今年の春は土日になると海が決まって荒れてます。


その影響で鯛ラバ&春政ジギングが2回連続中止になりました。もう春政も鯛も一息つきそう。大海原でジグシャクリたいと切に思う日々が続いております。


今年は海が荒れたら観光地巡りにハマってまして、桜やつつじ、フジの花を観て回ってましたので、インスタ投稿がお魚じゃなくてキレイなお花ばかりになってます。


中年オヤジがそんなメルヘンチックな投稿を載せても誰もイイね押さねー的な典型を身をもって実践しておりますw


しかし、そんな的外れな週末を過ごしていたのですが意外なところで運命的な出会いがありました。


長崎・大村市の立派なつつじ園を観に行ったら何故かそこに刃物屋さんの出店ブースが。。。


庭園一面に広がるつつじとインスタ女子がメインのキラキラフワフワした会場にまさかの包丁!?しかも出刃包丁


包丁が私を引き付けるために刃がギラギラに光輝いておりました。


カラスと一緒で「おやっ?なんだあれは?」と光物に惹きつけられて、あまりのミスマッチでギャップすぎる包丁に心奪われていたのですが今思えば園芸用の剪定ばさみも有ったような気もする。ハサミのついでに包丁が置いてあったんだなと今頃気付くw


店員さんに見事な包丁ですねとお話を伺い展示品の包丁を拝見していると、私はとんでもないあることに気付いた。


出刃包丁の刃が見たことがない分厚さ。


市販で売ってあるのと比較にならない本気度が高すぎる出刃包丁。


ステンレスの万能包丁5本分?いや7本分は優にあろうか。江戸時代の人が黒船到来時に匹敵するインパクトでした。


ゴッツイ骨も気にせずにスッパスパにスピーディーに捌きたい。船釣りするようになって魚種も匹数も増えて捌くスピードが求められるようになった。


とにかく「よく切れるゴッツイ出刃包丁を探している」まさにそんな欲張りな要望を満たす奇跡の1本が目の前にある。


その場はアレがなかったので名刺だけ頂いて機会があればとつつじを堪能したんですが、その後もずっとあの分厚い出刃包丁が気になる。。。。


ちょうど中古釣具屋さんが買い取りアップのキャンペーンやってたのでルアー整理したら予想以上になったのでそのまま包丁を買いに名刺に記載されている住所までGO。


やっとの想いで念願の出刃包丁を新調する機会に恵まれた。リールやロッドからするとお値段はややお安いのだが包丁だと考えると高いようにも感じる。貧乏性の表れなのかwクーラーボックスと同じだな。


長崎県の伝統工芸品に認定された大村・松原の鍛冶屋さんの包丁。理想の包丁に遂に巡りあってしまった。


波入り(多層)とか、波なしとか素人には見慣れない商品がズラリと並んでいたのですが、店員さんに教わりながら選んでみました。


波模様とは、芯となる鋼を多層の素材で挟み込んで作られた包丁に出る模様で、ダマスカス包丁は非常に人気がありますね。多層の刃は日本刀と同じ技法なんだとか。
DSC_0668


波なし→2万
波あり→2.5万~3万
波なし→3万


お値段の差は鋼の違いなんだそうだか、波が入ってなくても良い鋼が使われた包丁はお値段が高い。
見た目じゃわからない奥深き世界なのだ。


ここの鍛冶屋さんに出会う前はダマスカス包丁が欲しかったので、今回はダマスカスに憧れて「波入り」をチョイスしてみました。


波入りの刃でも、柄の部分を取り付け時にクラックが入ったらしくやや難ありだったのでお安くGETに成功!滅多に出ないアウトレット品でラッキーだったみたい。


柄に万が一不具合があったら持って来てくださいと言うことだったので、アフターもバッチリだったので気にせず即決。使っていたら大なり小なりその内、傷が入るのでお構い無し♪


切れ味試したかったけど、ずっと海が荒れてお魚釣りに行けない。行っても釣れなかった日が続いたけど、やっとのことでアラカブをゲット。あまりにもお魚とご縁がなかったのでスーパーで買おうかとも計画しましたよw


ヒラマサか真鯛の骨がゴツイ系のお魚が良かったけど贅沢は言えません。やっと釣れてくれたアラカブさんに感謝。
DSC_0682


うろこはどの包丁で落としても一緒ですが、鰓(エラ)と顎の部分を切り離すときにヨイショと叩き切るのが普通ですが、添えただけで筋がいつの間にか切れてる。。


出刃包丁の自重だけで切れてしまった。信じられない切れ味。ある意味危険すぎる


切れ味もさることながら、やっぱり刃の分厚さがこの出刃包丁の最大の特徴であり強みになってる。
DSC_0679


叔父から受け継いでいる出刃包丁も昔の鍛冶屋さん製だが用途が中型魚用なのか刃が薄い。同じ出刃でもまるで別物。


日本刀は砂鉄が原料ということで、日本刀作成の傍らに突貫で打って貰った包丁と聞いているので砂鉄で作られている可能性もありロマンを感じる。金槌で叩いた後が錆びとなって浮かび上がって来てる。波模様とはまた違った味が魅力の一本。
DSC_0681


これで青物はゴッツい方の包丁で捌いて、イカ、シーバス、アジなどは代々受け継ぐ出刃包丁で、と使い分けができます。


道具はゴルフや釣具の世界でも使い分けしてなんぼって良く言われますが、包丁も例外なく特性が顕著に出るので面白いですね。出刃には出刃の、柳には柳の良さがハッキリしています。


これだけゴッツイ出刃包丁でも冷凍ものを切ると刃が欠ける。冷凍ものには冷凍包丁という優れた包丁があるので本当にそのためだけに作られてきた感が男心をくすぐられるw


包丁としては非常に高価なものですが、一生使い続けられるのでそれ以上の価値があるように思います。切れ味抜群なのでお魚捌くのに楽して時短できる。


お魚捌く方は是非2本目の包丁はこだわりの1本を探してみるのも非常に面白いと思いますのでおススメです。


タイムリーなYahoo!news「和包丁が世界を魅了 NYシェフ7割が使用」。世界が欲する和包丁が身近にあるって素晴らしいですね。柳葉包丁をゲットするのが次の目標になりました。

おはようございます。


5月連休はメイストームで荒れ荒れなので海釣りは行けなかった方が多いみたいですね。うちの社長は2日間気合で鯛ラバに出船して貧釣だったとかなので、出なくて正解だったかもですよ。


なんと8か月ぶりのバス釣り!!!4月に大分県のリンカちゃん一押し?日指ダムに行こうかと思ってたけどシーバスが忙しすぎて行くの忘れてた。


季節が進んでしまいましたが新緑の美しい季節のバス釣りにいそしんで参りました。


マジ久しぶりなので何が何でもバスが釣りたい一心w


陽がのぼるまえからスタンバって行くバス釣り。街の人通りがない交差点が雰囲気満点。昔は当たり前の光景でしたが今では懐かしさすら覚える。これぞバス釣りだな。うん。
DSC_0495


朝が早すぎて人っ気がないコンビニで某黒田さんと待ち合わせ。


打ち合わせで当日にフィールド決め。どちらも釣れるバスフィールド知らん状態w


メイストームで福岡では大雨とヒョウが降ったとかで、朝から凄い寒いっす。お約束で川は濁ってました。


平戸宮之浦が風速20ノット、磯は危険そうな風が吹いてます。


内陸部でも7~8ノット吹いてて風向き間違えると最悪な展開。本日はなかなかエリア選びが難しかったです。


行き当たりばったりで、丘の上に到着。子バスパラダイスな所なんで余裕かましてましたがノーフィッシュ。


ロング15Aのトゥイッチ攻めで2回しょぼいバイトがありましたが乗せきれず。ちゃんと消し込んだんですが下手くそ過ぎてフッキングすっぽ抜けw居るバスが小さいのですぐに撤退。


朝一から徐々に風の勢力が強くなっていく。お昼から本格的に風が吹く北部九州エリアなので、お昼までにはバスゲットしたいのがどうなることやら。


風裏うらとなるように反対側の山まで移動。YouTubeで有名な河川を通りかかったので寄り道。ジャーキングでオカッパリやってみる。川が浅いんで結構丸見え。


次々と偏向をかけたサイトマスターな方々がやってくる。川沿いを歩きながらサイトスタイルのようだ。何やるかは一目瞭然。なるほど。ここの釣り方はコレが王道スタイルなのね。


するなとは言わないが、そんなスタイルを流行らせている元凶が一番問題だな。


ビシバシジャークやってるとラインの水切り音でサイトフィッシングの邪魔になってしまいそうだったので清く場所移動。


まるでジブリの世界のような場所に突入。道中木の枝と落石でパンクするかと思ったよ。
DSC_0543


道なき道を突き進む。誰も来ていないらしい。草で覆われた世界
DSC_0503


草をかき分けて相当頑張ったがノーバイトwwwwバス居なくなった???


次なるところも突風に吹かれながら健闘したがノーバイト。。。。。。。


あかん。。。。。隠し玉のフィールドもことごとくバスの姿が見当たらない。


釣れない病に感染しながらも時計の針はすでに15時


ラストフィールドは過去に外したことがない癒しのフィールド。


トップ片手に期待を込めて某黒田さんキャスト。モワンと反応あり。


バグリーのバンゴーにてモワンの正体が判明。


パターン・グリーン


バスです。


DSC_0586



ウハッ。写真じゃ伝わらないかもですが、骨格からヤバいデカさ。ここのレコードフィッシュに認定。


最後の最後にレジェンド降臨しました。


居るとこには居るんですね。いままでの頑張りが報われました。


帰り道は釣り仲間のお寿司屋さんでヒラスのお刺身頂いて釣り談義。ヒラスヤバ旨


さて、私めはノーフィッシュでお開きw今年初釣りは無念な結果となりましたが色々と課題が見えた釣行となりました。


次のバス釣りはたぶんお盆wお盆はどこに行こうかねと頭を悩ませる日々が続きます。

おはようございます。GWの釣りに行ってきました。


ショアジギでショアレッドと春マサ狙い。


レッドの良いサイズが船から数枚あがったってことで噂のある海上は沢山の船が浮いておりました。


その海域にショアから狙うには一番近いであろう秘密の楽園へ1回目アクセスは30分だけ釣行。駐車場満車寸前。着いて速攻でドラえもんがお腹痛いとのことでトイレへスクランブル発進。


用が済んで再び戻ると一瞬で満車になって迷惑駐車だらけになってた。迷惑駐車で他のクルマが方向転換も出来ないぞw


現場の駐車場は漁師さん数名が船を停泊されてて漁師さん専用駐車場3台分(出入りが楽なVIP席)と一般の釣り客用の非常に駐車がしにくい所の2ブロックから構成。なので、去年までジモティの方や良識ある常連さんしか来ない楽園。


今年に入ってから急にエギングのお客さんが多くなった。SNSで拡散されたのか、はたまたプロの映像にでも紹介されたみたいな盛況ぶり。


秘密の楽園につり人が来る分には問題ないけど、漁師さん専用駐車場へ無断駐車と、一般客駐車場への通路を塞ぐようにVIP停め(死語)するのはやめてくれ。常識がない人間は来るな!である。


迷惑駐車で釣りをする気も失せたので、作戦練り直しのため場所移動。


山道の細道を登っていっていると、初顔のエギンガー対向車キター。。。


離合すら出来ない細道なので、どちらかが離合スポットまでバックしないといけない。下りも登りどちらも50mバックしないと離合できない。四駆乗ってる時は草むらに躊躇なくダイブしてたが今は非力なハイブリッド車なのでそんなこと出来ん(笑)亀の子になるかスタックするわ。。。。


一見さんなのか全く動く気配すらない完全思考停止状態の模様。自称そこそこ常連(のつもり)なので気を遣ってバックして空いた場所まで戻って離合場所で待機。買ったばかりの私のクルマ後方は草むらの中。私のクルマのノーズが道にやや出ていてまだ狭いのか、草の葉が車に当たるから進めないとジェスチャーしてくるwwwwwwwwww


どんだけーーーーーーーーーーーー( ゚Д゚)覚悟決めろやーーーーー!!!って、非常に温厚な私でも久しぶりに激しい憤りを覚えてしまったorz


で、モジモジしたあと助手席のアンちゃんに何か言われたのか覚悟を決めて草の葉(犬も食べるくらい柔らかい)を嫌々かすめながら進む対向車wもうダメだ来ないでくれレベル。。。。。次に来るときは戦車にでも乗ってきてくれ。


一難去ってやり場のない気持ちを抑えながら次なるスポットを思考する。


が、連休でどこもレジャーを楽しむ人で大賑わい。行くところが思いつかないので道の駅の公園でワンコのお散歩することに。


道の駅裏には漁港があって、ここも釣りを楽しむ方が数グループ。


ここで釣りやってるのは珍しいなぁ。と思いながら眺めてると、怒涛のクラクションが鳴り響く。


が〇かつステッカーが張られた高級車から強面俳優ばりのイケメンお兄さんが血相を変えて降りて来たw


たまたまワンコ散歩中の私に視線がロックオン。あん?コレ兄ちゃんのクルマか?とばかりの表情をされていたが、ワンコを見るなり違うと判断されたか他にターゲットをロックオン。もうターミネーターの世界であるw

漁港の奥には釣り人のグループが。。。。。。


こりゃ喧嘩になるは。。。。カワイソス


漁港の出入口を完全封鎖の軽自動車がVIP停め。そりゃイカンは。


ヤバそうだったので批難。しばらくして気になったのでもう一度現場に戻ると警察まで出動しての大事態に発展。
DSC_0476
ごめんなさい。防水のスマホカバーで画質悪いです。


拡声器でクルマの持ち主に呼び掛ける警察。


観念したのか数分後に持ち主が投降して事態は終息。その間30分あまり。


一番の被害者は強面のイケメンさん。30分も無駄過ぎる時間を奪われた挙句にである。


で、この件で勉強になったのが、当事者間で対処するのではなく
【警察】に通報すること。


これは非常に大きいね。


警察のさじ加減にもよるけど、ペナルティ(交通法に触れる)が発生するようなエリアなら駐車していたクルマの持ち主にはそれなりの罰則が発生するので、良い意味で抑制効果があるんじゃないかと思ったわけです。


なので、今後は通報で対処OK。横着な駐車を放置してたら釣り場がなくなります。


GWまだまだ続きますのでマナーを守って楽しい連休にしていきましょう!

↑このページのトップヘ