タックル新製品ラッシュの春ですがルアーも新製品が続々出て来ておりますね。そんな中、ひと際注目していたルアーがこれ。レイジーの新モデル・レイジースリム110S LVです。
1490507742894


 ダイワさんの人気シンキングペンシル(以下シンペン)として代表作ですのでとっても有名。もう、私が紹介するまでもありませんね。そんな大人気レイジーに追加モデルが登場です。


基本スペックはこちらの画像にて
1490537810276


 前作のレイジーのラインナップには存在していました115mmサイズ。115㎜は発売から数年後には廃盤サイズとなって95㎜サイズが売れ筋としてラインナップに残ったのですが、私が住む北部九州の河川では115㎜サイズが実はハチマル乱獲のスペシャリストでした。根掛かりでもしようものなら潮が下がるまで待って救出してました(笑)廃盤で入手困難だったので、タックルベリーなどの中古釣具屋さんで見つけたら全部買い漁ってましたね。


 日本レコードを次々に叩き出したレイジー95㎜サイズは、私的にはあんまり出番がなかった。あんまり書くと怒られそうですが、トウゴロウイワシパターンや柊パターンならショアラインシャイナー95(R40)で事足りてました。そのくらいシャイナーのR40=95の完成度は高いことになります。


 レイジー115㎜サイズはハマると恐ろしく威力を発揮するシュチエーションが存在していました。それは九州の環境ならではなのか分かりませんが、表層まで覆いつくす東京湾の様なバチ抜けが起こらない九州ではバチ抜けが起きると思われる3月・4月の底バチの時がまさにレイジー115㎜の入れ時だったんです。 今だから暴露(笑)


 底バチと言うくらいですので、レイジー115をボトムに這わせてトレースしなくてはいけません。根掛かり覚悟の大勝負。時折石ころにあたるとシーバスのバイトと勘違いして石ころに思いっきりのフッキングをかましてしまいます。それでも懲りずにやっているとハチマルオーバーのナイスランカーが一晩で3本出たりと大釣りが出来ました。底バチシーズンには何年も、このパターンが通用していたので、まぐれ釣りではないみたいです。胃袋の内容物もチェックしておりましたが胃袋の中は見事にバチオンリーでした。


 貴重なレイジー115ばかりでやっていると在庫がみるみるなくなってしまうので、もちろん他のメーカーさんのシンペンでもトライしまいした。マリアのブルースコードスリム。エバーグリーンのコルセア、ジャクソンのニョロニョロ、アイマ・Ko130などの有名処は使いましたね。


 フィールドの流速、ボディ形状での潮噛み具合、ウエイトなどの細かなマッチングでトータルするとレイジー115㎜に匹敵するシンペンってなかったんです。重すぎてもダメ、軽すぎてもダメとなかなか調整が難しいのが底バチのシンペン攻略のキモでした。


レイジースリム110S-LVは前作レイジー115㎜の復刻版、そして相違点は?
 

 さて、今回のレイジースリム110S-LVは私的に廃盤になったレイジー115㎜の復刻と期待を寄せました。性能はほぼそのままに5㎜小さいながらも念願の完全復活を果たしております。


 相違点 ① としまして、前作は2フック・3フックとフックハンガーが自在に変更できるのが嬉しかったですが、今作では廃止となっております。
1490507926437


  相違点②は、前作モデルはショアラインシャイナーとTDミノーのリップをそのまま落としたボディが使われていたのですが、今回は独特のマスクをまとってリニューアルしております。
1490508063778


 相違点③として、相違点②でのフェイスのシェイプ変更で、若干ですが前作よりアクションがブルブルと強い感じがしました。可変2-WAYアクションによりある程度の早巻きの時はブルブルを感じる様です。
1490507987418


ザクッとまとめ
 
 メーカー発表の予備知識ナシでレビューしておりますが、実際に使用してみますと前作と遜色がないことにホッとしました。フェイスのシェイプ変更とLV(ライトバージョン)にて、ボトムトレースの影響が一番気になったところですが、心配とは裏腹で中潮の潮が速く動く状態でもちゃんと綺麗にボトムトレース出来ました。


 ボトムトレースは特殊な使い方だとしても、表層・中層をテンポよくサーチする標準的な使い方では、アクションがやや強くなっているので扱い易すくなってますね。シンペン特有の何も感じないアクションで何をやっているか分からない。釣れる気がしないと聞くこともまた然りです。今回のレイジーはそんなシンペンに苦手意識の方におススメです。少々ブルブルするので。

 
 ブルブルもほどほどの強さで抑えないとシンペンの有効性がなくなますので良い感じに仕上がっているんじゃないかと思います。デッドスローで引くと従来のぬるっとした何も感じないアクションが可能です。可変2-WAYアクションスゲーって体感出来ると思いまいます。


 このレイジースリムのレビューでシーバスとのショットを撮りたかったのですが、シーバスさんに思い届かず(笑)ちなみに、この【カタクチ レッドベリー】カラーは私のシーバス歴の中で一番ハチマルをあげているカラーです。コルセアで実績があったカラーがそのままレイジーに移植です。釣れるんで全然OKです(笑)


>【ダイワ】モアザン レイジーSL 110S-LV  カタクチレッドベリー

価格:1,598円
(2017/3/26 22:18時点)



 
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
にほんブログ村


シーバスランキング


春バスの爆発的釣果、通称『春爆』が起きたみたいで、バス釣り界は楽しそうなシーズンに突入したみたいですね。どうにも今年はバス釣りに本腰でない私、行っても全く釣れる気がしないのがその理由(笑)

バス釣りに行けてないからか、不完全燃焼気味ながらエギングにうつつを抜かしている今日この頃。例年になく海が良い状態なのは確かなのであります。

10年に一度のベイト大量接岸イヤーとなっております。鳥山明が日の出~日の入りまで永遠ハッチしております。
image


よほど大きなシーバスと青物が回遊しない限り、アオリイカも例外でなくこのベイトに着きます。春イカシーズンだからボトム攻めの鉄則も頭の片隅に起きつつ、メインは表層~中層のベイトを狙うアクティブな個体を探します。

土日で筋肉痛になってしまうほど歩き回ったのですが、キロUPを運良く見付けてサイト戦で勝負。エギに抱きつく手前までの攻防戦に持ち込んだのですが、シャクり~誘いのフォール×3回を繰り返しましたが、最後は飽きられてあえなく撃沈。

2日間のエギングはサイトでの接近戦だけが手応えでした。他何をやっても無反応wベイト居てもオカッパリではこんなに釣れないのは流石にヘコタレル。。。

基本的にお魚専門の私。エギングの合間に我慢できずジグをシャクってました。根魚、真鯛、青物、フラット、ついでにシーバス。

時折ハマチっぽいのがボイルしていたので、ショアジギはかなり期待したのですが、ベイトサイズにマッチザベイトで偏食していたのか、回遊系のお魚も完全沈黙してましたね。ちゃんとペンシルも投げたんですが。

そんなこんなでお約束の平べったい方がご光臨なされました。
image


エギングでデコりまくりの私には、マゴチさんに十分過ぎる刺激を頂きました(笑)続けざまに更にデカいマゴチがかかるも速攻でフックアウト。なんだか平べったい方のパターンを掌握した感じだったのですが後続かずアラカブさんにてジグのキャストを〆ました。
image


夕マズメでアオリイカ釣りたい。てか、そのタイミングで釣れなかったらいつ釣れるの?って頑張ったのですが、やはりショアからのエギングは相当手強いですね。

アオリイカのエギング釣行は完全敗北にて無事2日間終了しました。やっぱり私はお魚釣るのが好きみたい(笑)

アオリイカは、もう少し海水温があがるとシャローにさしてくると思われますのでその時が楽しめそうですね。春イカの春爆に期待アゲ~!

5年振りにエギング熱が再発しているちゃぶけんです。

image

ぴょんぴょんに続き、今話題のパタパタ・ダートマスターを使ってみました。

パタQスロー?は入手出来ず。

舞台は長崎県・平戸近辺のゴロタと堤防を5キロは歩き回りって来ました。

先週のボートエギングで新たなエギングテクニックを習得しましたので、オカッパリでも釣れそうな気がしてなりません(笑)

反復練習はやらないと身に付きません!とばかりに、ぴょんぴょんとダートマスター、ランガンをローテションして永遠シャクリ続けます。

まだまだ春イカは走りと言うこともあり、エリアのチョイスは深場が隣接して、10m近い水深を擁するところを重点的に爆撃します。バスのスポーニングのシーズナルパターンと同じ考えかたです。

ドシャローでも釣れているので、ベイトの入り次第でブレイクに絡めて狙いますが、流石オカッパリなかなか釣れないですね。

歩きに歩いて、ゴロタエリアを抜けると
image

とっても小さな波止場に到着。

やっとまともにダートマスターの動きを確認することが出来ました。そんなのは、はじめから堤防からヤれって声が聞こえて来そうです(笑)

足が生えたエギ、パタパタ最新作のダートマスター。パッケージには軽快にダートするパタパタと明言されております。

激キレダートをするダートマックスが好きな私的には、エギはダートしないと釣れる気がしないんです。古い感性でゴメンナサイです。最近のエギに疑問だらけだったところに軽快にダートするパタパタ登場!!!!キタコレでしょ!
image


堤防からダートする様子を監察すると、かなり良い感じにダート。ぴょんぴょんも案外綺麗にダートをしていることが判明。

で、ランガンはあんまりダートしていない模様。でも実績はピカイチなんですよね。イカの気持ちはさっぱり分からん。。。
image


パタパタになぜ足が生えているのかは分かりかねますが、私的には足は要らねーな訳です。

①その理由に飛距離が落ちる。

②ダートを抑制される。

③伝統のアオリQシリーズからするとフォールさせるバランス設定が遅い。

この3点がどうしても不利にしか感じられない。

ダートマスターも足があるので、気持ち飛距離が物足りない気がします。

しかしながら、10mない浅いシャローにはパタパタは使いやすいんですよね。足が絶妙なストッピング効果を発揮している感じです。

で、ダートマスターはパタパタ・ランガンより僅かながら少しだけフォールスピードが遅くなります。丁寧にシャクってフォールで誘いたいたい時はフォールが3.2秒/mのダートマスターかぴょんぴょんを抜擢します。メーカーさんのスペック的にパタパタより0.2秒/m遅いだけですがダートによるテクニカルな攻略が可能になります。
image


ダートマスターはダートを売りにしてきたパタパタ。ピョコピョコ系のパタパタとはまた違うエギに感じました。ダートする、しないはアングラーの好みの差として捉えて、フォールスピードによる使い分けだけ意識して頂ければ良いのかな?と感じました。


結論。エギはダートさせたほうが格段にゲーム展開が愉しくなりますね。


↑このページのトップヘ