おはようございます。早朝になると海の事が気になってソワソワする季節になりましたね。それでは8月27日の舘浦港・赤灯台シイラ釣行のご報告いたします。




生月・舘浦港



平戸・白浜港




シイラ速報一発目の記事を挙げてから上げ潮の舘浦港の時間になって、パラパラとアングラーさんが増えて来て、白浜から流れて来た数人の常連アングラーさんとお話しが出来ました。


朝一の白浜港は満員御礼の大賑わいだったそうです。舘浦は前日136cmが揚っていても下げ潮では5人程度でパラパラだったんですが(笑)


白浜港が大賑わいだった理由とは!?


どうして白浜が大賑わいなのか?と言うと、お盆前後で早めのシイラフィーバーしたらしいです。(私、バスばかり釣ってて、全くもってのノンマークでした)その影響で下げ潮だし白浜有利だよねってなっていたみたいです。その情報で朝一から下げ潮の潮止まりまで白浜に入られていた常連さんに今日の白浜の状態を教えて頂きました。


常連さん 
白浜はトビウオ(アゴ)は少しだけ飛んでいたけど全くダメだったよ。今日は誰も釣ってないよ。先々週からは調子が良かったみたいだけどね。



今日は空振りだったけど、白浜の好調振りが伺えるお話しでして、知っていたら完全に白浜入ってました。


結果オーライの舘浦港


白浜フィーバーを知らなかった私は、淡い期待を胸に舘浦港のお気に入りスポットで実績のスミス社のタングステンジグ・TGチビマサムネ100gを台風の爆風のさなか気持ちよく大遠投していました。
image

スミス(SMITH LTD) ルアー TG チビマサムネ CB 100g 19 レンズSゼブラ

と、今度は舘浦専門って感じの常連さんとお喋り。舘浦も同様に数週間前から好調とのこと、シイラとペンペンが混ざって良い思いをされたそうです!


先端で釣りをしていたら、1日で一回くらいはシイラの群れが回って来るよ!とアドバイス頂きました。


そのお言葉を信じ先端で朝から晩まで100gのジグを300投はしただろうか?お陰様で今日は全身筋肉痛のメキメキピリピリ状態でシイラ釣行を断念してお家で引きこもっております。笑


日の出から日の入りまで14時間ずっとロッド振りっぱなで舘浦の様子を見守りましたので、自信を持って情報をお伝え出来ます。


舘浦1日通してシイラ・ペンペンの回遊はたったの1回のみでした!!


堤防先端から、中江ノ島(沖に浮かぶ島)方面に投げてたらコバルトブルーの鮮やかな胸ビレの60~80cmペンペン10匹ほどのスクールがTGチビマサムネを囲むようにチェイスして来ました。食え!食え!と懇願しながら早巻きするも群れを振り切って何事もなく戻って来てしまいました(泣)群れの先端に再度撃ち込むもシカトされてスルー。。。


14時間釣っていてチャンスタイムはたったの10秒足らずの出来事でした。釣れても釣れなくても、その10秒間にシイラ釣りアングラーは色んな思いを馳せるんですよね。帰りの道中や家に帰ってからは、あの時こうすれば良かったなとタラレバの世界に浸るんですが、その回数を重ねる程アングラーとして成長している気がします(笑)


今年初シイラ釣行でコバルトブルーの魚群を見れただけで幸せです(笑)


舘浦のトビウオの入り具合は?


不調の白浜から来られた方が言われていましたが、舘浦の方がアゴは飛んでいると言われました。実際、上げ潮になって5分くらいの潮位まではアゴが頻繁に飛んでいました。時としてカタクチイワシが混ざるシーンもあったりしてモチベーションが上がりましたがシイラさんが不在。


アゴは居るけど白浜撃沈、舘浦パラパラのパターン時は度島の漁港がアツかったりします。モリで突く程のシイラ魚群。。。もちろん、フェリーが欠航しても時間的にゆとりがある方でないと渡れません。


9月・今後のシイラ予想


台風10号が関東方面に抜けようとしておりますので北東の風が微風状態で吹くのかな?と予想しております。

8月29日(月)~9月2日(金)までは黄金のパラダイス週間。釣れまくりの予感がします。平日休みの方が羨ましいです!!

9月3日(土)・9月4日(日)は残留しているシイラの群れがクルクル回遊する光景が見られると思いますが、スレまくりで口を使わないシイラが多数なのでは?と思います。


流石に2週間もすると残留組も抜けてしまうので、次なる北風・北東風の爆風を期待したいところです。あとは台風次第。


今年はシイラが多いみたいで当たり年の予感がします。と言うことで、シイラに行った際はその日のシイラ速報を流しますので当ブログをご参考にしていただけましたら幸いです。



最後にちゃぶけんが超おススメするシイラに強いルアー2選をご紹介します。


UZU・俺のシャバジグ80g~120g

遠投してスキッピングにて広範囲にアピールするのが通常の使用方法。シイラの群れが接岸して足元の接近戦では、ロッドを大きく煽りジャークすることによるクイックなダートで他アングラーのルアーより目立たたせてシイラの関心を寄せてバイトに持ち込ませやすいです。今のところ万能過ぎて文句なしの優等生ジグ。

UZU Fishing lab ウズ 俺のシャバジグ 100g





マリア・メタルフリッカー80g~120g

安くて入手し易くて、尚且つ安定した釣果が魅力のジグです。シイラ以外にもヤズやサワラ、ネリゴなどの青物が沸いた時もオールマイティーに釣れるので必ずボックスの中に入っているジグです。他のショートジグよりも食いが良いので、バイトの回数を増やしたいとお困りの方はお試しに使われてはいかがでしょうか!

ヤマリア(YAMARIA) メタルフリッカー サーベリングSP 100g RGPH(レッドゴールドピンクベリー・ホロ)

価格:752円
(2016/8/28 07:43時点)
感想(0件)




それでは良い釣りを!!



ソルトルアー ブログランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

おはようございます!週末はほぼ釣りをしているちゃぶけんです。

台風10号の影響で8月20日頃から強めの北東風が吹いて、なんと、8月26日には今年初物の136cm♂のデコッパチ火星人シイラが釣れております!

と言うことで、慌ててショアジギタックルを準備して舘浦港に日の出と共にinしました。今日は2016初トライのショアからシイラ、見るだけで良いのでご降臨して欲しいなー!
image



で、気になるシイラアングラーの数はと言いますと、サゲの舘浦で予定外の5~6人程度。30人は堅いと思いましたが。。。

入れ替わり立ち替わりで2人が平均のスカスカ状態です(笑)

行き掛け白浜を見ましたが、車が一杯停まっていました。やっぱりサゲの白浜伝説のセオリー通りの行動をとられている方が多いみたいです。この辺りの立ち回りは別件で特集しようと思います。

やっぱり、まだ異例の早い時期と言うこともあり、トビウオ(アゴ)は全く居ませんです。はい。秋に見られるアブッテカモの魚群が見当たらず、まだまだ夏真っ盛りの海なんだなと実感しつつ。サブベイトとなる片口鰯もどこへやらお出かけ中です。何かしらのベイトの群れが欲しいので、ベイトの存在を注意深く観察しております。もちろんペンペンさんやヤズ、ネリゴすら姿形ありませんorz


お昼のサゲ止まりからのアゲ潮~日の入りまでがゴールデンと思いますので、頑張って居座り続けます(笑)

五島の方ではペンペンが大量発生している模様ですので、生月近海でも気が向いたシイラがウロウロしていてもおかしくない状態であります。

今回は速報と言うことで、ボウズでも1日の流れをまた書きたいと思います。

image





去年からお盆になると石川県からお越しのKさんを九州のバスフィールド巡りにご案内して周るのが恒例行事となっております。


去年の記念すべき第一回目は九州の顔をまず行かんといかんでしょ!ってことで北山ダムをチョイス。船外機付きのアルミボートをレンタルしたんですが、ほぼ一周して子バス1匹にて終了。九州=北山、九州だからと言ってパラダイスではないのよ作戦成功!案内している側なのに実に辛い釣行でした。笑


そもそも石川県のバス釣りと九州のバス釣り、どこがど~違うんだろう?と言うのも興味があるところ。以前糸島でお会いしました某Kさんは日本の中心にお住まいでバス釣り激戦区フィールドのタメになるお話を聞かせて頂きました。


バス釣り激戦区は流石に凄い事になっている模様で、自然のバスフィールドなのに管釣り状態。数メートルおきに人が並んで居て、フィネスを永遠投げているのだとか。。。。ハードプラグを投げようものなら白い眼で睨まれるんだそうな(笑)つくづく九州に産まれ育って良かった思った瞬間でした。


おふた方のお話しをお伺いしていますと、九州も石川県もフィールドは大体同じ感じなのかな?と思いました。ハードプラグをドッカンドッカン投げている九州人ってそう多くはないですよね。それは全国共通で昼間にバド投げているだけで変人扱いされるんだとか。。。笑


全国的にフィネスでひっそりとお上品に釣るのが全国的な流れみたいですね(笑)今更かよ!って聞こえてきそうが。


まぁまぁ。十人十色で少数派のハードプラグを昼間にドッカンドッカン投げる人達がお盆にブラブラ行脚していてもそれも風情ってことで(笑)


いよいよ釣行スタート


去年は激渋北山をご案内して申し訳なかったので 、今年は秘境のパラダイスにご案内。


の前に、九州の海もやってみたい!とのご要望でしたので、クルクルイワシのシーバスが調子いい伊万里湾を朝一で回遊しました。まるきんさんの情報によりますと前日8/14のシーバスの持ち込みはゼロ。。。。(;・∀・)


釣れないだろう感が漂いながらも福島近辺を攻めましたがノーバイト。対岸に渡って久原近辺も軽やかにスカして陽もあがりソルトフィッシングの部は何事もなく無事終了。


リバレイ軍団出陣前の様子。入水するまでの準備の時間がまたイイんですよね。
1472041238621



Kさんに九州バスを是非釣って貰います!私はバックからガイド役に徹します。釣る気があんまりなかったので、面白いルアーを何個か持参。

①シーブーンで一目惚れしたビルルイス(現ノーマン)のビックリするくらい大きなポッパー。ポップマックス3つ分の大きさ(笑)
1472041649861


可愛いサイズのアイマ・ペニータ
1472041916471



で、結局蓋を開けると1日中投げていたのが『ザウルス・セミオート』ゼンマイルアーです。これは反則すぎるw
1472041992715





入水してヒンヤリする水で気持ちいい~って言ってるはなからKさんがバシッと決めて頂きました!


ヘドン・ウンデッドスプークでナイスバスです!
1472042329972


と、その後、私が投げたラッキー13に水柱が。。。。相当なデカブツが喰って来たのですが、水柱と共にラッキー13はどこかに飛んで行きました。無念のミスバイト。


卑怯極まりないセミオートで手抜きフィッシングに勤しんでいると、パタパタするセミオートにドパンっと出てくれました!
1472043468707


ウフフ(笑)これだからバス釣りは辞めれないです。ゼンマイルアーに騙されるなんてバスちゃんもまだまだですな~(笑)

記念すべきゼンマイルアーで釣った初めてのバス!


Kさんの様子を覗いてみると、クランキンスティックと怪しい蒼いロッドを使われていました。
1472043775063


私めもベイマティックで蒼いブランクス被り。


ホリデーパックなる非常に聞き慣れないロッドだったので拝見させていただきました。

詳細はシマノ ホリデーパックにて


このホリデーパックを使わせて頂き調子が良かったので、後日購入してインプレしようと思います。


その後もKさん九州バスをガンガン釣られていました。


運悪く今日のここの状態は過去最高に喰い渋っていました。大きいのは出なかったですが、それも釣りの醍醐味。


しかし、クライマックスはKさんバラボーマーのド派手ミノーで良型ゲット!バラマンディカラーの15A。
1472044509185



日本で最も注目されているフィールドのことを教えて頂きました


キチガイハードプラッガーの私たちは日の出から日の入りまで休まず永遠と竿を振り続けていました。その途中で話題にあがったのが、今注目の『石川県の多根ダム』のことでした。九州では多根ダムの生の情報を聞くことはほとんどないので大変貴重なお話しでした。

ラッキークラフトJapanさんのブログで紹介されています


多根ダムのデカバスはボートの下にくっ付いてくるそうです。北山や遠賀ではまず見られない光景ですよね!ルアーを落としても見向きもしないそうです。


で、そのデカバスは何をやっているかと言うと、アングラーが釣った子バスを狙っているそうです。ワカサギの放流と自力での繁殖が間に合ってないらしく、それでデカバスがそんな行動をとっているとのことでした。


多根ダムの問題点が見えてきましたね。北山ダムは2015年の暮れ~2016年の初春は北山ダム初めてのワカサギフィーバーで盛り上がりましたね。何年も何十年も掛けてワカサギの放流事業をしてきた経緯の北山ダムですが、ようやくワカサギが定着したのかな?と明るい話題でした。(バスはそうそう釣れないんですがねw)多根ダムも同じ経験をするのかなと思われます。


長い目で見て、コツコツとフィールドを作られると思います。まさに北山ダムがそうでした。多根ダムに行ける環境の方は是非行って応援してください。その内行ってみたいフィールド。Kさん、そちらにお伺いした時は多根ダムのガイドしてください(笑)




にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


バス釣り ブログランキングへ

↑このページのトップヘ