おはようございます。今日はかそつーネタで一つブログ書きます。


出川組・剛力組のみなさん、年末年始の仮想通貨の活気はどこへやらなほどに荒れに荒れた2018年の序盤です。セルフィーを撮った時の夢と希望に満ち溢れたドヤ顔も今ではどこへやらwwwww


最近ではリップルの掛け声も聞こえなくなって、リップル・ネム命の出川組の仲間たちは今頃どうしてるんだろうかと心配しております。


コインチェックが動かないので、ザイフに避難して細々と楽しんでいるのですが、そのザイフも木曜日の夜にはシステムエバグにてBTC相場が120万から60万へ『雪崩が起きたようなジェットコースター暴落』私も例外なく巻きこまれまして鉄壁のディフェンディングゾーンまで到達してスゴイ赤字に転落しました。


さて、最近では億り人になっちゃってお仕事辞めちゃったとか報道で特集していましたね。仮想通貨と聞くと一般の皆さんは乱高下相場で利鞘を稼ぐ投機的なマイナスイメージが付いてくるのですが、今現在ではあっと言う間に着々と銀行の送金にブロックチェイン技術が確立されてきております。


投機目的の仮想通貨と、本来の使命と言える銀行の送金技術の役目の二つの顔を持つ仮想通貨。


大暴落を経験したら怖くてコイン調達に踏み切るのに勇気が要るようになります。ビビりな私はやっぱりセンスないんだと痛感しますw


行く先々でズタボロにされて、絞り出しても俺からは何も出て来ないぜ!の無敵モードになっちゃってますが、そんな私が次に見出した仮想通貨の運用方法は取引所でのガチホやデイトレではなく、これから企業がスタートを切るにあたって必要な運営資金を出資する運用方法。


ICOと言われる企業が発行するコイン(トークン)に投資する運用です。出資の返礼は株みたいな感じで配当金がいただけます。


私が出資したバンクエラは仮想通貨も取り扱う次世代のデジタルバンクになります。立ち上げに出資して頂いた暁には毎週配当金が配られるとTwitterで話題のICO案件。噂では1万円あたり約10円ほどを仮想通貨で返礼とのことですが毎週と言う所が凄まじいです。
1519426651514


バンクエラのトークンを購入するにはSpectroCoinでBNKというコインを所有すことで自動的に出資者となることが出来ます。
1519426785909


ザイフからスペクトロコインへイーサリアムを送金してみました。セキュリティーに不安があるためか
MyEtherWalletに一旦移し替えて送金する必要があるため2回手数料が発生。この作業であれやこれや迷走して徹夜作業ですw


早い話はビットコインならすんなりと送金出来るそうなので送金はビットコインが超簡単みたいです!


どうにかこうにか無事にイーサリアムがスペクトロコインへ着金。一歩間違えれば苦労して集めたETHが一瞬で吹っ飛ぶそうな。頑張った甲斐があってPC音痴な私はガッツポーズでしたw


強制ガチホ中のコインチェックさんからもコインを送金しようと試みましたが、案の定ガッチガチに凍結中!ウォレットに送金したって話をきいたのですがどうやったんだ???


このICO案件は2月いっぱいで終了します。締め切りまであと4日!慣れない作業も多く手間がかかりますので気になる方はお早めに。


条件変更や企業の破綻などのリスクが伴いますので、投資の際は慎重な精査かつ自己責任にてお願いします。


先見ないと将来困りますよの典型的な喧嘩に巻き込まれたw


さてさて余談ですが、お仕事中に挨拶しないパイセンに一方的に喧嘩売られてグダグダで最悪のプレミアムフライデーを過ごしました。大の大人が人様に喧嘩売るなんざ御法度過ぎるでしょ!結局は昇進争いに巻き込まれた形なんですが。


月曜日からまた肩を並べてお仕事とかあり得ないっしょ!
kenka_businessman


今や日本は衰退の一途を辿る運命にあるのが明白となってきているなかでの小さな会社内での昇進争い。昇進による昇給で生活が豊になるのは否定はしませんが、しがない会社内での昇進やら喧嘩なんて私からしたら1㎜も価値がないんです。忘年会も出ないほど社内の事に無関心で苦情が出る始末の私w


くだらない喧嘩している最中でも私の意中は【バンクエラ】一色。ICO案件の締め切り間近の焦りで頭一杯だったので軽くあしらってあげましたよw


そんなこんなで、日本国内のことだけに考えを留めてしまうと、この先行き詰りますの典型的な喧嘩騒動で大変疲れました。


仮想通貨を通して世界の情勢だったりを自然と勉強するようになったので、会社内での人間関係ってちっぽけな悩みだと思えるように成長出来たみたい。


お陰様で不慣れで分からない事や不安でいっぱいのコイン送金も途中諦めかけたど、喧嘩の件がバネになってなんとか乗り越えることが出来ました。


『こっちは社内のくだらん人事でもめ事してる暇は1秒もねーんだよ。世界の銀行に出資してんだぞ!見てる世界が違うんだ!』と変な自信ついてます。人間関係でお悩みのかたにおススメの自意識過剰な思考回路です。これぞ身勝手の極意wわかんない方はドラゴンボール超を参照

お陰様でお前アタマおかしくねっ?って最近良く言われますが。


さっ、来週どうなることやらw頑張ろっ。

こんばんは。大寒波の大将軍が居なくなったらスッゲー春イカ日和な今日この頃になりました!


前回のブログネタで九州はバチパターンじゃなくて、もしかしたらシロウオパターンじゃねっ?って思い立ったら即行動。


丁度週末が大潮と絡んだので残業を終えてクタクタの体力でそのままナイトシーバスに突入すると言う、釣りキチ〇イの本能、もとい欲望のまま荒行を行なってきました。なんと2Days連夜!


※シーバスの捕食物確認のため胃袋調査の閲覧注意画像あります。そんなの大丈夫だよって方は先へどうぞ


狙いを要約すると≪1夜目≫
・新月の大潮3日目の金曜日・満潮22時過ぎ
・やや遅れて23時過ぎにフィールドに到着。下げ潮狙い
・北西風は4~6ノットほど
・幸いにも先行者居ない!
・ウィキ筋によると、産卵を控えた『シロウオ』は河口部に溜まるらしい。
・上げ潮に乗って淡水域へ遡上し礫場で産卵。メスは産卵後は海へ降ってくるが瀕死である。
・河川河口部に架かる橋脚の明暗部に落ちてくるシロウオパターン狙い。


久しぶりに北西風が吹きすさむ海のウエーディング。上げ潮の始まりから狙いたかったがサラリーマンは思う様に出来ないのが辛いぜw


昨年まで狂った様にシマノ・コアプロテクト搭載リールに入れ替えを行ったため今回は巻きが凄く滑らかなリールを3台投入。C3000のツインパ・サステイン、小型ミノー用にメバルタックル・ストラディックCI4+2500、特にツインパワーの巻き心地はやっぱり一味違いますね。


今夜は数年振り本格的にナイトシーバス復帰戦。幸いにも先行者と強い季節風の影響はない。


海面に対岸の街光が反射するがベイトの確認には至らず。どうやらイワシやキビナゴ系の小魚は厳しいらしい。ならば尚更『シロウオパターン』だけに集中出来そうだ。


ナイトシーバスのドリフト、スローリトリーブ。クリクリクリクリ~からのコンッ!懐かしい感覚だけが蘇る。


出始めはトレースコースのコントロールで精一杯w潮の速さと明暗部分を重ねて上手くクロスさせたり、明暗に出したり引っ込めたりして食わせのトリガーを仕掛ける絶妙さ加減が『ただ巻き』と言う単純動作の中にも妙技を感じます。ナイトシーバス楽しい!


感覚が中途半端に戻った状態での不意のファーストストライク。ショアラインシャイナーSL145Fを投げていたのだがシルエットがデカいと判断して、ショアラインシャイナーR95Sにサイズダウンして数投で答えが返って来ました。


サイズはアフターシーバスの80cmを予定していたのですが、まさかのヨン様wwww


苦笑いしながらも久しぶりのシーバスは素直に嬉しい。
1519131547429


1日目は潮がドンドン下がって『落ちシロウオ』を期待しましたがヨン様サイズを一匹ゲットして無念の納竿。残業したあと夜通し釣りするとアカン。逝ってまいそうなほどキツイw


お昼寝して目覚めてから胃袋調査です。ストマック調査とも言いますね。期待のシロウオは出てくるのか?
1519132354896


主成分はバチ!エビ!アミ!


残念。シロウオは居ませんでした。


狙いを要約すると≪2夜目≫
・大潮4日目の最終日は夕方から現地入り
・違う河川で再調査
・河口橋脚の上げ潮狙い
・またまた先行者はナシ!神がかっているwけど北西風強し10ノット前後
・シロウオ居そうな礫が多い河川


まずは下流側の深い側を丹念にDUELの30㎜と50㎜の渓流ミノーで小魚をイミテートして絨毯爆撃。橋脚のヨレで時折ボイルあるもノーバイト。ベイトは見えず。


上流の浅い側に移動すると呆気なく子シーバがアタックし渓流ミノーで10連発はしました。ちと面白かったのでカウントダウン3のリップレスにチェンジすると更にボコボコ。水面直下で好反応だったので、今は亡き北山ダムの餌ペンシルの異名をもつザラポーチ!ザラパピーの更にダウンサイジングの卑怯ルアーw


ザラポーチにエゲツナイほどのアタックあるけど全く乗らず。60シーバスなら有無を言わず丸飲みだった筈なんだけど。アタックしてるのは20cmクラス。。。。。
1519134142216
上から
オリザラ(ブタザラ)
ザラパピー(ウッドモデル)
ザラパピー(樹脂製)
幻のザラポーチ
サイズ比較でポップR P50

※バスのアメリカンルアーだからって食わず嫌いは勿体ないですよん♪シーバスもよーさん釣れますので中古屋さんで見かけた際は、私が目の色変えて買いますので、そっと残しておいてくださいと切に願います<(_願_)>


私的にシーバスを食すなら20~30cmのコシーバが一番美味しいです。場所によっては60越えるとトンデモないヲイニーしますw


20cmサイズなら、青ネギだけの風味を加えたお味噌汁で臭みなく美味しく戴けるのが嬉しいです。ベラに似てる感じでアラカブより臭みがないです。


一匹だけドラグをガンガン出して走った良型が混じりましたがフック伸ばしてバラシ。チヌだったかもしれない。


ほぼ粒ぞろいで揃えて上げ潮の片潮で納竿。
1519135918277


2日目は見えないベイトでコシーバ軍団が河口エリアでフィーバーしたのでかなり期待しましたが、結果はいかほどに。


胃袋調査の結果
1519136054105
見えにくいのですが、バチ・アミ・エビ
1519136117068
キビナゴっぽいベイト
1519136156841
ワレカラっぽい水中生物が多数確認出来ました。シーバスと言え小魚が少ない時は雑食に近い食生活みたいです。


今回のまとめ

2河川分の大潮釣行では『シロウオ』確認出来ずとなりました。



トリップアドバイザーさんのサイトには


2月から4月のシーズンには白魚の踊り食いから始まる白魚のコースを楽しめます。



とありますので、あと数か月はシロウオパターンのチャンスがありそうです。次回は別河川でトライしますか。


嬉しいことにバチがどの個体からも検出。バチパターン強しと言うことも見えて来ました。


今年は大寒波到来で今回の大潮で叩いていないシーバスの個体が沖釣りで爆釣していたみたいですので、全体的にシロウオもシーバスの産卵も遅れている感じと思われます。ウエーディングしている時に雪解け水の影響でいつもより水が冷たかったのが印象的でしたね。バチパターンだけ順調に進行中の謎も気にかかります。


次の大潮で色々と季節が進みそうな感じがします。


18ステラの新着PVがお披露目でされました。




私のシロウオ調査まだまだ続きます

夜になって更に寒さが増しましたね。明日は北部九州は凍結渋滞しそうなので今日は早く寝ます!

と言いたいところですが、ちょっとだけブログ書いて寝ますzzzzz


すっかり引きこもり常習犯の私が重い腰をあげて、海の様子をパトロールしてきました。


ちょっとだけエギングしましたが、北西風20KT(風速10m)の猛烈な吹雪きで直ぐに心が折れました。対岸は吹雪いてて見えませんw
DSC_6757


あわよくばシーバス釣りたいなと回遊してると見慣れない物を発見。
DSC_6745

有明海では見掛ける「四手網」と言われるシロウオを掬う網が伊万里湾にもあった。というか伊万里湾では始めて見た!


シロウオ?シラウオ?シラス?白魚?


色々似たような呼び名があってスッゲー紛らわしいのがいっぱい。。。。

《ざっくり言いますと》
シロウオ=ハゼ科
シラウオ(白魚)=カタクチイワシ等の鰯系稚魚
Shirouo0902
出典 ウィキペディア シロウオ画像 アイキャッチにも使用

去年はめざましテレビで福岡伝統の室見川シロウオ漁の取材があってたんで気になってました。


シロウオが早春になると、なぜ川に遡上するのか?と気になってwikiってみましたら包み隠さず書いてありした。


Wikipediaによりますと

生態[編集]

通常は沿岸の浅い海に生息し、プランクトンを捕食しながら生活しているが、早には成魚がの下流域に遡上して産卵する。成魚は河口で群れをなし、満潮時の上げ潮に乗って川をさかのぼる。汽水域上限から淡水域にかけての、転石が多い区域に辿り着くと群れは解消される。一夫一妻・1回限りの繁殖様式とされ[3]、1-3mm程度の礫質底に[4]オスは各々が石の下に潜り込んで産卵室を作り、メスを誘って産卵させる。メスは産卵室の天井に長径3mmほどの細長い水滴形の卵を約300個産卵する。海水では孵化しない[4]。産卵・受精後はオスが巣に残り、孵化するまでの2週間ほど何も食べずに卵を保護する。寿命は約1年で、メスは産卵後に、オスも卵が孵化した後に死んでしまう。孵化する仔魚は全長5mmほどで、すぐに川の流れに乗って海へ下る。

引用元 Wikipedia シロウオより

なるほど。シロウオは淡水域の上流では単独行動になるけど、河口域では群れててチャンスなので網で掬っちゃえ作戦なんですね。ってことは、河口ではシーバスも群れる!?って可能性も考えられます。


東京湾のアフターシーバスはバチパターンが有名ですが、バチの塊なんて見たことない九州ではアフターシーバスはシロウオパターンが濃厚です。


今思えば釣ったきにシロウオらしきものを吐き出したシーバス君が居ました。今まで鰻の稚魚と思ってましたがシロウオの可能性が高くなってきました。


この時期にラパラのカウントダウンシリーズ(CD7)のリップレスがやたらと調子が良い理由がやっと繋がった。単発のバチパターンが影響しているのかと思っていましたが犯人はシロウオっぽいです。


今週の土曜日はギリギリ大潮の4日目。金曜日も最高のタイミング!と言うことで、なんだか今週末は大潮と重なってフィーバーの予感がプンプンしますよ!

↑このページのトップヘ