスズキより圧倒的な突進力とトルクフルなパワーを発生しアングラーを魅了してくれます。


なんと!ルアーへのアタックにも差があります。



マルスズキはその場に食い止まる感じに対して、



平スズキは食った瞬間から反転して、ボトムや根周り、もしくは沖へ一気に走ります。まるでヒラス。





外洋性(回遊大好き)の丸スズキは見た目も平スズキと分からない個体が存在します。


どうしても判断したいときは、捌くと分かります。


こちらは平スズキの空気袋。薄い空気袋の幕が特徴。内臓は処理しておりますが、内臓の容量でも区別が付きます。そしてサイドには脂身。


DSC_1151



↓こちらは丸スズキの空気袋。ホルモンみたいにフワフワ?で肉厚。


1451192493862



学術的な難しい見分け方も存在しますが、上記の見分け方でほぼ間違いありませんので活用してみてください。


シーバス ブログランキングへ


にほんブログ村

ケイテック代表・林圭一氏の早すぎる訃報に驚きと悲しみを隠しきれません。


バス釣りに全力でのめり込んだ時代や佐賀のクリーク回りの時はケイテックのラバージグには大変お世話になった次第でございます。


林圭一氏、業界をリードする存在で現役。まだまだ若かったと思われますが誠に残念です。


心よりご冥福お祈り致します。





バス釣り ブログランキングへ


にほんブログ村

↑このページのトップヘ