シマノの新作リール・17サステインC3000HGをさっそく実釣してきました。
img01
出典 シマノ サステイン

サステインのメーカー発表スペックはシマノ サステインC3000HGをご覧ください。


SUSTAINの意味はウェブリオによりますと
維持する、持続する
と言ったタフボディを連想させてくれるネーミングとなっております。


強靭なボディを身にまとったタフ&ストロングボディを売りにしたツインパワーXDで一躍話題となりました新機構の「Xプロテクト」(ツインパワーXDに詳しい解説があります)、ノーマルVERのツインパワー&ストラディックには未搭載のXプロテクトを店頭価格3万円以下のお手頃価格帯で実装した今秋新作のサステイン。実釣模様もふまえてインプレしてみます。


釣具屋さんの駐車場で下糸巻いて嵩上げを施したうえにPE1.0号150m(200mと間違えて買ったのは内緒)を巻きました。
BlogPaint

ナイロンライン10Lbで下糸を巻きました。信頼のユニチカ・シルバースレッドSARを使用
1505562654178

からの、PE1.0号200mの予定が150mをフル巻き♪200mの予定で下糸を巻いたので、ちと段差出来たけど合格ライン。
1505562820730


あとは釣るだけ!下糸の目安はシマノのC3000のノーマルスプール(深溝モデル)ならどれでも基準になりますのでご活用ください。奥から一番目の円周ラインの半分が目安です。PE1.0号が約200m入ります。ライントラブルを起こりにくくするキモはスプールエッジのアール(斜めに傾斜の付いたところ)より内側にラインが収まるように調整します。するとスプールエッジがイイ感じに抵抗になってライントラブルを予防してくれますね。


なんてことはないのですがシマノユーザーの不満をさりげなく改善されてました(感謝)

ノーマルツインパワー&ストラディックで不評だったスプールにパワーギア(PG)なのかハイギア(HG)なのかエクストラハイギア(XG)なのか表記がないので、リールをロッドから外してリールフットのプレートで確認しないとイケない件。タックルを数本持ち込んだら何ギアか分からないと言うトンデモな致命傷w

流石のシマノさん、ユーザビリティ第一主義ですぐさま改善されてました。これだけでだいぶん使い易いくなります。


気になるサステインの位置づけは

ステラ⇔イグジスト
ツインパワー&ヴァンキッシュ⇔セルテート
サステイン⇔ルビアス
ストラディック⇔カルディア
アルテグラ⇔EM MS&フリームス
※ダイワは詳しくないのですがこんな感じの位置づけでしょうか。


位置づけからするとサステインは丁度中間ランクになります。が、最近のシマノは実売17,000円前後のストラディックでも買った時の巻き心地がそのままでひと昔のツインパワー状態なので、中間と言えど昔のステラに勝ると言ってもいいレベルです。


巻き心地にすこぶる高評価で定評がある最近のシマノスピニングリールであります。巻き心地が良いと書くとそのまま過ぎて怒られそうですが、ストラディックにベアリングを増やして巻き心地を滑らかかつパワフルにした感じが印象的でした。


ベアリングの数を比較すると。
ツインパワーXD 10個
ツインパワー 10個
サステイン 9個
ストラディック 7個(ラインローラー部のカラーをかさ増しで計算されているみたいですので実際は6個)


ベアリングは今やカスタムチューニングで追加する時代ですので目くじら立てる必要もないですね。自分は逆に少ない方が好きなド変態ですwストラディックに実装されているプラスチックのカラーに交換したいくらいですw


少数派のド変態話は置いといて、お値段が張るだけあってベアリングが3個増えております。取説の展開図を見比べましたら、ベアリングが追加された箇所はスプールシャフトとドラグ内部とラインローラーです。ストラディックのドラグ強化版と言っていいでしょうね。




そんなこんなで実釣開始です。

まずは旧型のマールアミーゴ(現行モデルのアミーゴ様よりオデコで水を受けて引き抵抗が強い)をチョイス。ハイギアなのでバイブの引き抵抗はシンドイかと思われましたが、これまたヴァンキッシュとストラディックCI4+で採用されたMGLローターの恩恵でバイブもローギアで曳いている感覚で楽勝です。
1505563587942


バイブと言えば一般的にリフト&フォールなのですが、大野ゆうき氏の力作ミニエント57Sの強めのジャークと同じジャークでアミーゴ様をジャークさせます。あんまり言いたくないんですが、旧型アミーゴのジャーキングがこれまた釣れるんですよ。はい、私のシーバスの釣果の大半がジャーク頼りですw地磯の足元でチョンチョンしてるだけでハチマルが突き上げた珍事件もありました。ジャークのコツは下のYouTubeで2分50分~4分38秒の上方向へのジャークの仕方です。上方向ジャークは下方向ジャークより遥かに根掛かりを抑制出来ますので磯やゴロタエリア等の根掛かり多発エリアでは上方向へのジャークオンリーの一択です。ジャーキングのゲームは芯がしっかりした粘り強い竿が頼りになります。パームスのサーフスターシリーズなら過酷なジャーキングゲームに何年も耐えてくれます。私がパームスの竿を使い続ける理由はそこにあります。




話が脱線しまくりですが、バイブをジャークしても違和感・疲労感がすくないハイギアでC3000クラスの小型リールは最高の武器ですね。時代が完全に変わりましたね!


この日はバイブでは反応がない日でした。鳥が飛んでて風下のウインディサイドだったのですが。。。。


シーバスの反応がないので28gのジグでマゴチ&エソ(弱気w)の安全パイ狙いに作戦変更。秋になると話題総なめ!話題のジグでありますダイソーの100均ジグでボトム狙い開始。


バイブのジャーキングを楽々こなすサステインのMGLローターなので、抵抗が軽いジグは無重力でジャーク出来ます。


チョンチョンアクションのトゥイッチはお手のもの。


私、ショアもオフショアもバッチバチのパパ大津留さん張りのジャークが好みなもので、気が付けばワンピッチジャークでバッチバチのジャークをやってました。ボトム狙いの予定がジグが水面近くを来てるしw


どうにかこうにか苦戦しながらの奇跡フィッシュ降臨。
1505564297040


ダイソージグで30cmサイズの可愛いネリゴ(カンパチの幼魚)ゲット♪もう一匹来たけどバレました。

可愛いサイズですが、一応は青物の子供ですのでそこそこの突っ込み。シーバスロッドなら十分の引き味を堪能。

ドラグ周辺にベアリングが2個増設されておりますので滑り出しがツインパワー同等。ドラグのピッチ数はツインパーと言うよりストラディックのドラグ調整幅に近い感じでした。ファイト中は瞬間的にドラグ調整するなら、きめ細やかなツインパよりピッチ数が粗いストラディックの方がやり易いです。

サステインC3000HG、ギア比6.0、最大ドラグ9.0kg、最大巻上長/88㎝、ワンピッチジャークが軽やか過ぎました。


サステインC3000HGの今後の任務は決まりました。

私的に、タフボディのXプロテクトかつMGLローターの軽やかさを活かした「ジャーク主体の釣り」の第一戦を張って貰うことにしました。


アジング、エギング、シーバスのジャーキング、ボートのライトジギンング、ライトクラスのショアジギング・・・・etc


ナイトシーバス等のただ巻き主体のゲームにはノーマルのツインパ&ストラディックと言った具合に適材適所にリールの配置変更して行くのも愉しみのひとつですね♪


中間価格帯のシマノさん的に推し推しのサステイン はストラディックに次ぐ主力製品となりそうです。お手頃かつ高性能な中間機種は幅広く揃えて色んな釣りにマッチ出来るのも魅力とも言えますね。勿論性能は信頼のシマノクオリティです!

シマノ サステイン C3000HG

価格:27,216円
(2017/9/16 21:56時点)
感想(0件)




貴重な余暇の時間はブログ書くのをサボって自作アシストフック制作に真剣な日々を送っております。

ストラディックC5000導入を契機に、ショアジギ行脚を本格化させた辺りからアシストフックが万年足りない病に感染しております。

皆様方におかれましては、アシストフックは既製品を買う派?それとも自作する派?

私は海釣りのお師匠を見習って、初ジギングデビューの早福港・関勝丸の1発目釣行から、がまかつの巨大なクエ針で作ったアシストを自作して行きましたよwもれなくツワモノの勲章頂きましたw

そんな感じで、既製品はあんまり買ったことがないのですが、最近はバス釣りよりソルト釣行に傾倒していてアシストフック作成が間に合わず、既製品を買うことが多くなって来ました。

2本入って500円以上ってバケモン高いよ!メーカー爆儲けでしょ。これは。ってことで自作を強化しますw


ジギングとショアジギングのアシスト

ヒラマサ・ブリのジギング用と、ショアからのメーター40超えの巨大シイラ狙いには「がまかつ・管ムロ」を使い続けております。最近では改良バージョンがスタンダードみたいですね。市販のアシストフックの2倍近いシャンクの太さwこのフック曲げちゃうお魚と対峙するのが夢です。
1505135561803


アシストを作るときは、カンの上からシーハンターを入れて下方向から結んでください。逆にカンの下から入れて上方向で結ぶと、てこの原理が働かずプランプランと遊んでしまいフッキングの時に力が伝達しなくなります。この点が一番のポイントです。あとは適当でも大丈夫ですw

使用頻度が高いライトジギング系

ハタだったり、小青物、シーバス、真鯛、フラット、根魚と言った感じで多魚種がターゲットとなる場合のアシストフックが悩むところでして、未だに色々なフックを試しております。

ライトジギング用のフック単体のみがバラ売りされておりますが、フック形状がいまいち好みじゃないものばかりと、面倒くさい私ですw

扱い易いところでおススメなのが、真鯛針や小鯛針、ヒラマサ・ブリ王がおススメゾーンです。めっちゃ安くて300円程度。アシストフック専用パックだと500円前後?刺さり抜群でコスパ最高です!
1505139387331

ただ、平打ち針と言って、ルアー釣りで良く使われるカン付き(結ぶところが輪っか)針とは、フックへの結び方が異なります。と言いてもノットは簡単です。

外掛け結び
シーガーのサイトに動画と図解がありました。


上の写真はソリッドリングを付けたかったので、シーハンターを二重にして輪っかを作って平打ち針に結んでみました。慣れればこんな感じに応用で色々と結べるようになります。マリアのムーチョ・ルチアもアシストフックはカン付きではなく平打ち針を採用してありました。同じように輪っか仕様です。
1505138349213


出来ればカン付き針の方がアシストフックを作成しやすいのですが、餌釣りの針がコスパが良いため必然的に平打ち針になってしまう傾向が強くなります。


しか~し!偶然にも素敵はフックを発見しましたよ!


沖縄以外ではあんまり取り扱いしているお店が少ないんじゃないかと思われます。だって、タマン(フエフキダイ)の針なんだもんw


その名も がまかつ タマンスペシャル 白 !!!ハイ、かなりのお値打ち価格ですよ~!


カン付き針で作成が簡単&フック形状が理想的(私にはド直球)かつ、タマンは鯛みたいな魚体をしてますが、曳き味は青物みたくトルクフルでハイパワーなお魚。それに対応すべくシャンクは短く太く設計されているので、不意の大物にも対応出来そう!ジグの身体に巻き付いても大丈夫そう。

と言うことで、現段階ではライトジギングのアシストフックの自作にはタマンスペシャルがゴリ推し状態です。色は白と黒があって、メッキ加工の白が好みです。真鯛針とヒラマサの金色の針は直ぐに錆びます。魚掛けたら、てきめんに錆びるので基本使い捨てです。

私の数少ないタマンスペシャル(白)の実物の写真がこちら
1505141067019


上のアシストはフックサイズは20です。シングルアシストだと20~24、アシスト2連仕様だと16~18な感じです。20サイズは40g~80gのジグに使う予定。24なら普通にヒラマサにイケるかも。

がまかつ タマンスペシャルのページ PCでサイトを観てみましたが実寸サイズじゃないみたいなので、カタログで実寸サイズが確認出来ます。

がまかつ タマンスペシャル 白 があまりにド真ん中のド直球だったので1BOXまとめて注文入れてしまいました。それでも3000円からお釣が来ます。。。安い!これは武器になりそうです。



秋空の羊雲が愛犬の毛並みに見えてしまう愛犬中毒のちゃぶけんです。今週はショアジギをお休みして、秋の気配漂う伊万里湾に、社長の見事な115馬力エンジン搭載のボートと、私のアルミボートに毛が生えた程度の大きさの拙いボート2艇で繰り出して来ました。


糸島エリアは朝夕と、早くも「サゴシ」フィーバーしているみたいなので、お隣の伊万里湾もそろそろかな~と言うことでアジメインでサゴシも調査です。


2週間前に尺アジフィーバーしていたのですが、その群れが遂にショアラインにも接岸して釣具屋さんの釣果情報にも掲載されてましたね。ショアからは朝一番の時間が最大のチャンスになりますが、岬絡みの潮通しが良い場所が狙い目でしょう。


本日は社長のおススメスポットでクルクルイワシのトップシーバスゲームの予定でしたが、イワシはいるんですが朝一番からシーバスさんとチヌはお留守でした。と言うことで、渋い状況を打破すべく、社長にライトジギングにトライしていただきました。


私→ボトム着底からの立ち上がりのリアクションで手の平サイズの良型キスをゲット
社長→初挑戦ながらいきなり尺アジ2連発ヒットされました!が、どちらもボート際で痛恨のバラシ。


ライトジギング面白いよ(笑)と、お気に召された模様で何よりです!今後はメタルジグの釣りも取り入れられるとのことでしたので、私が心底信頼しているマリアのムーチョ・ルチアのセットをボックスごと贈呈。


アジは口が弱いので、アシストは1本より2本、2本より3本が有利と言うことで、クレイジーオーシャンのアシストフックを贈呈。序にサビキジギングも贈呈wこれでライトジギングの虜になられること間違いなしです(笑)


早い時間でしたが社長は用事のため帰宅されまして、その後は私の単独釣行。


初場所を回遊中だったのですが、いい場所を発見しました。


ライトジギングにアコウ~アラカブ~尺アジ


次から次に当たってくるのですが、肝心な時に私のおなかがピーピーなりはじめました(汗)


未曾有の大事態発生~放出。


無事に緊急回避したものの、船を立て直して再開したころにはお魚さん居なくなってました(泣)ほんと良い時合いって一瞬です。とほほな感じで移動。


私もお昼から用事があったので、いいスポットだけをランガンして足早にチェックします。前回、尺アジを連発した海溝を50gのジグでシャクリます。


アジは居ないが他のお魚が水面でバシャバシャ。よく見るとマイクロベイトパターン。


ジグサイズを50g→20g程度の小型のサイズにチェンジしたのが功を奏しました。


ジグが着底出来ないイケイケモードに突入。キジハタと真鯛の子供(チャリゴ)がボトム付近でボコボコに突き上げて来ます。
1504935148506

1504935083479


数回船を立て直しましたが、やっぱりココもすぐに沈黙。


と、今度は船の引き波でイナダのナブラ発生。それと同時にサゴシのジャンピングナブラも発生。


伊万里湾にも数は少ないけどサゴシが入ってました。真昼間にボイルしてます。


ルチア様の表層高速引きで狙います。どっちが来るのかは時の運。


あわよくばイナダが良かったのですが、お決まりのサゴシさんが速攻でクリーンヒットからのルチア様が一瞬でスパンと切られちゃう、サワラあるあるパターンが的中。二頭獲るもなんとやらの典型やってしまいましたw


先ほど社長にルチア様のセットを贈呈していることをスッカリ忘れててジグとアシストフックが不足気味。ボックスの中からアシストを拾い集めて再度トライするも無念。青物は足が速いですね。。。


サゴシのスッパンテロで20gジグの在庫が底付いたのがお魚さんとの縁の切れ目でしたwナブラも沈黙して、20g以外のジグでは無反応の時間が続いたので、北西の風に船を乗せてナブラの監視をしながら、お昼ご飯タイムです。


社長がお昼ご飯にと別れ際に渡していただいたお弁当、朝4時起きで作っていただきました(感謝)
1504935027416


それと、何かあるといけないからと予備の燃料まで。。。至れりつくせりのお心遣い。最高の社長です。


モコモコの羊雲と飛行機雲を眺めながら、起こらないナブラを探しながら、お弁当を愉しみながら秋風に身を委ね漂流。


さて、お腹もいっぱいになったところで給油して、前回コロダイとシーバスを仕留めた伝説のブレイクラインに寄り道してストップフィッシングです。


今回は、このブレイクにはお魚がついてなかったのですが、キジハタとマハタモドキのあいの子みたいなハタがラストで釣れました。
1504934998946


バヒューンと一目散に港まで舞い戻って、20gジグの仕入れで釣具屋さんに寄り道して帰りました。


20gのスーパーライト級ジグを物色しておりましたら、同じく20gジグに目を輝かせて飛びつくオサーンが登場。そのオサーン曰く、「今日はイナダがナブってて20gのジグしか食わないのよね」4本とったけどサゴシが邪魔して。。。


なんだか同じような展開でゲームされてたみたい。


話が弾んで今度ご一緒させて頂くことになりました。その方は船乗りで伊万里湾のポイント教えてあげるよって太っ腹な方と出会えました!


ポイント開拓も凄く楽しいのですが、これも何かのご縁♪その際はお世話になります。


さてさて秋めいてきましたので釣りが忙しすぎて寝不足の日々が年末まで続きそうですw
















↑このページのトップヘ