9月になって一気に秋めいて来ましたね。最近はショアジギ行脚で海一色の釣りライフになっておりましたが、本日は岐阜よりお越しの某黒田さんとバス釣りに行って来ました。


まず簡単にシイラ情報です

と、ここで初っ端からバス釣りとは横道それますが、初めにシイラ情報を。先週はメーター~メーター20のシイラを2本掛けていたのですが、週の中ごろに大場所で2~3本揚がったと情報頂きました。この釣果は情報が出回ってないっぽいですね。信憑性のほどは不明ですのであしからず。数は少ないのですが、1日ワンチャンスあれば良いかな位の確立で群れが回ってくるみたいです。土曜日は私も行ってみたのですが、ワンチャンスすらなく完デコくらいました。今日は知り合いが行ったのですが同じくの完デコくらってます。。。なので、記事を書こうにもアゲれませんw今の海状ではボイルしないでステルス潜行しているので、投げていないとチャンスを逃がす系の疲れるパターンです。釣行予定の方は気配がなくても投げ倒してみてください♪トビウオは小指程の新子と稀に親の群れがそこそこ入ってます。それにプラスしてイワシが結構いますが肝心なシイラが付いてません。

その昔は2オンス超えのスイムベイトやアラバマリグ等のバスルアーでシイラに挑んだこともありましたw回遊が回ってくれば普通に食って来ますので、シイラに関して言えばガチガチのソルトルアーでも良いし、はたまた遊び心のあるルアーで狙える数少ないお魚だと感じてます。ジョイクロやサイレントキラー、鮎ロイド好きなビッグベイターの方にはもってこいのターゲットですよwバスルアーだと簡単に破壊されるほど凶暴かつハイパワーなお魚ですので、ラインはPE4号以上でジョイント部の金属パーツやスプリットリング、フック、スナップは100lb以上耐えれるソルト用に強化してください。淡水では味わえない至極のお時間が楽しめます♪


初秋のバス釣り♪某黒田さんとコラボ

完全に海の人になっている今日この頃ですが、稲穂が色づく季節のバス釣りは空気も綺麗で清々しいですね!これぞバス釣りの醍醐味です。年をとったせいか最近は景色を楽しむのが堪らんとですw


最高の季節に最高の場所で、ちょくちょく登場される某黒田さんとまったりとバス釣りです。いつもは福岡の某所でコラボってるのですが、今回は会場を変更して秘境にやって来ました。


猛烈爆風台風15号で北風ビュービューでシイラの大量接岸が予想されるほどのバス釣り日和じゃなかった昨日とは一転して、一夜明けると本日は奇跡的に凪ました!岐阜から遥々お越しの某黒田さん何か持ってらっしゃいます!ザ・晴れオトコです。


お盆に石川県よりお越し頂いたアメルア同胞の某北森さんとコラボさせて頂きましたフィールドで幻サイズを追っかけようと予定しておりましたが、風がなければもっと大きなフィールドが面白いと言うことで急遽予定地の変更です。


最近まとまった夕立もなかったのと、風がないので川ですがめちゃくちゃ穏やかです。さわやかな秋空のもと早朝よりフィッシングスタート!
1504443208299


この川はバスの魚影はめっちゃ薄いけど出ればデカい。夢が見れるフィールドなんですが、今日の制限時間は6時~9時までの短時間勝負。


良さげなところを世間話をしながら流して行きます。


良さげなところと言っても両岸ほぼオーバーハングで覆われたカバーマンには堪らないロケーション。


綺麗に撃って行くと時間が全然足りません!カバーが好きすぎて1日あっても足りないw


ハイ高速なテンポで流したい日なのですが、よりによってオリザラを忘れてしまった私。ザラは河川だと威力を発揮しますね~!


ザラの代わりにテンポは遅いけどコーリングアップする力が強い「211」をチョイス。開始早々、サイズ感が半分くらいのおチビちゃんが私に釣れて拍子抜け。一日一匹釣れるか釣れないかのフィールドなのだが本日は出だし好調
1504444199518



某黒田さんは終始ロケーションの良さに「まるで海外のフィールドのよう」と景色を愉しまれてらっしゃいました。


某黒田さんはバグリーのトップウォータープラグを駆使してバスを誘い出しにチャレンジされてました。某黒田さんに言われてみて気付いたんですが、バグリーのトップやクランクって中古屋でも見かけなくなりましたね。ICUやハッスルバグ、グラスラットなんか絶滅危惧種状態。


そんなバグリーのチャグオーで見事ナイスサイズの九州ランカーギルを捕獲なされました。このルアーは動きをみてると凄くチニングに良さげなスプラッシュしてましたw入手が難しいのが難点ですが。
1504445326758


楽しい時間もあっと言う間です。6時間投げてやっとウォーミングアップ完了の私には3時間と言う時間は早すぎましたw


次回お会いする時は今日の続きをやりましょうという事で本日のバス釣りは心惜しくも終了。


まだまだ時間は朝なので、その後、私はショアジギに向おうか思ってましたが日々の寝不足であっけなく寝落ちダウンしてました。


バス釣りの後はユーチューバーさながらの金魚すくい


気付けば夕方までお昼寝して、夕方からワン公のお散歩。


お散歩コースの水路に目をやるとオレンジ色の小さな金魚がイッパイ泳いでいるではないいですか!きっとお祭りの金魚掬いで掬われた金魚達。
1504446475140


この水路は水位にもよるのですが、田植え期の満水状態時の昼間は雷魚、夜になると鯉や鯰、巨大すっぽんが遡上してくるので、鑑賞用の金魚が生きて行くには非常に厳しい環境。ライギョは96cmまで釣りましたw下流の深場はモンスターだらけの修羅場です。


高齢者の間ではメダカや金魚の飼育が超絶流行ってるみたいですね。流行りに乗りたいのか?オヤジ!?よし、その夢かなえてしんぜようぞwと言うことで、金魚救出プロジェクトスタート!


時間は日暮れ前の18時30分。あと30分で暗くなる。急げ!!!


釣りで使うヘッドライトを用意して暗くなるのに備えます。


金魚。ハヤと違って動きが遅いので案外簡単に掬えました。
1504447279642


熱帯魚をはじめ、金魚やメダカの取り扱いはバスと違って絶対に手で触れてはいけませんのでご用心。網の下から手で添えるのも良くないほどデリケートです。手で触れると高確率で白点病に感染します。


掬ったら優しく網を裏返しにして容器の中へ金魚を移して行きます。


陽が暮れるころには沢山集まりました。
1504448010027


速攻で帰ったら漬物用の大きな容器に移してエアポンとオオカナダモで仮の住居に住んで貰いました。明日は感染症予防の薬で消毒です。その薬はリアルゴールドって名前だったかな。
1504448190335


オヤジのために掬って来たんですが、なんだか自分が楽しみな感じになって来ました。

金魚が成長して大きくなったら祖父が作った池に移住です。メバル釣りで用いられるタエビが自然繁殖したりしててビオトープ状態なんで、金魚も喜ぶと思います。
1504448479108


本日はバス釣りや金魚すくいで淡水尽くしの一日となったのですが、たまには海から離れてみるのも新鮮ですね~!

暑さもピークを迎えて朝晩はめっきり秋めいて来ましたね。


秋と言ったら平戸。平戸と言ったらショアジギ。


今年はショアジギに行く頻度がグッと高くなっております。ガッツリ系の10ft近いXXXやXXのロッドにステラSWやツインパSWみたいなゴッツイ本格タックルでショアジギも良いですが、ストラディックC5000XG が2016年の暮れにリリースされてからと言うもの、サブタックル扱いなんですが40g~80gと言った比較的ライトなショアジギに使うには最高の使い易さと、ジグが小さいので食わせ易さを兼ね備え、今ではメインタックルより握っている時間が長いと言う最高のタックルとなっております。お陰でショアジギ頻度が右肩上がりです。体力の消耗が全然違います。月曜日がかなり楽(笑)



そんなこんなのストラディックC5000XGなんですが、キジハタ系の根魚を釣るのに抜群の相性です。XGと言うハンドル1回転105㎝の高速ギアはブレイク(地形の掛け上がり)で根掛かりが頻発するショアジギ&ショアスローの釣りで、ハイギアだと根掛かってしまうところでも、ストラディックC5000XGギアはジグをボトムから一気に浮き上がらせる能力があります。ので、根掛かり対策でC5000はキジハタ専用機に任命しております。


今日は平戸地区に本格ショアジギタックル(最近ではこっちがサブになりつつあるかも)とストラディックC5000XGの2タックルを持ち込み地磯歩きです。マイボート遊覧は今回お休み週間です。ボートはボート、ショアジギはショアジギの面白さがあります。移動が制限される不自由さも悪くない♪


まずは恒例のとある丘から海を一望して運気を占います。このスムージー甘さ控えめで美味しかった
1503835458447


素敵なオーシャンビューが臨めるインスタ映えするスポットなんですが、双眼鏡片手に一生懸命、海を眺める怪しいオサーンに観光中のインスタ女子はどんどん離れて行きますw


鳥なし。ボイルなし。船もなし。本日の占いは見るからにダメダメ。ここの眺めは結構当たるんですよ


ダメと分かっちゃいるけど、来たからには竿を振って帰ります。


ごっついタックルの方に夏政が間違って来ないかなと淡い期待を抱いてシマノのダイビングペンシル・オシアペンシル1500をセット。ストラディックC5000XGのサブタックルには80gのスロー系ジグでキジハタ・真鯛・鰆・ヤズと言った五目的な釣りを展開します。


真夏の真昼間では期待のジグでボトム~中層の攻めには全くの無反応。もしやコレのせい???
1503836186475


アゴ漁船がいっぱい操業している!?あれっ?最近まで南の風だったのですがトビウオ接岸!!!


大ヒントをハケーン!これは大吉確定!さっきまで釣っていた地磯の反対側の海はパラダイスの図で満ち溢れていましたw


こっち側の海流を攻めればいいのかと一目瞭然ですね。「鳥山」と「船団」たったこれだけ知ってるだけで初めて来た人でもゲーム組みやすいです♪知っているフィールドでも毎回探してますw


海鳥達と漁師さんは週末アングラーより遥かに長い時間を海と寄り添って生活してらっしゃるので、困ったときは「鳥」と「漁師さん」からヒントを頂くのがお魚に近づくための最も近道なのであります。


さっそくそっち側の流れに居るお魚達のもとへエントリーします。


しかーし、アゴがキャスティングで届く範囲に来ることもなくオシペンに3kgくらいのヤズっぽいチェイスが1回あっただけ。お魚天国の平戸と言えどヤズがチェイスしてくれるだけで御の字なのが平戸ショアジギの現実。


根魚不調、青物も難しいので場所移動。有名処に偵察で寄り道。堤防シイラのお客さんは8月ですが早くも満員。最近釣れた感じの賑わい。アーリーマジョリティなアングラーさんでハイシーズンさながらの景色になってました。


アゴ漁船もいっぱい見たし。ヒウオ曳きの船もバンバン走ってる。確実にシイラが接岸フラグw


人がスッカスカの貸切の状態で、走りのシイラを釣ることは今年もお預けのようです。気を取り直して場所移動。


ボウズ逃れの切り札は、キジハタ、マハタ、コアラが釣れる根魚スポットで夕方まで癒しを求めてショアスローです。


迷走台風5号の時よりカタクチイワシの数がめっちゃ増えてます。ピョンピョンピョンで跳ねてて今日一のエリア。


が、期待に反して根魚も釣れない。。。


他のお魚も釣れないw他に打つ手なし。


惰性でフルキャスト。完全に見失ってるときの遠投は釣れないw


。。。。。。。


と、40gのジグが着水数秒でフォールが止まった。着底まで10数秒はかかる水深なんですが。


あれっ?漂流している海藻かゴミにジグが乗っかったかな???


と、糸ふけを処理してると、いきなりすごい勢いでラインが走り出す。


ストラディックC5000XGにPE2号、ロッドはサーフスターSGP96Hで房総半島付近のガチなショアジギタックルと同等レベルくらいかな?九州ではこれでもかなりライトタックルです。


ハタが根に張り付かない様に引き離すドラグ設定でまあまあドラグを絞め込んでましたが、それでもドラグが焼ける勢いで放出して行きます。2号のPEなら下手に止めたら即プッツンレベル。完全に油断してました。


待望の「ヒラマサ?キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」


海は広いな大きいな。海は有明海の奥地や伊万里湾の奥地~ハワイのビーチどこまでも繋がってます。こんなところでまさかのヒラマサ降臨と思いきや銀色の輝く火星人が華麗なジャンプ!「メータークラスのシイラ」が潜んでいるとは思いもよらず。


ストラディックが壊れそうなほど遊ばれてジャンプにてばらし。フックは小鯛針で自作した華奢なアシストの2連。シイラが居ると分かっていればそれなりのタックルとフックを使っていますがタイミングが合わず残念でした。


フックのゲイブ幅が狭いので、かかりが浅かったっポイです。


バラした勢いでぶっ飛んだジグを速攻で立て直してアクションを入れると海の神様降臨。画面フリーズってこのことか!リアル世界でゴット降臨


また食った!群れなんで完全に食え食えのスイッチ入ってます。


またまたジィーージィーーで鬼走りしてドラグが焼ける勢い。


またしても走りに走って沖合でジャンプ一発サヨウナラ。


その後は悲しいかな、まったくの音沙汰無しの状態に逆戻り。


敗因は自作のアシストと油断w


※堤防シイラの時はPE4号で挑んでくださいね。。。


その後投げ続けるも気配すらありません。


不意の大物の時は、取り込みはどうしようかと頭で考えたら的確にバラしますねwどうでもいい時はラインテンション抜いてもフックアウトしないのは不思議です。


トホホな結果となりましたが、僅か一瞬の出来事でしたが最高に楽しめました。


ストラディックC5000XGもダイワ アルティメット トーナメント ドラグ グリス ダイワ ソルティガ トーナメント グリス を塗ってドラグの焼け防止を施さないと正直にヤバいと感じましたね。シマノリールにドラググリスを施す場合はメーカーが違うので自己責任でお願いします。私はそんなの気にしないタイプなので塗り塗りします。失敗したらブレーキクリーナーで除去するまでのことですから物は試しでトライしてみます。


フェルトワッシャーだと米粒3つ分、カーボンワッシャーは米粒2つ分のグリス量をドラグワッシャー一枚一枚に丁寧に塗るだけでドラグの焼き付きを防止出来ます。
1503843540578


今ではシマノ一辺倒のイメージの私なんですが、昔は熱狂的なダイワ信者でした。


ではまた来週!


















近海の手軽なソルトルアーフィッシングは今までショアから楽しんできて少々自信があったのですが、マイボートに乗ってプチオフショアの世界に触れてみるとショアとは釣り方が根本的に違ってくることに初回から肌で感じてしまいました。


まず、足が地についていないので予想以上のスピードで船が流されられる点。(パラシュートアンカーを使わない流し方です)余談ですが、過去に東京湾でシーカヤックの情報発信が始まった早い段階で体験させて頂いてるのですが、船よりカヤックの方が潮に流されるスピードが早いことを今回改めて感じました。シーカヤックの釣りって非常に難しいことを体感していたので手を出さずにいました。隠しててゴメンナサイ。


シーカヤック<船が簡単!シーカヤックで釣って来られるアングラーの方って実はめちゃめちゃ凄いんですよ!釣りたいピンポイントなんて一瞬で流されちゃって通過してしまいます。それがシーカヤックの現実。。。。海域で違うんでしょうが長崎の海では辛い感じ。一瞬一瞬のベストなタイミングを取れないと釣れないです。


カヤックも船もめっちゃ流されるので、リールに関して言えばハイギア仕様のギア比一択です。糸ふけの処理と言うより、ハイテンポで僅かな短いタイミングでルアーにアクションを加えるためのハイギアが必要。オカッパリではさほど必要性を感じなかったハイギアリール。ところ変わればってやつですね。


リールの番手もC3000や2500番と言ったオカッパリで一番人気の番手ではいまいちパワー不足。最低でも4000番の必要性を感じました。というのも、オカッパリで多様するジャークベイトやバイブレーションと言ったプラグ類がボートからのポジションだと意外に釣れないのが原因です。大阪湾や東京湾の港湾部のカバーフィッシングとオープンウォーターの違いでしょうね。ジグメインになると大きな番手が楽です。


オカッパリだと小魚(自分が操るルアー)が「陸」と言う大きな壁に追い詰められていくイメージの釣りを展開。画像は岸に追い込まれて勢いよく陸にうちあがったイワシです。シーバスにしろバスにしろ青物にしろ、フィッシュイーターは上手に岸に追い込んで狩りをするのが得意なのが分かりますね。
1503703302204

一方、ボートからのポジションは逆で追い詰めることが困難な四方八方に広い空間に小魚(ルアー)が逃げていくのでストライクポイントがぼやけてしまう。ので、釣れる確率が圧倒的に下がってしまう感じでオフショアはプラグ弱え~なになるんです。港湾部みたいにカバーがあればカバー付近で出会い頭の釣りが成立します。バスで言うカバークランキングや、カバー際でのトップの釣りが同じ原理。釣りたきゃカバーを狙え!は魚釣りの鉄則。長崎なら沈み瀬やサラシがそれに相当。


ので、近海オフショアゲームではトップの釣りか極小ジグでボイル撃ちをやらない限りは3000番クラスリールの出番は下がりそうです。


長崎や佐賀近海のメインは縦の釣り。バーチカルないしドテラでインチク&タイラバ&メタルジグをガンガン投下して行く日本の釣り文化ならではの縦の釣りになって来ます。横の釣り(キャスティング)はバスを通してアメリカから入って来たとヒロ内藤さんから教えて頂いた記憶があります。縦の釣りは日本が誇る伝統的な漁法みたいですね。飛行機や弓角は船で曳く漁法ですが、投げる概念に進化する前にキャスティング文化が輸入されて来たんでしょうね。


ジグが軽量サイズの40~80gと言っても一日ずっとシャクっているとリールもからだも相当な負担がかかりそうです。リールがデカくなると巻き上げ力があがるしギアの負担も少なくなるので良いことの連鎖かも知れません。次回からテストを重ねて体感して来ます。


まだペーペーなので、いまいちオシアコンクエストなどのベイトリールは今の時点では必要性を感じておりません(汗)タイラバも正直なところスピニングリールで充分な気がします。ベイトも上手く投入して勉強して行かないとイケません。


そんな感じで小型~中型スピニングリールを現段階では国内最高峰の防水&強度にパワーアップされたツインパワーXD は近海オフショアゲームにピッタリな設計です。XGモデル以外にも4000番のハイギアモデルのラインナップが増えれば完璧です。シマノさん是非ともハイギアモデルのラインナップを充実してください!ツインパワーXDタメ息でるほど機能美でカッコいい。。。
img01
出典:シマノホームページ ツインパワーXD



↑このページのトップヘ