昨年暮れにニューツアニースペシャルのインプレを掲載予定としておりましたがすっかり忘れておりました。

今頃アップとさせて頂きます。

DSC_0993



1.IM7とRT2グラファイトブランクスの違い



忘れている間も使っていましたのでより詳しく書けるので良しとしてください(笑)

新しく採用されたRT2グラファイトブランクス。以前のIM7よりかなり滑らかな仕上がりとなっております。

旧ツアニー56ML(2015年後半までのモデル)と新型ツアニー56MLではまるで別の性格を持つ竿となっております。

新型ツアニー56MLはマイクロライト60MLとツアニー56MLを足して2で割ったような竿です。


使用感で例えますと、旧ツアニーがラトリンログARB1200をビシバシジャーク出来るのに対して、新型ツアニーはARAやレーベルのF10、トッププラグやクランクベイトを扱うのに適した感じです。勿論ARBにも使えますが、ジャークするにはややパワー不足を感じました。

しかし、この新型ツアニーのRT2グラファイトブランクスのしなやかさのお陰でクランクを圧倒的に曳き易くなりました。トップにもだいぶ馴染みます。

フローターを良くたしなむのですが、ロッド2本を持ち運ぶと色々とトラブルの原因になります。

ジャークをメインで、トップも遊びたいって時は新型ツアニー1本でOKになります。


2.変更になった機能面を見てみます

旧ツアニーは皆さんリールシートをカッターで削ったり、サンドペーパーでスムージングされたりして成型の時に出るバリをバリ取りされている方もチラホラ居られます。

私てきにもリールシートに馴染めずスゴく痛くて困ってました。

1457009512141

釣り仲間の凄腕料理職人の東さんがとあることに気付かれました。

旧型ツアニーと新型ツアニーは同じカタチのリールシートがハマっているんだけど、新型は一回りサイズが小さくなってるのがハマってるだよね!と、ノギスで色々測ってみると確かにやや小さいです。

このやや小さいことが功を奏して長時間ジャークやっても痛くない!まるで別の竿のようだ!
と大きく印象が変わりました。

旧型ツアニーで手が痛くなって来たらメインを新型にチェンジしてジャークしております。

しなやかな新型ツアニーですが、40後半のナイスバディのプリプリバスも難なく寄せてくるパワーを持ち合わせております。
DSC_0981


新型ツアニー56MLは先ほどARBにはややパワー不足と書きましたが、一つ上の番手の新型ツアニーの56Mをまだ買っておりません。

おそらく56MはARBにマッチした竿なんじゃないのかな?と予想しております。


またまた半年後くらいになると思いますが追加でレポします。



楽天でバスプロショップスを探す







 


バス釣り ブログランキングへ


にほんブログ村

最近トイプードルの骨折が非常に多いそうです。


ベッドから降りるとき。椅子から降りるとき。抱っこされていて飼い主さんから地面に降りるとき。日常生活の些細な行動で骨が折れてしまうそうです。


犬種を問わず非常に小さなチワワも最近では目にします。トイプードル。ティーカッププードルに言われるワンちゃんの小型化が原因とされています。


ワンちゃんが小型化したまでは良いが、まさかの骨が支えきれないと言う可哀相な事態が発生しております。


小型犬で3kgはあるものと思っておりましたが、最近のワンちゃんは1Kgだそうです。体重を聞いただけでも大丈夫なのか!?と疑ってしまいます\ね。


世間のニーズが生み出した小型過ぎるワンちゃん達。もっと健康なワンちゃんが増える様に、この記事を読んで頂いた方だけでもワンちゃんの小型化にNo!と言いたいですね。


1456837013113


 

皆さんはアメリカンルアーはどこで買われていますか?


近年では実店舗を持つルアーショップさんでアメリカンルアーを見かけることが出来ない悲しい世の中になってしまっています。
1456830592985


その影響なのかアメリカンルアーに馴染めない方が日本全国飽和状態です。


その昔は村田基のおっちゃんが少なからず宣伝していたので、どのお店にも置いてあったので試しに買ってみるか!このクランクはバーニーが真冬に橋脚に当ててデカバス釣っていたぞ!みたいなノリがありました。


ラトリンログとロングAはアメリカンミノーを代表するツートップミノーです。


どこにでも置いてあった花形ミノーだったのですが、いつの頃からかワゴンルアーに様変わり。


その頃と言いますと、スクワレル・阿修羅やワンテン、レイダウンミノーと言った日本ルアーの【今】を築いたミノー達がデビューした頃からアメリカンルアーは廃れ始めました。


元祖シャッド系と言えばラパラのシャッドラップとフォロワーのTDシャッド。


なんだかボテボテの中途半端に大きいボディ。しかも飛ばない。そんな中、エバーグリーンからスレッジシリーズが発売。OSPのパワーダンクも優秀です。


ミノーシェイプで激キレダート。


タイトウォブリングで水中ではピタッとサスペンドまでこなす。


シャッドラップのもたつき感とボッテリ感を払拭した新世代シャッドに日本中が沸きました。


確かにジャパニーズシャッドに関しましては、シャッドラップの亜種ではあるのですが、非常に理にかなった日本が誇る世界最高峰のルアーと言うことは言うまでもありません。


そんなこんなで一部の優れたジャパニーズルアー達が日本のバスルアーのシェアを圧巻。


勢いは乗りに乗っていて確実に売れるルアーなのでメディアの特集はそんなルアー達をクローズアップします。


プロ達も立場上で使いきれないとは言えないので、その手の情報を見切り発車でバンバン発信します。


こんな状態になって来ると新作に時間が掛かるアメリカンルアーがメディアを飾る事はなくなります。


新作が出来るまで時間が掛かるのは、アメリカンルアーは社員の家族やその友達までを含め数千人規模でテストして行くと聞きます。それだけ膨大な時間が刻まれて生まれてくるからには、中見が詰まったルアー達です。



前置きが非常に長くなりました。


近所の釣具屋さんで入手出来ないので、今ではネット通販に頼っております。

エルモさん https://fishingelmo.stores.jp/

今回エルモさんに注文したのはスミスウィック社のラトリンログARB1200と、そのディープタイプにあたるADRBを5本づつ。


春に効くカラーを5本ください!とストレート直球に打診して送って貰いました(笑)


1456830619215

なんと!マニアが欲しがるオフトさん600本限定のTAKE13とTAKE15が混入!

1456830660142

ストライプカラー2本もフロリダチックで痺れます!

1456830638468

そんな中でもやっぱり一番気になるのがブルーバック・オレンジベリーの青系カラーのログ。

1456830630444

このカラーだけで100本はストックしたいところです(笑)


ADRBは在庫2本だけで今まで頑張って来たので、やっとの補充に成功です。


発売から30数余年。ウエイトに若干のマイナーチェンジはあったものの、現行モデルまで変わらる姿のラトリンログ。


このラトリンログと言うミノー(ジャークベイト)はちょっとやそっとでは動いてくれないのです。動かせるようになると面白いほどツンデレしてくれます。ひと昔の荒れてた頃の沢尻エリカと今の更生した沢尻エリカな感じ(笑)


世界の新天地で活躍した田辺哲男・並木敏成。両氏ともにその昔はラトリンログを使い倒した経験の持ち主です。きっとログのツンデレ具合に惹かれてたんじゃないかと思います。


毎回のお取引で気の毒になるくらいの戦利品を頂いております。ちなみに私がシーバスキチガイと言うことをご存じなので海セレクトになっています(笑)


今回はタックルハウスのK-TEN(BF125)シーバス界ではナポレオン的な上層階級ミノー。

みんなお馴染みのDUO社 タイドミノーテリフのジョイント!ドシャロー攻略に良いです。

ヒラスズキ界のレジェンド スミスのサラナSR!

バスマスターの渋いロゴ入り一文字バズベイトまで!これもシーバスに使うのかな???


どれを見ても完全にバチパターンを意識したようなツボにハマるセレクトがニクイです(笑)


トータルで8000円近いオマケが!|д゚)オオオ


エルモ店長。今回も本当にありがとうございました!


ショップ情報はこちら  https://fishingelmo.stores.jp/






バス釣り ブログランキングへ


にほんブログ村

↑このページのトップヘ